Archive for 4月, 2015

人生初!御護摩祈祷 受けてみた

朝 う~む と思いまして。。。

母の実家のお墓詣りに行きたいと思ったのですが(10年以上 母の実家のご先祖様にご挨拶してないから。。)

やっぱり 宇都宮市内を離れて県外へ行くわけにはいかないだろう。。。

と 思い直し

そうだ!

なんだか お寺さんで 拝んで頂きたいな!

どこが良いだろう~

やっぱり 山が良いよね!

と1人で勝手に決めて

宇都宮市内の 大谷の先 多気山寺宝院(多気不動尊 たげふどうそん)へ行って参りました

真言宗智山派

御本尊 不動明王

DSCN1325

 

↓ 長い階段を上ると 本堂へ到着~

DSCN1316

受付で もごもごと

あのう。。神社で言うお祓い。。。みたいな事は。。。ご祈祷。。というのか。。

と恐る恐る切り出し

お護摩ですね? 時間が決まっておりますが お受けできますよ ご希望ですか?

あ はい。。午前の部は もう 終わりなんですか。。。

あ ちょっとお待ちくださいね。聞いて参ります

と言って 受付の優しい女性の方が奥へ行って聞いて下さって

大丈夫ですよ!どうぞ!

 

と OKにして下さいました。

すすすすすすすみません~~~!!!

11時半に終わったばかりみたいなのにい~~~ お忙しいところ~~~~

たった一人のためにぃぃぃぃ~~~~

感謝感激雨あられ 恐縮至極でした。。

 

で 初のお護摩祈祷というのを 受けてまいりました。

神社では 長女と次女の七五三などで 何度か経験がありますが

お寺さんで受けるというのは ほんとに人生初めてで。。。

しかも たった1人だけ。。。。!!!

 

コーフンしました!!

HONKOWAで 秋月慈道さんの漫画を読んでいるので お寺さんの事 多少の知識はありますが ほとんど未知の世界です!

。。。って いや すみません!!何も知りませんです!!

もう~~

神々しい衣装に身を包んだ代表の方?ご住職?1名と 色違い?のきれいな衣装に身を包んだお坊さん?4名 計5名の僧侶の方が出てきた時は

うわ~~~!!!

と ほんとにびっくりして 腰が抜けるかと思いました!

神社の白いイメージと 全然違う~~~!!(当たり前か。。)

お線香3本点けて

開始。。。というか

なんか ドキドキして よく覚えてません~!

お聖水?祈祷?とか とにかく 尊い事をなさって下さっていたのは なんとなく覚えてます!

太鼓とほら貝で すごいすぐそばで迫力だったのですが

いや 圧! というか

火力というか

皆様の声のパワーというか ありがたいお経のパワーというか

体が持っていかれるーー!!! と 思いました

まっすぐ座っているのが精一杯 みたいな。。。!

 

身体健全をお祈りして頂いたのですが

自分の体の周りが なんかもう ざわざわして 肩 首 腕なんかもうふるふる震えちゃうし

上半身は どんどん前のめりになっちゃうし

なんか 引っ張られてる感すごかったし~~~

 

御不動様に心の中は全部見透かされてるような気がするし

 

内心もう うわ~~~~!!! ってなってました。

お不動様のありがたいお力でしょうね。。

あと 御坊様方の念力。。。という表現であってるのかどうか。。

パワーですね、パワー!

 

なんか 空気も明らかに豹変したし。。。

静かでほんのちょっとピリッとしてたお堂の中でしたが

火があるって すごいです。。

空気感が激しく厳しい違う世界とつながったー!

みたいな 。。。

皆様の背中と肩から 視えないけど なんかぐおーって出てるし~~~

 

よくわからないけど とにかく すごく感動しました!

神社のお祓いとの違いとか考えたけど うまく言葉にならない~~!!

 

清少納言が 枕草子で

阿闍梨の声はありがたい みたいな事書いていたっけ そういえば

と 思い出しました。。。

 

時間的には 長かったような短かったような。。

トランス状態になってたようで あっという間でした。。

私一人のために あれだけの大迫力で 皆様。。。

ほんとにありがとうございました。。m(__)m

 

今 多気不動尊のHPを調べてみたら

御本尊の不動明王は 949年3月28日を選んで

源 頼光が 円覚上人に作仏を願い 吉野山中にこもり

一刀三礼のもとに彫上げた霊像だそうです。。

 

源頼光さまといったら!!

私の大元のご先祖 渡辺綱さまの上司!お仕えしてた方ではありませんか~~~!!

うわ~~ 意外なつながりがありました~~。。

驚きです~~~

 

お護摩のほうは

「真言密教の最大秘法を以って厳修する護摩修行」

だそうです

かっこいい。。。(不謹慎。。)

最大秘法だって。。。。 (*^ω^*)ノ~~~

 

今 体がすっきりしてます^^~~~

左肩の ケモノが爪を食い込ませてたようなピンポイントのきつい痛みが ほぼ和らぎました~~~ (^◇^)

おかげさまです~~~~

 

DSCN1321

DSCN1319

DSCN1320

 

私の祈祷が終わった後 皆さんはご昼食だったようで

受付から 違う作務衣?で 御出になられたのですが

ご祈祷の時のあの体全体から出るものすごいオーラが

完全にオフに切り替わって 普通モードになっていて

親しみやすい笑顔でご挨拶して下さったので

ほんと それにもびっくりしました

そういえば。。とふと思い出して

私が本庄で良く行く 慈恩寺さんも 御不動さんだったなと

ネットで調べてみたら

真言宗智山派と書いてあって

わー 同じ宗派だ~~~! ってその偶然にびっくりしました~!!

ヽ(^o^)丿

 

 

広告

Comments (2)

ケモノ憑き

これはもう 自分の感覚でいくしかなくて 根拠は全くないのですが

やっぱり だんなの家って 何かしらのケモノ憑き…じゃないか・・・

と 思えて仕方ないのであります

 

これは 以前にもブログに書いたのですが

書いた自分も

 

んな 馬鹿な~~~ (苦笑~~)

 

とは思いましたが でも どうも やっぱり

常識では計り知れない 第六感というか 勘?というか

不可思議な世界の範疇ですが。。。

 

まあ ケモノ憑きの家系といっても

そういうのって やっぱり

一族とか 家系全員に出るわけじゃなくて

強烈な性格の人間だけに出るものだと思います。。。

穏やかな良い性格の子孫には表れないものだと思うのです。。

 

ケモノ憑きの人は 守られて運が良いっていうから

うちのだんなも。。。

彼は ちょー性格の悪いモラオだったのに

やたらなんだか 運だけは良かったというか。。。

理不尽でした。。

あれは 何かに守られていたとしか思えない。。。

 

ケモノ憑きの人って 性格に問題があっても

ケモノの力で守られて 調子よく事が進むみたいだし。。。

 

そもそも なんで また これを強く思ったかと言うと

昨日の朝

なんだか むしょうに

コンビニ版の HONKOWAを読みたくなったからなのでした。

買おう 買おうと思っていたのですが 身体を壊したりなんだりですっかり忘れていました

ですが

昨日の朝 突然 「読まないといけない!」みたいな強迫観念的な何かにつき動かされて

私は コンビニへ車を走らせたのでした

 

で 一軒目のコンビニでスムーズに買えまして。。

じゃあ 午後 ゆっくり読もうかと思っていたら。。。

すぐ読まないと!

みたいな強迫観念にまたもや襲われて

急いで読んでみたのですが。。。

 

それは再録なので どれも 読んだ話ばっかりで

あらたに 今の玲子さんと編集部の解説がついてるという本だったのですが

 

一つの漫画に 釘つけになりました

 

離婚した夫の家から 夫の母と伯母の悪意の念が送られてくる!という生きてる人間の恨みの念の話でした

 

HONKOWA本誌で読んだ時は 特に興味も持てず

ただ単に 玲子さんすごい~~~ と 思っただけですが

昨日は その漫画を読んだら

私じゃない何かが 「これよ!これ!」と 頭の後ろでしきりと叫んでいるのです ^^;

 

その話は ケモノではないのですが

でもなんだか あ~そっか~と 思ってしまいました。

 

ゲゲの頭の後ろの何かが 何を言いたいのか

なんとなく うっすら わかりました ^^;

 

先日 長女が 背中に見たこともないモフモフした動物が飛び乗ったっていう夢を見たから。。それも心配。。

 

あの子は この家の跡取り的な長女だから

狙われてるっていうか

(言い方は変だけど・・・)

ケモノを引き継げって事・・・?

いや! 冗談じゃないっす!! ゲゲが許しません!!

 

なので 防御しました(こう書くと さらに変な人・・・(^◇^;)

私の目の前に見えない扉を作り バーンと閉めて

誰も入ってこれないようにしました(笑)

 

長女は そういう 心霊とかスピリチュアルを一切認めない信じない人なので

多分 大丈夫だと思います~

 

私は ここんとこ数日

左肩が部分的にすっごく痛くて

五十肩っていえば 年齢からそうなんだろうけど

私にはどうもそう想えなくて。。。

 

なんか ケモノの爪が食い込んでるみたいな気がしてならないのですね~。。(笑笑)

 

ちょっとまじで

憑き物落とし的に

山にあるお寺さんか神社に行ってこようかと

思案中です。。

コメントする

昨年の暮れからの流れ

以前書いたけど

どうも 昨年の冬は 新聞記事のスピリチュアル的な本が

気になって気になって 仕方なかったので 何冊か買いました

んで 今年の正月明けから

自治会で なんであたしが自治会長やれって事言われなきゃいけないんだ!

と 怒り心頭で 生長の家の本も読み飽きていたので(失礼)

スピリチュアル本を 新刊も20年前に買って本棚にあった本たちも せっせと読みました

ネットでも

多分 「自治会長 やりたくない 無理矢理 やらされそう」とか

「スピリチュアル 解決 役員 やりたくない 意味」

とかってワードで せっせと検索して

スピリチュアルなブログとかホームページも探して

真剣に読みました。

 

そして この間の自治会の役員会で

70歳代の男性役員さん達が

「ひとりでも多く 定年退職した新しい男性を 自治会に入れましょう!誘いましょう!」

と 前向きに 自治会長に言ってくれて

私が自治会長になるという愚案は 消えました \(^o^)/

 

もうひとりの副会長さんが 「やめさせてください」って言ったら

自治会長 「じゃあ 代わりの人を見つけてきて下さい」って嫌味ったらしく しゃあしゃあというんだもん 腹立つよね~。

自分じゃ探しもしないくせに 「皆さんで 私の代わりの自治会長 見つけてきてください」っていつも上から威張ってたし~

 

とまあ そんなこんなで 色々 ストレスをかかえていたゲゲは

気になったブログの心理カウンセラーさんに

メール相談させてもらったのでした~

 

波長があうっていうのか

私の後ろの人?が この人がいいよ って導いてくれたのか

とても良い方でした。。。(涙)

 

私の 長文のまとまりのない文に対して

ほんとに親身に 細かく いっぱい 書いて下さって・・・!! (

TωT)

 

そんで 私も知らなかったんだけど その先生は スピリチュアル的方面にも精通してた方で!

私が求めていた まさにぴったりな回答をして下さったんです!

ほんとに驚きました!!

 

私は 本当は 最初から スピリチュアル的な回答が欲しかったわけなんですが

こちらも 相談する側として

そっち方面の言葉を使って質問を書いたりすると 「うつ病か… すピリチュアルオタクか…」とか思われちゃいそうなので

結構 普通の人っぽく 相談文を書かせてもらったのですが

先生・・・!すごい!! 視えた?んですね~~~~!!

 

んで やっぱり ゲゲも 薄々気づいていたことだけど

ゲゲをサポートしてる見えない存在が

スピ本を読みなさい とか そういうふうに指導してくれて 導いて

過去あった色々の事とか 手放しなさい 次のステージに進みましょう~

みたいに誘導 みたいな事をしてくれてるんだそうです。。

 

自治会の役員問題という困難も

つまるところ

過去の想いを解放しましょう だから 過去と向き合って!

という事を伝えたくて 困難を与えてくるんだそうです。。

 

なるほど~~~。。。

 

あと2回相談できるので

今 一生懸命 過去の想いと向き合っています

 

なんだかんだ 自分の気持ちや体を大切にしないといけない!

と 深く気付かされました。。

コメントする

宇都宮市 根古谷台遺跡 伊藤三巳華先生の本を持って行ってみた

HONKOWA 伊藤三巳華先生 「スピ散歩③」に載っている

「ノスタルジア☆時空を超えたメッセージ 大湯環状列石」

ですが

HONKOWA連載時に読んで 衝撃を受けました!

P1020697

 

ここは

万座環状列石と野中堂環状列石という二つのストーンサークルで有名な

縄文時代の遺跡ですが

漫画を読んでいて ゲゲは

 

ここって

ストーンサークルはないけど 宇都宮の根古谷台遺跡と似ている!

と 思いました

それ以来 もう一度 根古谷台遺跡へ行って

きちんと 縄文時代のシャーマン的な目線から

見てみたい~~~と 願っていたのでした!

昨年の冬至の日 夕日が沈む時間に行きたかったのですが

根古谷台遺跡が休園日で 私も仕事も忙しくて 行けませんでした。。

 

とりあえず 昨日は 夏至でもなんでもないけど

行きたい!と思ったので 行ってみました

IMG_2112

IMG_2113

↓ この謎の施設?が

前回も ひじょう~に気になったところです

IMG_2093

IMG_2092

IMG_2115

三巳華先生の漫画によると 大湯遺跡には

五本柱建物跡 ウッドサークル という謎の遺跡がありまして

三巳華先生は

死者の悪い患部を ウッドサークルで夜の神に捧げ

その病気が闇にとどまらないように 闇の世界へ引き渡すイメージを

視てらっしゃいました。

 

もしかして 根古谷台遺跡のこの八本柱も。。。

すぐ隣りは お墓だし。。。

。。。

ダメだ。。。

何も視えん。。。。。0rz。。。

 

↓ もう一つの謎というか

ここの一画にある(西北)お墓は 耳輪とかが出土したので

特別な人達のお墓ではないか と推測されているそうです

私が立ってる位置が南なので

奥に見える八本柱跡は 北の方角です。

一般ピーポー墓?とくっついた形で発見されたそうです。

IMG_2099

 

野中堂環状列石にも 同じように お墓にくっついて ちょっと飛び出してる形で 特別っぽいお墓があるそうです。

三巳華先生が視てみたら

霊能力が高そうなシャーマン一族のお墓だったそうです。

このシャーマン達は

一般ぴーぽーが葬られてる墓域内で

死者たちの魂が サークルからはみだしてふらふら他所へさまよっていかないように 見張っているのだそうです。。

もしかして 根古谷台遺跡も。。?

 

↓ 東側の展望台から 西方面を撮影

手前の芝生が 一般ピーポーが埋葬されてる部分

IMG_2095

 

だめだ。。

何も 視えん。。><

 

昨日は 春の風が強くて

なぜか カラスがいっぱい鳴いている日でした

太陽の日差しは暖かくてたっぷりで

ここの場所は 光に満ちた明るいお墓でした

 

やっぱり ここは 太陽を大切にというか

太陽に満ちた というか

太陽信仰が感じられる場所だと思う。。

 

陰陽でいえば 陽 の雰囲気かなあ~。。。自分的には。。

あの八本柱遺物は 北にあるんですね。。

シャーマン(勝手に決めてる)のお墓は西。。。

 

古代は古代で きちんとお墓を考えていると思う。。

死者の魂が鬼となって 悪さをしないようにって

今以上に考えていたと思うし。。。

 

夏至の夕方 また ここに来てみたい!

三巳華先生の漫画を持って!!

 

 

 

Comments (2)

本日4月19日は 戊辰戦争 幕府軍による宇都宮城攻撃開始日 鎮魂の想いを込めて

慶応4年1868年 午前 土方さん 大鳥さん率いる旧幕府軍は

土塁で攻めやすいと知っていたのかどうか

宇都宮城の東南 簗瀬村から 城を攻めました

 

毎年ですが

この時期 埼玉県出身で 新撰組土方さんファンの私にとっては

胸が痛む気持ちでいっぱいになります

 

同じ日本人同士 戦うのは もう二度としません!

と 亡くなった多くの方達に 誓いたいです!

 

と言う事で 昨日は お城へ行ってきました

おとといですが

ツイッターで知り合った方が

瓦塚古墳からの出土品を見たい!とおっしゃっていて

私も見たいな~と 思い ネットで検索をかけたのですが

全然 わからなくて

わからないとなると 意地でも探して見たくなるのが人間(^◇^;)

ということで

市役所の文化課に問い合わせました

早速 親切にも教えて下さりまして

宇都宮城址公園 清明館に展示してあると 回答を頂きました

 

なので 昨日 宇都宮城の城跡へ ささやかですが 鎮魂を兼ねて

清明館へ 出土品を見にいこう~~と

行ってきました

 

昨日は 長女がちょうど 六本木の ルーブル展へ見にいくというので

朝 8時過ぎに駅まで送っていき

その足で そのまま 宇都宮城へ寄りました

 

我が家はほんとに恵まれた場所に家があって

駅も 城跡も近いし ほんとに助かります。

 

↓ 富士見櫓

宇都宮城っていう上り旗が立ってた 初めて見たような気がする

かっこいい♥

IMG_2023

↓ こちらは 宇都宮城 一の門 清明台(櫓)

ゲゲの一番好きな角度 右斜めから

朝早かったので 櫓の窓(?)は閉まってます

IMG_2027

↓ 清明台 ほぼ正面から  ちょっと左寄り

IMG_2029

↓ 清明台 割と左から

IMG_2031

↓ 昔からある 「宇都宮城」の門柱?っていうのか名板っていうのか。。

↓ 清明館 屋根

IMG_2034

清明館で 無事 瓦塚古墳出土の 長剣とか 見る事ができました

\(^o^)/

 

↓ 清明櫓 窓が開きました

かっこいい~

IMG_2073

IMG_2074

帰宅して

根古谷台遺跡へ 行こう~と 決めました

Comments (2)

今年2月に不思議な夢を見た

多分 ブログに書いてないと思うので書きます

だぶったら どっちかを削除します (#^.^;)ヾテヘペロ

 

私は 母の生まれた家 高橋家にいました

誰もいなくて1人でした

お重に入ったぼたもちを違うおうちに回さないと・・・

と 風呂敷包みを持って 昔造りの家の台所から移動して

玄関脇の 台所の隣りの畳の部屋に置いてある仏壇の前に立ちました

 

その仏壇は 私が幼い頃見慣れた仏壇ではありませんでした。

シンプルで スッとしたデザインの金色に光り輝くお仏壇でした

大きさは 高橋家にもともとあったお仏壇と同じ位で

高さが165センチm位。

158センチの私がちょっと見上げる感じで

下の部分が引き出しになっている形でした

 

榊があったので 神式のお仏壇という感じで

お線香はありませんでした。

仏像もなかった気がします。

ただただ 金色に周囲に光を放って輝く

神々しくも美しいお仏壇でした。

 

玄関から外へ出たら そこでは キャッチボールをしている青年達がいました

家の壁を背にして 一人のお兄さんが バットを持って立っていて

南側から投げてくるピッチャーの球をノックしていました

ピッチャーの人の姿は はっきり見えなくてぼんやりしていましたが

1人いて

その後ろには さらにかすんで 守ってる人達が 何人かいました

 

大きな木がところどころ 良い感じで立っていて

だだっ広い 野原の感じでした

空は青く 良く晴れて遠くがかすんでいるという

気持ちの良い美しい光景でした

 

私は ぼたもちを持って 通ろうとしたのですが

バッターとピッチャーの間は 危なくて通れないし

壁とバッターの間も通れないので

しばらく バッターのそばに立っていました。

 

ピッチャーから投げられた球がゴロゴロッと 地面を転がってきました

キャッチャーはいませんでした。

バッターのお兄さんが

拾って そこに置いといて

と 私に言いましたので

球を拾って バッターのお兄さんのそばに

コロコロと転がしておきました。

 

そこで夢は終わり 私は目覚めました

不思議な夢だなあ~と 思いました。

映画 フイールド オブ ドリームズみたいな。。。

 

あのバッターのお兄さんは誰だろう。。。と

思い出そうとしましたが 会ったことはない人でした。

でも どことなく懐かしい 血縁のような感じがしました

そういえば 服装が 戦時中みたいなランニングの下着1枚でズボンをはいて 帽子をかぶっていました

初夏だったみたいです。。

 

あ。。。! もしかしたら。。。!!

母の 若くして亡くなった叔父さん?・・・・

私のおじいちゃんの弟さん?・・・

母がよく話してくれた 戦争の時横浜で通信兵をやっていて

戦後 病で若くして亡くなってしまったという。。あの叔父さん?

母達姪っ子甥っ子に よく文房具をお土産に買ってきてくれたという

優しい叔父さん。。。!

 

そうかも~!

そうだよ! きっと そう!

あの 野球をしていた人達は きっと 高橋家のご先祖様なんだ~!

皆で 野球をしていたんだ~~~!!!

 

叔父さんらしいバッターの後ろの壁は

家の壁かと思っていたけど

あれは もしかしたら 母達の卒業した 金屋小学校の壁じゃん?!

あそこは そうだ!

金屋小学校のグラウンドって事なんだ~~~!

 

高橋家のお仏壇と 母の叔父さんらしき人 ご先祖様達らしき人、、、

あ~~~ もしかして

私が 生長の家で 高橋家の御供養のために 写経をお願いしたから

そのお礼なのかな~

本来なら仏式なのに 夢の中のお仏壇は神式だったから

生長の家っぽかったものなあ~。。。

 

と ほんわかした気持ちで 朝食を食べていたら。。。

一緒に食べていた長女が

「・・・気持ち悪い夢を見た・・・」

「どんな?」

「キツネのような狸のような犬のような なんともいえないモフモフした動物に追いかけられて 背中にぴとっと乗られた・・・」

「・・・それって、 HONKOWA漫画でよく見るケモノ・・・じゃん・・・・。ケモノ使いの人が使役するんだよ・・・。」

「まぢか~。気持ち悪かった~~。」

 

よくよく聞いてみたら 長女の方は 真夜中辺りにその夢を見たみたいです。

私の見た夢は 割と明け方だったので

もしかしたら。。。

 

高橋家のご先祖様が 長女に憑いたケモノを追い払ってくれたのでしょうか。。。

 

なんとなく 野球の球。。。ボールって

魂っぽい。。。ケモノの。。。。

叔父さんが 処理してくれる・・・って・・・?・・・

 

いや 違う。。。

あの球を使って ケモノを追い払ってくれたんだ

うん そうだ!

きっと そうだ~~~!

そういう事にしよう~!

 

と 勝手に色々決めたのですが。。。

 

しかし

なんで 長女 ケモノの夢を。。。^^;

HONKOWAにもよく出てたけど

ケモノって すごい特殊な感じがするんだけど。。。

 

いや!ご先祖様!

守って下さって ありがとうございます!

あとで いつか お墓参りに行かせて頂きます!

 

コメントする

それは突然降りてきた 神功皇后 武内宿禰VSカゴ坂王 押熊王 其の弐

前回にも書きましたが

突然頭の中に降りてきたものですから

私は カゴ坂王と押熊王の事を より詳しくネットで調べよう~と検索をかけました

すると 不思議な事に (ほんとに不思議なのですが)

そういう系(どんな系だ…)のブログに なぜか次々ヒットしていって。。。

まぢでとてもびっくりしました。。

 

あるんですよね。。。そういう日が。。。

普通の 「古墳へ行きました~」「神社へ行きました~」っていう

メジャーな名所訪問の写真ブログしか 検索できない日と

そうではなく

心霊的なというか 裏情報というか

コアな情報ブログと 不思議系のブログに どんどんヒットする日と。。。

 

そもそも こう言っては申し訳ないですが

カゴ坂王と押熊王は歴史的に負けた側なので

マイナーというか。。。

ブログのお題に取り上げる人が少ない。。というか。。。

 

どうしても 神功皇后側の 住吉大社や神社とかの方がインパクトありますよね。。名所旧跡としては。。。

 

そんななかで

私は カゴ坂王と押熊王の不思議系ブログにヒットしてしまったわけなのです。。

 

ふむふむ なるほど~~と 夢中で読ませて頂きました。。

それを読むと

カゴ坂王が猪に怪我させられて亡くなった というのはどうやら事実っぽいということが わかりました。。

 

私は 後世の人が 何かこう話を大げさにしたのではないかと思っていたのですが 結構どうやら 事実だったのですね。。

 

そして その晩は 調べものをして寝たのですが

次の日の朝 だんなが朝のテレビを観ていて

いつものように  カチャカチャ チャンネルを変えて

たまたま観ていたテレビ局のニュースで

 

最近 猪が出没していて困ってるという

神戸近く?の人工島の話題が出ていました。。

取材班が 夜 行った時の映像には

猪に足を突かれ負傷した男性が 救急車に載せられているところがうつっていました。。

 

私は びっくりして 思わず 持っていた朝食用のお皿を落としそうになりました。。

この場所って。。。

すぐそばで カゴ坂王が 猪に怪我させられたと 昨日の不思議ブログに書いてあった場所じゃん。。。

 

しかも何?

なんで こんなピンポイントで 朝のテレビのニュースで取り上げられてて

私が偶然それを見てるわけ?・・・・・

 

何これ。。。。

出来過ぎてる。。。

シンクロもいいとこ。。。

 

こういうことがあると ほんと ぞーっとします。。。

何か 目に視えない意思が どこかで働いていて

私に何かを伝えよう。。 情報をくれようとしている。。

と 思わずにはいられません。。。

 

。。。

そうなんだ。。。

カゴ坂王は この辺りで 猪に突かれたんだ。。。

 

そっか。。。

そうなんだ。。。

私に見せてくれたんだ。。。事実だって。。。

。。。

じゃあ 行かなきゃね。。。

 

と言う事で カゴ坂王に会いに

いつか 神戸の 五色塚千壺古墳へ行こう!

と 思ったゲゲなのでした。。。

 

 

コメントする

Older Posts »