Archive for 11月, 2014

2014年11月23日㈰下野チャリ散歩 河内郡上三川町上神主 其の参

お化けの?資料を読んだ後だから 特にそう感じるのかも知れませんが

やっぱり 茂原って なんだか 戦国時代の戦の匂いがします。。

まだ 敗残兵がいそうな気がする。。。

だから 多分 地主さんも なんとなく 手を入れるのをためらう場所があるんじゃないかにゃあ~。。。

 

近代的なごみ処理施設があるので 開発されて周辺はきれいに整備されているのですが なんだか 暗いって 感じちゃう。。。。。。

ゲゲの妖怪アンテナが なんだかざわざわします。。(視えないけどさ。。)

 

宇都宮のお隣の町 河内郡上三川町上神主へ入りました

↓  村社 浅間神社

古墳の上に建っています。。

DSCN1281

DSCN1282

地図で見て この辺りだろう~~と この神社を何度も探し回りました

まさかこの細い道を行くんじゃ?・・・(史跡の案内板が何一つない。。)というところを勇気を出して入っていったら

ありました!!!

 

でも 最初は

村社だし 部外者のゲゲが入っていったら悪いかも。。。

と思って

参拝はやめよう。。。

と考えていたのですが やっぱり ご挨拶させて頂こうと思い直し

道に自転車を止めて 鳥居をくぐらせて頂きました。。

 

ですが やっぱり よそ者が来た!注意!と 思われたらしく。。^^;

歩くたびに 小さい羽虫?がぶんぶん しつこく顔とかに飛んでまとわりついてきて

お社にたどり着くまで とても大変でした。。(^◇^;)

 

なんとか? お社までたどり着いて お参りさせて頂きました。。

そして また自転車まで戻ったのですが。。。

不思議な事に。。 なんという事でしょう~。。。

さっきと同じように虫は飛んでいたのですが

私に決して近づこうとしませんでした。。

私の周り1メートル周辺を ぶんぶん飛んでいるのでした。。。(^_^.)

 

うわ~。。。 害を与える者ではない。。って認識されたのかしら。。

こういう事って あるんだなあ~。。。と 思いました。。。

 

神社の隣りに細い道はあったのですが

なんだか怖くて

元来た道を戻って 日本武尊様ゆかりの大好きな甲神社へ行きました

きゃ~~!!!紅葉がきれい~~~!!!

山茶花もきれいに咲いてた~~~ \(^o^)/

すごい良い感じ~~~!!

DSCN1287

神社にしめ縄がかかってる~~!!

お祭りの後だったんだ~~~~!!!

道理でなんか神々しい~~~!!! ○*○〇(◕∀◕)〇○*○

DSCN1289

神社のお隣の畑では おじさんが耕運機で地面を耕していました

平穏が何より一番です。。。

今年も無事お米が取れて 良い年でした。。。

ありがとうございました。。。

DSCN1293

さっきの神社ではないけれど

ここ甲神社さんに 毎年 来させていただくたびに

なんだか 歓迎される?度合いというか%が増えているような気がする~ \(^o^)/

これからも 日本武尊様の足跡 たどっていきたいです~~

 

さて 帰ろうかな。。。と思いましたが

もう二つ 名所旧跡を探し回りました。。。

行ったり来たり 中々見つかりませんでしたが 頑張りました!

↓ 茂原観音堂

DSCN1295

DSCN1294

そして もう一つ!

いつ探しても 全然見つからなかった上神主廃寺または茂原廃寺跡と呼ばれている奈良時代の寺院跡!

ぐるぐる同じところを自転車で何度もまわって

もうだめか。。。とも思いました

ですが もしかしたら さっきの村社の隣りの細い道を行ってみよう~!

と腹を決めて 怖いけど行ってみました。。。

そうしたら!!!

ありましたぁぁぁぁ~~~!!!

 

以前は寺院跡と思われていた場所が 発掘してみたら 官衙遺跡だったそうなのだそうです~~

DSCN1298

ちょうど 日没で 林の中は暗くて 何が何だかよく見えなかったのですが けっこう 写真には残っているんですね。。(フラッシュなしで撮影)

DSCN1300

↓ 広々とした空き地。。。 発掘調査した跡?

DSCN1305

高台になっているので 遠くの眺めも良く 下を通る人々の姿もわかりやすいので 地方の役所としてはとても良いところだったのですね。。

東山道近くでもあるそうです。。

やっぱり 日本武尊は ここを通って この近辺に宿泊して

近くの住民たちにお世話になったと言って 甲をプレゼントしていったという話

事実っぽい!!

と 思いました

↓ ぶれちゃったけど 望遠でここから見える遠くの景色を撮影

ここを治めた国司は こんな素晴らしい場所を支配できて とても気分が良かったでしょうね。。。すごい権力ですよね。。。

DSCN1307

 

いつも思うけど こういう地方の役所があった跡って

なんだか 空気が 奈良の飛鳥に似てる。。。って思います。。。

 

もしかして さっき ゲゲが入りにくかった細い道は

入り口に 門番か何か立っていて 目を光らせていたのかも知れません。。

よそ者や得体の知れない者を通さない!

という意思が まだ残っているのかも知れません。。。

 

良かった。。。視えない槍で刺されなくて。。。 (^◇^;)ノ

 

暗くなってきたので 帰宅の途につきました。。

途中 お回りさんに職質されませんでしたあ~~~!!

自転車に備付のライトが点かなかったので あらかじめ買ってあった自転車用LEDライトを点けて走行しました

無事に帰れて良かったでした♥

 

帰宅してからライトを点検してみたら

豆電球に線が接触してませんでした

直したら 点灯しました \(^o^)/

 

この日のチャリ散歩は ほんと 天気も良く 気持ち良かったでした。。

前回は一体。。。 (^◇^;)

ですが

どんな時でも何が起きても アクシデントを嘆かない精神力で楽しみながら 史跡めぐりをしていきたいと 思っています(作文!)

ですがやっぱり

目に見えないけど 不思議な事や謎めいた事象ってあるんだな~。。。と チャリ散歩や史跡巡りをしていると いつも 思い知らされます。。。 (^m^;)

 

広告

Comments (6)

2014年11月23日(日)下野チャリ散歩 ゆるゆると宇都宮市茂原~河内郡上三川町上神主 其の弐

それにしても 古代の古墳が現代の墓地になってしまうという 土地活用術。。。

仕方ないですよね。。ゲゲはそう思う。。。

もし保存できるのであれば 保存してほしいけど。。。こればっかりはなんとも言えません。。。

古墳の主がいまだに地域の主として生きてれば(変な表現ではありますが) その古墳はそのまま 誰も手をつける事は出来ないのでしょうね。。(なんだか怖くて)

次に向かったのは。。。というか

ゲゲの持つ資料で 雀宮近辺の古墳や遺跡が記されている地図には

牛塚古墳のそばに 牛塚東遺跡というのが書いてあったので

そこを探してみました。。

。。。

でも 全然 わからなくて 同じところを行ったり来たりしました。。

どうしてもわからなくて 交差点の歩道で地図を確認していたら

突然 近くの池?から鳥さんが出てきて ゲゲの目の前をバタバタバタバタッと飛んで 東の方へいったので

「あ!鳥さんが 教えてくれた。私がここだ!と思って探していた場所は間違えていたんだ!」

と 気付きました。。

 

毎度毎度 いつもなのですが

不思議なもので 豊城入彦命様と日本武尊様関係の史跡を探していると

必ず! 鳥さんがいて 何かしらヒントを与えてくれます。

今回の鳥さんは 私が見当をつけてぐるぐると探していた場所は間違えてるよぉぉぉぉ~~と 言っているかのようでした。。。

「違うんだよ!!」みたいな逆ギレ?の感じ^^;。。。

急にバタバタとすごい音をたてて 飛んでいきましたから。。。

鳥さんが飛び立たなきゃ ゲゲのすぐ左に池があるなんて 全く気づきませんでした。。。^^;

DSCN1275

 

鳥さんにお礼を言って?自転車で 気持ちを新たにして移動してみました

牛塚東遺跡。。。 わかりました。。

多分 ここだろう。。。と思いました。。

写真は撮ってきませんでした。。墓地と畑と住宅地だったので。。^^;

↑ この池から 道路を越えて南です。。

多分 現在墓地として使われているのが古墳で 住宅地と畑になっているのが遺跡。。

だと思いました。。。

資料には 古墳時代の方墳が2基ある と書いてありました。。多分 あの段差のあるところだと思う。。。(^◇^;)ノ

 

とりあえず この雀宮地域って遺跡だらけなのかも。。。と思いました。。

奈良・京都並に 掘ると必ず遺跡に当たったりしたりして。。。

 

それからは のんびりと自転車をこいで 本当にサイクリング気分で移動を楽しみました。。

お天気も良くて ほんとにとても気持ちが良かったです

主に農道を行くのですが

農道は車がめったに来ないので 道路の真ん中をすいすい走れます

かなりのそう快感です~

 

宇都宮市のはずれ 茂原町に入りました

前に探したけど わからなかった大日塚古墳を見つける事ができました

集落の中の細い道を上っていったら ありました~☆

DSCN1276

資料によると 全長36.5メートルの前方後方墳だそうです

前方部は西方向だそうです。。

敷地には周りに金網がめぐらせてあって 入れないようになっています

帰宅してから調べたら 国有地だそうでした。。

宇都宮大学が 昭和58年~60年に調査しているそうです

 

↓ そのすぐ南 愛宕塚古墳

DSCN1278

↑山林の左側から近づいて中を覗いてみたら 南北に2コ 山みたいに若干盛り上がっていたので 古墳だと思います

前方部を南に向けている 前方後方墳だそうです

 

↑これらの古墳は ゲゲが以前行った 笹塚古墳より前に造られた古墳らしいので いったいどなたが眠っているのでしょうか。。

豊城入彦命様が東征に来た時 この地を貰い受けて治めた豪族の古墳でしょうか。。 それとも もっと前か。。。

謎~~~ (^J^) 前方後方墳は 前方後円墳より古いらしいっす。。

 

これらの古墳があるところは ちょっと小高い丘の上っぽいところです。。

眺めがよくて 筑波山や遠くの山がよく見えました

さすが権力者。。。気持ちの良い場所で眠って 子孫の繁栄を願っているのかなあ~。。。

 

 

 

コメントする

2014 11 23 下野チャリ散歩 宇都宮幕田町 幕軍墓碑~

気持ち良く晴れた昨日

おし!行くから~~~!!リベンジ?~~~!!

と 朝10時過ぎ 自転車で 壬生方面へ出かけました

これはゲゲの仕事です!(`ω´)❍
行かなくてはいけないのです!? (。。誰に向かってしゃべっているんだろう。。(^◇^:)色々と。。。あはは。。。。)

大体もう 51歳なんだしさ~
子育ても頑張って真面目に終えたんだしさ~~~
休日位 社会的に 自分の好きな事 自由にやらせてくれよ~!!
(誰に向かって 叫んでる?^^;)
やりたい時にやるのが ぼらんちあ なんだと思うし~。。。
自分の好きな事我慢してまでやらされるのって それはもう 強制以外の何物でもないし
そういうのはもう もはや ぼらんちあ とは言わない気がする~~

いい加減  やめたいぜよ~~~~~ クビにしてくれぇぇぇぇ~~~
( 。。。誰に向かって。。。。??? 心の叫び~~~^^;;;

 

どこそこへ行きたいって事は

おいで って 呼ばれてる気もするのです
そういう時は 行かないといけないと思うのです。。。 (◑∇◐)

今回は ゲゲが10年位前乗っていた自転車で出かけました
後ろのタイヤがパンクしていたので 新品に取り替えてもらって
ブレーキのパッドも取り替えてもらって
防犯登録もしてもらいました

これでもう おまわりさんから 突然 職質されても大丈ぶい~~~~ \(^o^)/

 

まさに自転車日和の太陽が穏やかに輝いている中

今現在の栃木街道をひたすら南下して

。。。もしかして こっちかな。。。

と 勘で栃木街道から脇に入って 細い道を探して行ったら。。。

見事にありました。。。

11時15分頃

↓ 宇都宮市幕田(まくた)町

「戦士死十七名霊」

戊辰戦争 安塚・幕田の戦いの後

旧幕府軍の戦死者17名を葬った場所

DSCN1249

宇都宮へ嫁に来て27年。。。

新撰組が好きだったくせに

独身の頃にも機会があったにも関わらず ここへは来れなくて

ほんとすみませんでした。。

いっつも近くを素通りだったから

武州の生まれで江戸幕府のおひざ元の地で育った人間なのに

どうしてここにはお参りに来ないんだ って

思っていたでしょうね。。。

壬生のお墓の方は 結婚前から知っていたのに こちらの方はわからなくて ごめんなさいでした。。。

 

驚くほどすんなりと来れたので

どなたか視えませんが

道を教えて下さったんだと思いました。。 m(__)m

兵庫塚の安産稲荷神社への案内の道標

             ↓

「安産稲荷道 ひがし是より八丁」と書いてあるそうです

嘉永2年(1849年)建立だそうです

DSCN1246

道標の左右の側面には神社の由来や功徳が刻んであるそうです うっすら読めました

             ↓

DSCN1247

またちょっと自転車を走らせました

激戦のあった姿川を越えて 壬生町へ~。。

11月2日のチャリ散歩で 磐裂根裂神社で郷土史家のおじさ  んから話を聞いた後 こちらへお墓詣りに来て 自転車のタイヤ の空気が一気に抜けて 天気も一変 すごい?日になったあの 壬生のほうの幕軍のお墓詣りをさせて頂きました(長・・)

↓ 壬生町 戊辰役戦死之碑

DSCN1250

↑ この間とは うってかわっての 良いお天気 ^^;

そばの木々には 雀が何羽もいて ちゅんちゅんと

可愛く 楽しそうにさえずっていました

ちょっと離れた東の方からは どこかのお祭りでしょうか 楽しそうな笛太鼓の音が 聞こえてまいりました。。

とても気持ちの良いお墓詣りでした。。

これ以上はないっていうくらいの安らかで落ち着く静かなひと時でした。。

「お国のためにありがとうございました。今 私達は平和に暮らしております。どうぞ安らかにお眠り下さい」

感謝の念をささげました。

そして いざ 今度こそ 目的地の雀宮へ出発~

タイヤの空気は 大丈夫でした (^◇^)

↓ 安塚街道から見えた筑波山

肉眼で見ると大きいけれど

カメラで見るととても小さいので かなりの倍率アップ

神々しい霊気をいっぱい浴びてきました

DSCN1252

 途中で 遠くから聞こえてきた笛太鼓の正体がわかりました
 子ども達の地域のお祭りだったようです 
 お揃いのハッピを着て 御神輿をかついだ子ども達の集団とすれ違いました
 良いものを見させて頂きました
 ありがたや ありがたや~。。

途中のカワチ薬品で おにぎりを買って 駐輪場でもぐもぐ食べました

前回 自転車のタイヤの空気入れがないかどうか探し回ったのが 懐かしい思い出です (^◇^;ノ

無事 雀宮へ到着しました

最初に訪れたのは 雀宮駅のちょっと北側

古墳の上に建てられた神社です

↓ 御田(みた)町 今は上御田町?

御田神社 大日塚古墳

「みた」って事は 神様か偉い人から賜った田んぼって事?

疑問だらけ。。^^;

DSCN1258

この神社の目の前というか目の上を 新幹線が通っていきます

↓ ちょうど 神社の由来が彫ってある碑と

新幹線の高架っていうの?が 重なりました

DSCN1256

どなたが眠る古墳なのでしょうか。。

豊城入彦命様の御一族ではないかと思いました。。または この地を治める豪族か。。。

そして 自転車を 雀宮駅から南方面へ走らせました。

前回と今回のメインスポット

消滅した 牛塚古墳 です

宇都宮市新富町 雀宮駅から ちょっと南

現在は削平されて 墓地になっています

↓こっちは公園              ↓ 碑

DSCN1271

碑には 大人塚古墳と書いて「うしづか」と読み仮名が振ってありました

地元では 豊城入彦命のお孫さん 御諸別王(みもろわけのおう)のお墓と言っているそうです

すごいのが出てます!

画文帯神獣鏡! 武器 武具だそうです。。。

あまりにもすごいので 国立東京博物館保管だって・・!!

やっぱり 皇族ですよね~ と 思う~。。

豊城入彦命のお孫さんですよね~。。

古墳が消滅しているので 残念ですが

なんだか 公園のこの木が とても優しくというか優雅にステキに風になびいてハラハラと葉っぱを落としていました。。

あ~~~!! この雰囲気!

(豊城入彦命様のものと地元で言われている)笹塚古墳に行った時と同じ雰囲気だぁぁぁぁ~~~!!

私を歓迎してくれてる~~~

と 勝手に思って嬉しかったです(作文?)

DSCN1272

Comments (2)

いや~~~  参った~ 負の攻撃~ ><;

午前中 仕事で 義父と2人でカーテン生地を断ったのですが

いや~ なんだか 義父母が会話をかわしているうちに

義父 次第に不機嫌になっていって

仕事も乱暴になっていき

不機嫌モードでだんまりを決め込んだり

ぼそっと口を開いて

俺の言う事なんて どうせ間違ってると思ってるんだろ

とか

俺の言う事 全然きかないしな!

とかぶつぶつ言って

最終的には

勝手にやってろ!

と 義母に言い捨てて 部屋を出ていきました ^^;

 

会話してると 人の言う事を悪くとって拗ねて 縫製部屋を出ていってしまうというのは良くある事なのですが ^^;

昨日 Mから「悪いモノ取れたよ~」と夢で言ってもらって

肩の荷?が降りてすっきりしてるゲゲにとっては とても耐えがたき悪夢の1時間でした ^^;

80歳のじじいが ったくよ~!!中坊みたいに拗ねてんじゃねー!気持ち悪いんだよ!!

と ほんと この家系というか 義父母の性格の愚かさにはあきれるばかりですが

とりあえず その 苦痛そのものの1時間を乗り切ったゲゲは 大層 疲れてしまいました。。

昼食後 仕事を始めたら

頭痛がしてきたり 半端無い疲労感 横になって休みたい  とか 身体がものすごい事になってしまいました。。

 

うわ~。。。 人から不機嫌満載の負のパワーを受けると こんなに身体ってダメージを受けるんだ~。。。

 

と 自分で とてもびっくりしてしまいました。。

 

義父は はっきり言って 近所の人達から 嫌われています ^^;

しゃべると 一言多いし 相手にとって嫌な事を言うので(冗談のつもりかどうか知らんが) 煙たがられてしまうのです ^^;

 

なんか 絶対 義父の背後には変な獣とか憑いてる気がする。。。(義母の背後にも。。。^^;)

それでもって 相手に対して 負のパワーを攻撃してくるに違いない。。。

と 思いました (^◇^;)

 

ゲゲは もう 自分で自分の身を守らないといけないので

自分の両親のご先祖に救いを求めました ^^;

自分 何やってんだ。。

とも思いますが

義父からの負の攻撃を避けるのは

ンな事 言ってられません。。とにかく必死です。。

 

そして なんとか防御できました ^^;

今は 元気になって 生まれて初めて買ったボジョレーヌーボーとかいうワインを飲んでます (^∇^;)

 

午後 義母は

「お父さんも 最近は 怒ってもすぐ機嫌が直るんだわ」

と言ってましたが

それって もろモラルハラスメントじゃん。。。^^;

と ゲゲは 思いました。。

 

機嫌が悪くて不機嫌モード炸裂自体が モラハラなのに。。。

さらに

怒った後に 普通に戻って家族に接するっていうのは

要は 自分の気分しだいで家族に接してるって事なんだから。。

性質が悪い!! っちゅーに。。。

典型的なモラオじゃん!!

ったく 義母も無知だよなあ~。。。

 

だから 息子まであんなん なっちゃうんだよ!!

 

でも 近頃は うちのだんなも かつての壮絶なモラオ状態から  随分 普通になってきたもんです。。

今は 義父のほうが ひどいですね。。^^;

 

だんなが ボジョレーヌーボーが飲みたい!

とか言うので 近所の知人の酒屋まで買いに行きました

ゲシュタルト崩壊状態なので

知人のお父様から ボジョレーヌーボーの意味を詳しく教えてもらいました ^^; 勉強になりました~!!(*^。^*)

生まれて初めて 買いました

案外 おいしいですね。。 酔っぱらってます^^v

 

グーグルの?CMで

はにわコスプレの人が踊っているけど

あれって 良くないとおもう。。

埴輪って 生きてる人間の代わりに無機質体として 古墳に葬られて 故人の黄泉の世界に供えられるものなんだから

生きてる人間が 埴輪のコスプレをしても 良い事無いと思う。。

はっきり言って 危険。。。な気がする。。。

やめた方が良い と思う。。^^;;;

Comments (4)

11月19日朝 不思議な夢を見た これがほんとだったら。。。(≧Д≦;

夢を見た後 目覚めて 時計を見たら

午前4時半ぐらいの時間でしたので

11月19日の早朝に この夢を見たということになります

 

今年の初め 伊勢崎の古墳を見に行って

会社員時代の友達の家に押しかけて会ってきましたが

その中の1人 Mが 夢に出てきました

Mが出る夢なんて 見たことあったかしらん という位

初めてかもの出演?でした。。

 

「ゲゲちゃん~ 良かったね!もう大丈夫だって!!ゲゲちゃんに憑いてた悪いものは もう全部取れたって!!」

いつものように美女美女したMが

思いっきりの笑顔で私に喜んでくれてました

「え?あたし なんか憑いてたの?!」

「今年 会いに来てくれたじゃん?それで 私のスマホのゲゲちゃんの画像をウルトラこーじに見せたんだよ!そしたら『う!!この人 まじやばいよ!まじやばい!ちょー悪いのが憑いてる!』って叫んでたの!ウルトラこーじは除霊は出来ないんだけど、今日、『あの人もう大丈夫だから!』って言ってたから、ゲゲちゃん、もう大丈夫だよ!」

「・・・そうだったんだ・・・。あたし 何かが憑いてたんだ。。。どうりで、去年から今日まで 真面目に生きてたにもかかわらず 色々とおかしい事が多かったんだ。。。良かった~~!!」

というところで 目が覚めました。。

夢の中だけの設定がいくつかありましたものの

私に何かが憑いていたっていうのは 本当だろう。。。と

直感で思いました (^◇^;)

 

Mのスマホで私を撮影した事実もないし

ウルトラこーじなる若い男性も 全く知らない人です

(ラッパーみたいな チャラい男の子でした ^^;)

 

でも 今年会ったあの時 Mは スマホを操作して

「ゲゲちゃん ラインやってるよね?この間 来たから ゲゲちゃんだ~って思ったんだけどさ。。。 あ。。違う人だった。。。苗字は同じだけど 下の名前が違う。。」

と言っていたので ゲゲと Mのスマホは

ちょっとだけ 触れ合ったというか 時間を共有したというか。。。そういう事実はあります。。

 

そして 私に憑いてたという何かは・・・

なんだか 生きてる人のバックの呪詛霊って気がする。。。^^; 長老の背後霊?が 怪しい。。。

(最近突然 長老が うってかわって優しくなったし。。。 ^^;

または 見ず知らずの死霊。。。現代人の。。。

 

もしくは 過去の人間のゲゲへの八つ当たりの想いとか。。

 

この間 過去の物 ドドドドッと捨てたのが良かったのか。。

自分なりのお祈りが良かったのか。。

ゲゲの実の両親の先祖霊が助けてくれたのか。。。

古着とバッグと古指輪を持って行ってもらったのが良かったのか。。。

 

とにかく 悪いものは取れたそうなので 素直にそう想う事にします!

とても 嬉しいです!

\(^o^)/ ヤッター!!

左の肩が軽いぞ~~~~~ (^○^)

Comments (2)

2014年8月24日 なす風土記の丘資料館~那珂川町 大田原市 其の弐

なす風土記の丘資料館では 東山道の展示とビデオもありました!

事前に何も調べないで行って 申し訳なかったですが

まぢ~~~?? 東山道の推定地図まで いっぱいある~~~!!!

と 狂喜乱舞しました

(TωT)きっと 日本武尊様が 導いて下さったんだ。。。ううう。。。

と 勝手に感動しました。

そして 帰り際

資料館がまとめたレアな研究本もたくさんあったので うはうはと(死語) 買いこんできました

IMG_0002

いつも思うんですが

公の機関発行のこういう資料本というか 研究の成果をまとめた本って ほんと お値打ちプライスですよね。。(;O;)

こんだけ調査したり研究をまとめたんだから

1万とか2万とかしても良い価値があると思います。。。

ですが 正直 お値打ち価格なので ありがたいです。。m(__)m (^◇^;)v

 

できれば 再現古墳石室の中で 閉館まで時を過ごしていたかったですが。。

おかしな人と 思われちゃうこと ちょーうけあいなので ^^;

後ろ髪いっぱい引かれながら 資料館から失礼させて頂きました。

↓ 近くの春日神社

IMG_0018

IMG_0019

ここに国府があった名残で 春日神社を勧請したのでしょうが。。

いつも思うのですが

ほんとに 藤原氏崇敬の春日神社って 謎です!

↓ 近くにある 移築された無人の古民家 見学無料

そばに御蕎麦屋さんがあって。。。

混んでたから入らなかったけど。。 おなかすいた。。><

IMG_0014

↓ 古民家からの眺め 北方面

IMG_0010

どんより雲が。。。 ^^;

雨がパラパラ降ってきました。。^^;

私が史跡へ行くと いつもなんでさ。。。

雨は土砂降りになりました ^^;

車を北上させて 近くの資料館へ~

車から降りられずに しばし 車内で雨宿り。。。

おなかすいた~。。。><

↓ 大田原市 なす風土記の丘 湯津上(ゆづがみ)資料館

あれ? 今気付いたけ ここって市営?

県立じゃないの?・・・

IMG_0026

入ったら たまたま 夏季企画展の講演会が終わった直後だったようで 引き続き 講師による展示物の説明会が始まるところだったみたいでした。

知らないで入館したら

さあ どうぞ どうぞ

と 展示物の説明会 聞かせて頂く事ができました

ありがとうございます(*^_^*)

 

夏季ミニ企画展・湯坂遺跡

でした

出土物を 専門の先生から詳しく説明して頂いて すっごく勉強になりました!

この資料館には 歴史の教科書で勉強した

「那須国造碑」の碑のレプリカがあって

詳しく説明書きが書いてありました

 

A4の資料を頂けて 嬉しいです!!

いや 人様がきれいにまとめて下さった資料って ほんと助かるんですよね~。。。

ゲゲは ネットで調べて

パソコン画面を見ながら 鉛筆でそれを 自分なりにノートに写したりするんで 結構 大変なのです~。。

後で見ると ぐちゃぐちゃなのさ。。 (^◇^;)

IMG_0004

 

外は雨が上がりました

古墳を見よう~と ふらりと決めました

↓ 近くにある下侍塚古墳

1692年 水戸光圀公の命により

日本で最初に本格的に発掘調査したので有名~~

IMG_0036

IMG_0032

近くまで来たのだから

どうせなら。。と

国宝 那須国造碑を祀る神社まで 足を(車を)延ばしてきました

 

↓ 笠石神社

栃木県大田原市湯津上430

IMG_0040

IMG_0042

国宝なので 一般公開されてませんが

宮司さんに言って

有料で? 見せていただけるそうです。。

偶然一緒になった家族3人さんが 見せてもらえるように頼んでました

 

ゲゲは ぼちぼち 宇都宮へ戻らないとなのと

一つだけ 気になった神社があったので

もしかして寄れたら良いな。。。

と考えて 笠石神社から 南へ移動しました

↓ 同じく水戸光圀公で有名な 上侍塚古墳

IMG_0046

IMG_0044

この後 コンビニへ寄って おにぎりを買いました

駐車場に止めた車の中で 遅いランチをハグハグ食べていたら

結構 観光客さんの車がどんどん来てました

さすが 夏休み~ 観光地だ~と 思いました

そして 地図で気になった神社へ行けたらいいな~と

勘を頼りに車を走らせて 道を間違えて。。^^;

もう いいや と思って 全然関係ない十字路を通って

適当な道を進んでいったら

見事 その神社の前に出てしまいました。。。^^;;;

何これ。。。 (+o+)。。。

 

↓ 三和神社。。。

IMG_0052

IMG_0054

IMG_0061

ゲゲは 思うのですが

全国にある三和とか三輪とか みわ さんわって読む神社って

もしかしたら 先住民族と激しく戦った場所で。。

彼等の魂を祀る神社なのではないか。。。

と 確信でもないけど そう思うのです(2度言った。。)

 

後世。。

彼らの魂を祀らないといけないなあ。。。

と皆が考えて。。。

やはり 天照軍に負けて出雲大社に祀られてる大国主命 または 三輪山に祀られてる大国主命の和魂 大物主命がご祭神の神社が良いだろう。。。と いう事になるのではないんだろうか。。。

と 思ったりしてます。。

重々しい雰囲気のある神社でした。。

 

ご挨拶をして 宇都宮へ無事 戻りました

 

「三和」が気になったので 韓国語ではどうなんだろう。。と

旅行用の韓国語辞典で調べてみました

日本語は もともとは 韓国語の発音にかなり影響を受けてるそうです

ミと似てる発音を探していくと 滅 がありました

ワと似てる発音を探していったら 悪 がありました

。。。

え?。。 何これ。。。

偶然にもほどがある。。。と思いました。。

続けていくと 「滅悪」じゃん。。。

まさかねえ~。。。 こういう韓国語 あるわけないし~~~

 

と 軽い気持ちで ネットで見てみたら

韓国に「滅悪山」というのがあるのを発見しました (^◇^;)

 

ミョラク と 読むそうです。。

名前の由来を探しましたが 残念ながら ヒットしませんでした。。

 

仏教関係なのか。。

過去 悪いものを滅ぼしたのか。。

それとも この山へ登れば 自分の中の悪いものを滅する事が出来るのか。。。

ミョラク。。ミョラク。。。

妄想ですが

悪と言われた敵を滅した山は ミョラクと呼ばれて(古代はどうだか わからないけど)

それが日本へ伝わって

悪を退治した山は ミョラクと呼ばれて

長い時間を経て 発音がミワへとなっていったのか。。

 

う~む また 謎が増えた。。。><

 

そして また それとは別ですが

宇都宮へ戻る山の中の バス停に

「軍沢口」と書いてありました

帰宅して調べてみたら

那須烏山市 上川井 標高(海抜)168メートル 地点でした。。

 

なんで 軍がつくんだろう。。

戦国時代? 戊辰戦争? それとも 全然関係ない事?

 

また 謎が増えました。。

Comments (2)

2014年8月24日 日曜日 栃木県立なす風土記の丘資料館

今はもう11月。。。あと一ヶ月ちょっとで 今年も終わり。。。

この記事は 2014年8月24日の歴史散策で 今年の夏の思い出です♥

過ぎてしまいましたが

今年の7月 新聞の栃木版で見て ぜひ行きたい!と願い続けて

8月 やっと行動に移すことが出来ました!

夏季企画展です!

天に帰る地に還る ━死と墓の考古学━

IMG_0005

古墳の石室再現展示が 夏向きに演出されているのです~!

これはもう行って見るしかないでしょう!

という事で

8月下旬なら 暑さも幾分大丈夫だよね。。と判断して

1人で車を運転して

宇都宮を越え ナビを頼りに 栃木の北の方目指して

行って参りました~

宇都宮を出て約1時間

山を上り? 峠をぐいぐい越え 無事到着しました~

曇り空で 夏休み最後の日曜日とあって

道は結構空いていました

うふふ 子ども達は 夏休みの宿題のラストスパートを

両親の協力(監視?)のもと おうちで頑張っているのかしらね~ ^m^

↓ 那須官衙遺跡  那珂川町(なかがわまち)小川

IMG_0007

近くの小さい神社で 何かの寄合か お外でバーベキュー?をやってる若い人達がたくさんいて

良いな。。。おなかすいた。。。

と思いました (^○^;)ノ

↓ 栃木県立なす風土記の丘資料館

那珂川町小川3789

IMG_0022

建物の外では 夏休み体験火起こし 勾玉づくりをやっていました。

小学生がちらほら来てるっぽかったです。。

IMG_0023

初めての資料館で ドキドキしながら 入りました

館内には 夏休みの宿題のためか子ども達は全然いなくて(くどい)

大人が数名見てらっしゃるだけでした

館内 静かに自由に見放題で ラッキー~~ (^◇^)v

展示物は まさに すごいものばかりでした!

那須地域は 古代から 奈良の都からも一目おかれていたと

歴史では勉強していたのですが

まさか ここまでとは! と 衝撃を受けました

古墳からの発掘品が 奈良で発掘されるみたいなすごいものもあって

本当にびっくりしました。。。

きっと 古代の 皇族の息子さんや娘さんが こっちの地域へ来て国を治めたに違いない・・・!!とか思いました。。。

きっと 豊城入彦命様も。。。!!

勿論 日本武尊様も東征で通ったはず。。。♥

 

そして ドキドキしながら 再現された古墳石室展示へ。。。

暗幕カーテンをくぐって 真っ暗い通路へ足を踏み入れて その先の 石棺が安置されてる石室へ。。。。!!!

 

うわ~~~~!!!

きゃ~~~~~!!!

これが 古墳の石室内部ぅぅぅ~~~~~~!!!

すすすすごい~~~~~!!!

なんてもんじゃない~~~~~~!!!

迫力過ぎるぅぅぅぅぅ~~~~~~~~ ○(><)○

 

多分 撮影禁止だとは思ったけど でも たとえ 撮影OKだとしても 怖くて写真撮れない感じでした。。

恐れ多いというか。。。

なんか ここ 絶対 黄泉の国へつながっているな。。。^^;

絶対この先に 黄泉の国を支配するお方がいて こっち見てるな。。。

って 思いました。。。 (^Д^.)ヾ

やばいよやばいよ。。。あはは。。。

↓ まさにこの通り。。。(上の新聞記事 切り抜き拡大)

IMG_0005 - コピー

↑ 馬頭町の川崎古墳群で発見された横穴石室の再現だそうです

 

本当に 素晴らしかったです!! 古墳石室再現!!

夏休み仕様?と言う事で 若干 緑と赤で怪しげにライトアップされて かなりの迫力でした。。

造りもの。。。ということですが

なかなかどうして ものすごい迫力で!!!

鳥肌ものでした。。。

 

石室内に ひんやりと冷風を送っていたのかどうか

エアコンの霊気

冷気が流れていたのかどうか ^^;

背中がぞくぞくぞく~~~~っとしました (^◇^;)

 

天井がけっこう高くて 石がたくさん積んであって

その中に 木棺がぽつん。。。と置いてあって。。。

 

これ。。

亡くなって木棺の中に眠る当の本人さんは わからないだろうけど(あたり前ですが)

見る側としては なんだか 哀しい。。。

って ほんと思っちゃいました。。。

 

天皇家の呪術関連で 古墳って存在するんだろうけど。。。

でも こんな広い石の部屋の中に 故人が眠るって。。

しかも 入口を 大きい石でぎっちり塞いじゃうって。。。

故人を愛してた人は ほんと つらく切なく悲しかったでしょうね。。。

 

Comments (2)

Older Posts »