5月 2012 のアーカイブ

ちょびっつ 不思議でした。。

2012年5月23日

ちょっとだけ不思議な事が 2度ばかり 最近 ありました。。

○1つ目は ルルくんが亡くなった日の事です。。

夜中 眠れずに 2階の自室の布団の中で ごろごろしていたら 

1階の玄関においてある ルルくんのケージの中から いつものようにルルくんのトイレがカタッと動く音が 聞こえてきました。。

。。。

ルルくん いないのに。。。ペット葬祭の方が連れていってくれたのに。。

。。。

きっと 空耳だ。。

裏のアパートの人が何か 夜中に窓でも開けたんだろう~。。

。。。

うさぎさんは夜行性なので 夜は ケージの中で 起きてます。

うちのルルくんも 毎晩1回は必ずトイレにぶつかって?蹴りを入れて? 家中にカタッという音を響かせていました。。

。。。

気のせい。。気のせい。。と 自分自身に言い聞かせました。。

次の日 だんなに 実はルルくんが昨日亡くなったので 昨日のうちにペット葬祭の方に連れていってもらった。。

と 打ち明けましたところ

「そっか・・・。でもさ、夜中 いつものように音したんだけどなあ・・・。いつもの ルルがトイレを動かす音。だから、俺、ルルがいるもんだと思ってた・・・。はっきり、聞こえたんだけどなあ~・・・。」

と 言うではありませんか~。。

。。。

リビングにいただんなにも聞こえた ルルくんのケージの中のトイレが動く音。。

きっと ルルくん だんなにお別れの挨拶を言いに 一瞬 天国から戻って来たのかもね

と いうことにしました。。

もしくは ゲゲが家族3人にルルの天国行きを内緒にしていたから ルルくんも協力?して 自分がケージの中にいるように装ってくれていたのかも知れません。。。TωT。。

いや~ 実は ルルくんが亡くなった後 

「わしの死は 3年間 隠すように。。。」という 武田信玄のあの台詞?

あれが なぜか 頭の中に 浮んだのでした。。 ^^;   

ルルの遺言?だ~~!!?? よし ルル! わかったよ!君の喪は秘すから!!

。。。

だから その日は 家族に内緒にした。。みたいなところもあります。。(^・^;) なんのこっちゃ。。。

だけど 多分 あの日のうちに3人に言ったら 皆 絶対 夜中は号泣&パニック&不眠 になったはずです。。。><;可哀想過ぎる。。。

○ 2つ目は ゲゲが 今年 神奈川の神社へ行く前の事です

夜 眠りにつく前 日本武尊と 奥様の 弟橘媛の事を あれこれ 謎だ~~ と思いながら 考えていました。。(寝る前に 何考えて・・・^^; もっと 「ガックン かっこいい~ でへへ♪」 とか~ 色気のある事 想えば良いのに。。。 (^◇^; )

そして そのまま眠ってしまい 

次の日の朝  「なんだか とても 印象的な 画面?の夢を見たなあ~」 と思い 目が覚めました。。

それは 近所のお宅(T田さんち ^^;)にあるみたいな塀があって その前に 木が1本立っていて その前に AKB48のあっちゃんがいて ゲゲに向かって? 微笑んでいる~ という。。

 とにかくフツーというか  ただそれだけの夢だったのですが。。

なんだか印象的で 妙にくっきり覚えてました。。

だけど ゲゲは

え~~。。。寝る前に考えていた弟橘媛について 何か ヒントでもくれれば良いのに。。なんで 現代の塀の夢? しかも あっちゃん?・・・ ちょー 意味不明~。。。ゲゲの夢見能力?も落ちたもんだ~~(最初から 無いくせに。。。(^o^;)丿

と 実際は かなりがっかりしておりました。。 ^^;

そして それから 一週間後位 たって 神社検定の勉強をしよう~と 本を広げて読んでいたら

熱田神宮の写真に目が止まりました。。

。。。

ぎゃ~~~~っ!!

。。。

なんとそこには ゲゲが夢で見た塀と木の写真があったのです!木は逆向きでしたが 塀は そっくりそのまま!

うお~~~!! どういう事~~~???!! 実際にあったなんて~~~???!

この塀は ゲゲは全然知らなかったのですが ^^; 実は 織田信長が寄進した 大変有名な塀との解説付きでした。。

え~~?!! これ T田さんちの塀じゃなかったんだ~~~!!

なんで~~~ ? どうして~~~???

。。。

熱田神宮といえば 日本武尊が結婚したミヤズ媛が 尊の死後 草薙の剣をお祭りした神社。。。

え~~??? じゃあ もしかしたら ミヤズ媛って AKBのあっちゃん そっくりだったって事~~~?

。。。。どういうこと~~~???

単なるゲゲの願望~? 推測~~?? 妄想~~???

なんだかわけがわからなくなり すっかり 混乱してしまいました。。

弟橘媛の事を考えていたのに 熱田神宮の夢を見た。。。

。。。塀と木とあっちゃん。。。

何か関連が???

。。。

かえって またまた謎が増えてしまいました。。。う~む。。。

。。。

とにかく ゲゲにとっては 奇妙で不思議な体験?でした。。

広告

日記

2012年5月20日

怖いですね~。。。

宇都宮で なんとも物騒な事件が起きました。。

大京ホームさんといえば 問屋さん経由で カーテンサンプルを頼まれて 作った記憶があります。。

あそこだったんだあ~。。。

清原地区のアパートは 不況で 入居していた自動車工場の派遣さんがリストラされて 家賃を払えず退去して

その後の去年の地震で アパート自体も被害を受けて 修繕が必要。。。みたいな事になってるそうで

オーナーさんは実に大変!。。と聞いていましたが

やっぱり それが原因でしょうかね~。。

新聞によると 10年前 遺産相続で 妻ともめて以来 人が変わったようになった 

なんて 犯人さんの事 書いてありましたが。。

随分 短絡的な凶行に走ったものです。。TωT。。恐ろしい。。。

本で読んだのですが

映画では 日本刀は すぱー すぱーと 実に軽やかに切れてますが

普通の人間が切った場合 まず 日本刀の重さをうまく使いこなせず あーは上手に切れないそうなんです。。

いや~。。。犯人さん 恐ろしいです~。。。

ちなみに うちのだんなは 日本刀を持てば 誰でも すぱーすぱーと自由自在に切れるもんだと思っているので 昨夜は 話がすれ違っていました。。。。><

ゲゲ&長女「腕がたつ。。って言い方 悪いけど。。よく すぱっと切れたよね。。普通は あんなうまくいかないものね。。。プロかね?・・・居合いとか 何か習っていたのかね?・・・怖いよね。。」

だんな「日本刀だぞ?切れて当たり前だろーが!」

長女「ニュースで見たけど 手術でくっついたって~」

ゲゲ「へえ~。。切り口がきれいだったんだね。ますますプロだね。。。大抵は無理。。つかないっていうよね。。」

だんな「真剣だぞ?切れるだろーが!」 

*うちのだんなは 語尾に だぞ ってつける。。栃木弁でしょうか? テレビの時代劇の影響って気がする。。

 なんか古い。。。

ゲゲ&長女(ふ~。。こいつ。。また 知ったかぶって 威張ってる。。やれやれ。。)

    「あのね、いくら真剣って言ったって、普通は ばっさり切れないんだよ。テレビの時代劇で見る真剣はおもちゃだからね?本物はすっごく重いんだから。持った瞬間 日本刀の重さにふらふらしちゃって しかもそれを すぱっと目標に向かって振り下ろすって 至難の業なんだってよ。普通の人間にはまず無理って 新撰組の本に書いてあったよ。」

長女は恐らく 三国志の本で 学習?したのかも。。

だんな「日本刀だぞ?誰でも切れるだろーが!」

ゲゲ&長女 (ふ~。。やれやれ。。)

   「素人じゃあ ☆の体は きれいに切れないらしいよ。○はどうにか切れても ●で止まっちゃうとか。。。きれいにすぱっと切れるのは 訓練されたプロだから。」 

だんな どうにかしぶしぶ納得したらしい。。 は~ 疲れた。。。

○とか●とか 失礼しました。。^^;;;

ちなみに2 

以前にもブログに書きましたが うちの父の実家は 戦国時代?からの刀とか槍がありましたが(もしかしたら 先祖の大切な形見? ^^;) 

全部 泥棒さんに盗まれてしまいました。。

まあ 手入れしてないから すっかり錆び付いて 使い物にならないだろう~と 伯父や父は申しておりましたが~。。

とにかく いくら頭にきたからといって 暴力や刃物で相手を攻撃するって 一番いけない事です。。

。。。

勿論 言葉の暴力もいけない事ですよね ふっ。。 

日記

2012年5月17日

今日はとても暑い日でしたが まだ コタツはしまえません。。

朝晩が寒いです。。

ファンヒーターも 6月 梅雨寒の日があるので まだ 片付けられません。。

5月 世間は新緑にあふれ 洋服を1枚1枚脱いでいく季節ですが 

栃木は まだ 冬をひきずっています。。

この昼間と朝晩の温度差を なんとかしてほしい~~

さっき 長女が 毛布の掛け布団を片付けました

次女は いまだ 毛布を愛用してます。。

ゲゲも 朝 毛布が恋しい~と思います。。

早く 適度にしのぎやすい夏 来て下さい~  

だけど 若い子は 長女も次女もだけど 首を出した服を着て 寒くないのかなあ~。。。

足も ちょーミニスカートの子 いるし。。  

 

○ゲゲのパソコンは 源よりともを変換しません、

寄り友

になります。。^^;

なので ゲゲは らい 頼 あさ 朝 と 入力してます 

長女に 「パソコン 古っ!」 と 言われました。。><

平将門 は ちゃんと 変換してくれるのに~~。。。TωT

そういえば ゲゲが 以前 将門 将門と言っていたので

次女が 平清盛と 混乱してしまって 

「大河って 将門だっけ?」とか言います ^^;;; 。。

ごめんごめん~~~ママのせいだあ~。。。 m(__)m

「考えない練習」 小池龍之介 小学館

2012年5月12日

今年の2月~4月 おかげさまでお仕事が忙しく ありがたかったのですが

と同時に 義母の 攻撃ならぬ 口激 というか。。^^; あはははは。。。

76歳と78歳の義父母が 仕事を頑張っているっていうのは とてもありがたく素晴らしいとは 思うのですが。。

手を動かしながら口も達者な義母の 評論家ならぬ 一方的なニュース評論に すっかり疲れていた時( 同じ話を 何回も言うので 聞き疲れる・・・)家でテレビを見ていて コマーシャルで この本を見つけました。。

 

いつもですが 義父母と仕事中は 職場で ラジオ放送を聴いています。

栃木放送を聴いていて 番組では1時間に1回 ニュースを言います。

その項目について 一々全部 義母は評論?します。。

下下は辟易して しかも義母の言葉を聞き流せばいいのに ついイライラして 時には反論してしまう自分にも疲れ・・・みたいな

そんな2、3ヶ月でした。。 ^_^;

1時間に1回 ニュースと天気予報があるので 7時間一緒に仕事をしてると

同じ項目について 義母の評論?を 7回 聞く計算になります。。。 ^^;

北朝鮮だの 消費税だの 小沢さんだの どこぞの交通事故だの 傷害事件だの コンビニ強盗だの 放射能だの。。

ラジオのニュースなんか 「へえ~ そうなんだ~」って 聞き流せば良いと思うのですが

1つのニュースが終わると 決まって 解説?をするので ほんとに ゲゲは 耳が疲れてしまいました。。^0^;

ニュースを解説する暇があるなら 寸法の間違いがないように 仕事に集中しようよ~~~

と ゲゲは 心の中で いつもつぶやいていたので 

なんだか 脳まで 疲れてしまいました。。

何も考えたくない。。何も聞きたくない。。。と 仕事中にそんなコトを思ってしまったゲゲです。。。^^;;;;

「脳が疲れるって こういう状態なんだ~~」とわかりました。。。ダハハハ。。。

その頃 仕事が休みだった日曜日 義父母から ややお高い回転寿司屋さんに食事に誘ってもらったのは良いのですが 待つ間 義母がしゃべりっぱなしで。。しかも なんか 目が虚ろっていうか 口だけが ぺらぺら次々にしゃべってるような とても怖い雰囲気なんです。。>< 

「ゲゲさん あたしの横に座りな」「あの人 店長さんかね~」「そうだ!アノ人が店長さんだね!ほら ほら 見て!感じが良いね~」「お客さん いっぱいだね~」「あたしらが座ってる長いすでは あたしらが一番早いね」「長女ちゃん ほら ママの隣りに座りな!じーちゃんの横じゃ つまらないだろう?」「お客さん いっぱいだね~。混んで、良い事だ、日曜日の夜だからだよね。商売繁盛だ」「あの席が良いね~。あ、椅子が空いた」「なんで この椅子 座らせないんだろうね。待ってる人の人数で足りないんだね」。。。エトセトラ。。。

。。。

ゲゲは 誰が店長でも 席がどこでも 長女がじーちゃんの隣りに座っていようが何しようが 全然 構わないんです。。ただ おいしいものを食べたい~~~ ♪ と 静かに楽しくわくわく出来れば それだけで良いんです~。。。

テーブル席が空いて そこに通されたのですが

「角だよ ここ。 やだね~。あっちに変えてもらおうかね。」「ほんとやだね、角だよ」「悪い席だね~。」「あっちの席の方が 良いのに」 エトセトラ。。

と 文句言いっぱなしで。。。><

角だって良いじゃん! お寿司が コーナーで回る景色?が 見られるじゃん!

そして おいしく頂いた最後 義母が 杏仁豆腐のデザートを頼んだのです。

?? おなかいっぱいって言ってたのに。。。??

一口 スプーンで杏仁豆腐を食べた義母は ぺらぺら達者な口で

「うん おいしい。 はい 長女ちゃん これあげるから 食べなさい。あなたは杏仁豆腐が好きなんだから これを全部食べなさいね」

と 無理矢理 長女に 残った杏仁豆腐のお皿と自分が使ったスプーンを押し付けたのでした。。

。。。ちょー意味わかんね~。。。^^;;;;

長女もゲゲも おなかいっぱい食べた~ もう入らないよお~ ♪ って 言ったのに~。。

なんで 無理して 食べさせる?

長女。。。 23歳(当時)の立派な大人 なんですけど。。。^^;;;;

長女がまた優しい子で そうに祖父母から強く言われると言い返さないんですよね~。。。。。(それでストレスを溜めていく。。)

ゲゲが 「次の日仕事だし 無理して食べて おなかこわしても なんだから。。。」と 口を出したという。。。

口を出してしまう下下自身も なんか自分が嫌だあ~~~(ーー゛)。。。。頼むから 無理強いはやめてくれ~~~。。。

 

この本は とても良い本でした。。脳や心の嗜好が 仏教的な感じで 書いてありました

脳 心が刺激をほしがり リアルに対して きちんと感じなくなってきてるとか

思考病とか

イライラや不安が消えていく方法?も 書いてありました。。

義母がしゃべりっぱなしになってるのも 根底に「苦」があって 過去のノイズに脳と心を支配されているのでしょうね~。。なんとなく わかりました。。

 

今は 五月の連休が終わり 下下も 落ち着いてきました ^^v

でもまた イライラしたら この本を 読み返そう~~ と 思います~~。。。

。。。またすぐ読む感じかな。。。あははははは (^o^;)丿。。。

「永遠の贈り物」 ローレン・マッコール著 おくだひろこ監修 中央アート出版社

2012年5月9日

とてもステキな本を見つけました (^・^)

副題 アニマル・コミュニケーションで伝える動物からの魂のメッセージ~

    旅立ってしまった動物たちに訊きたい5つの事

可愛いイラスト入りで 111ページの本です。

 

先日 5月4日 我が家のウサギ ルル君が天国へ旅立ちました。。

あまりの喪失感の大きさに 即アマゾンへ発注して 一気に読んだ本です。。

ルル君  長寿といっても良いかと思います。 

平成14年2月末か3月初旬生まれで 10歳と約2ヶ月でした。。

皆様には ブログ上で ルルくんを可愛がってもらい 本当にありがとうございました。。m(__)m 感謝感謝です。。

 

4日は ゲゲ以外 長女も次女もだんなも朝から夜まで予定があって ばたばた出かけたり帰ってきたりの日でした。

ゲゲは ひとりでルルくんを看取った後 ペット葬儀の業者さんに電話でお願いしました。

業者さんの車で旅立つルルくんを見送った後、ルルくんがいるようにケージの中をうまく隠して その晩は誰にも言わないでおきました

次の日の朝 長女とだんなに 伝えました 

昼間 ルルのケージを洗って片付けました。

夜 バイトから帰ってきた次女に ルルくんの旅立ちとケージを片付けた事を伝えました。

長女 次女は ゲゲが伝えた途端 泣いてしまいました。。

だんなもショックを受けてました。。

3日は長女の誕生日だったので ルルくん 4日までがんばってくれたんだと思います。。

日が経って 家族一同 玄関が寂しいね。。と言いながらも なんとか立ち直ってきました (^^*)。。

玄関には 10年間 ルルのケージが置いてあったわけなので ケージはもはや玄関の一部でした。。

今 ピンクのマットが置いてありますが ルルくんの存在感の大きさを ひしひしと感じております (^◇^;)。。

え~ん 寂しいよぉ~~~ >0<

 

本の内容は実に深く

このローレンさんという方は動物とコミュニケーションを取れる方で 飼い主に代わって天国にいるペット達とお話をして その会話を載せてあります

読んでみると 動物というのは 使命を帯びて あちらの世界からこちらへ勉強のために生まれて来てるということがわかります。。

無償の愛を与えるため や 違う種との調和 飼い主に会うため 飼い主を癒すため などなど 

まさに驚くべき大きな目的を持ってこちらの世界に生まれて そして あちらの世界へ還っていくのだそうです。  

びっくりしました!

ルルくんも きっと 我が家の人間に 無償の愛というものを感じさせるために 来てくれたんだと思います。。

この10年間は家族にとって 丁度 激動時代にあたる10年でしたが(長女14歳→24歳 次女9歳→19歳 ゲゲとだんな 39歳→49歳) 

きっと ルルくん 陰から支えて守ってくれていたんですね。。TωT

ありがとう。。ルルくん。。。

よそさまのブログで拝見したのですが うささんの天国への旅立ちを

お月様のおもちをつく順番が回ってきた 

と表現してる方がいました

ゲゲ とても気に入ったので ちょこっとお借りします m(__)m

 

そういえば 4日の夜の事ですが

そうだ! ルルくんの魂が無事天国へいけるように 魔物除けに塩をまいておこう。。

と思いまして ゲゲの部屋の窓を開けました。

塩をまいた後 なんだかお空が明るいなあ~。。。と思って ふと見上げたら 

白い雲か はたまた 月の光を浴びた雲か 地上のライトが反射した雲か とにかく雲がなんで白いのか理由はわからないのですが 空にぽっかりと 1つだけ 浮んでいました。。

よく見たら うさぎの姿でした。 

耳の長いうさぎさんが 空に向かって ぴょん!と飛んでる姿でした

ルルだあ~。。。

ルルが天国へ向かってるんだあ~~~ 

と 思いました。。

ルル~~~ 気をつけて~~~ お月様と神様によろしくね~~ (ToT)/~~~ と 手をふりました。。 

 

ルルくんが旅立って もうすぐ1週間になりますが

ふとしょんぼりした時に この本を読んで 

動物たちがしゃべった言葉や 可愛いイラストに 慰められています。。

 

ブログを始めてから たくさん 我が家の暴れん坊将軍ルルくんの事を書いてきました

読んで ステキなコメントをくださった皆様 本当にありがとうございました。。 (^・^)

ルルくんにも いつも ブログで頂いたコメントを伝えていましたので 

ルルくんは 皆様の事が大好きだったはずです!!(*^。^*)

大変な災害が・・・><;

2012年5月6日

お見舞い申し上げます。。 m(__)m
宇都宮のゲゲの住んでるところは 雷も風もありましたが 大丈夫でした!

被害にあった地域は 昨年の震災の被害がひどい地域でしたので
皆さん どうか 大変でしょうが 立ち直って頑張って下さいね。。

スカイツリーでの光のイベントが 全世界への平和の祈りとなりますように願っております m(__)m

日記

2012年5月5日

のどかで楽しい連休中に思うような事ではないですが ^^:
ニュースを聞けば 「日本と日本人 色んな面で大丈夫か?」と不安ばっかり募って これから先が怖くなります。。
だけど ゲゲは あえて こういう時を選んで(多分。。) 生まれてきたのだから
絶対 自分には乗り越えていけると信じて 頑張っていこうと決めました!

ゲゲの好きな漫画雑誌HONKOWAに連載中の 秋月慈童さんという密教僧の方のお師匠さんの素朴なお言葉にとても心惹かれています。。

この秋月さんという方は 中学生の多感な頃 霊も視えちゃうし 他人が考えている想念までもわかってしまうという霊能力を持っていたので 生きるって何?って 悩んでしまっていたそうです。。
当時 朝 秋月さんが通学で電車に乗ると 近くにいるサラリーマンやOLが
「あ~つらい、、今日はあの嫌な得意先へ行かなきゃならない」「あーいやだ いやだ。またあの部長の怒鳴り声を聞かなきゃならない」「つらい・・」「だるい・・・」「休みたい・・・」
と思っていることが 次々に 自分の頭の中に聞こえてきてしまうのだそうです。。
中学生だった秋月さんは 
「大人って働くのがつらそう。。なんでそんなつらい思いをして働かないといけないのか。人間って なんのために生きて なんのために死ぬのか。。」
と 親ごさんに連れられていったお寺のお坊さんに 聞いたのです。。
そしたら そのお坊さんが 言ったのです。。

「生きてる意味は 死ぬ間際にわかるんじゃない?」

秋月さんが 「じゃあ それまでどうやって生きれば良いですか?」と 聞いたら お坊さんは

「あんたらしく生きて 人間らしく生きて人間らしく死んでいけば良いんだよ」
「やりたい事をやって 悪い事をしないで死んでいけば良いんだよ」

と 答えたのでした。。

これを読んだゲゲは

シンプルだけど なんて言い得ているんだ!深い!

と とても心に響きました。。
そうだ!この生き方だよ!
ごちゃごちゃ考えなくても ただ私らしくやりたい事をやって 悪い事をしないで 生きていけば良いんだ! と とても気に入りました。

ゲゲも その電車内のサラリーマンやOLみたいに 色々 暗い事を思う時もあるので 迷ったり悩んだ時は このお師匠さんの言う生き方で進んでいきたいです~。。 \(^o^)/

時々 自分の胸に湧き起こってくる言いようのない不安感に負けたりしない!(きっと 巷のニュースと更年期のせいだ~ あはははは~~っ)