5月 2015 のアーカイブ

日記

2015年5月14日

週末の旅行の予定が入れられました♥

5月22日 夜 出発

5月24日 宇都宮へ戻る

神戸に泊まりたかったのですが もう 来週なので宿がなく

姫路で やっと 一軒 空いてたホテルに 決まりました

姫路がダメなら 奈良か京都と思っていたので 助かりました

神戸も姫路も 全然未知の場所なので 今 ネットで調べまくっています

 

神戸の五色塚古墳が気になるので 行って見てきます

あと 宝塚市の神社 カゴ坂王と押熊王関係で。。

ちょっと遠いけど 岡山にも足を延ばして

日本武尊の奥様 建比賣(たけひめ)様関係も見てきます

 

岡山も 全然わからない場所なので

今 地図を頭にたたきこんでます

 

義母と義父が元気そうで この分なら突然入院したりしないね!

って確定すると

私も 週末の旅行に行ける感じなので

いつも ホテルの手配が間際になってしまいます。。

 

多分 義父母は 自分達が突然入院しても

予約してあった旅行なら 行ってきていいよ

って言ってくれると思うけど。。

でもねえ~。。

そんな状態で 出かけたとしても こっちも 楽しめないし。。

 

思えば 今年のゴールデンウイーク なぜかイライラしていた私ですが

あれって 昨年のトラウマっていうか

昨年の5月中旬 義母が入院したから 私も5月に旅行に行けなかった。。

という記憶があったからなんでしょうねえ~。。

 

自分 心が狭いぞ。。って思うけど

昨年 もともとは G.Wに義父と義妹の大喧嘩から端を発し。。。><;

それを気に病んだ義母が 体調をおかしくして。。みたいな。。

本人は

原因不明なんだって♪

って なんだか得意そうだったけど

あれって 絶対 自律神経失調症だって思う。。><;

 

今年は 義母も 元気で何よりだから

私も 自分の 健康で入院しないですむ体に感謝しながら

思う存分 全国を歩きたい。。

お金と体力が続く限り~~~ww

 

私も まだまだ元気なつもりだけど

いつどうなるか ほんと わからないし。。

思い残す事なく 歩いてきたい~~~

まあ 100歳過ぎまで 元気に長生きする予定ですが~~w

 

広告

松陰先生と 新選組鬼の副長土方歳三様

2015年5月5日

大河では とうとう 松陰先生が。。。TωT。。

お悔み申し上げます <m(__)m>

で 思ったのですが

こういう生き方も あるんだなあ~。。。って。。。

 

私は 土方歳三様に魅かれているのですが

勿論顔!もですが

あの 侍としてという理念のもと 組織をまとめあげる鬼の冷徹さ

にも 惹かれていました。

 

でもまあ 松陰先生は いわば それとはまったく真逆というか。。

一応 塾という組織ではありますが

塾生を友と呼び とことん議論しあい

頭にきたら 絶交状を送りつけ(笑)

大の大人のすることか。。。というような

なんか ほんと  相手ととことん向き合っていくというか

一生懸命人と付き合っていく人なんだなあ~と

思いました。。

 

叔父に厳しく教育された 気の毒な幼年時代だったようですが

そのトラウマを乗り越えて?

塾生達には 優しかったようですね。。

 

幼年時代 末っ子でのびのびとバラガキ生活を楽しんだ土方さんが

大人になると 組織を冷酷にまとめあげていったのとは

不思議な好対照というか。。。

 

ほんと 面白いといったら失礼ですが 不思議ですねえ~。。。

 

まあ 土方さんは 全国から集まったやくざみたいな烏合の衆をまとめるために あえて  厳しくしたというのもあるでしょうが

それにしても

同じ幕末に生きた人として 違いがあって面白い。。と思いました。。

 

松陰先生は 結局 その時代よりはるかに先を見ていたために

警戒されて

あーゆー形で 人生を終わらせられる事になってしまいましたが

松陰先生の人生を終わらせた井伊大老も

結局 あーゆー形で終わってしまったのが

なんとも不思議というかお気の毒というか。。。

 

土方さんは 自ら死地へ飛び込んでいったような感もあり

あの激動の時代を生きた人々の一生を思うと

感慨深いものがあります

現代人の何万倍も濃密で凝縮された人生だったなあ~。。。

と しみじみとしてしまいます。。

 

皆さんの尊いお働きのおかげで 今の平和な日本があります!

ありがとうございます!

やっと 母の実家のお墓参りに行けました 平成27年4月29日(水)

2015年5月4日

この間 母の叔父らしき 高橋家のご先祖様っぽい夢を見たものですから

気になっていましたが

とうとう 思い切って 平成27年4月29日水曜日

埼玉県本庄市児玉町金屋にある 母のご先祖の眠るお墓へ行って参りました!

だんなには言いませんでした。

言ったとしても

 

あ~ 墓参り?行ってくれば~

 

なんていう軽い返事は一切期待できないので ^^;

説明もめんどくさいし

だんなが出勤してから 私もバタバタと 準備して 家を出ました

 

だんなが帰宅する夜7時半までには また 宇都宮に戻ってこなければならないので 本庄の父の家にも寄れないスケジュールになりました^^;

 

カーナビ様のおかげで無事にたどり着けました~ (^◇^)

 

おお~~!! 懐かしい~~~!!

ここだ~! ここだ~!!

↓ 円通寺  本庄市児玉町金屋84

着いてから知ったのですが^^;

児玉三十三霊場の 九番札所になっていました

秩父事件金屋戦争 供養塔もあったのですね。。

 

DSCN1333

DSCN1331

 

本堂の左に行って。。。と

体はしっかり覚えていました!

見事 母のご先祖様の眠るお墓を見つけました!

そうそう ここここ!!

会った事ないけど ひいじーちゃん

病気でねていた ねんねばーちゃん (ひいおばあちゃん)

私の祖父母

そして 母の叔父の単独の墓石もありました。

昭和13年に亡くなっていました。。

その時って うちの母親2歳だぁ~~

 

曾祖父母 祖父母 母の叔父の享年月日をメモしてきました

持っていったお花を供えて お水をあげました

軽く草むしりをして おいとましました。

 

以前 ブログにも書きましたが

いまだに ねんねばーちゃんの土葬のお葬式を覚えています。

あの頃は 私も幼かった。。。(遠い目)

それがもう50代にも成長して~~~。。。早いなあ~~~。。。

 

お寺さんの写真を撮ってから

どっか古墳へ寄りたいなあ~と思ったのですが

とりあえず 母がよく話していた 塙保己一記念館へ行くことにしました

 

母が生きてて 子ども達が小さかった折り

一度花見に行った思い出の場所です

カーナビってほんとに便利ですね~ (^◇^)v

 

↓ 雉岡城跡に 記念館はあります

DSCN1336

DSCN1338

DSCN1343

DSCN1345

入館無料

懐かしかったでした♥

 

あの時代に 盲目で。。

ものすごい努力をされたんだろうな。。と思う事しきりです。。

この建物は 5月末?だったか 閉館になるそうで

展示物は 7月に 新しい違う建物内で 展示されることに決まっているそうです。

(アスピアこだま 平成27年7月オープン予定)

 

さて 帰ろうと思い

車を走らせて

母の実家の前を通り過ぎました。。

そして

母の姉が暮らしているだるまや菓子店の前も通り過ぎて。。。

あ のれんが出てる。。!

お店 営業してるんだ!!

やっぱり 伯母さんに会いたい!

と 途中で道を引きかえし ^^;

伯母さんに会ってきました~

元気に店番をやってました~

 

そこで 母の叔父の思い出話を聞かせてもらいました

私の見た夢の話も 聞いてもらいました

 

母が お墓の主の叔父から文房具をもらったという話は

私の勘違いでした

もう一人の 熱海の旅館へお婿に行った叔父から 文房具をもらったのだろう と言う事になりましたでした ^^;

やっぱり。。。

お墓の主の叔父と 私の伯母は 思い出話がありましたが

(耳に何かあててツーツーって音がするのを 『ほら 聞こえるだろう?』って言って聞かせてくれたそうです。 モールス信号?)

私の母は 叔父が亡くなった時2歳なので

多分あまり 記憶にないですよね。。(と 私の伯母も言ってました)

東京暮らしの逓信省にお勤めの若いお兄ちゃんみたいな叔父さん。。っていう位しか 覚えてなかったかもしれませんね。。

 

やっぱり 伯母さんに会いに行って良かったと思いました。。

母の叔父の名前と 享年と その頃の状況がわかりました。

夏に 実家に元気よく帰省して

じゃあ 東京に戻るね

と言って戻って

はやり病にかかって 東京で亡くなって お骨で帰ってきたそうでした。。

19歳だったそうでした。。。

 

若すぎる。。。orz…

時代が時代だけど 若すぎる。。。

兄である私の祖父は 平成の世まで生きて 私の子ども達も見てくれたんだから。。

それを思うと ほんとに 若すぎる。。。

 

母の叔父の話も聞けて 私の従兄弟にも会えて 元気な伯母さんにも会えて

児玉町から本庄へ向かいました。

本庄で とり弁当を買って

やっぱり 時間がなくて 本庄の父の家には寄らずに

まっすぐ 宇都宮を目指して 車を走らせました。

 

無事 栃木県に戻れて 時間も多少あったので

以前にも寄らせて頂いた大神(おおみわ)神社に寄る事が出来ました

DSCN1346

DSCN1347

 

それから 宇都宮へ無事戻れました

午後7時20分着!

急いで洗濯物を取り込んで とり弁の用意してたら

7時半 だんな 帰宅しました~

間に合った~~ (^◇^)vvv

日帰りで 児玉へ行ったと言ったら びっくりしてた~(笑)

 

伯母のお店の和菓子

母も大好きだった~ 昔と同じでおいしい~~

DSCN1351

DSCN1353