2月 2008 のアーカイブ

結婚式

2008年2月29日
最近 結婚式が簡素化っていうか
若い2人の身の丈にあったものが 行われるようになったらしく
それは非常に良いことだと 思います
 
結婚20年たって 思う事は
結婚式にかかった 莫大な費用。。
あれ 20年後にとっておけばよかった。。なんて。。。
子どもの教育費用に 回したかった。。。
 
私は 嫁に来る身でしたので 
あまり口も出せずに 
しかも新郎側が 個人で会社経営してるというコトもあって
なんだか どんどん 大きいものになってしまって。。
大変でした。。
 
あの頃は 仲人さんをたてるのが当たり前でしたが
。。。
う~ん。。。
はっきり言って お金もかかるしね。。
当日だけの 謙虚で大人しい仲人さんならいいけど
結婚式の進行にまで 口を出してくるような人ではね。。
つらいものがありました。。
着付けとメークの人は 親戚を使ってくれとか 
仲人を引き受ける条件で 言いだしたから
花嫁の私が ホテル側と その着付けの美容師さんの板ばさみになって。。
えらい神経を使ってしまいました。。
 
夫の妹夫婦は 実に合理的で
仲人さんをたてずに 演出も極力抑えて
ホテルからのサービスで カメラマンさんを雇って
沢山 写真を撮ってもらったりして
すごく シンプルでよかったです
ホテルニューオータニで 料理も良かった~。
 
まあ 時代と
結婚相手が 長男ではなく 末っ子だという事も
あったかもだけど。。
でも 2人とも あまり 無駄な金はかけたくない
っていう 意思がしっかりしてました。。
そこは とても立派だったと思ってます。。
 
私とだんなの結婚式は
だんなの両親が ちょっと はりきりすぎたんでしょうね。。
うちの両親 最後には もうめんどくさがってましたから。。
あの頃は バブルに入った時期だったから 
つい派手になるのは しょうがなかったのかな。。
本来なら 結婚する2人の希望が中心で
そこに両親が ちょっと 口を出すって 感じなのでしょうが。。
 
私の意向もあまり聞いてもらえず
いかにも 地方の長男のところに 嫁に行く。。
みたいな式 に なってしまいました。。
 
結納金もいらないと 私は思います。。
結婚する2人が これから 
どういう家庭を作っていきたいかって事を重視すれば 。。
当然 子どもにかかるお金が必要になってくるので。。
結婚式にかける費用って
極力抑えたほうが良いと 思います。。
 
大きいだるまに 式に参列してくれた皆さんから一言ずつ書いてもらったけど。。
だるま。。今もありますが。。
場所をとりますね。。
書いてもらった字があるので 下手に粗末に扱えないし。。
 
結婚祝いに 式場から 巨大なろうそくをもらって
1年ごとに火をつけて 短くしていくんだって教わったけど。。
はっきり言って そんなことしたこともないし
置いておくのに 非常に邪魔です。。
まあ 災害には良いかな。。
でも そういうのも 結婚式の費用に含まれちゃってるんですよね
いくら サービスとはいえ・・。
 
同じ頃結婚した友達もみんな それもらってて 
はっきり言って邪魔だよね 押入れの片隅に押し込んであるよ
って 言ってます
離婚した子は あれどうしたんだろう。。
見るのも 嫌ですよね きっと。。
 
乾杯のお酒の枡 私とだんなの名前の判子を押してもらったけど。。
無駄だったな。。
判子もらったけど 使わないし。。
 
今は 会費形式の結婚式が ありますが
それもいいな と 思います。。
軽い っていう意見もあるそうですが
結婚する2人の気持ちが 一番大切な事ですから。。
 
両家の結びつきっていう 意識は
結婚後の2人の生活に 結構 暗い影を落とすと思うので。。
あまり こだわらないほうが良い と 私は勝手に思います。。
経験者は 語る。。。
 
にゃはは~ 愚痴です。。。
娘達には あまりお金のかからないシンプルな式を
あげてほしいな~
そして 自分の意見を言えて親の言いなりにならないような新郎を
選んで欲しいなーと
思います。。
広告

出産の病院

2008年2月28日
今、産婦人科医が 少ない と聞いて 大変だな~と 思いました。。
確かに 命を預る 特に新生児とお母さんの命がかかってるお医者さんですから
責任もより重いような。。
訴訟も多いようですね。。
 
私は 2人の娘を 近くの個人病院で出産しました
最初のときは 大先生が院長さんで その息子さんが副院長さんでした
担当は 副院長先生で 出産も副院長先生がとりあげてくれました
 
で。。
この副院長さん ちょっと まじめっていうか
あまり愛想が無いっていうか。。
年齢は 私のちょっと上みたいです。。
19年前 結構若かったですよね。。
 
顔はそこそこのイケメンさんで 色も白くて 肌がちょーきれいでした。。
でも 愛想がなくて。。 声も小さいし 笑わないし。。
患者さんの評判がよろしくないんです 。。
曜日によって 院長 副院長って 
担当が違うのですが 
副院長さんの曜日は がらがら。。患者さん ちょー少なめでした
 
私は 仕事をしてたので やはり 待ち時間が少なくてすむ 副院長さんがよくて
あえて その曜日にしてました。。
他の妊婦さんたち さすがシビアに先生の人柄を見てるなあ~と
がらがらの待合室を見て いっつも内心 苦笑してました~。
院長先生は さすが年の功っていうか
笑いもあるし 熟練って感じで 安心感があるんでしょうね。。
 
私は 院長先生のほうは 内診がちょっと痛かったので できれば避けたかったのですよ。。
若い先生のほうが良かったのです~ ☆
しかも 
私は なぜか そういう副院長さんみたいな
愛想がない あまり笑わない人を見ると
ぜってー この人の事 笑わせてやる!
と 燃え上がるタイプでして。。
決意をしました。。
 
独身の頃 会社で 同期の友達と
いっつも そんなことをしてたのです 
最強に無愛想な先輩社員を 誰が一番先に 笑わせる事ができるか?
なんて。。 毎日 燃えてたんです。。
(そんなこといいから 仕事しろよ。。みたいな。。)
 
がんばりましたね 副院長先生に対して。。
先生がぼしょぼしょ しゃべるので
すいませ~~ん!
先生ー よく聞こえません~~
とか つっこんでみたりしました
でも 声の大きさは あまり変わらなかったような。。
そばにいる 看護婦さんに微かに受けてました。。
 
まあ 私の地道な努力?が 実を結んだためか?
結局 副院長先生が笑ったのって 4年後 私が2人目を産んだ後です。。
私が次女を産んだ 翌日の夜 隣りの病室に人が入院してきたので
回診の副院長先生に
 
隣り ご出産されたんですか?
 
と聞いてみました
 
そうです
知り合いですか?
 
いえ 全然
赤の他人です
 
と答えたら 副院長先生 なぜか 大爆笑してました。。
なんだ 笑える人なんじゃん。。
と 思いました。。
笑顔 可愛いじゃn。。 みたいな。。
4年 かかりましたね。。
 
で 次女を妊娠していて その病院へ通っていた時の事ですが
そこの病院では 大学病院から 若い男の先生が通ってきて診察を始めたのです
院長先生は 第一線を退いた感じでした
副院長先生と 若い先生で 主に平日の診察を担当してました
で。。
私は そういう若い先生がいるって 知らないで
ある日 その病院へ行ったわけなのですが。。
びっくりしました。。
 
う。。。
どうしたんだ。。。
待合室が ちょー満員。。
座れない人も いる。。
なんだ この大盛況ぶりは。。。
 
副院長。。 人気沸騰??
ち。。
あの クール?な 感じが面白かったのに。。
方向転換したのか。。?
 
結局3時間くらい 待たされたですね。。
???
と 思って 診察室へ入ったら。。。
 
そこには なんと!!
若くて イケメン スリム 色白で 背も高く 
まるで王子様のように 優しく微笑む 素敵な先生が。。。
 
え~~~???
 
びっくりしましたね~。
副院長先生は 優しく微笑むタイプではなく 
まじめで 笑わないタイプでしたので
この 外部からの先生は まるで 正反対だったのです。。!
 
いや~ しゃべりもソフトで 優しくって
ほんとにおだやかで 患者さんの話をにこにこしながら聞いてくれて。。
 
これは 人気があって当然だよなあ~と 思いました
患者さん 殺到するわけだよ~。。
 
で 副院長先生の診察の曜日。。行ってみました。。
相変わらず チョー 患者さんが少なめで
私は 嬉しかったです。。
先生 変わらずに。。やったじゃん!!
午後なんか 待ち時間 0分の時もありました。。
先生本人はどう感じていたのか。。それは わかりませんが。。
 
私は2回目だったせいか 
副院長先生とはすっかり打ち解けて。。
笑いこそなかったものの
お互い なごやかムードで 診察はすすみましたよ~。。
 
私が次女の妊娠がわかって その病院へ行った時の事ですが
診察時間開始を待ってたら 副院長先生が
待合室に ひょっこり来て 私に気づいてくれたのです
 
あ 先生 お久しぶりです~
長女の時は ありがとうございました~
 
どうも~ お久しぶりです~。
ご出産ですか~
 
はい 2番目を妊娠しましたので
また よろしくお願いします~
 
それはそれは おめでとうございます~
 
いや~ 覚えていてくれたんだ^-^
と 感激しました。。
笑わせよう作戦も 無駄じゃなかたんだ。。
と ガッツポーズをしましたね。。
 
次女の出産は 院長先生が担当でしたので
ちょっと残念でしたが。。
副院長先生 出張だったみたいで。。
 
次女が4歳で幼稚園にあがって お母さん達と
その病院の話になりました
やっぱり 外部からの王子様先生の人気がすごくて
診察曜日は チョー満員だそうで。。
副院長先生の日はがらがらだそうでした。。
 
にゃはは。。
あれから 11年。。
今は どうなっているんだろうな~。。
今度 子宮がん検診とか 乳がん検診とか 行ってみよっかな~。。
 
それにしても やはり 産婦人科の先生もイケメンが良い!
という 妊婦さんの心理
非常~に わかりやすくて 面白いです~!
笑えました~~!

おかげさまで

2008年2月27日
おかげさまで 沢山の受注を頂き 毎日がんばって仕事に励んでます
この勢いなら 花粉症もふっとぶかも。。なんちゃって。。
仕事に没頭してると なんだか 毎日ふわふわした感じがします
曜日と日付が わからなくなってきます
季節も うにゃ?落ち葉が舞ってるから 秋?・・みたいに 思えたりして。。
あはは それは重症ですね。。
 
ブログ友のふじこさんが ご結婚なさいました
おめでとうございます~
お幸せな2人のお写真を拝見したら
結婚って いいなあ~と 思いました。。
 
日曜日に 長女の成人式の晴れ着のレンタルに 結婚式場に行ったら
隣りのお部屋でも 披露宴をあげていて。。
幸せいっぱいで 素敵でしたね~
式後に 花婿が ロビーで胴上げされてましたよ~。。
 
いや~ 若い2人のパワーって 良いなあ~。。
幸せオーラが 溢れていて 輝いてますよね。。
 
個人的には 友人の結婚もここ10年 ぱったりなくなり
結婚式からは 縁遠くなりました。。
 
ふじこさんのニュースが とても嬉しかったです~☆
 
この幸せオーラをもらって 仕事にがんばりたいと思います~。
あっちゃんの映画も 公開になるしー めでたい事続きです~。
 
ちょっと寝て 疲れを取ってから 仕事へ行きます。。^_^; 

雪の当たり年?

2008年2月26日
なんか 雪が降りそうな空です。。
でも 気温は高いみたいで。。
今年は よく降りますね~。
 
夫の妹が 退院して 宇都宮に療養に来ます
東京から 妹のだんなの運転で
車で来るので 道中が心配です 
雪は降らないで欲しいです。。
 
確か 昭和63年は 雪が多かった気がします
私がおなかが大きかったときに 友達の結婚式があったんですよ。。
3月なのに 雪が降った年でした。。 
雪の次の日に 道に雪が残る中 結婚式場のホテルへ行った記憶があります
 
そういうのって 不思議と忘れないですね。。
もう19年たちました。。
 
前年の私の結婚式の日 式が終わって お見送りをしてたら
(私は そのまま栃木に留まるので 埼玉へは帰らないのでした)
友達が 
 
君も遠くへ行っちゃうんだね。。
親御さんも さぞかし。。
 
って 言いかけて いきなり泣き出して。。。
そんな涙もろい子だと思ってなかったので
普段 笑いにあふれた子でしたが。。
びっくりしました。。
 
でも その頃 実は その子が
彼氏が外国の人で 結婚したいけど親の事が心配で悩んで。。でも結婚したくて
っていう 葛藤の中にいたことを
後から 知りました。。
 
きっと 埼玉の親元から1人離れて 栃木に住む私を
式の間中、自分と重ね合わせて見てたんでしょうね。。
 
そんな泣いてた友達も 結婚を決め 3月に
式をあげました
素敵な式でした。。
3月に雪 っていう時には 必ず思い出します。。
 
あはは。。。
今では すっかり 互いのだんなを
頑固でさ~ なんて メールで 愚痴ってますが。。
あの頃の 一途な恋愛感情は どこへ。。?? "^_^" 。。。
ガックン 最高だよね~ なんて 言ってます~。。

体も黒いが腹の中も黒い?ルル君。。

2008年2月25日
またまたやってしまいました。。
 
私は朝6時半に起きて 1階のリビングに降りてきます
で 私が階段を降りる音で 
玄関に置いてあるケージの中にいるルル君は
ママだ!と 気づき
えさ~ えさ~
と ケージの中を くるくる どかんどかん トイレにぶつかりながら 走ります
 
えさの催促です。。
 
はいはい
今 あげましゅからね。
おはよう~。また会えて 嬉しいよぉ~。
今日も1日 楽しもうね~
 
えさをえさ皿に入れようとしてるのに ルル君は待ちきれずに
えさを握った私の手に 自分の頭をぐいぐい押し付けてきます。。
両者ぶつかりあいになって。。 とてもあほな事に
えさ皿に えさを 中々いれられません。。
 
ルル
ちょっと頭どかしてよー!
えさ 入れられないでしょー!!
 
ままー
早く
えさ入れてよー!! (ぐいぐい)
どうして 入れてくれないの~?
 
だから あんたの頭がじゃまで
えさ 入れられないっちゅーの!!
気づきなさい~~^^!!
 
ルル君の 頭ぐいぐいは ほんとにすごい力です。。
で 無事にえさを入れて ルル君は朝食タイム
私は むふふの パソコンタイムです
次女の朝飯の用意をざっとして
7時5分くらいまで パソコンを楽しみます
 
次女は6時45分頃 起きてきます
 
で 今朝。。
リビングのドアを開けた 次女は。。
 
まま。。。
また ルル 廊下に出てたよ。。
目が合っちゃった。。
フリーズしてたから つかまえたけど。。
 
うおー!!
えさの後 ケージの扉のロック ちゃんとしなかったんだ~~~!
 
1階に降りてきた次女が 何気に廊下を見たら
奥の部屋から出てきた黒い物体と 目があったそうなのです。。
 
黒い物体は
 
やっべ。。
見つかっちまった。。
んだよ~
これから 遊ぼうと思ったのによ~。。
いーとこ 邪魔されたよなあ~
チッ。。
 
と つぶやいて動きを止め 次女をじーっと見つめたそうです。。
 
ルル君。。
またまた 奥のパパの寝てる部屋へ 忍び込んだらしいです。。
 
きっと 1年ぶりのお雛様を見て ルル君 びっくりしたろうな。。
お雛様の飾ってある部屋の隣りが パパの寝てる部屋です
パパも 襖を閉めて寝ればいいのに あけて寝るから
ルル君が 廊下からひょいって 入っちゃうんですよね。。
 
想像すると おかしいです。。
パパの寝てるベッドに 飛び乗るのでしょうか。。
それとも 
わーい 普段入れない部屋だ~ きゃっほ~~!
と 部屋の中を 走り回っているのでしょうか。。
 
それにしても
脱走が発覚してびくっと怯えて固まってるルル君と 次女が
2メートル離れて にらみ合う図って。。
想像すると とても笑えます。。
 
昨日の 腹黒い 娘達の会話
私と子ども等で アピタへ行って 疲れて 夕方帰ってきました
 
長女 家に入ったらさ 泥棒がコタツでテレビ見てたらどうする?
 
次女 てめー。。 ぁにしてんだーこらーと 脅す
    人んちで のんびりくつろいでんじゃねーよ。。
 
長女 ざけんじゃねー 有り金 全部置いてけーと 脅す
 
次女 夕飯も作っていけよな 
    ハンバーグとポテトサラダ な!
 
長女  手作りでなっ て
     材料は買ってあるから ここだって。。
 
次女  ついでに家中 掃除しろよな。。
     あ  うちの部屋も 特に掃除していけよな
 
長女  おまえのあの部屋?それは 気の毒だろう。。
 
次女  完璧なまでに きれいにしろよな と脅す
     人んちに忍び込んだって ばらされたくなかったら 言うことを聞け
 
長女 うわー それはもう二度と 泥棒なんてしないだろうなあ。。
    勘弁して下さい って 泣くね。。
   
なんか。。この2人 黒。。
ほんとに 私の産んだ子?
ルル君の毛の色より 黒いかも。。

想像して期待し過ぎてると 傷つくのかも。。

2008年2月24日
これは私が 30代の頃 ある芸能人さんに過度に期待して
ファンでいたために 勝手に傷ついて 落ち込んだ話です
やっぱり あんまり 思い込みすぎて 理想を押し付けちゃっても ダメなんだな~と
良い勉強になりました。。
 
90年代にヒットをとばした 3人組のワン○が 好きでした。
3人とも まじめそうで 一生懸命やってる姿にも好感を持てました
特にボーカルの 上○さんが 大好きでした
顔もハンサムさんで 髪型も黒のストレート
細くてスタイルもよく
どことなくさびしそうな目が また 素敵で。。。
 
上○さんの書く詞も 好きでした
ちょっと切ない さびしさを秘めた内容で
なんて 奥の深い 物事をよく考える人なんだな~と
思っていました
テレビ番組に出演した時は 無口な方でした。。
きっと 心には秘めた悲しみとか 抱えてるんだ~と
勝手に思っていました。。
 
で ファンクラブに入ったのですが
すぐに ワン○は 活動休止になってしまいました。。。
 
???
と 思っていたら 
ファンクラブから 活動再開のお知らせの会報が届いて。。
見たら ボーカルの上○さんと ギターの柴○さんが脱退したために
メンバーをチェンジした上での活動再開 と書いてありました。。
 
えぇ~~っ??
 
脱退~~???
愕然としましたね。。
 
慌てて 上○さんのその後を 音楽雑誌とかで 必死に探しましたよ~。。
もう ワン○のファンクラブのほうは
やめた人の事は 会報で取り上げませんからね。。
新生ワン○を 一生懸命盛り上げていました
 
なので ワン○のファンクラブのほうは 更新しませんでした。。
上○さんが好きで ファンクラブに入ったのに
本人がやめてしまったので。。
なんか 空しかったです。。
 
そしたら 上○さんは ギターの柴○さんと一緒に
また 新生ユニットを組んだのです!
あれは 嬉しかったですね。
ファンクラブも出来たので 早速入会しました
新曲も作られて 発売されました
オリコンで 40位台に 入ったと思います
 
でも まあ その後の 雑誌インタビューですよね。。
彼が どうして ワン○をやめたとか 語るわけですが。。
次々 彼が インタビューアに 聞かれるままに答えるわけです。。
 
ワン○は 言われて作ったグループ
自分の意思じゃなかった。。
これ以上は 耐えられなくて やめた。。
 
え。。。そうだったの。。。
 
ファンだった人なら 聞きたくないっていう言葉の数々なわけだったのですよ。。
でもまあ 仕方ないかな。。芸能界 そういうこともあるよな。。と
応援を続けていきました
 
で 
上○さん。。
 
顔と髪型と スタイルと 寂しそうな目が好きだったのに。。
まあそれははっきり言って 私の理想の押し付けですよね。。
自分の好きな芸能人には 好みのファッションで居て欲しいっていう。。
 
雑誌で拝見すると
彼は なんだか 髭をのばして 髪型もなんか変になり 
体も顔も太ってしまいました。。
目も なんか元気がない やる気のなさそうな目になってしまいました。。
 
まあ 親しみやすいって言えば 親しみやすいのでしょうが。。
ワン○の頃の 洗練された感じが すっかり消えてしまいました。。
でもまあ そういうファッションでも 元気があればいいのですが
なんか ますます元気がなくなって 逆に
不健康なイメージになってしまって。。
 
仕方ないかな。。と思いました。。
ワン○は 作られたイメージだったから
彼は今 やっと 自分の本性をさらけ出すことが出来たんだからって。。
ファンだから 応援しよう~。。
 
次々発売される歌は とても好きでした
シングルもアルバムも何枚も発表されました
やっぱり 詞は とても良いもので 
その世界感は素晴らしいと思いました
 
で とうとう 初のコンサートです!
喜び勇んで 東京のライブハウスへ 行きました
会場は 上○さんと柴○さんに会いたがっていた
ワン○の頃からのファンで 超満員でした
 
バックバンドを従えて 演奏してくれました
上○さんも柴○さんも とても嬉しそうに演奏と歌をがんばってくれて
観客も盛り上がったのですが。。
私も 勿論 のりのりで 萌えてきたのですが。。
ちょっと 。。。と 思いました。。
 
まず 上○さん。。 お医者さんの白衣を着てたのです。。
なんで?って 思いました。。
歌と関係ないし。。
後は ライブハウスなので その場のノリで
歌うのは勿論良いのでしょうが。。
なんか 歌の雰囲気と 歌の振り付けがあってないっていうか。。
 
しっとり歌えばいいのに 変な風に 体をくねくねさせたり
意味の無い 行動をしたり。。
 
私は中学時代から テレビで 外国のライブコンサートの映像を見てたので
ちょっと これは おかしいのでは?
歌を歌って表現するというコトに対して この人は なんにも持ってないのではないか?
って 思える 動きの数々でした。
ライブハウス特有の 汗をとびちらせて歌いまくるって いうのでもないのです。。
 
悪く言えば 酔ったおっさんが
ふらふら 適当に動いて さまよっているっていう。。
そんな感じでした。。
もっと 自分の詞の世界を大事にして しっとり熱唱して欲しいって 思いました。。
 
後日 会報で 上○さんは 他の日 観客の上にダイブしたとか読みました。。
なんで。。と思いました。。
歌と世界があってない。。
そういう ダイブするような歌じゃ ないんです。。
もっと 重く暗い歌の数々なのですよ。。
しかも 上○さん バックバンドの人と全然しゃべらずに
コミ二ケーションをとらなかったそうで。。
そうなんだ。。ちょっとがっくりしました。。
まあ 私が ボーカルの人に対して期待しすぎって言えばそれまでですが。。
 
で コンサート無事おこわなれてよかった~と いう会報が続き
ただいま 新アルバムを録音中という 会報が続きました。。
 
楽しく読ませてもらいましたが
なんだか 段々 読むに耐えなくなってきました。。
休日の過ごし方は 上○さん
何日も家に閉じこもって パソコンの対戦型ゲーム とかの回答なのです。。
 
ショックでした。。
私が夢見がちで愚かなのですが
人気のある ユニットのボーカルなのですから
できれば 映画を見てるとか 読書とか
そういうコトを回答してほしかったな。。とか
思いました。。
ボーカルとして 日々 研鑽してる姿を言ってほしかったなと
勝手に夢を見てました。。
 
仕事が無い間には 積極的に外に出て もっと自分の感性を高めるとか
そういうコトをして欲しかったな と思いました。。
 
で ファンからもらって嬉しいプレゼントは?
の回答が
セルフヌードの ビデオ
だったのです。。
ショックでした。。
そういう いやらしい人だったんだ。。
小・中学生のファンの子がそれ聞いて 実行したらどうすんの?
って 思いました。。。
 
写真もますます 彼は太ってきました
食事管理してないみたいでした。。
ほんとに ワン○の頃の面影はなくなりました。。
彼にとって ビジュアル面は どうでもいいことみたいでした。。
 
そして ある日 
上○さんと柴○さんが 意見が合わずに
このユニットを解散しましたっていう 突然の会報が届きました。。
 
もう そうだろうなあ~
そんな展開だよなあ~
あの感じじゃ。。
と ぼんやりと思いました。。
 
ファンクラブでは お金が余ったらしく
ライブコンサートのビデオを作って 送ってくれました
1度見てみましたが やはり 
照明もOK ギターも バックバンドの演奏もOK
だけど ボーカルの上○さんの動きだけが浮いてる。。
と 再確認しました。。
彼がそのコンサートで 何を伝えたかったのか
何も伝わってきませんでした。。
 
しばらく落ち込みました。。
なんで落ち込んだか 自分でも わかりました。。
こうあってほしいという理想を押し付けて応援していたから
実際の彼が どんどん本性をさらけだしていったのに
ついていけなかったわけなのです。。
私は いつまでも ワン○の頃の 優しく寂しそうなイケメンさんを
求め続けていたのです
 
だめだよなあ~ 自分。。
いくら芸能人だからって 自分の理想を押し付けてたら
いざ その人が違う本性を現した時
自分が傷つくだけじゃん。。って その時悟りました。。
 
もう芸能人さんに 二度と期待しないぞ~
そのままを応援しよう~と 固く 心に決めました。。
で 今 ガクトさんに至ってます。。
 
ガクトさんのファンは他の皆さん かなり 熱狂的らしいですが。。
私はそんな過去の経験から 平常心で応援できてます
つきあいたい!とか 大それたことは 思わないですんでます。。
あはは。。 上○さんの時 かなり のめりこんだので。。
教訓ですね。。
 
でも ガクトさんって 文を拝見する限り 向上心のある方で
ものすごくストイックで 上を目指す方なんですよね~。。
こういう素晴らしい人に出会えて 応援できるのも とても良かったと思っております
 
上○さんが 雑誌に出てたとき マリスミゼルも掲載されてました
ガクトさんは インタビューにも真剣に 時には天然に答えてたし 
ビジュアル面もすごく大事にして
ファンを大切にしてましたね。。
 
期待しなくなったら 理想の人に出会えたっていうのも
なんか 嬉しいです。。
 

宇宙旅行

2008年2月23日
昨晩 寝ている間に すごい夢を見ました!
宇宙旅行です!正確にはちょっと 違うかもですが
旅行船に乗って 宇宙へ旅立ちました!
 
次女の中学の3学年の生徒が 
保護者と一緒に宇宙へ遊びに行くというので
私も喜んで 船に乗り込みました
船はとても素敵で ファミレスの店舗位な大きさで
テーブルが沢山ありました
 
そこは もう保護者と生徒で いっぱいで
私は和室のコタツに 他の保護者と一緒にあたりました
 
出発!
ファミレスの店舗ごと 火を噴き 離陸しました
ぐお~って 川に添って飛びながら ぐんぐん空へ向かって飛びました
私達は 必死に 棒につかまりながら すごい上昇に耐えました
 
宇宙へ~~
夜の星が瞬く空へ あっと言う間に飛び
一つの星の上空を 飛びました
着地はしませんでしたが
その星の文化を 船の中から見て 楽しみました
 
湖に ヨン様とかの韓流のスターの 顔写真付き壁が
いくつも建ってる美術館の建物が あって
お~ すてき~って 思いました。。
 
他の星ですので 韓国ではないと 思いますが。。^_^;
生徒も保護者も先生も 窓から 景色を見て
他の星の異文化に 歓声をあげてました~。
 
うちの次女は おイタをしたらしく
先生に マイクで
ゲゲ次女~~~ ちゃんと 座ってろ~~
と 怒られてました。。。おいおい。。
 
いや~ あのスピード!上昇感!
ものすごく体で感じました~!
 
夢占いで 勢いよく飛ぶ夢って 
良いんだそうですね。。
へなへな~とか 力なく飛ぶのは 自信のなさをあらわすそうですが
ばびゅーん!と 力一杯飛ぶのは 良いそうです。。
自分自身で飛ぶのも 同じらしいです。。
 
よかった~。
運が上向いているかもです!
 
ページビューが おかげさまで きりの良い数字になりました
ありがとうございました~ m(__)m
遊びに来てくださる皆様のおかげです~。
感謝申し上げます。。。
そして これからも どうぞよろしくお願い申し上げマウス~(=^・^=)
 
明日は 
私が 好きな芸能人さんに対して
どうして何も求めないかの トラウマ体験を
書きたいと思います。。。
つらくて悲しく 暗い記憶ですが。。 解き放ちたいと思います。。(ToT)