Archive for 9月, 2011

皆さん 雨 お気をつけてくださいね!!

どうぞ 大雨 気をつけてくださいです!!

ポロンさんも どうぞ お大事にね!! ゆっくり 寝んねして下さい!!

お祈りパワー 送ってますからね!!

広告

Comments (6)

栃木県栃木市 太平山の不思議 その参  後日談的な~?^^;

今回 客人神社 大中寺へ 行こう!! と思ってから 実際に行くまでの間 1カ月以上ありましたが

なんだか 妙に 石が気になっていたので

パワーストーン屋さん( ^^; この言い方も。。)で

黄緑にオレンジが入ったような石の ブレスレットを作りました~。。

古墳の中に一緒に埋葬されて 色がくすんでしまったような色の黄緑です ^^; 表現が。。。(後で写真を。。)

なので

そのブレスレットをつけて 客人神社 大中寺へ行こう~~!!と 決めていました。。

ゲゲ自身も とても気に入ったので 毎日 腕につけていました。。

なのに

実際に 神社とお寺へ行こう!!と 思い立ったあの日の朝。。

その黄緑のブレスレットではなく なぜか 中国へ行った時に買ったヒスイのブレスレットが良い気がして 

そちらをつけていきました。。 

だけど まあ あの日 特に何が起こったわけでもなく。。石が何かから守ってくれたというような感じもなかったでした。。。

ゲゲが撮影した写真も 改めてよくよく見てみたのですが 

どんよりと暗いだけで ^^; 何も映ってなく。。。 

結局 ゲゲの推理は当たっていたのかどうか。。

客人神社の謎も解けずに。。。ORZ。。。

 

と 毎日 悶々としていたら ある日 ひょっこり うちのお店に 予想外のお仕事がまいこんできました。。

ずっと以前 たま~~に 仕事を下さった葬祭関係の方が ほんとに久々にちょーめずらしく突然来店して お仕事を紹介して下さったのです~~。。。

S市のお寺さんにカーテンをつけて下さい

という内容でした~。。。

うわ~~~。。。

お寺さんのお仕事なんて ほんとに久しぶりだあ~~~。。。。と とてもびっくりしました。。。しかも その方が お客さんを紹介してくださったなんて 初めてだし~。。。

。。。

これって もしかして 大中寺さん参りのお礼?

って 思いました。。 ^_^; ゲゲ 単純~~~~ 都合よすぎの解釈~~(^◇^;)

いや~、、、単なる偶然だとは思うのですが

でも もしかして。。。 

やっぱり 大中寺の土地と客人神社は ゲゲの推測どおり 古代 戦があって 神様の交代があった場所?。。。むむむ。。。。

黄緑のくすんだ色のブレスレットは あれ以来つける気がしなくて 全くつけてません。。(ToT) 

なんだか 好みが変わったのか 明るい色やきらきらしたきれいな石のブレスレットをつけてます。。^^;;;

Comments (6)

栃木県栃木市 太平山の不思議~ その弐 大中寺

ぶどう街道を通って ぶどうを買い求める人々を見ながら まずは 栃木市おおひら歴史民族資料館へ 寄ってみました。

下野七廻り鏡塚古墳から出土した 長さ5.5メートルの 国内最大級 古墳時代中期 舟形木棺を

ガラスにへばりつき 食い入る様に ^^; 見学してきました。

長っ!! デカッ!! よく 木をくりぬいて彫ったな~~~~ と 感動しました!

なんかよくわかりませんが 棺の中に埋葬された王様?を守ってるような古代の警備員さん?の気配を感じました。。ぶるぶる。。

資料館のすぐ横にある 平安時代からの旧家 「白石家 戸長屋敷」も見学しました。

    ↓ こっちが資料館            ↓ こちらが戸長屋敷(門構えがとんでもなく立派です!) 

    

ものすっごく広くて 建物がいっぱいある 豪農さんのお屋敷でした!

庭を歩いていたら なんだかよくわかりませんが ゲゲの耳元で 男の人の声がしました ^^;;; 怖。。。

敷地内の蔵で 手工芸品を作っている ぼらんちあさん達?のグループの方がいて コーヒーをサービスして下さいました (*^。^*)

コーヒーを頂いていたら 先客のおじさんが お菓子を分けてくれまして 

福島原発への政府の対応のまずさ?とか  あれこれ 熱く 聞かせて下さいました。 ^^;;;;;; 

ど、ど。どうも。。。勉強になりました。。 あまり気の効いたお返事が出来なくて ごめんなさいでした。。^^;;; 

ゲゲ 視えないあっち系の歴史の世界に魂を飛ばしていたもんで。。。 (^◇^;)

巨大舟形木棺に別れを告げ。。資料館を出ました。。

名残惜しかったです~~。。。ずっと そばで見ていたかった。。。 (^・^;)

 ↓ 大中寺

1154年 真言宗寺院として創建されました

その後 一時 衰退します

1489年に小山氏(おやまし)が再興し 

1490年に 曹洞宗の寺院として 中興改宗開山しました。。

上田秋成の雨月物語 青頭巾 の舞台です。。

坊主が稚児を愛するあまり 稚児の死後 人肉を喰らう鬼になってしまったので 

有名な僧侶が諭して旅に出て 戻ってきた時 野に座っている坊主に喝を入れたら 

既に骨になっていた坊主が崩れ落ちるという(かなり省略 ^^; ) とても不気味なお話です。。

  

そして このお寺は 栃木県内(多分)の小学生なら 学校の遠足で誰もが1度は訪れるという ちょー有名な うぉ~~~・・・のお寺さんです。。

大中寺の七不思議

このお寺には とても怖いというか 恐ろしいというか 生々しい七不思議伝説が今に伝わっているのです。。

遠足の前に 子ども達は 七不思議を調べて 当日 このお寺で走り回って 七不思議の場所を探すのです

長女も次女も小2か小3の時行ったのに 覚えてないって言います。。。TωT 

あまりの怖さに意識して忘れたのか。。それとも 遠足の楽しさで記憶の上書きが?・・・ 

↓ 字が薄くなってきたけど 七不思議の案内看板。。実に味があります。。。

↓ 拍子木がなるという東山。。 和尚さんにしか聞こえないという。。。

↓ 逃げてきた近くの武将が 馬の首を切って投げ入れ それ以来 馬のいななきが聞こえるという井戸

↓ 逃げてきた武将の奥方が自害した後 怪異が起こるようになったため 和尚が封じた雪隠

↓ ある学僧が 夜 ともり火が欲しくて 油を盗んで 見つかって逃げる途中 落ちて死んだ階段

本堂の目の前なのに封鎖されているから この階段 のぼれません ^^;(確かに急で狭くて 危ない。。)

↓ この部屋で夜寝ると 朝起きた時 枕の位置が変わっているという

○小坊主さんがかまどの中に入って眠ってしまい 火で死んでしまったというかまどは うっかり 探し落としてしまいました

○雨月物語の「青頭巾」で 和尚がついた杖が藤になったという根無しの藤は 境内奥のお墓の敷地の中にありました。。

なんとなく 怖かったので お写真は撮りませんでした。。 ^^;;;小心者・・・

そして 七不思議以外の話ですが ネットで検索しましたら 

↑の馬の武将とトイレの奥方は死に別れてしまって 会えなかったらしく その後お寺は炎上消失して 和尚さんが亡くなったそうです。。お寺から火が出る前に 武将と奥方が生前約束していた合図の 火打石を打つ音が鳴った。。。

なんて 書いてありました~。。。このお寺 確かに1度 炎上してるそうです

ゲゲが お寺を見学していたら 1組の母・娘の親子さんが見学に来てました 

話が聞こえてきたのですが うちの長女のちょっと年下みたいな女の子が

えっと どこだっけなあ~~。。。こっちの気がするんだけど~~

と かつて小学生の頃このお寺に遠足で来たそうで お母さんを七不思議の場所へ案内していました

 

実際に見た 七不思議の現物?は とても迫力がありました。。。

その後 境内をさまよっていたのですが 古そうなお堂を見つけました。。

なんの案内板もありませんでした。。

字も薄れていて 大平・・・・・ と 書いてあるようですが はっきり 判読できません。。。

このお堂を拝むと 太平山も拝めるような位置に建っています

大中寺の昔の本堂?でしょうか。。それとも 太平山の神様を祀る感じのお堂でしょうか。。

このお堂の事は ネットで 調べまわっているのですが いまだに探せてません。。orz…

大中寺さんとその周囲を見学させていただきまして

ここは 七不思議伝説を今に伝える 昔からのいわく付きの土地だと 思いました。。

七不思議は1000年代の事だと思いますので

もしかしたら それ以前に 古代からも 色んな事が起きていたのかも。。と 歴史の長さを感じました。。 

激しい戦があったとか ここが戦場になったとか 先住民族を大和政権が討ったとか 色々 隠して封印しているのかもしれない と 思いました

神社は聖域ですから 太平山神社では戦いは無くて 

この大中寺あたりの土地で 激しい戦闘があったのでは? と 推測してみました

そして さらに もしかしたら

古代の戦死者の霊を祀らないで放置していたために 色んな恐ろしい出来事が起きたのかも。。とか。。。 

もしくは 古代の戦死者の怒りの念を利用して 戦国時代を勝ち抜くために 祈祷のためにお寺が建ったのかも。。

と 色々考えています。。

七不思議の「七」 という数字は 怨霊鎮めの数字だそうです。。><

謎が多いです~~。。。

それにしても 今さらですが 

「お寺さんって なぜ そこに建っているの? そこでなきゃダメなの?どうして その年に創建したの?理由は?」

って 思います。。。 (^◇^;) 

神社なら 「そこが聖地だから」 みたいに 簡単に答えられるのですが。。

戸長屋敷で コーヒーを飲みながら 私に 政府の対応の悪口を語っていたおじさんは

もしかして 古代 大和政権へ反感を持ちながら戦って死んでいった 地元の先住民族さん達の代弁者さんだったのかな~。。

と 思いました。。 

大中寺の七不思議 詳しくは こちら → 大平町観光 

 

Comments (8)

栃木県栃木市 太平山の不思議な感じ

ガクトさんの曲を聞きながら道路を運転していた7月のある日 「古代の何か異質なもの」を感じた 太平山方面です。

自分なりに 地図を調べてみて なんだか妙に気になった神社とお寺があったので 行ってきました。。

その頃暑くて ずっと調子が悪くて ごろごろしていたので

家にいてはダメだ!!外で動こう!!

と 若干涼しく感じた雨の 8月27日土曜日 愛車キューブちゃんに乗って栃木市へお出かけしました。。

宇都宮は ものすごい土砂降りで寒い天候だったのですが 南方面の栃木へ向かって走っていったら

栃木市の空は 雲の切れ目に晴れ間が見えてきて 蒸し暑くなったりしてきました。。

客人神社(まろうどじんじゃ)

客人神社は 栃木県に1つしかないそうです。

後の政権が自分達の神様を祀るために 先住民族の神様を追い出して アラハバキ神として その門前に祀る?のが関係してるようです

この神社は 栃木市の 磯山諏訪神社から分神らしいので そうなると 祭神はタケミナカタ神になるわけ?でしょうか。(今度 図書館で調べてきます)

そして 磯山諏訪神社は 「藤原秀郷公が平将門公を討ったお礼に 磯山に諏訪神社を勧請した」という歴史があります

それなら ↑この神社も 諏訪神社 という名前で良いはずなのに

どうして わざわざ 客人神社という名前になっているのでしょう。。。????

なんだか不思議な 謎が多い神社です。。

考えれば考えるほど わからなく 矛盾?が生じてくるような。。。

↓ 長い階段を登りました 本堂

小雨が降っては止んでという天気の中 初めて聞く蝉(クマゼミ?どんちゃんのRayさんへのブログコメントからヒント)が

しくしく しくしく しくしく シャーシャー シャーシャー

と 山いっぱい実に物悲しく 鳴いておりました。。

蝉の鳴き声を聞くと いつもはとても元気になるのですが

なんだか この蝉は 「悲しい 悲しい・・・ 」と 泣いてるようでした。。

寂しい感傷を味わいながら この神社を後にしました

さて 次の目的地は・・・ということで

多分 普通なら コース的には 太平山の神社「太平山神社」になるんだと思います。。

けれど ゲゲも とても悩んだのですが お寺さんにしてみました。。

客人神社そばのお寺 大中寺(だいちゅうじ)を選択してみました

アラハバキ神という点から 考えさせていただくと

この客人神社の神様は 太平山神社を追い出された神様だろう~~~~

という事になるのでしょうが

ゲゲは

なんだか う~ん。。。太平山神社より 大中寺が 妙に気になる~~。。。

と 思えて 仕方なくて仕方なくて ず~~~っと 悶絶していました。。

7月 ガクトさんの音楽を気にしていたのは 大中寺あたりの土地 みたいな記憶も強かったので

この日の訪問は 思い切って 大中寺を選んでみました。。

カインズホームセンターで買った ソイジョイと たい焼きと こんにゃくゼリードリンクを食べて 簡単なお昼ご飯にしました。。

Comments (8)

ドンキでお買い物してきました

ちょーめずらしく 家族4人で だんなの運転でだんなの車で買い物へ行きました!! (+o+)
何十年ぶり?みたいな。。。あはは (^o^;)丿
次女のお買い物が目的で ドンキで テレビとDVDプレーヤーでしゅ!
電機屋さんより安いのを買いました!!
そして ついでに? 長女が iぽっどではなく ウォークマン?
安い!!と一目ぼれして 買っちゃいました。。
次女はバイトのお給料日がまだなので ゲゲがお金を貸しました しびあ~ (^◇^) 長女は自腹で~。
帰りは じゃあカレーでも食べるか~という事になり ココ壱でカレーを食べました~ めずらしくだんなのおごりで!!
う~む 大層 レアなお出かけの日になりました。。

昨日は ゲげと長女で ヤマダ電機へ行って 長女はノートPCを買いました。。 その後 びっくりドンキーでランチ~。。
なんだかんだ 2日続けて出かけた土・日になったです~。
今 長女は サクサクの新パソコンで動画を楽しみ 次女は DVDをテレビで見ながら宿題してます~。。  

Comments (6)

ついったー っぽく ♪

就活川柳 笑える! 長女の時の事を思い出してほんのちょっぴり涙も。。よよよ。。(ToT)

ガクトさんのブログを拝見しましたが 頑張ってるなあ~素晴らしい!! と まじで尊敬です!!

Comments (4)

いつもありがとうございます~ (ToT)

ご無沙汰しておりまして すみませんでしゅ~。。

お返事もできなくて ほんとにごめんなさい~><

毎日 熱中症寸前みたいな感じで もあもあ して ダウンしてます~。。

家事と仕事以外は おでこに冷えピタ張って 首の後ろにクールネクタイ巻いて 横になってじ~っとごろごろしてますが(暗い・・・(-_-;) 

段々 元気も出てきました~。。(^O^)/

っていうか 今日 気付いたのですが 自分にとって 「気」が不足してるんではないか?!と 思いました。。

おなかの辺りの 丹田のツボを 鍛えないといけない! と 気付きました!! `ω′ 

がんばりましゅ!!

昨日は 下下の実家の縄張りが テレビのニュースで ガンガン流れて びっくりしました!

ご心配おかけしたら ごめんなさいです~。。

本庄市の父の家は 朝6時に気付いたら 物置が20センチ浸水していて ^^;

玄関のところまで 道路から溢れた水が庭にあふれ ちゃぷちゃぷ来ていたそうです。。怖い~~ >0<

幸い 家の中にまでは 入ってこなかったそうです~。。

すぐそばには 川が流れてますが 大丈夫で 道路の側溝の水が溢れて道路にはみだし

やや低い土地に建つ父の家まで 水が押し寄せてきたそうです~~。。ぶるぶる~~

あの家に住みだして 初めてだそうです~。。ゲゲも経験したことないです~。。

群馬県伊勢崎市の大学の駐車場が水浸しになっていましたが あの大学は 次女が 一時期 進学を希望していた大学でしゅ。。 学生さん達 可哀想。。。(ToT)

ゲゲの前橋の友達の家は無事で 伊勢崎の友達も皆 無事で 玉村の友達も無事で

児玉の母の実家も大丈夫で 

なんとか 良かったでしゅ。。><

父の家の野良猫ですが おとといの夜は 外が大雨だったものですから 外へ出るのを嫌がり

仕方なく 一晩 家のなかで お泊り?させたそうです~~ ^^;;

父の家の車は 物置から 家の裏の敷地に移動させてあったので 浸水を免れたみたいです~。。良かった~~セレナちゃん~~。。。

 

皆さんも どうぞ 台風にお気をつけてくださいね!!

Comments (6)