Archive for 9月, 2012

宇都宮の妖精 ミヤリーちゃんブログ♪

ふふふ とうとう 次女達とミヤリーちゃんのことが 記事になった~~ \(^o^)/

きゃっは~~~

かわゆい~~!!!

弟にも義妹にもメールした 親ばかゲゲです~~ 

わははははっは~~~~ (*^^)v

Comments (4)

日記

先週 16日の日曜日 本庄へ行った長女とゲゲですが

無事到着したものの 猫は相変わらず 私達から 逃げ回っていたのでした。。。(-_-;)

↓ キッチン&リビングの外のコンクリの上で ぼけーっとしてる猫。。

   

 このとき ゲゲの弟が なんと 猫の気持ちを代弁し始めたのでした!!

ゲゲ 「ったく~~猫は~~~~。。早く宇都宮へ帰れ~~~って思ってるんでしょう~~!! なつかないんだからあ~~~~!!むっき~!!」

猫(代弁者 弟) 「・・・大体さ~~。。。何もアタシにお土産を持ってこないくせに 毎回なつかないって文句言われてもねえ~? お土産を持ってきてくれれば アタシだって なつくのにねえ~!」

ゲゲ 「何?・・・ふむふむ そうか 一理あるかも・・・。 では 冷蔵庫にある小魚をあげよう!!」

    父の小魚(食べられる煮干とかいうの)を1本 冷蔵庫から出して 猫にあげました。

    そうしたら なんと 猫 ゲゲの手から うれしそうに小魚を食べました!! 

    にゃおん~ 感動!! ☆彡

その10分後

ゲゲ 「よしよし また えさをあげるからね~。はい さっきの小魚だよ~。・・・あれ?どうしたの いらないの?・・・あ~あ 落ちちゃった。。。あ 食べた。。しぶしぶ食べてる。」

猫(代弁者 弟)「さっきと同じものを また 1本だけ?!・・・仕方ね~な~ 食べてやるか~。。・・って、これ、いつもお父さんがくれる小魚じゃん。 せめて おさしみのひとつくらい 買ってきてくれないものかねえ~。。そうすれば 慣れるのにねえ~。」

ゲゲ 「何言いたい放題 言ってんじゃい~~!!!おさしみなんて贅沢なもの 野良猫に必要ないんだよ!」うちなんか 人間様だって めったに食べられないんだからね!高くて!」

 本庄へ行く度に 猫VS宇都宮一家 の 攻防は繰り返されるのでした。。。

ブログが調子悪いです~><

もう アップしちゃいます~~!!!

 

 

    

Comments (2)

おはようせい ミヤリーちゃんに入れてるから~めん!! ゆるきゃらぐらんぷり2012☆

次女が 某市主催の検診で(なぜ隠す?) ミヤリーちゃんと遊んでもらって?から

ゲゲもすっかりミヤリーちゃんのファンになってしまいましたんたんめん~~~!!!

宇都宮市の妖精 毒舌プリンセス ミヤリーちゃん~~~ ☆☆☆☆☆ 八八八八八八~~~~

愛らしい外観とはうってかわって 全く真逆のブログのあの毒舌とおやぢダジャレが 忘れられないかそーめん~~~~!!!

あ~~ 麺関係は 佐野市のさのまるくんを 彷彿させるものがあるーぎにあ!!

 

ミヤリーちゃんファンになったゲゲは

早速 登録して ゆるきゃらグランプリ ミヤリーちゃんに投票してまするめいか~~~!!!

栃木は さのまるくん とちまるくん 頑張ってますねえ~~

ミヤリーちゃん 出遅れたけど 頑張って 追い上げてねーぶるみかん~~~!!!

応援してますいか!!!

 

ゲゲの実家のある 埼玉県のコバトンちゃんも 強いですねえ~。。。

あ そういえば ゲゲの実家 本庄市にも

確か はにぽん ? とかいう 埴輪のゆるきゃらもいたはず!!!

コバトンちゃんは ゲゲの弟が お仕事でよくごいっしょさせてもらってるから 応援したい気持ちも ほんの少しあるのですが

ここは 心を鬼にして 栃木のキャラクターに票を投じないと。。。!!!(強い決意!!)

実家の隣りの群馬県の ぐんまちゃんも 可愛いしなあ~。。。

滋賀?の ひこにゃんは ほんと 神だしなあ~。。。

心が迷いまっする~~~!!

でも ミヤリーちゃん一本でいかないと!!

栃木県宇都宮市を 日本中のみなさんに知っていただくんだあぁぁぁぁんころもち~~~~!!!

 

しかし 相変わらず ツイッターがよくわからない。。

また 長女と次女に 詳しく聞かないと。。。 ^^;;;

ドキドキしてしまって ミヤリーちゃんのついーとに全然返信できないちご。。。

Comments (2)

なんだかイライラもやもや 脱力感。。すっきりしない。。><

お隣の大国のニュースを見るたび。。うが~。。。となり

なんとかならないのだろうか。。と イライラ モヤモヤし

お隣の北の国に連れていかれた方達のことも

なんとかならないのだろうか。。。と カリカリ プリプリし。。。

そして 我が家は 外の塗装をするので 足場をかけてもらいましたが 

だんなが 妙に 張り切りすぎて(知ってるぶって?^^;) テンション高く八つ当たりしてくるので

ほんと 精神的にしんどいです~。。。 ”^_^”~~

脱力感。。。

自分って 無力だあ~。。。と 己の非力さを嘆いてみたりしたりして。。。

だけど がんばります!

 祈ります!!

世界平和を 祈り続けます!!

あきらめて落ち込む暇をなくして 前向きなことを祈るようにします!!

 

先週の水曜日から お仕事が急に忙しくなり 

自治会も敬老会があったし

昨日 長女と 実家の本庄へ 日帰りで行ったりしたりしたもんだから

ただ単に 疲れているだけなのかも。。。(*^_^*;)

暑い毎日ですね~。。。

負けずにがんばるぞ~~!!!

Comments (4)

ちょーゲゲ萌え訳 古事記 歌謡番号25 さねさし さがむの小野に~ 

日本武尊が 走水で神の怒りの暴風雨に遭った時

妃の弟橘姫が 尊の代わりに海に入る前に詠んだ歌です。。

古事記 歌謡番号25

さねさし 相模の小野に

燃ゆる火の 火中に立ちて、

問ひし君はも。

読み下し  さねさし さがむのおのに

もゆるひの ほなかにたちて、

とひしきみはも。

意味    高い山の立つ相模の国の野原で、

燃え立つ火の、その火の中に立って

わたくしをお呼びかけくださったあなたよ。

(新訂 古事記 訳注 武田祐吉 補訂・解説 中村啓信 角川文庫 昭和57年8月10日 8版 )

ゲゲ訳 ①

実 刺し   神  お退

さねさし さがむのおのに

許 非   お名 彼に 立ち

もゆるひの ほなかにたちて

飛び  君

とひし きみはも

正体を刺す

荒ぶる神が退く

あなたの非は許されて お名前が父上の住む都まで評判になり

飛んでいきます

意訳

武勇に優れたすばらしいあなた様のことですから

これからも 東国の荒ぶる神を次々と退治して 国を平和になさっていくことでしょう

そして あなたの活躍と評判は お父上である大王の住む都まで 響き渡っていくでしょう

お父上は あなたがかつてお兄様を殺めた事も きっと許してくださって

あなたのご帰還を首を長くして待って 大歓迎してくださることでしょう

ゲゲ訳 ②

根 城   神  穏

さねさす さがむのおのに

燃  緋   尾長  断ち

火   中   太刀

もゆるひの ほなかにたちて

飛び 鬼魅 喪

とひしきみはも

 

さし・・・古代朝鮮語 城

をの・・・穏(おん) 鬼 鬼はおんの語がなまったもの

鬼魅・・・鬼 魔物

 

相模の小野に 荒ぶる神の根城がある

赤々と燃える火の中 神の火の尾を太刀で断ち

飛び出た鬼は災い 喪を弔って下さい

意訳

相模の小野は 荒ぶる神の根城です

燃え盛る火の中 あなたは草薙の剣を振り 神を斬りました

火から飛び出た神の魂は災いをもたらします。どうぞ鎮めて下さい。

私は 基本的に 日本人って 言葉遊びが好きな民族なんだと思います。。

現代においても 面白い言葉をからめた単語が 作られています。

モモクロファンの子達って もものふ (もののふ=武士のもじり?) って 呼ばれてるんですって~?!

なんて面白いんでしょう~~!!

きっと それって 昔々の古墳時代からも あったのだと思いました。。

古墳時代は 漢字を使えるのは ごく一部の人だけだったと思います。。

お話も全部 書く記録ではなく 口頭での伝承なので

当時は 歌を詠んだ後 恋人同士などは

言葉遊び的に 歌を違う意味で詠み直したりして 遊んだんじゃないかな~^^

なんて 勝手に推測してます~。。

↑ 大好きな弟橘姫の歌を 最初は 万葉集を解くやり方で 漢字の意味を探って訳そうとしました。

古事記の漢字は奈良時代の万葉集の漢字と違って 全部当て字なので

途中で 訳を断念しました。。

例) 「さ」 は 全部 佐 と表記されていたのでした~~~。。ショック~><

そこで 古代にあったであろう言葉を辞書で探し 当てはめていきました。。

よく見ると けっこう 違う意味の言葉が隠れていました

解いていくうちに 二通りの意味を見つけました

言葉って奥が深いな~ と いつも歌を解くたびに 思います。。

Comments (2)

被災地の一本松くん 日本武尊の謡

お金の問題はあるでしょうが

私としては また 帰ってきて 立ってほしいです。。

ぜひ 募金したいです。。

ニュースを聞いて ふと 日本武尊の歌を思い出しました。。

一本松の歌です。。

 

 

尾張に ただに向へる 尾津の崎なる 一つ松 あせを

一つ松 人にありせば 太刀(たち)はけましを きぬ着せましを

一つ松 あせを

 

伊吹山で 体の調子を崩された尊が帰路の途中

尾津の崎で 以前 置いていった剣が 一本松の根本にあったことに喜んで

一本松くんを称えて お謡いになった歌です。。

 

この一本松が 自分の剣を無事に守って?いてくれたので

尾張のミヤズ媛に預けてある 草薙の剣も きっと大丈夫。。。

と ほっとされたのではないか と 私は思います。。。

 

すっくと伸びている松を見てると 元気と勇気をもらえます。。

多くをしゃべらなくても良い。。黙って頑張ろう!!

と 心の中で自分自身を励ませられる というか。。。

すごい力強い存在です。。

人を癒して とても優しい気持ちにさせてくれます。。。

ありがとう。。。

Comments (4)

日記 ツイッター

ツイッターが難しい。。できない! (^◇^:)

長女に教えてもらったり 自分でもあれこれ試行錯誤しているけど よく わからない 。。(^・^;)

検索をしたつもりが なにやら 無言のつぶやきをしたみたいで ツイートした状態になってるし。。

わけがわからない!!

次女の友達も1人 どうやってもツイッターができない子がいるので とても心強い~ 仲間だあ~ (*^。^*)~~

負けない!!

頑張るぞ~~!!

頑張って リツィートできるように研究するんだあ~~!! 目標

ツイッターのイって 小さいイ? ィ?

 

長女に回ってきた ツイッターの可愛い話♪ 教えてもらいました。。大体 こんな話☆

○南極観測船?の人達は 南極の氷に穴をあけて 調査をするそうです

で 時々 穴をあけた後 ん?と気づくと

アザラシがその穴から顔を出して

何してんの?と 見るそうです。

仕事に邪魔なので あっちへ行って と アザラシの頭を踏んづけると

ちょっと怒ったアザラシは 海の中へ消えていくそうですが また来るそうです。。

 

可愛い~~!! 想像するだけで にやけてしまう~~!!

Comments (2)

Older Posts »