8月 2016 のアーカイブ

2016年6月10日㈮ 奈良一人旅2日目 チャリ散策 西殿塚古墳

2016年8月16日

今回の旅のテーマというか。。

ぜひ 訪れてみたい!と願っていた

西殿塚古墳。。。

霊能者 玲子さんがおっしゃるには

「今も生きている古墳」。。

しかも HONKOWAの闇検で 玲子さんを大変な目にあわせた?サイキッカーの女性被葬者。。

ものすごい力があって 箸墓に眠るお方よりも格上という すごいお方。。。

 

私は 全然 そういうのが視えないので

ひたすら感じようと努力するだけなのですが

 

自分が現地で感じるものと 玲子さんが霊視でおっしゃってた事を すり合わせていって

 

玲子さんが言ってた事って

自分が感じるこの部分。。感覚。。。雰囲気。。。の

こういう事なんじゃないだろうか。。。

 

自分で勝手に 自分の感度を訓練?していくというと 大げさですが

感じて感じて感じて ひたすら感じて

視えない代わりに 自分の感覚を磨いていく。。

みたいな。。

そういう事を 楽しんでます。。。

あくまで 自分で勝手に なので 自己満足ですが

やってると ひじょう~~~に楽しい♪ です!! ヽ(^o^)丿

 

ケプリさんも

「視るより感じることが大切」っておっしゃってたし~♪

 

自分でも 時間的に無理かな。。無謀かな。。と思いましたが

チャリを飛ばして探したところ

無事に 西殿塚古墳へ行けました !(^^)!

ありがとうございます!(誰に? w)

 

事前に調べたのですが

 

畑の中みたいな細い道を行く

 

と 書いてあったので

。。。。うーむ。。。そこを見つけられればいいんだけど。。。

と ちょっと心配しておりました。。

 

今回 一回 道を間違えて 一瞬 違う道を行ってしまった時は

 

あ~~~ もうだめかも~~~。。。

古墳の入り口がわからないよぉぉぉ|~~。。

 

と あきらめそうになりました (笑)

 

いや~~ 無事行けて ほんと 良かったです!

 

。。しかし。。。

あそこは やっぱ わかりにくいですね~。。。 ^^;

 

っていうか 古墳の主様をとりまく方々が(誰?^^;)

 

「下々の者が 簡単に道をみつけて たやすく来れると思うな!!」

 

と 言ってる感じもしました。。。<m(__)m> ハハーッ

 

↓ 衾田陵 (=西殿塚古墳) 案内柱)

DSCN2151

DSCN2136

DSCN2133

宮内庁管理の古墳です。

手白香皇女陵とされていますが

学界では

6世紀の手白香皇女では 時期が合わない。。

もっと古墳前期である

という意見が多いそうで 違うみたいです。。

 

画像墓碑(池田仁三氏)では 崇神天皇母

伊香色謎命(いかがしこめのみこと)

とされています。

私もそうだと思います。

玲子さんがあそこまでおっしゃるなら このお方しかいません!!!

(`・ω・´)ゝ

 

孝元天皇の妃となり さらに次の開化天皇の皇后となった すごい女性です。

 

手白香皇女と間違われたのは

多分ですけど (勝手に推測)

地元伝承で

あの古墳は 天皇家の系統をつないだ物部氏の女性が埋葬されてる

という風に言われていたから?

なんて 思ったりしています。

 

理由はわからないのですが 明治政府が治定したみたいです。

明治政府が決めた時って 古事記日本書紀を参考にした以外に

もしかして 霊能者みたいな人にも視てもらったのかな。。

と 勝手にですが思ってます。

 

似たようなオーラを持つ被葬者が2人いたとしたら

霊能者も オーラを読みとれなくて

被葬者を間違える

という場合もあるような気がするのです。

 

↓ すごい眺めの良いところにある古墳です

DSCN2137

DSCN2129

DSCN2143

広告

日記

2016年8月16日

次女が 夏休みで帰省しています。

ついさっき 次女がリビングで爆睡中

外は 台風の影響なのか 急な大雨が 降ってきました。

 

次女は 今晩 友達とビヤガーデンへ行く予定なので

 

あ~あ~ 可哀想に。。

と 想いながら ゲゲはブログを書いていました。

 

で さっき 次女が 「もう5時だ!」とむっくり起きたので

 

ゲゲが

「大雨だよ」

と言って 外を見たら。。。

 

!!!

 

なんということでしょう~~~!!

あの大雨が止んでいて

しかも

空を白く覆っていた雲が割れ

きれいな青空がのぞいているではありませんか~~~~!!!Σ(゜Д゜;)

 

え!?

えぇぇぇぇぇ~~?????

 

ガクブル~~~~~~!!!

 

そ そんなバカな!!

あれほどの大雨が 一転して 青空に!?

 

しかも 次女が目覚めた途端?!!

 

うわ~~~!!!

 

偶然にしても 恐ろしすぎる~~~~~!!!

 

ぎゃ~~~~~~~!!!

 

と 大層 びっくりしました (笑)

 

やっぱり 台風が近づいているんだなあ~。。

お天気がコロコロ変わるんですね。。。

次女も長女も気をつけて~~~。。。

日本武尊 棺 空っぽ 白鳥伝説 大鳥大社

2016年8月14日

昨日は 6月の旅の思い出に浸りながら

自分が今まで書きなぐってきた歴史覚え書きノートに

ラベルをページの端っこに張り付ける作業をして

めくりやすくして 遊んでました。

 

何気に むふむふと読み返していたのですが

大鳥大社について調べた懐かしいページが出てきたので

またまた気になって くいついてしまいました。

 

やっぱり なんかこう

 

棺 空っぽ

 

っていう あの 山岸涼子先生名作「厩戸皇子 続編」のお言葉が

頭の中に浮かんできます。

この件は 自分のブログでも 何度も考察を書いてますが

やっぱり 最初から ご遺体は大鳥大社で呪詛に使うつもりで

能褒野陵には埋葬せずに 持っていっちゃったんじゃないかと思うのです。。

 

飛んでいく白鳥の後を 妃達は泣きながら後を追った

 

って なんかこう 想像すると かなり異様な光景に思えるのです。

鳥が飛んでいっちゃってるのに 泣いてる暇はないでしょう!!いくら 悲しくても!!

 

確か ものすごい大きい鳥なんですよね。。

翼を広げると12メートル以上。。

白鳥以上にでかいです。。。。

数回羽ばたいただけで 地上にいる人間からは またたく間に見えなくなってしまう感じがする。。(モスラ並み?)

皆さん!(誰?)泣いてる暇はありませんよ!

アスリート並みに走らないと あっという間に見失っちゃいますからね!!

まじめに考えても 能褒野から御所(鳥になった尊が最初に降り立ったと言われてる場所)は かなり距離があるし

上空を飛ぶ鳥の後を 泣きながらは追えない。。って思う。。。

最初の1時間は空を見ながら泣いて頑張れる(?)余裕もあると思うけど。。

その後は。。。

疲れてもう無理。。歩けない。。。

。。。ってなりそう。。。

(昔のお話を 真面目に検証。。)

 

これって

 

違う地へ持っていかれる尊のご遺体の後を 妃達は泣きながら後を追った(呪詛に使われるのをわかっているから)

 

に変えると しっくりくるような気がします。

悲しいですよね。。。

大和ではなく その先の海ぞいの地へ持っていこうというのですから。。。

 

 

 

そして 日本武尊をお祀りする3つの陵ですが

やっぱり 御所市の古墳は 仲哀天皇と妻の神功皇后が作ったもので

津堂城山古墳(軽の里ではない派)は仲哀天皇と先妻の子達 押熊王・かご坂王が作ったものではないか。。。

と 思うのです。。

この件に関しては ブログでもしつこい位何度も考察しましたが

今では 最終的にこう考えてます。。。

 

能褒野で埋葬されるはずだった尊のご遺体は

誰かの意図で 大鳥大社へと向かった。。

三重から堺へ。。陸を通って その後は海沿いを通ったと 思います。。

 

大鳥氏が支配していたという大鳥の地で

尊をお祀りしたのは 大野氏。。

 

能褒野から→堺は 西方面

陰陽五行で 西は 白。。

鉄関係も(金属?) 白 みたいです。。

尊は 鉄の産地を支配するために 東征に赴いたようですから。。。

鉄の王子様。。。

 

鉄(白)を求めて全国を駆け巡った尊は

能褒野に埋葬されずに 西(白)の大鳥の地へ連れていかれてしまった

 

白 大鳥 = 白い大きい鳥 = 尊の体が白い大きい鳥になった

 

そういう連想が 後々 伝承となって

尊の体は 白い大きい鳥となり 西へ向かって飛んで行った。。

と 人々が信じていった。。。

気がします。。。

 

仁徳天皇の頃には

 

日本武尊の陵は 空っぽだから 墓守を置くのをやめよう

 

というお気楽な意見が 天皇から出されたほどですから

尊の大鳥伝承は 呪詛という暗い側面は忘れられて

単純に涙をさそう大鳥の伝説へと すでに変化していったのだと思います。。

(いや だからって せっかく古墳があるんだから 墓守の一人位 いても良いじゃん。。)

 

呪詛って 決めつけてますが

ふつうだったら 古墳に埋葬するところを

なぜか 鳥が飛んでいったので神社で祀った

っていう不思議な変わった伝承が残っているので

 

ん??? これはきっと 何かあるに違いない!。。。

 

と 勝手に決めつけてます。。

2016年6月10日㈮奈良一人旅 天理市チャリ散策 夜都伎神社 其の九

2016年8月13日

石上神宮を出て 西殿塚古墳方面を目指し

チャリで出発しました。

とりあえず 山の辺の道は自転車には向かない箇所もあるみたいなので

大きな道路の歩道を走るようにしました。

 

田植えが始まった田んぼの景色を見るのも気持ちよくて

用水路の水の音 カエルさんの合唱に応援してもらいながら

まるで栃木路を走るように お気楽に^^;

天理市を走らせてもらいました

 

あ 古墳 発見!

 

なんて チャリを停めて 気ままに写真撮影して 景色を楽しむ。。

全然 自分の地元じゃないのに

チャリがあるから ジモティ気分で気楽に行動できました!

ものすごい贅沢です! 最高~~~!!

ちょっと暑かったけど 自転車で走ってれば涼しいので

とても快適でした。。

 

逆に

ここをバスや徒歩で通る。。。

って考えると。。。

行ける範囲も狭まるし 時間もかかるし。。。

やっぱ レンタサイクルを選んで良かった~~~!!

と 思いました。。

 

しかし 道路をちょっと走っただけで

当たり前のように 古墳や神社が そこかしこにある。。。

ほんと すごい事です!

すごい土地です!

さすが 古代の政治の中心地。。。!!!

 

↓ 10:30頃 西乗鞍古墳 看板。。

自宅で事前に調べていて 今回ぜひ拝見したかったんだけど

実際に現地では 場所がよくわからなかったでした。。

すぐそばにいたはずなんだけど。。。 ??

この看板の裏側のどこかにあるのかな。。。

 

たぶん 今回の旅では ご縁がなかったということなんだ。。。

と 思いました。。

DSCN2106

↓ こちらはたぶん 小墓古墳だと思う~~

青空が ほんとにステキ~~~

DSCN2104

↓ 10:50頃 やとぎ神社 着

DSCN2108

DSCN2110

 

ここに 秋篠寺のパンフレットが 落ちていたので

ものすごく 不思議に感じてびっくりしました!

どなたか参拝客が落とされたのでしょうけど

今回行きたいけど行けない!って私があきらめていたのを 神様に見抜かれてた?!

と感じて ドキドキしました。。

 

↓ ゲゲの借りた自転車♥

紫で新品ぽく とてもきれいなものでした

DSCN2120

↓ 上の写真を撮影した場所から 来た道の方を振り向いて撮影しました

やとぎ神社の赤い鳥居 有名だそうです(かつて遷宮の時 春日神社若宮から 払い下げられたそうです)

石上神宮方面から大通りを走ってきて

この赤い鳥居をくぐってまっすぐ来ると

このやとぎ神社へ 出ます。

 

自転車で走ってる時は夢中だったから感じなかったけど

こうやって改めて今 写真で見てみると

赤い鳥居から神社まで 直線で結構距離あるんだなあ~。。。

DSCN2111

↓ 拝殿

DSCN2116

神社巡りをしていて感じたのですが

関西の春日神社系列や 八幡神社系列(系列って表現もどうかと思うが

なんとなく ご祭神でくくり分けをすると)

って こういう建物の造りが多いですよね。。

今 調べたら 春日造りっていうんですね

↓ 木がすごい

DSCN2118

ここ数年 特に強く思うのですが

神社って 建物には意識を感じないけど

神社にある木々には 何かこうすごく意識を感じるというか。。

やっぱり 生きてるからでしょうか。。

翻訳できないけど

語りかけてくれてるような

それか 無言で何か内に秘めてるような。。

そういう念?というか 声にならない声が感じられます。。

 

神様の気配は 神社全体に漂ってる気がしますが

木は なんていうか 神社を守護する人?みたいな

なんかこう。。気配よりも強い生きてる意識というか。。。

うまく表現できませんが。。。

 

↓ この道は 山の辺の道だそうです

山の辺の道には あちこちに ↓ 歌碑というか 石碑が立ってます

ここは 舗装されてて 車も通れる位の広さなので

自転車でも走りやすかったです。

やとぎ神社を出て この道を右に行きました。。

だんだん 狭くなりました。。

DSCN2112

↓ 11:20頃

山の辺の道沿いには 古墳とかたくさんあって

案内の看板が立っています。

歩いたりするのに わかりやすいです。

↓ DSCN2127

 

夏コミ 2016

2016年8月12日

長女 行きました 一人で 初コミ。。

暑さ対策 万全で。。

 

気をつけて 無事帰ってきてね~

 

先週 8月7日日曜日は 父の兄(=私の伯父)の一周忌の法要でした。

私も 呼んで頂いたので 本庄へ行ってきたのですが

お昼ご飯。。お清め?・・・を頂いてる時

私の3つ上の従姉妹(=伯父の娘)と話していたら

従姉妹の子ども2人が オタクだと判明して。。^^;

 

全然 気づかなかった。。。隠してたな。。 (^◇^;)

年は うちの子達と近い というか ほぼ同年代というか。。

 

教えてもらったのですが

長女ちゃんは おそ松さん好きで

長男くんは 夏コミ 冬コミ必ず行くという猛者でした。。(ジャンル 聞いておけば良かった。。。教えてくれなかった。。w)

 

今回の夏コミは さすがに祖父の初盆なので 行かないことにしたそうですが。。^^;

 

渡邉家。。。やばい。。。

オタクの血が。。。

次々 嫁ぎ先に遺伝して拡散増殖してってる。。。ww

 

うちの長女のお友達も 今日一緒に行く予定だったのですが

急きょ 仕事が入っしまって 行けなくなってしまって。。

(そういう時の仕事って ほんと やる気が出ないっすよね。。^^;;;気の毒過ぎる。。。)

 

うちの長女は 行きたいのに行けなかった2人の熱い想いを背負って?

夏コミという戦場へ赴いたのでした。。。 (^◇^;)

オリンピックみたい。。。(笑)

 

従姉妹と子ども達と うちの長女と私でカラオケ行ったら

すごい事になりそう~~。。

子ども達がマイク奪い合って アニソン大会に。。。

2016年6月10日㈮ 奈良一人旅2日目 石上神宮  其の八

2016年8月12日

今日は いよいよ 今回の旅の二つ目のテーマ? 物部氏!

そのパワースポット 石上神宮へ!

道に迷わずすいすい移動できれば 西殿塚古墳へも行けるかな?

そして 午後はポロンさんと会える~~~! るんるん♪

興奮しながら ホテルで朝を迎えました ヽ(^o^)丿

 

朝7:00 ホテル朝食 和食を選びました

8:00 奈良駅

JR桜井線 快速難波行き

 8:13 天理駅 下車

駅近くの自転車屋さんで レンタサイクルを借りました

お店の方が 天理周辺を回るのに わかりやすい道を教えてくれました

助かりました!

 

天理教関係の建物が並ぶ中 勘を頼りにチャリを飛ばしました。

千と千尋の神隠しの世界の中にいるみたいだった~ ♥

買いたいものがあって 天理郵便局へ寄ってみたけど

開いてなかった テヘペロ

 

9:00頃 石上神宮 着~~~

 

朝なのに すでに激暑~~~

でも 境内は 不思議な涼しさ~~~~

とうとう!

古代からのパワースポットへ 初めて来れました!!

ちょードキドキ!

 

↓ 私が撮影のために立ってる場所は 駐車場へ行ける道です

二股に分かれてます

鳥居へ通じるメイン通りは 右の道みたいです~

DSCN2096

↓ 絵葉書で有名な場所

右に手水やがあります  とても風情があってステキ♥

この階段を上って 左へ曲がると 拝殿

DSCN2085

↓ ここの立派な楼門をくぐって 拝殿へ

ちょっと上にある神社脇から撮影

DSCN2070

DSCN2068

DSCN2073

↓ こういう趣のある場所を通らせてもらうって 緊張する~

DSCN2057

↓ 拝殿

なんか 雲がとても素晴らしかったのでした。。朝にも関わらず。。

境内には 謎の祈り?を天にささげる方たちもいらっしゃいました

DSCN2053

↓ 拝殿そばから撮影した お守り等の授与所(楼門脇)

石上神宮の朱色って ほんときれいでうっとりしちゃいます

青空に映えて とても美しいんですよね~

 

事前に 石上神宮のHPで お守りをチェックしておいたのですが

実物がたくさん並んでいて(当たり前ですが^^;)

嬉しくて興奮して いっぱい買っちゃいました♥

ご朱印状も書いて頂きました

DSCN2055

   P1030436

P1030437

 

↓ 今ふりかえってみれば 下の開いてる門のところから出て右を見てみたら

本殿とか神庫とか さらにもしかして禁足地の柵も見えたのかしら~

><

拝殿の空気の素晴らしさにとても興奮していたので

拝殿周辺をうろうろして夢中で写真を撮っていただけで

あっという間に 時が過ぎていってしまったのでした。。(笑)

やばいです。。

石上神宮。。 一日中 いられます。。

なんだかわからないけど とても 気持ちが良すぎます!!

DSCN2041

↓ 楼門近くにあります

摂社の出雲建雄神社(草なぎ剣の荒御霊!!)の拝殿

もともとは 近くにあった内山永久寺(うちやまえいきゅうじ 現在廃寺)

の鎮守の住吉社の拝殿だそうです

DSCN2066

DSCN2064

DSCN2062

↓ 摂社 天神社

DSCN2059

DSCN2060

↓ 無邪気に遊ぶ(笑)神のお使い 鶏さん達

自由な感じが良くて この後しばらく夢中で ビデオを撮ってました w

DSCN2083

↓ 牛さんも 目がとっても愛らしくてかわいかった(♥ω♥)なでなで♪

DSCN2081

団体さんが来て ご祈祷が始まったのをきっかけに?

勇気を出して 神宮を後にしました。

いや ほんと なんともいえない気持ちよさというか

なかなか 境内から離れられない不思議さというか。。。

古墳をめぐるんだ!

という当初の私の目的が 完全に頭から消えてしまったほどの

すごい魅力あふれる場所でした。。

 

ここ 石上神宮は物部氏の武器庫だったという伝承があるそうですが

。。。もしかしたら。。。

敵があの地に足を踏み入れたら たちまち戦意喪しちゃうかもですね。

 

やはり 七支刀の威力でしょうか。。。

↓ ファイル。。 買ってみました

P1030442

平成28年6月9日(木)奈良一人旅 初日 景行天皇陵近辺 其の七

2016年8月11日

すでに8月になってしまったのにまだ初日分。。 (*_*;

でも 本当に ふとした瞬間に思い出すたび懐かしいです。。

奈良のあの空気。。

ほんとに楽しい旅でした。。 ヽ(^。^)ノ

↓ 景行天皇陵 鳥居

ばしばし撮影していたら 鳥居の奥に 一輪の花が咲いてる!?

私のために 天皇様が 白百合を?! きゃー!!♥

DSCN1977

↓ 老眼のため 肉眼ではよく見えず。。w

カメラのレンズの望遠を最大にして撮影。。

。。。

旅行後 自宅PCで確認してみたら 枯れた葉っぱでした。。 (^◇^;)

DSCN1982

ちょっとがっかりしたけど でも 良いの。。

この時 ささやかな幸せを感じられたから。。(笑)

↓ さすが奈良。

史跡巡りに良いですね。いろんな案内板が立ってます

DSCN2001

DSCN2002

DSCN2004

↓ すごい雲。。三輪山方面かなあ~。。

DSCN1987

予定では この後

西殿塚古墳、大和神社、渟名城入姫神社、稚宮神社

(今 自分で入力していても すごいハードスケジュールだ。。 w)

へ足を延ばそう~~~ と 思っていたのですが

日没過ぎたので 名残惜しいけど 帰る(?)事にしました。

写真も 暗い中で撮らなきゃだから 部分的になっちゃうし。。

 

それに なんといっても 今回は4日間も日にちがあるから

予定通りにぎゅーぎゅーではなく

時間的に余裕を持って のんびり歩いてみたくなったのでした。。

↓ 景行天皇陵隣りの 上の山古墳

大き過ぎて 古墳のふもと?からは全体像がよくわからない。。^^;

DSCN2006

DSCN2005

池田仁三氏 古墳墓碑によると

景行天皇妃 水歯郎女の墓だそうです

水歯郎女の父方の祖母は綺戸辺(かにはたとべ) 祖父は垂仁天皇

 

↓ 古墳のすぐ下にある神社

夕闇迫る中 ぽっと灯っている灯篭の灯りがステキでした

この古墳で眠るお方がかつて住んでいた宮跡でしょうか。。

と この時は なんとなく勝手に妄想していました

 

私的には とても素敵な落ち着いた神社でした

夜 訪れてくる殿方をお迎えするために 灯りを点けて待っている。。

みたいな (#^.^#) 。。。

女性的な感じを受けました。。

 

帰ってきてから調べてみました

水口神社

ご祭神 大水口宿禰命

ニギハヤヒ尊の4世孫

物部氏 !!

DSCN2007

DSCN2009

 

うーむ。。。

水歯郎女。。 大水口宿禰。。。

「水」 が一致している。。。

 

とりあえず ここを 後世の方たちが 神社として祀ってるってことは

何かこう パワーのある地なんだと思います。。

物部氏関係!

まだまだ明るいのですが さすがにもう19時なので

駅をめざして てくてく国道を歩き始めました。

 

素敵な夕焼けでした。。

雨の予報だったのに ここまできれいな紅い景色を見せて下さって

ほんとに感無量です。。

雄大~~~ 古都の貫禄~~~

DSCN2013

暑くて 汗びっしょりだったのですが

夕方の涼しい風がとても心地よくて 気持ちよく歩くことができました

憧れの奈良の地を こうして 一人のんびり写真を撮りながら歩ける事が

ほんとにもう 幸せ過ぎて幸せ過ぎて幸せ過ぎて。。。(*^。^*)

言葉にできない~~♥ 感動~~!

 

古代 ここは 古墳があるからさびしいところだったのかな。。

日本武尊は どこを歩いたんだろう。。

景行天皇より先に亡くなったから お墓詣りできなかったんだろうな。。

などなど。。

奈良の現地の空気を感じながら 古代の事を妄想して歩くのは

なんともいえない贅沢な時間です。。

DSCN2024

DSCN2028

↓ 19:30頃 柳本駅 到着

カメラのバッテリーが切れたので

小さいカメラをバッグから出して 撮影しようとしたら

カードエラーが出ました。。

えぇぇぇぇ~~???!!

もしかして カードが壊れた?!

ぎゃ~~~!!!

この小さいカメラで撮りためたデータ 全部 消えちゃったの?!

がーん ==。。。

 

ショックで倒れそうになりましたが

さっきのテープエラーの件もあるので

あきらめずに

カードを出しては入れて 出しては入れてを繰り返していたら

無事 元の状態に直りました!!

以前撮影したデータも 無事でした~~ ヤッター!(^o^)丿

 

↓ 柳本駅は無人駅で 奈良方面ホームへ行く歩道橋には屋根がありません

すごい雲!! 歩道橋の上から撮影

ぽつぽつと雨が少し降ってきましたが すぐ止みました

P1030276

↓ 月も出てました!

P1030279

↓ 奈良へ行くホームから夜の駅構内を撮影

人がいなくて 解放的です~

旅行先の無人駅で ほぼ一人 ホテルへ帰るために

屋根のないホームで 電車を待つのは

とても好きな時間です。

周囲の用水路の水の音や 田んぼのカエルさんの合唱やらが

心地よく聞こえてきて

ほんと気持ち良かった~~~ 幸せ~~~

P1030283

20:08 柳本駅 乗車

 JR桜井線

 20:30 奈良駅 着

平日でしたので 部活帰りの高校生や 会社帰りの方たちなど

電車内は混んでいました。

旅行へ行くといつもですが 部活帰りの高校生たちを見ると

頑張ってるな~って思って ほんとほっとします。。

保護者さんが 駅まで車でお迎えに来てるのも 電車から見えるし。。

自分の子育て時代が 懐かしいです。。

 

奈良駅に無事戻ってこれました!

コインロッカーからキャリーケースを出して

駅ビルのスーパーで(イオンカード 持っていけばよかった!! w)

夕飯 寿司 サラダ 唐揚げ 缶チューハイ を買い

ホテル目指して 歩き出しました

さすが 観光地 奈良!!

夜 観光客がたくさん歩いてる!!

お土産やレストランが並ぶ道を

キャリーバッグをガラガラひっぱりながら ホテルへ行きました

駅近 ワシントンホテル~~ 久々~~ チェックイン~~~♪

20代正社員時代の出張以来~~

 

無事 ホテルの部屋に入って

一人でお疲れ様の晩酌をしながらご飯を食べました。

 

あ~~~!! 今 思い出すと あの旅が懐かしい~~!!

4日間も のんびり過ごせた~~~ ちょー幸せ~~ (^o^)

また 行きたい~~~!!! ヽ(^o^)丿