Archive for 7月, 2016

2016年6月9日(木)奈良一人旅 景行天皇陵 その六

↓ 櫛山古墳案内碑 (古墳からちょっとだけ離れたところにあります)

DSCN1947

櫛山古墳は 前方後円墳の円の部分に突起が出ているめずらしい形なので

多分 おそらく 人の頭に櫛がのってるみたいな感じに見えるから

櫛山って ついたのかな? って 思いました。。

 

ちょっと調べたけど わかりませんでしたので

勝手に そう思っただけなのですが。。

 

奇妙な一致というか 不思議ですねえ~。。

 

コンピューター画像解析 池田仁三氏によると

この櫛山古墳の主は

日本武尊のお母上である「播磨のいなびの大郎女(おおいらつめ)」様です。

 

ですが 宮内庁の指定では

私も去年訪れましたが

播磨にある古墳が 一応

景行天皇のご正室=日本武尊の母上=播磨のいなびの大郎女様の古墳

ということになっています

 

景行天皇の奥様に関する伝承ですが

現在残っている播磨の風土記(部分)によると

景行天皇の愛した印南わけ嬢(いなびの大郎女様か その妹君が 全くの別人かよくわからないらしい。。)が 亡くなって 播磨に埋葬する途中

棺が川に落ちてしまったそうです

探したけれども とうとうご遺体が発見されずに

仕方なく 櫛箱とひれ(服)を古墳に埋葬したそうなのです。。

 

まあ 偶然にも

この大和の櫛山古墳の名前と 播磨の古墳の伝承が「櫛」でつながっただけですので

偶然といえば ほんと 単なる偶然で片付いちゃう話なのですが。。

 

ちなみに 池田氏によると 播磨の現在宮内庁管理の古墳は

大郎女様の妹君の眠る古墳だそうです。。

 

風土記の話も。。。

川に棺が落ちてご遺体が見つからないって

ほんと 不思議な話なのですが。。。

その方が 大郎女様にしろ 妹君(日本武尊の叔母様って事になります)にしろ

「櫛」がついてまわるってことは

やっぱり お二人とも かなりの力を持った巫女だったのかしら。。。

なんか 呪術のにおいがする。。。 ^^;

 

私は 勝手に 櫛山古墳のお方は 日本武尊のお母様!!って

ほんと勝手に 信じてます ♪

 

天皇より早くに亡くなった正妻は

正妻の出身地ではなく 天皇の古墳の近くに埋葬されてる気がするのです。

この場合 近くに 景行天皇陵がありますので

特にそう思います。

 

まあ それ以外にも

「女の子なんだから 危ないでしょ」って ふんわり感じたあの雰囲気が

ほんとにステキで 優しかったのでした。。。 にへら~~~

この年にして 女の子扱いしてもらっちゃったテヘペロ

 

あとは サバイバルゲームが行われているらしいという事ですが。。

ほんと 古墳に対して失礼なので やっちゃいけないと思いますが

大郎女様には 日本武尊他4名位(記紀によって違う)の男子がいらしたみたいなので

男子の危ない遊びに対して 若干

仕方ない。。

位の気持ちをお持ちなのかな。。って 感じました。。

 

でも 古墳で サバイバルゲームはやっちゃいけない!

ありえない!!

やる人間の神経を疑います!!

大郎女様の代わりに 私が怒っておきます!!!

 

お礼を言って 櫛山古墳を下りて

再び 崇神天皇陵の隣の道へ出ました

崇神天皇陵は 水部分の隣りっていうか(変な表現)

いわゆる川沿いの土手みたいな部分があって

地元の方々の散歩コースになってるようでした。

何人かの方が 夕方のお散歩かしらん 歩いていました

 

ゲゲも 失礼しま~すと言って ちょっと歩かせて頂いたのですが

そこから見える景色が んも~~~ 最高~~~!!なのでした!!

 

↓ 右の柵が崇神天皇陵のもので

前方の森は たぶん いざなぎ神社とその隣の古墳のもの

 

光が降りてる土地には 重大な何かが?!

DSCN1954

DSCN1957

 

きゃー!すごい すごい! 雄大な眺め~~!!

と 大興奮して ビデオも撮り始めました。

で テープが終わったので 新しいテープを入れたのですが

きちんと入れたにもかかわらず エラー表示が出て

ビデオカメラが使えません。。。。ーー;

 

ん?・・・

おかしいなあ~。。。

 

このテープ 以前に買ったとはいえ 一応新品だし。。。

 

えいっ! これでどうだ!!

 

と 6回位 出しては入れ 出しては入れを繰り返したら

やっと ふつうに使えるようになりました。。

 

?? 一体 どういうこと?^^;

湿気てた? んなこたーないと思うんだけど。。

 

と 新しいテープで 再び景色を撮り始めたら

黒っぽいふわ~っとしたのが映り込みました。。

 

えぇぇぇぇ~~~?!!

 

と思いましたが ドキドキしながら 撮り続けました。

ふっと 周囲に気づいたら ↓ここの真ん前だったので

(陵墓管理のための 職員さんの出入り口みたいです

なんか 真っ暗で 先が何も見えない。。闇が濃い。。。)

 

DSCN1955

 

夢中になって お尻を向けて撮影してたので 反省しました^^;

一応 写真撮らせて下さい~~~!! と心の中でお願いしてから撮影を始めたのですが

お願いの仕方がちょっと中途半端だったかも。。。とも反省したり。。

 

もしくは ゲゲの憑けてた変なものを 払って下さったのかもだし。。。

 

とりあえず すみませんでしたー!!

そして

ありがとうございましたーーー!!!!

 

帰宅して 長女と次女に 動画に映った黒いものを見せて 感想を聞きました

2人とも

「最初の黒いものは足があるから虫だろうけど 次に移ったもやみたいな黒いものは なんともわからない」

と 言いました。。

 

まあでも 撮影中は 見晴らしもよく

雄大な景色を独り占めといった感じで 大変気持ちよかったでした。

奈良へ来て良かった~~~!! 楽しい~~~!!

と 心からのものすごい解放感を味わいました。。

 

国道に出て  てくてく南下?していきました

15分位で 景行天皇陵へ着きました

DSCN1973

DSCN1978

 

大きすぎて 大きすぎて ^^;

すごい迫力でした。。。

 

崇神天皇陵は オーラあふれる華やかな開拓王という感じですが

景行天皇陵は わりと落ち着いてどっしりしてるという感じがしました。。

玲子さんも確か

椅子に座って命令して 人を動かしてる

ような事を霊視なさっていました。

 

景行天皇。。。日本武尊のお父様。。。

なんだか ものすごく上にいる感じのお方だなあ~と 感じました。。

雲の上にいるみたいな。。。

そして 皇子たちに どこそこへ討伐に行きなさい と言って

決して 逆らうことを許さない みたいな。。強大な力を持ってらして。。

威厳というか貫禄というか 計り知れない大きさを持つというか。。

 

なんか思わず はは~~~っと ひれ伏したくなるような圧がありました。。

 

崇神天皇陵でも 景行天皇陵でも感じたのですが

古墳上空の白い雲が すでにもう 普通の雲じゃなくて

古墳を引き立たせるための 白い照明になってるというか。。。^^:

撮影の時も ほんと まぶしかったでした。。。

夕方だったのに。。。

 

Comments (2)

2016年6月9日(木)奈良 一人旅 櫛山古墳 景行天皇陵 その五

なんかもう 雨の心配が全然なくなったという

すごい午後になりました

 

崇神天皇陵周辺は 田んぼがたくさんあります。

田植えが終わって 小さい緑の葉がそよいでる田んぼや

明日が田植え みたいな準備ができてるところや

農家の方が草むしりなさっているところとか。。。

 

用水路の水も どぼどぼ大きな音をたてて

田んぼにたくさん注入?されていて

ほんと 見る景色 聞く音 全てが気持ち良いのでした

 

はあ~~~!! 最高~~~~~!!!

ちょっと暑いけど 来てよかった~~~~!!!

 

一人で 気ままに のんびり

あっちへ行こう~ それとも こっち?~

なんて ふらふらしながら 歴史ある土地を歩くって

本当に とても幸せで 最高の贅沢をしてる気分でした♪

 

いざなぎ神社を出て また 道路を渡って

崇神天皇陵の隣の道を東方面かな。。 山の辺の道方面へと向かいました

お目当ては 櫛山古墳です。

コンピューター画像解析 池田仁三氏によると

櫛山古墳に眠るお方は 日本武尊のお母様なのです

播磨のいなびの大郎女様

 

↓ で

櫛山古墳を目指して歩いていて

崇神天皇陵を振り返って 空の雲を見たら

こういう感じになっていて びっくりしました!!!

 

DSCN1917

 

私には この雲 馬に乗る崇神天皇に見えました。。。!!

玲子さんが霊視した「馬に乗る崇神天皇」の絵を

永久保先生が漫画で描いていましたが

まさに それ!!! カリスマ性あふれる王者!!

みたいな。。

 

↓ 櫛山古墳 解説

宮内庁管理になってないので 登れます

ですが 廻りが用水路というか水が流れているので

柵もないし

古墳から落ちたら 水にもろ落ちます ^^;

DSCN1918

 

山の辺の道の傍に ひっそりとたたずむという風情の古墳です

牛ガエル。。 ほととぎす。。

素敵な大合唱が 山というか 古墳というか。。

辺り一帯に響いていました

 

↓ 大きすぎて 写真に収まらない。。。

できるだけ後ろに離れて ↑の立て看板のある場所を撮影してみました

高台にあって 木は茂ってるし 道は狭いし

崇神天皇陵も迫ってるし

撮影できる場所が限られてます。

DSCN1940

↓ すぐ隣りにある 山の辺の道

歩道。。 自転車は通れないことはないと思うけど

歩いたほうが良い感じかも。。

ずーっと 行くと 大神神社に行けるんですね

DSCN1927

DSCN1928

 

↓ 櫛山古墳

悲しい事ですが。。。「サバイバルゲーム禁止」の看板?が木にくくりつけられてます。。。

むかつく~~~!!

古墳の上で サバイバルゲームやるなんて どういうつもり?

失礼過ぎる!!!

こんなステキでおだやかな古墳で ダメだってばよ~~~!!

DSCN1938

 

ほんとに素敵な場所でした

うぐいすの声があちらからもこちらかも聞こえ

それらが透き通るように美しくて 心が洗われる思いがしました。。

夢中になって写真を撮り ビデオで撮影しました。

 

しばらく 写真を撮っていたのですが

ふと 心地よかったカエルさん達の合唱が

なんだかちょっとだけ 不安をかきたてるような感じに聞こえてきたのでした。。。

あれっ? なんで?

と思っていたら

頭の中に

 

「もう遅いから帰りなさい。女の子なんだから 危ないでしょ。。」

 

と 優しい女性の声が聞こえたというか 伝わってきたというか。。

なんとなくですが。。。

 

はっとして 時計を見たら 夕方の6時半でした!

ついつい夢中になってしまって 時間に注意を払うのを忘れていました。

 

日没が~~~!!!

やばっ!! 早く ここから下りて 明るい道路の方へ行かないと!!

 

古墳は 夜間照明がないので ^^; 当たり前ですが

夜は真っ暗になってしまって 大変危険です。。

いつも気をつけていて 足元が良く見える明るいうちに 古墳から降りるようにしていたのですが

この時は 興奮していて ついつい長居をしてしまっていました。。

Comments (4)

 日記 今日はなんか疲れた だるい

5月ごろから 割と毎日アクティブにわさわさ動いていて

先週の土曜日も 神社巡りと

さいたまスーパーアリーナ ガクトさんのコンサートへ行ってきて

近頃は 部屋の模様替えに張り切って

昨日も楽しくドタドタ動いていたのですが

 

今日は 選挙へ行ったり 文房具屋さんへ行ったり

家に着いて お昼ごはん食べて 一息ついたら

なんか はぁ~って 疲れちゃいました。。。

身体がなんか 動けない。。。。

 

だんなも仕事でいないし

日曜日だから ゲゲ 一人でごろごろしようっと~♪

たまには良いと思います~~~

外は暑いし 無理は禁物 禁物~~~☆

 

ミヤリーたん

東京で 餃子の宣伝 頑張ってね~~~

暑いから 気を付けてねん!

バターになっちゃダメだかんね!!!><

コメントする

2016年6月9日(木)崇神天皇陵 景行天皇陵 奈良一人旅 その四

黒塚古墳は 駅から徒歩で行ける場所にあります。

黒塚古墳を出て さらに東へテクテク行くと 今度は

第10代崇神天皇陵が でーん!!!とあります!!

 

なんか こんな簡単に 日本の偉大な天皇の古墳に行けちゃって良いんだろうか。。

小心者のゲゲは なんかもう畏れ多くて 畏れ多くて。。。(((((゜Д  ゜;)))))

玲子さんの霊視では 馬に乗ったカリスマ性あふれる王が視えたそうです

オーラがすごくて 隣(そこそこある距離)の景行天皇陵がかすんでたほどだそうです

↓ なんかもう 雲もすごかった w

DSCN1872

 ↑ たぶん 鳥さん。。忘れたけど。。^^;

 DSCN1859

DSCN1873

周溝に水がたっぷり流れています

江戸時代の水を流す工事のため 古墳の形は変わってしまったみたいです

 

↓ 宮内庁職員さん?のための小屋があります。

職員さんらしき方がいました!!

さすが 第10代天皇陵ともなると格が違う~~~ ><!!

DSCN1878

↓ たぶん 宮内庁の方々の仕事の車?

これに乗って移動して

あちこちの古墳を巡って管理してるのかも~(推測)

DSCN1880

↑ いやいやいや

こんな畏れ多い場所に無断駐車なんかしたら

絶対 後が怖いって。。色々と。。。 (^o^;)

DSCN1857

↓ 鳥居と古墳の間を滔々と流れる水

迫力は 堺の仁徳天皇陵に勝るとも劣らない!

なんかもう大きすぎて 森だか古墳だか湖だか山だか

何がなんだかわからない~~~ TωT泣く。。。

DSCN1904

 

↓ 崇神天皇陵の前の道路をはさんで向かい側の 趣ある素敵な古社

夕方 徐々に闇が増していく中 灯篭?に灯りがともってました

DSCN1895

↓ いざなぎ神社

 DSCN1888

灯りに惹かれて ふらふら~っとお参りしたのですが

看板のご由緒を読んで

腰が抜けるほどびっくりしました!!!

DSCN1896

↓ 東征が決まった日本武尊が弟橘媛と結婚した後

東征の無事を祈って ここにお参りに来たっていう!!!

ものすごい伝承がさらりと書かれてある~~~!!!

え~~~??!! 私の知らない伝承がここに~~~~!!!

なんてこった~~~~!!!

DSCN1900

↓ 拝殿

見えないけど 右隣に さらに趣がある社務所があって

おじさんが大量の段ボールの片づけをなさっていた。。

 

ゲゲは ご朱印状が欲しかったけど 夕方だったし

忙しそうだったし 何かお祭りの準備でおおわらわだったのかもだしで

声をかけられませんでした。。^^;

DSCN1881

↓ 奇跡が?!

「それでは帰ります。本殿のお写真を撮らせて下さい」

と 心の中でお願いして カメラのシャッターを切ろうとしたら!!

今まで曇っていたのに 突然 本殿に夕陽がパーッとさしてきて

屋根の金細工?が 夕陽に反射してきらきら輝いたんです!

DSCN1892

「これでどうだね? さあ 撮りなさい!」

みたいな 神様の声が聞こえたような。。。(*_*;

 

うわ~~~ すご過ぎる~~~!!!

って あっけにとられちゃいました。

口を開けて ぽかーんとして

やっぱ 神様すごい!!森羅万象操れるんだ~~~!!!

って本気で思っちゃいました。。

 

人知を超え過ぎてる!! 人間技じゃない!

これぞまさしくの神様パワーを見せつけられたような気分でした。。

すすすすごい!!

さすが 天照大御神様のお父様~~~!!!!

ありがとうございました!!! <m(__)m>

コメントする

2016年6月9日(木)黒塚古墳 崇神天皇陵 景行天皇陵 その参

DSCN1830

てくてく歩いていったら ありました!

看板があったかい~~~♥

DSCN1831

自宅でネットで調べていて

ぜひ訪れたい!!と 願っていた展示館でした

DSCN1851

黒塚古墳の石室のリアルな大きさのものが再現されていました!!

すすすすすすごい!!

 

ここで 貴重な体験ができました^^v

展示館にいた方が 実際に発掘に携わったそうで

貴重なお話をたくさん聞けました!! ヽ(^。^)ノ

ありがとうございました!!

 

。。。っていうか ゲゲが細かい事をしつこく聞くもんだから。。(笑)

 

この黒塚古墳は鏡がたくさん出た初期のすごい古墳ですので

それなりに地元では「あの古墳すごいらしいよ?」という前評判があったから発掘してみたのかしらん~~?。。

と思って聞いてみたら

そうではなかったそうで。。。

 

とにかく 古墳を3つ発掘してみよう~~~と

戦国時代の城跡として 築山部分がかなり壊されていたこの古墳に白羽の矢があたりまして

掘ってみたら すごい石室だった!!!びっくり!!

という事だったそうです。。

 

そういえば 栃木の発掘のプロが教えて下さいましたが

古墳の廻りの周溝って 元々本来 水は入ってないそうで

土なんだそうです。

え?そうなの?(^◇^;)

主に関西にある有名な古墳の廻りには たっぷりと水が流れて

私達に美しい景色を見せてくれていますが

実はあれは 江戸時代 田んぼの水不足を解消するために

ちょうどいいや!! ここに水を流そうぜい!! ヽ(^。^)ノ

と水を入れて 灌漑用水として使ってしまったのだそうでした。。

 

私がいた時に

ツアーの熟年男女を30名以上ひきつれた男性ベテラン風ガイドさんがいらっしゃいまして

わー!!っと 説明されて

わーっと 皆さん下敷きを買って トイレに行って

わーっと 出ていかれました。。

ものすごい迫力と勢いだった。。 (*_*;。。

 

ようきいとってや~!!(関西弁合ってるのか?)

みたいな感じで 面白おかしく 古墳と石室の説明を早口で

わわわわわ~~!!!

と説明されたので

すごいなあ~。。。 と 思いました。。

 

関東のツアーじゃ。。苦情がくると思う。。。もっと粛々に、、とか。。。^^;

 

夕方の暑さむんむんな中 古墳を登っていったら

中腹?に 亀さんが。。。^^;

水部分は かなり下の方だったのに。。。

たった一匹で うんしょうんしょと 登ってきたのでしょうか。。。

目的は?。。。

何か 崇高な願いが?・・・

己に打ち勝つため?・・・謎~~。。。ww

 

おととし 気づいたのですが

古墳って 亀系 蛇系 鳥系 があるような気がする。。

眠っている方の 呪術的方面に関係があるのかしら。。

 

この亀さん 帰りに探したんだけど どこにもいなかったので

さらにびっくりしました。。

DSCN1834

頂上?・・・ 墳丘の頂き。。。?

信長さんが亡くなった後 織田氏が築城したみたいで

かなり 原型が損なわれています。。

古墳は東西に向いていて 石室は南北に向いてます。。

DSCN1841

↓ 石室説明板

DSCN1838

DSCN1828

雨どころじゃなくて ますます晴れて暑くなってきた午後のお天気。。(^◇^;)日差しが肌に突き刺さりました。。。

DSCN1847

↓ 事前にネットで見た時に 良いな~♥ と思った本・ファイル・下敷きを

全部買えました!!(^o^)丿

P1030441

P1030440

 

 

Comments (2)