Archive for 6月, 2009

6月が終わり~~

激動の6月が終わりました~
義母はまだ検査の毎日ですが 良い病院も見つかりましたので
もう~~ 見守るだけです~~ ^^; あはは~
 
○ガクトさんの4週連続CDが さっき届きました~
ファンクラブからの限定版です~
4枚とも まだ聞いてないという~~>< 
大事にとっておくんだ~~! なんて~~ (^O^)/
4枚購入特典も 今日の昼間 郵便で届きました~~ (^◇^)
大事にとっておきます~~~ (ファン心理)
 
宅急便のおじさんと すっかり顔なじみになってしまいました。。
って。。
もしかして ゲゲより若い人だったりして。。。 ^^;
上手な栃木弁の方で ゆーじこーじのお2人のような
滑らかなイントネーションです~~
 
○マイケル・ジャクソンさんのDVDを見つけたので アマゾンで発注しました
1カ月待ちのようです
少し お安くなってました~ 
スリラーのプロモが大好きで 大学生の頃 ビデオを絶対買おう!!って 思っていたのですが
とうとう買わずに 今になってしまいました
やっと 重い腰を上げましたが
ご本人が お亡くなりになった後なんて 思いっきり後悔です。。。
悲しいDVDになってしまいます。。。
 
「なんとかゲットイナフ」(あやふや。。^^; ソロになりたての頃の歌 )を歌いながらのとびっきりの笑顔が好きで
「ビリージーン」の悲しい歌詞(多分 ^^; ・・is not my lover って歌ってる気がする ^^;)も 好きでした~~
 
DVDが届くのが楽しみなような 寂しいような。。。 ><
複雑な乙女心です。。。
 
○ガックンアジサイの葉っぱの裏側に巣を作ったふざけた足長蜂は 今頃 どうしたろう。。
とてもドキドキです。。
フマキラーを遠くから吹きかけたら 2階のベランダへひょよひょよ~~んと 飛んでいったので 。。(ダメじゃん。。^^;;;)
怒っているだろうなあ~~~。。。と 怖いです
飛んでる後姿が なんか 「恨めしや~~ 」って幽霊みたいな 感じでした。。
足長蜂だから~~ ♪
 
巣を作られた葉っぱ。。。茎ごと切って地面に落としてやる~と 思ったら
そこは丁度 これから花が咲く茎なんですよ~~~
よりによって~~~ >< 全く~~~ ><
狙ったのかも~~~ 悔しい~~~~ !!
 
何はともあれ 7月こそ 平和な月であってほしいです~~~
皆様もどうぞ 良い7月をお過ごし下さい~~~ ませ~~~ (^O^)/
広告

Comments (10)

どうしても許せない漫画 ^^;

小学生の頃から 熱烈愛していた漫画ですが
どうしても 許せないストーリーがありました
 
ずばり すれ違い漫画です!!
会いたくて 子どもなり 彼女が 約束の場所に会いに行くのに
母親 または 彼氏は 既にその場所にいない。。
どこかへ 行ってしまっている。。という。。。
伝言メモを 意地悪な女の人に 書き直されていたり
ハプニングがあって どうしても 会えない という感じの
ストーリーです。。
 
これは イライラしました!!
なんで 会えないんだよ~~~!!
子どもなりに 猛烈に激怒したものです
 
まあ 読者を引っ張って 次号も読ませるための
編集部のテクニックというものでしょうが
昭和40年代は 多かった気がしますね~~
NHKの まちこまき? の昼ドラ? の影響でしょうか。。
 
あと 許せないのは
彼氏と彼女が 結ばれて ラブラブになったのに
彼女が目覚めたら 彼氏がいない。。とか言うストーリーや 歌です!!
 
僕は 行かなきゃいけない。。とかって 
置手紙して。。あるいは ひどい時は黙って
彼女が寝てる間に 彼氏 夜中に いなくなってしまうんです!!
これは ほんとに 腹わたがにえくりかえりました~~
なんで 一緒にいて 幸せを見つけないんだよおーーー!!
そんな男 こっちから 願い下げだあ~~~~!!!
結局 逃げてんじゃん~~~~!!!
。。。
何 熱くなって。。。 (=^・^=)
 
あはは
思い出したら また 悔しくなっちゃった~~~~ www
 
ゲゲは ハッピーエンドが好きです~~~ (^◇^)

Comments (14)

額田王の念持仏という伝承の 石位寺の石仏

奈良へ行って、実際に忍坂街道にある石位寺と鏡女王の墓を見て いたく感動しました
こっちへ帰ってきてから また改めて 霊能者玲子さんの霊視を読み
自分で現地で感じた直感を元に 色々と考えてみました。
 
お2人は姉妹ではないと 今 言われています
そして名前から お2人の姉妹は 生まれた場所が鏡一族の地区とか 額田一族の住んでいた地区かと 推測されてます
 
私は お2人は姉妹だと思います  (玲子さんがそう霊視 賛成 ♪)
育てた乳母が 姉のほうは鏡一族出の人で 妹の方は 額田一族の出の人だったのでは。。
と 乳母の出身地名からとった名前だと 思います
 
舒明天皇陵のそばに 鏡女王の墓がある事から 2人は 舒明天皇の曾孫
って 気がします 
石位寺に残っている石仏が 額田王のものだという伝承から
鏡女王と額田王は姉妹で 忍坂の地に生まれたって思います
 
なんだか お父さんらしき人=鏡王 と 小さい女の子の姉妹2人が 楽しそうに遊んでる絵が 
頭の中にやたら 浮んでくるのです
当時は母方の家に住む風習ですから たまに来る父親と仲良く遊んだのでしょうか~
 
お父さんの鏡王も サイキッカーだったようです(玲子さんの霊視)
そして 三輪山が見える忍坂の地か 近い場所で
神の山である三輪山の伝承を 姉妹に教えてあげたっていう気がします 
 
それで 娘2人も神の声を聞くことができる能力を引き継ぎ(玲子さんの霊視)
天皇の元に差し出されたようです 
姉の鏡女王は 天智天皇へ
妹の額田王は 大海人皇子へ 
 
妹の額田は 大海人皇子の子 十市皇女を産みます
そして 大海人皇子と別れ 次に 天智天皇に仕えるようになります
姉の鏡は 天智天皇から 家臣の藤原鎌足に下賜され 鎌足の正室になります
 
お2人は 巫女として占いをし(玲子さんの霊視) 歌を詠んだと思います
鏡女王の死は 日本書紀に記載されています
天武天皇が見舞った後 亡くなります
そして 今の地に 葬られたようです
額田王のほうは 残念ながら 墓は今に伝わっていません
 
優れたサイキッカーは自分の墓を残さない とも玲子さんの霊視でありますので
墓の存在は 秘密なのでしょう。
ただ 伝承で 石位寺のそばの粟原寺に 額田比売朝臣が晩年住んだという事が
伝わっています 
草壁皇子の冥福を祈るためだったという伝承です
そしてそこで額田は 石仏を持っていたらしいです
後の水害で 額田の石仏は 石位寺に 流れ着いたようです
 
むむむ~~
そそります。。
この石位寺というのが また謎のお寺さんで 創建とか一切不明です
住職さんが亡くなったので 村の方々が守っています
額田の念持仏を守るために存在してるような 素敵な感じのお寺です。。
女性的な匂いがするお寺でした
 
額田王は 長寿を全うしたそうです (玲子さんの霊視 )
私が思うに 忍坂の粟原寺で 額田王は
表だっては 草壁皇子と 三番目の夫 中臣大嶋の成仏を願いながら
陰では
娘の十市皇女 娘の夫の大友皇子
大友皇子の父の天智天皇   等の人達の成仏を願っていたのではないか 
と 思えてなりません
 
石位寺も もしかして 姉の鏡女王墓が近いという事 または 生まれた地のそばだから
額田が建てたかとも 私は勝手に思います
さらにもしかして もしかしてですが 石位寺は額田の墓所かも知れません。。
 
サイキッカーとして 神の世界に生きた女性が
最後は お寺で 石仏を大事にしていたっていうのも とても不思議な感覚です
 
姉の鏡女王は 夫 藤原鎌足が病気の時 お寺を作って
夫の病気平癒を祈願しました 
その時に 額田は 姉から 色々聞いて
もしかして 石仏を彫ってもらったのでしょうか
 
その石仏は とても素敵な石仏です
薬師三尊像で 日本最古と言われています
三人の仏様が 優しく並んでいます
私は 
真ん中は天智天皇 (額田が仕えていた天皇)で
右は 十市皇女 (額田の娘)
左は 大友皇子 (娘の夫 天智の息子)
に見立てていたかな~って 勝手に思っています
 
天智天皇は 殺されたという噂のある天皇です (井沢氏は 大海人皇子が犯人ではないか と推測)
十市皇女は 壬申の乱で 夫の大友皇子を喪い その後 父 大海人皇子の宮で 急死します(自害したという噂があります)
大友皇子は 妻の父 大海人皇子に攻められ 自害して 皇位を剥奪されます  
 
天智天皇は病死だったにしても 自分の息子の将来を気にかけていたはずです
それは現実となって 吉野に隠遁した弟に やっぱり息子を殺されてしまいました。
上記の3人は 死に方がとても不幸です
額田は 心を痛めていたと思います
 
玲子さんは 額田王が自分の娘をどう想っていたか っていうのは 霊視できませんでしたが
姉の鏡からは十市皇女に関しては 「可哀想だった。 でも自分は手を出せる立場じゃなかった」 と霊視してます 
 
十市皇女は 赤穂の地に 葬られます
私はこの赤穂の地というのは 今の赤尾地区だと思います
そばに 鏡女王の墓もあります
おじいさんの舒明天皇陵もあります
 
額田は 娘と姉の墓所のそばの粟原寺で 関係のあった方達の冥福を祈りながら晩年を過ごし
石位寺で 眠っているような気がします
十市皇女は 自害なので 忌むべき死です。 
父の天武天皇は悲しんだでしょうが 継母である持統天皇達からは 嫌がられていたと思います
そうなると 成仏を願ってあげられるのは 母である額田だけです 
 
古代は 人が死んだら 神として古墳に葬って祀って 現実世界から遮断 
または 呪術によって利用するっていうシステムだったような気がします
でも 仏教では 亡くなった方の死後の成仏を 生きてる人が願い 熱心にお経をとなえたりしますので
神の声を聞けるサイキッカーの額田も 姉と共に 仏教の優しさに魅かれたのかも知れません
 
これを書くと ものすごく変な人って思われるはずですが すいません。。m(__)m
 
私が行った時 鏡女王の墓には 視えないけど きれいな女性が1人 門の中に立っていました
飛鳥の衣裳を着てました
私は帰る前に 階段の下から墓を見上げて お別れの挨拶を心の中でさせていただきました
 
じゃあ 行ってみます。 ありがとうございました
忍坂8号墳っていうのが古墳公園に移築されているのですが 
私 勝手に 十市皇女のお墓って思ってるんですよ~
あはは すいません~
思い込みが激しいですけど これから 行ってきます~
 
視えないですけど
そのきれいな女性は 頭を下げてくれて
よろしくお願いします
と言ってくださいました
身分の低い庶民の私に頭を下げてくれるなんて 優しい方だなあって 感激しました
 
空気で言うと 鏡女王の墓と 石位寺 石舞台古墳は 同じ気持ちのいいものを感じました
龍道が通っているのかも知れません
 
参考文献       左のブックリスト
石位寺 石仏写真  ありがとうございまうすリスト 42
 

Comments (8)

進路

次女の進路を そろそろ考える時期です
ゲゲは 大学卒業を 薦めています
私が 何か説教をたれると 嫌~~な顔をしていた次女でしたが
今朝は 自分から
 
大学行きながら 専門学校行こうかな
って 金がないか~~
あはは~ 2つは無理だよなあ~~
 
と 自分つっこみしてました
自分なりに色々考え始めたようです~
お?と 思ったら
高校で進路講話を聞いたそうでした
 
やはり 今の時代
専門学校卒は 特殊な技術以外は 就職が大変とか
内定取り消しが多いとか
聞いてきたらしいです
んで 大学行きながら専門学校へ通う子達が 増えてるんだそうです
 
私達の時代は 学歴に関係なく 社員としての就職先がたくさんありました
ほんとに良い時代でした。。
今は 大変な時代だと思いましゅ。。
 
つい 最近までは 派遣さんがもてはやされた頃もありましたが
今はもう 自動車産業は 難しいし。。。
派遣の人達が退去したので 宇都宮のアパートは空きが多いそうです。。
 
親としては ほんとに子どもの進路というのは 真剣になってしまいます~
この時代。。
ついつい 自分が会社にいた時の目線から 企業が採用したくなるような そういう有利なものを身につけて欲しいなあ~~
なんて 思ってしまいます。。
自営で 会社をやるにも まず お金の勘定 &パソコン(エクセル・ワード等) が できてほしいですし。。。
 
次女は以前 
 
うちの会社を継ぐ人がいないから うちが継ぐ
 
なんて言ってくれてました。。
 
でも。。次女の言葉は嬉しいですが。。
はっきり言って うちには 技能を持った職人さん (男手) が 必要です
女性である 長女や次女だけでは人手が足りません。。
だんなの跡継ぎが。。必要っすね~。。
だんなは 長女か次女に跡を継いでもらって 内装ができる男の人と結婚してほしい と 思ってます。。
が。。。
今のご時勢。。母親としては う~む です。。
 
母親としては ゲゲは なんかこう 見栄っ張りですが。。
やはり 娘には きれいにお化粧して きれいな洋服を着て 家から会社へ行って 仕事をがんばって
世間の荒波にもまれて 社内外の人達に 可愛がってもらって お給料をもらって 
アフター5や休日を楽しんで 旅行へ行ったり食事に行ったりしてほしいな。。って 願ってます
 
遺伝らしく。。
私の母も
私が会社の本部配属になって 私服で東京や名古屋へ出張するようになったら
とても嬉しそうで 喜んでました。。
自分の兄弟に 言っていたようです
 
ゲゲは 娘達には ほんとに 自分ちのことに縛られずに 
世界へ向かって 大きく羽ばたいてほしいなあ~
って 思います
疲れて帰ってきたら 勿論 温かく受け入れようとは 思っていますが
やる気まんまんなら 世界へ打って出て欲しいと 願っています。。
 
だんなも 跡継ぎがどうとか うだうだ今頃思うんならさー
 
「子どもが 3人いるのは恥ずかしいから 俺はいらない」
 
なんて 言わないで 3人だろうが 4人だろうが 
男の子が生まれるまで がんばればよかったんだよー!!
全く 勝手なんだから~~~~~~ (^_^メ)
 
おっと~~~ 家庭の愚痴 注意報~~~~ ☆ (^◇^)
 
次女~~ がんばれ~~~~ (^O^)/
君たち高校生 には 夢がたくさんあるんだから~~~!!

Comments (10)

3個の法則

なんとなく 決めていることがあります
3本 または 3個の 法則です。。
仕事が忙しくなると 買い物に中々いけなくなるので
気付いたら
タバスコが無い~~~~
 
というのが しょっちゅうでした。。
我が家は チャーハン と すぱげてい に おタバを使うので
タバスコは 冷蔵庫に 必需品なのです。。
 
で ある日
そうだ!!3本あれば 大抵は 間に合うだろう~~~
と ひらめきました
半年くらい 大丈夫な計算になります
 
買い物に行っても タバスコとか 調味料って
ついつい 買い忘れてしまう 私でした。。
1本は 使いかけで冷蔵庫の中
そして3本を 在庫として ストック
これで ばっちりです~~~
 
って この間 数えてみたら
タバスコの在庫が 4本ありました。。1本多い。。。
つい 初めて行くスーパーで 198円で棚においてあると
買っちゃうんですよね~~。。
 
次女の好きな お手製とんがらし があります
農家さんの手作りで ちょっと離れたとこの野菜直売所で 売ってます
次女は これしか食べなくて 納豆や うどん
色んなものにかけて 食べてます
 
駐車場がないので 昼間 歩きか自転車で行かないといけないので
中々 行く事ができません
この間 3個買って 冷蔵庫に保管しておいたら
3個目を食べる時に ふたを開けたら 中に 虫ちゃんがいました ><
とんがらしって 油断すると すぐ 虫が。。 (ToT)
 
このとんがらしだけは 2個の法則 に しました ><
 
味ぽんやソース 醤油とかって あまり買い忘れはないのですが
タバスコ と とんがらし だけは ついつい 忘れがちです~~。。
緑のタバスコは 不評で 。。 冷蔵庫に 残ってます。。
やっぱ タバスコは 赤だね!!
次女が 豪語してます。。
 
まいける・じゃくそんさん ほんと なのでしょうかね。。
朝のニュースが突然で びっくりしましたよ。。まさかって 思いました。。
ふぁら ふぉーせっと めじゃーす さんも お気の毒でした。。

Comments (14)

日記

昨日は 次女が うちひしがれて 帰宅しました
部活の予定表が出て。。見事に 8月の大会まで 休みがない。。
と判明したからです。。 ^^;
 
適当に上手に休むんだよ~~
 
と 慰めようとしましたが やめてみました ^_^; 
そういう 大人のずるさを言うと かえって 怒りを買いそうで。。。
 
日曜日に 縮毛パーマをかけたいとか 。。 本庄のじーちゃんちへ行きたいとか。。
全ての夢が はかなく 消えていったようです。。 ^^;
 
がんばれ~~と しか いいようがありません。。
次女はあまりのショックか 9時半に部屋へ行って 寝てしまいました。。w
 
今朝は 浮上したらしく 朝 6時に普通に起きてきて 部活へ行きました~~
 
まあ なんだかんだ言っても きっと 1日位は 休みになるはずです~~ 今までの経験上~~w
そしたら どこでも 連れていってやるよ~~~
 
それにしても もう今月は終わりで 来月は 梅雨があけて 夏本番になって 
そして お盆が来て。。
1年は 早いですね~~~。。
私はまだ 奈良旅行に浸っていて 気分はまだ5月です~~
 
ルルがそろそろ 玄関に腹ばいになって 涼むようになってきたので
世間も暑くなってきたんだな~ と わかります

Comments (10)

今にして思えば。。。

先日ふと。。
私が生まれ育った本庄の家って。。。
もしかして 古墳の上だったのでは。。。と 思いました ^^;
 
私は飛鳥の歴史が好きなので 古墳にもとても興味があります
先日の奈良ぷち旅行でも 古墳や 天皇陵を実際にいくつか見れて
とても勉強になりました
石室がどこにあるとか 石室の上には 土を盛って 山みたいにするとか。。
ちょっとだけ 詳しくなりました
 
そこで ふと 
あれ?。。。私の育った家って。。。
と 思った次第です。。
 
私が赤ん坊の頃から15歳まで育った家は
戦前 戦中時だかに 父の祖父母が耕して ゲットした土地だそうです
昔は 耕せばその人の土地になったとか ならないとか。。
よくわからなくてごめんなさい。。
 
本庄市も かなり 田舎だったそうです。。
で その土地は雑木林で イノシシが飛び回っているようなすごい土地だったようです
古墳がたくさんあったので 次々壊していって 
畑として 開墾していったそうです(父 談 )
 
今でこそ 住宅が一杯のきれいに整備された本庄市ですが
そんな時代があったなんて不思議です。。。
持ち主のいない 荒れた土地が ぼんぼんあったなんて。。。
想像する事すら できません。。。
 
古墳は確かに 私が小学生の頃 近所に1つ 小さい山がありました
子どもの背丈位の ほんとに小さな山というか 土を盛ったようなとこです
そこからは ガラス玉や きれいに光るものが 色々出てきたそうです
 
ここ 古墳なんだぜ!!
と教わりながら その盛り土?の上で遊びました。。よく。。。
今考えれば。。ガラス玉がでてきたって事は きっとそこに人が埋葬されていたんですよね。。><
ゲゲ 
古墳??♪~~ 何か出てくるかも~~
と わくわくして 掘ってみましたが
何も出てきませんでした。。(無邪気って恐。。。)
 
古墳があって当たり前の土地柄だったので
皆さん大人は 普通に壊しまくって畑にしていたようです~
市に見つかると 発掘がどうのとか。。大変だったらしい。。。
っていうか 市もそこまでは 手が回らなかった?
 
本庄市は 同じ埼玉県ですが 行田よりは
小さい古墳 が多かったようです
本庄も 田舎のほうへ行けば そこそこ大きい古墳がまだ残ってます
小さい古墳は 残念ながら 昔~昭和の開墾時代に ほとんど 壊されてしまったようです (父 談 )
 
で 私の住んでいた土地ですが
小さい古墳をつぶして開墾された土地 というのは知っていたのですが
今 思い出してみると なんか。。さらにおかしいなって
気付いたのです。。
家を建てて 住んでる人達は ほとんど全員が 私の父母と同世代の人達で
開墾してから 一斉に 皆さん 移り住んできたようです
ほとんどのおうちには おじいさんおばあさんがいなかったので
皆さん 家の跡継ぎではなく実家を出てきた次男とかの人達だったみたいです
(うちの父は4男)
 
私の家の前には 車一台分しか通れない細い道が通っています
我が家から100メートル位西の そこそこ大きい南北に走る道から 
その細い道に入るようになっています
我が家がある集落のための道という感じです~~
獣道みたいに 細い道で 車は1台しか通れません
父の祖父母が開墾した頃 農作業に使って歩いていた道だったみたいです
 
そこをてくてく歩いて 我が家に行くのですが
なんか。。道の西の入り口が。。。
今考えると やっぱ 変な空気でした。。
ちょっと 他の土地と空気が違うぞ~ みたいな。。
異次元に入るぞ~~~ みたいな。。。
よそに住む 私の友達が
え?ここ 通っていいの?
って 言った事があります
なんだか妙に 入りにくい道なんです。。
 
私は全く霊感とかありませんでしたけど (今も昔も)
なんか 自分ちに行く道って よその友達の家のそばの道とは違うかも。。
って 思っていました
 
道をずんずん歩いていくと 小さい坂があります ほんの1.2メートルの坂です
そこを上がってちょっと歩いていくと 我が家があります
我が家はちょっと高台にあるのでした
 我が家へ行く 手前 30メートル位のところは
道の左側は 低い土地になっています 
家が沢山 建っていました
道から 人口の階段を降りて 住宅の間の道を通ると 
北側にある 東西を走る大きい道路に出ることができました
 
で 今思うと 変なのですが
その小さい坂のすぐ左は 2.3メートル低い土地だったのです
しかも低く開けた土地で 7メートル真四角位だったでしょうか。。
なんとも不自然に 低く 平らに開けていました
その低い場所には 友達の家が一軒 ありました
 
子供心に とっても不思議で 納得いかなかったです
その土地の南隣りの家は 高さが 3メートル位上にあるからです
崖?にしたって。。水も流れてないし。。
その開けた平らな土地は 低いから 雨用の水をためておく場所?って思い
その家のおばさんに聞いてみましたが
ずっと前から こうだよ~ と 詳しくは知らないようでした
 
父にも 聞きました
本庄市役所の水道課にいたので 市であーゆーふうに 低くしたのか
って聞いたら 
違うし あそこがなんで ぽっかり低く平らなのか知らないって
言ってました
 
っていうか 小学生だったゲゲが
なんで この土地は低いんだろう。。って 大きなお世話なのに
しつこく疑問に思った事も 変。。。
知りたがりやのしつこい性格だった 。。><
 
そして その小さな坂の南横には 不思議ですが
誰にもよくわからない 石碑がありました
馬頭観音って 書いてあった気がします
 
ぽつんと。。。あったのです。。。
子供心に 不思議な空間でした
その低い土地の家の子が その石碑に 意味もわからないで
時々 お花を供えていました 
 
石碑の感じから 江戸の終わりか 明治か 大正の頃 置かれたんだと思います
昭和40年代頃で 既に古く 緑にこけむしてました
って。。。誰も住んでいなかった荒れた土地だったらしいのに
なんで そういう古い石碑があったんだろう。。坂の横に。。。
と 今思うと 不思議です。。
 
そして その細い道の東の入り口のほうですが (我が家のある集落の東の入り口って感じ)
そちらの方も 左(=北)の部分は ちょっと低くなっていました
川もないのに 不自然でした
そして 東の入り口をさらに 東へ行くと
坂になっていて 下るようになっていました
 
で ゲゲ
総合的に 幼い頃の記憶を思い起こして 土地 特に 東・西 を考えてみたのですが。。。
もしかして 私が住んでいた土地って。。。
高さ低さ 坂 を考えてみるに。。。
東西に横たわる 巨大な前方後円墳 だったんじゃ なかろか。。。
って そういう気が。。。。
してきました。。。
 
友達の家のあった 坂の横の低く平らな開けた部分って。。
もしかして もしかして 考えたくないですけど。。
石室が あったとこじゃ。。。。>< 
構造的に ぴったりなような。。。
 
巨大古墳は4・5・6世紀のものが多いですから
長い間のうちに盗掘にあい 石室の上の盛り土も破壊され
ぽっかり 空間として 平らな土地だけが 残ってしまったのでは。。。
と 思えてなりません。。
 
しかも記憶にある 我が家近辺の土地って
なんだか いつも 黒く湿っていて。。 きもかった。。。お墓のみたいな。。
長い間 雑木林として放置されていたのも
もしかして 巨大な古墳だったからじゃなかろか。。。
元々 高台だったのか 人工的に高くしたのかはわからないけど
後世の人が その古墳の上に 次々古墳を作っていったのも
なんか理解でできるような。。。
 
そして 私が熱を出すと きまってうなされていたあの夢。。
小さい頃から いつも熱を出していたのですが
その度に 同じ夢を見て 激しくうなされました
寝てる私の部屋か場所に 石が 。。大量の小さい石や巨石が 入りきれないほど崩れてくるという
ものすっごい気持ち悪い夢でした。。。
あれって。。。古墳の石室が壊れるって雰囲気なような。。。
寝てる私って もしかして 石棺の中に横たわっている 古墳の中の被葬者??
 
古墳の上に 家を建ててはいけない。。って
聞いたことがあります 
きちんとお祓いしなさい って聞きました
祟りっていうのは ゲゲ あまり好きではなく 考えたくないのですが
私の近所の友達。。 
何も考えないで きゃーきゃー遊んでいたようなのーてんきな
年上のお兄ちゃんや同級生 年下の子達は 中学時代
ものすごい 先生泣かせの不良になってしまいました。。。(不良の最上級みたいな。。)
15人中7人。。。
ぷちヤンキー になった子なら 私の弟以外 全員です。。(ゲゲもちょっと。。)
 
土地の因縁は 子どもに出るっていうのも 聞いたことがありますから
どうしても ひっかかってしまいます
不良が出た^^;全部の家が 我が家の隣り近所で 細い道の並びに建つ家です
良い子だったのに 成長するにつれて みんなおかしくなっていっちゃったんですよね。。
 
そのほかにも 大人の酒乱 乱暴 とか 夫婦喧嘩 柄の悪いおばさん。。
はっきり言って 環境が良い地域とは いえなかったです。。
どこのお宅も 暮らしに困らない中流の良いご両親が揃っていたのに。。
 
あそこは 古墳があった場所だって。。。
誰かが気付いて 何か封じるために あの石碑を建てたんじゃないだろうか
と そんな風にも考えてしまいます 今日この頃。。
 
私は小学生の頃から 古墳や縄文時代とかが好きで
発掘された人骨とかの写真を わくわくしながら見ていた 変わった小学生でした
友達は皆 
人の骨だ 気持ちわりい~~~
って 言ってました
う~む 何か関係が。。。
 
去年 散策に行ったら 坂の左の低い土地は 高く普通に盛り土されていました
坂の右にあった 石碑はどこにもなくなっていて 道路が広くなっていました
あらら。。
こうして 土地って 姿を変えていくんだなあ~。。と 思いました。。
 
巨大な古墳っていうのは 守りの人?だか 埴輪だかが いるそうなのです
あの我が家があった土地も 道の入り口 西と 東辺りに
守りの人がいたのかもなあ~って 思いました

Comments (8)

Older Posts »