Archive for 12月, 2006

ほうき

昨日、室内箒で壁のほこりや 天井のほこりを落としているうちに
ふと思い出しました
 
高1の時の夏休みの家庭科の宿題
ほうきについて 何かえらそうに発表したことを。
 
高1の4月、家庭科の先生として、
大学出たての若いおしゃれな可愛い女の先生が
赴任してきました
 
顔が白くて小さくておかっぱ(ボブ?)で日本人形みたいでした
服もカジュアルな当時はやりのロングスカート
きっと、お嬢様系女子大の家政科を出たに違いないと
皆でわくわく噂しました
とてもすてきなお姉さまといった感じでした
 
それまでの中学校でのお年を召した先生の、
自分の体験を回想しながらの まったりとした授業と違って
(眠くて地獄でした。。。)
その可愛い先生は意外とちゃきちゃき
大学で習ってきたと思われる最新の知識で
ばんばん家庭科の授業をすすめていきました
 
・・・被服だったか、食品だったか、
それとも1年だったから 家庭科の選択授業はなく
皆で同じ授業を受けたのか とんと
覚えてませんが
時には 出会った男の子の話なんかも
あったりして 私ら純粋な高校生は
わくわくしながらお話を聞いたものです
 
その先生の夏休みの宿題が
 
なんでもいい
 
でした。何か作品をつくっても良し、
調べたことを発表しても良しだったのです
 
私達は喜んで 夏休み中 家庭科の宿題のことを
忘れ遊びました
中学校の時は何か作品を作るのが当然で
どこの中学でもその傾向だったようでした
 
そして 夏休み明け、家庭科の授業開始
先生が 一人ひとり壇上で発表してもらいますね~
 
と宣言して、一人3分で 名前の順にて始まりました
 
私は渡辺でしたので、最後。
クラスは45人くらいなので、50分授業では
一度に全員は発表できず、私は2回目くらい
でした。
焦りました・・・
何も作ってもいないし、考えてもいないのでした。。。
友は皆立派な作品を作り、立派なことを発表してました。。
 
二度目の家庭科の授業の日、朝、ふとひらめいたのが
 
ほうき
 
でした。。
私は部屋の掃除をする時、掃除機を持って行くのが
面倒で いつも箒で部屋をはいていたのです
あの、ほこりをはくのが 目に見えて実に快感でした
 
そして、えらそうに
ほうきは天井や壁のほこりもとれるし
掃除機では届かない部屋の隅とかにも届く
日本の大切な文化なので見直したほうが良い
 
とか語ったのです。。
 
先生は 一人ひとりの発表を聞いてその場で
コメントをしてくれてました
 
私は当然 注意を受けると思ったのです
あなた、もっとちゃんと調べなくちゃだめよ
そんな適当な発表はいけません。。
と、どきどきしながら先生のコメントを待っていたのですが。。
 
なんと 先生は
ほめてくれました。。
 
うん よくまとまってますね
そうですね ほうきもいいですよね
今はつい忘れられがちですが
昔の道具も利用しだいでは便利なものもあります
 
とかなんとか 良いほうに評価してくれました。。
 
思いっきり
 
罪悪感。。。でした。。。
 
心の中で 先生、ごめんなさい 適当な発表なのです
今朝考えて今日仕上げました。
すいませんでしたー
 
と泣きながら謝りました
先生の笑顔がつらかった。。。
 
ここに嫁に来た時から
同じ室内ほうきをつかっています
義母が 家の新築の時買ったようです
 
普通の若草色のほうきではなく
べーじゅで、化学繊維か何かの枝か
よくわかりません
もう20年以上たってると思いますが
丈夫につくってあるらしく 全然
枝が抜けないのです
(はくとこはなんというのでしょう、、穂先でしょうか。。)
 
そういえば 嫁に来て10年くらいは 毎年
暮れの大掃除の頃、ほうきを一杯持ったおじさんが
箒を売りに来てたなー と思い出しました。
歩いて一軒一軒売り歩いていたのです
 
我が家はその丈夫なほうきがあるので一度も買ったことは
ありません ごめんなさいね。。
 
小さい頃から 押し売りだとかそういう訪問販売を見てきたので
やんわり断りますが
長女あたりは 当時小学生でしたが、そういうのに慣れてなくて
 
勝手に人の家にもの売りにきていいの?
 
なんて私にくってかかってました。。
いや。。私に言われても。。。
 
近所には ほうき職人のご夫婦もいました
道路沿いがガラス戸で ほうきを作っているのが
いつも見られました
ご主人が作って 奥さんが細かいとこを直して
という作業でした
できあがったほうきが天井から沢山つるしてあって
とてもいい眺めでした
 
でも8年くらい前かしら 結婚した子どものとこへ
行かれたそうで、箒やをやめてしまいました
少し、残念でした。。
 
はたきも好きですが ほうきでほこりを払うのも
力が入らずに中々便利です
きれいになった壁と天井を見ると気持ちがいいです~
 
うわー 今年一年 今日で終わりです~
 
皆様 本当に今年はありがとうございました
ブログを始めて 生活に張りがでたというか
毎日とても楽しく過ごせました
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます
簡単ではございますが
皆様のご健康とますますのご活躍を祈念致しております
 
・・・来年は2つ下の弟が結婚できる予感がするようなしないような。。。?
 
 
広告

Comments (6)

お味噌汁

お味噌汁が好きデス。
 
本庄の実家では、ふつうの黄色い味噌でした。
母と父の実家の味ということになるんでしょうか。
必ず食卓にのぼりました。
具は
 
きゃべつ、納豆、豆腐、あさり、しじみ、白菜、たまねぎとじゃがいも、
ねぎとわかめ、油揚げ、大根、いんげん、さやいんげん、サトイモ、
 
うーん、こういう感じだった気がします。
 
こちらへ嫁に来て、父母が新潟の人なので、味噌は
赤味噌というのでしょうか、赤っぽいです。
 
義母は 私の実家とほぼ同じですが
 
ほうれんそう、にんじん、油揚げ(新潟長岡栃尾名物の大きい油揚げ)
などもよく使います。
 
きゃべついれてもおいしんだってね?と私に聞くので
本庄ではよく入れたよ
と答えたらびっくりしてました。意外だったらしいです。
 
大学の頃、京都の友人が 白みそというのでしょうか、
お味噌汁をつくって飲ませてくれて
とても、上品なおいしい味にびっくりしました
すごくおいしかった~~
 
夏は、本庄では 冷たくうすく味噌を入れただし汁にきゅうりをいれて
飲みました。
義父母も飲んでました
冷汁 というんだそうですね。
暑い夏にぴったりの、体を冷やしてくれる味噌汁です。
 
私は具沢山が好きなので、冷蔵庫の残りものを入れて
たくさんつくりますが、夫には不評です。
 
大根だけのシンプルな味噌汁がいいと言います。
 
私的には、一つの具より、いくつも入れたほうがおいしいと思うのですが
彼はそうは思わないようです。
 
次女の離乳食の時、味噌汁をすごく好んでました
一杯でやめると、もっとよこせと怒りましたので、
好きなだけ何杯も飲ませました。
ミルク代わりに5杯くらいのんでた気がします
今は、家族で一番丈夫です
味噌汁効果かも。。
 
少し具合が悪いと思うと
トン汁を作って豚肉やごぼうを入れたりします
けんちんもおいしいです 
 
病気の時は具沢山の汁物でなんとか頑張ってます
治りが早い気がします
 
もうすぐお正月なので、今度はお雑煮です
鶏肉~
 

Comments (6)

うちの近くの店

我が家のそばに、○○○○○という、カタカナ5文字の
オレンジの星が目印のディスカウントチェーンストアのような
食料品、雑貨、衣料などの安い大きな店があります
 
もう大賑わいです。レジは10人ぐらい平気でお客さんならびます。
食料品も人が邪魔でスムーズに買えないくらいです。
 
安いんです。
特に魚が新鮮で安く、発砲スチロールの箱に
大量の氷とともに魚が入っていて、
お客さんがビニールに魚を入れて買う方式なのです。
 
この会社は九州から日本全国へ進出してる途中らしくて
宇都宮は、やはりすごい売上だそうです。
 
そうだろうなーと思います。。。
我が家から歩いて1分のとこですが
店内で、近所のかたに あまり会わないのです。
全然見知らぬ方たちがうじゃうじゃ買い物をしているのですよ。
 
内税になる前から、内税方式で、なおかつ他店より安いとあって
もうじわじわと噂になり、宇都宮の隣りの市からも買い物客が
来ているそうです。
しかもポイントがついて、1点一円で商品と交換してくれるのです~
 
以前 駅からタクシーに乗ったとき、おっちゃんに
○○○の北側です と言ったら、
いやー、安いですよねー うちも雀の宮ですが
日曜日、ここにまとめ買いに来るんですョ~
とおっしゃってました。
 
雀の宮なんて30分かかるとこなのに~
一応宇都宮だけど。。。
 
店内は大衆好みらしく、商品は山のように高く積まれて
照明が薄暗く感じるほどです。
 
子ども会の子供に配るお菓子のまとめ買い
大学生のバーベキューのまとめ買い
ペットボトルのまとめ買い
居酒屋、飲み屋のままのまとめ買い
などなど、皆さん 山のように買い物をしていかれます
 
私達も3000円もあればかご一杯商品を買えます。
安いです、ほんと。
 
時々、商品の入っていたダンボールが無造作に置いてあったので、
?汚いな~ と思っていたら、ある日 張り紙がしてあって
 
悪質な嫌がらせはやめてください
ダンボールを散らかさないで下さい
 
と書いてありました。。。
値段の安さをねたんだ他社の人が嫌がらせを繰り返していたようです
 
時々、朝行くと、
できたてのから揚げパックが、パンコーナーに置いてあったり、
精肉の豚肉パックが 文房具コーナーにあったり、
袋に入ったじゃがいもがお菓子コーナーに置いてあったりしました
 
最初は、買い過ぎた人が、まあいっかと 置いてしまったのでは?
と好意的に思いましたが、きっと、あれもいやがらせだったのでしょう。。。
怖い~ですね~
 
そうした 色んな人々が買い物に宇都宮中から集まりますので、
時々私は 行けなくなります。
いや、充分歩いたり、車でいけるのですが、
体が疲れて心もしんどい時など、
 
あーー あそこの空気の中に行きたくなーいー
 
と思ってしまうのです。あの色んな人々の感情が渦巻く店内に
入りたくない~ と避けてしまうのですー
で、違うスーパーに行きます。
 
一円でも安く、とか、早くしないと売り切れる という
こんなに安くしやがってとかもあるんでしょうかね~
人々の念というか、そういう思いが店内中
あふれている感じがして、少しつらいものがあるのです。
 
病気の時など絶対いけません。
病気が悪化する気がします。。。
 
でも、体にやや力が欲しい時など、その店へ行きたくなります。
なんというか、強力なエネルギーをもらえるというか。。
すごいパワーがみなぎってる店内ですので、
おすそわけしてもらって、自分の体にパワーが入るっていうか、
力が満ち溢れてくるのですよ。。
 
たとえていいものかどうか、中国の民衆パワーのような
雑種な力強さというか、生きるっていうたくましさというか。。
アジアの行った事ないけど 市場の生き生きした感じというか。。
そんな空気があります~
 
以前、テレビで見たのですが
インドへ旅行した若い人が
行ってるうちにあの暑さと原始的パワーにすっかり染まって
 
火葬してるとこを見てるうちに
ステーキが食べたくなって、ステーキ食べに行った
なんて言ってました。。
 
あ~人間て、きっと 生きる力が前面に出てくると
きっとそういう素直な感覚がよみがえるんだろな~
と 思ってしまいました。。。
 
そろそろ、おせちの用意です。
きっと、あの店の店内はすでに凄い込み具合になってると
思われます。もう売り切れたものもあるかも知れません。。
行くべきか・行かざるべきか・・・それが問題だ。。。
 
きどってる場合ではないですが、
やや疲れているので、負けちゃうかな~
でも、ポイントで安くなるしな~
・・・悩みます。。。
 

Comments (4)

パソコン2周年

そういえば、我が家にパソコンちゃんが来て2周年だったのを
思い出しました  
 
平成16年の12月に始めた気がします
 
16年の夏、母が入院中、私に20万円をプレゼントしてくれて
(・・・やばいかしら?生前相続?税務署見てないよね?)
 
嫁に行く時私に喪服、葬式用の着物をもたせなかったから
これで買いな
と言ってくれました。
 
でも、結局母は亡くなり、母の持っていた喪服 夏用冬用を
全部もらったので、買わなくてもいい結果になりました。
 
その年、長女が高校へ進学。
そしてびっくりしたことには
ことあるごとに、高校では
ネットで調べなさい と生徒に言うのだそうです。
 
パソコンがなかった我が家では
長女の パソコン買って~パソコン買って~
攻撃が始まりました。。。
 
その年、次女のクラブで会計を担当していましたが
3月に会計を締めるとき、そこのクラブではエクセルで
処理するそうなので、私もどうしたもんかと思い、
パソコンを買おう!ということになりました。
 
で、ただ電気屋さんで買っても、エクセルは勉強できないだろうし、
本屋であれこれ本を買い込むのもめんどくさくて
ユーキャン の通信教育パソコン講座・パソコン付きコースで
勉強とパソコン購入を兼ねようと決めました。
 
そうして 手元に届いたのが
東芝ダイナブックのノート型PCです。
名前はないです。。次女はパッソーと呼んでいます。
 
テキストが山のようにと、プリンター、紙など色々はいってました
20万前後だったと思います。
母もきっとパソコンなら喜ぶだろうと思い、
母から頂いたお金をあてました。
 
母は、本の文字をうちこむ会社へパートに行っていて
大型のタイプライターでしょうか、そういう機械で、本の活字にする字を
入力していて、漢字などよく知っていました
生きていたら、絶対パソコンに夢中になる気がしましたので、
天国で喜んでいると勝手に思ってます。
 
パソコンが届いた日のことは今もよく覚えてます。
子ども二人とわくわくしてダンボールをあけました。
最初、ボタンを押す時、爆発しないよね
とどきどきしながら、キーをたたきました。
テキストどおりに入力して初期設定を完了して、
いよいよ、検索機能!
 
ケーブルテレビのネット回線に申し込んでありました
 
アドレスって何ー?あのドットコムってやつだよ!
→がどっか行ったー!マウスが自由に動かない!
違うよ!そこじゃないよ!
 
と3人でケンカしながらなんとか、どこかのホームページを
見れたときは大感激しました!やったね!
これで、うちも文明家族だ!いえーい!
 
おかげさまで短期間で、通信教育でエクセル・ワードを勉強できました
会計の締めにも間に合いました
 
今、我が家にはなくてはならないものになっています
子どもがゲームに夢中になるとか、多少、弊害はありましたが。。。
 
なんだか、一本のコードで世界へとつながっていると思うと
天国の母へもつながっている気がひしひしとします
パッソーちゃん、これからもよろしくね。。
ブログを楽しみにしてるんだよ~
 

Comments (7)

カラス

昨日は栃木は朝から一日中ものすごい雨でした
そんな中、仕事をしていたら
外でからすが かすれた口調で鳴いてました
義母がぽつりと
 
からすの鳴きが悪いな~
 
と言いました。
 
意味を聞いてみると、からすらしい良い声で鳴くのではなく、
ちょっとしゃがれたかすれた感じでさびしくないているのは 
近所に重病人がいるということだそうです
 
へえ~~
 
初めて聞きました。
 
からすがただならない感じで鳴きわめいていると
数日後に近所の人が亡くなるのは知っていましたが。。。
不思議とあたるんですよね。。。
死神が見えるのでしょうか。。。(怖っ)
 
以前、呪われた掛け軸をテレビで見たのですが
亡くなった方の血を使って、赤を描いたという
おそろしい生首の絵ですが・・・
ごめんなさい。。。魂ネタです。。。
 
その絵を 保管しているお寺で広げたところ、
外のカラスが何十羽と、広げた部屋の窓ガラスめがけて
ぶつかってきたのだそうですよ。。
中に入れろーというような激しさだったそうです。。
・・・考えただけでおそろしい光景です。。。
何か 強力な邪気が・・・うわーー!
 
からすはおりこうさんらしいです。
 
父は現役中、頭にポマードをつけていたのですが
ある日、仕事帰り 歩いていると
空から飛んできたからすに頭をつつかれたと言ってました。
おめー くさい!
ということだったのでしょうか。。。
警察へ電話してましたが
いやー そんな話聞かないですね~
といわれたそうです~
 
私が車を走らせていると、すいている道路で
たまに道端のカラスが
てっ!てっ!てっ!と
道路を1メートルくらい間隔をあけて片足で飛び跳ねながら
私の車の前を横切ります
 
やーい!ひけるものならひいてみなー!
 
と馬鹿にされている気がしてムカッ腹がたちます。。。
 
宇都宮大学には カラスに詳しい教授がいるようで、
テレビでからす特集をすると 必ず登場するので
笑ってしまいます。
また、あの先生じゃん。。。
 
新聞の投書で読んだ話ですが
ある日、おじさんが一羽のけがしてるカラスを助けて
家で看病していたそうなんです
すると、仲間らしきカラスが何羽も 毎日
おじさんの近くの電線に止まって
おじさん ありがとう という感じでじーっと
おじさんの家を見ているそうなのですよ
 
で、そのカラスが治ったので外へ放してやったら
時々 そのカラスは遊びにとんで来て
おじさんが庭にいると 近くへ寄って来るのだそうです
 
この話を読んで、カラスってごみをあさるとか
悪いイメージがどうしてもつきまとうけど、
ほんとは優しくて人なつこいんだな~
と感激してしまいました。。。
 
近くのゴミステーションで、たまにからすと目があいますが
・・・
意外と目がするどくて怖いです・・
 
うっ!ごめんなさい
 
と思わず謝ってしまう迫力があります
 
いやー 夜中、雷とかすごかったようですね~
雷で睡眠不足だと長女が言い訳して 勉強しません。。
 
本日は 私の誕生日なので、プロフィールの年齢を一つ
増やしました
43才は ブログを始めて たくさんの素敵な良い方たちと
お知り合いになれて とてもいい年でした。。。
 
44歳は何しようかな~
とりあえず、松山くん主演の映画 The Last Name
楽しみにしまーす! 

Comments (10)

父の兄 伯父さん

父の長兄 一番上の兄は 平成16年10月に83だったかで亡くなりました
父は4人男だけの兄弟の末っ子で、兄とはかなり年が離れていました。 
 
連絡を受けて 私はお通夜に参加するために日曜日実家に帰りました
 
「ただいまー 来たよー」
「おう、来たか」
 
父が喪服を着ながら 玄関に来ました
私を見るなり、
 
「子どもはどうした?」
 
と聞きます。
 
「明日 月曜日で学校だし、
子どもも日帰りじゃ疲れると思って連れてこなかった。」
 
「なんだー連れてこなかったのかー」
 
「・・・・・」
 
弟が二階から降りてきました
 
「ねーちゃん、子どもは?」
 
父と同じことを聞きました
 
「明日学校だから連れてこなかった」
「なーんだー、いないんだー。ねーちゃん 一人か~。つまんねーのー」
「・・・・」
 
そのまま宇都宮へ戻ろうかと思いました・・・
私一人じゃ不満なんですか~~?!
ぐれて不良になってやる!と思ってしまいました
 
そして、伯父の葬儀場へ、近くだったので歩いていきました。
行ってびっくり。
そこは遺影がコンピューターの画像なのですが
ロビーにかかっている案内用の画像が伯父ではなく
違う男の人の顔なのです。。。
 
あわてて受付へ走っていきました
受付には伯父の30歳の男の孫と、私の一つ年上の従兄弟が
二人でいました
 
ねえ、あの写真伯父さんじゃないじゃん!
言ったほうがいいよ、間違ってますって!
 
いや。。別にいいんじゃない。。祭壇の写真は合ってるから
誰も見てないって。。。
 
と、事なかれ主義の従兄弟
 
いや、よくないよ、別人だよ?!
みんな 見て あれー?って顔してるじゃん
 
30歳の孫は この子もどうも事なかれ主義らしく
私の顔から目をそらし、忙しいふりをしていました
 
もういいよ、私が言うから
 
事務のおじさんに言ったら
 
えっ?! 
 
とビックリしてあわてて確認。すぐさま直してくれました。
・・・こうるさい小姑のようでした。。
 
お通夜も無事終わり、喪主の私の従兄弟が
 
あーー、疲れたーー。葬式って大変だよなー
 
と言ってました。
それを聞いたうちの父が
 
そうだろー?俺なんか一人で段取りして全部やったんだぞ
 
とえばってました。
16年1月に母が亡くなり、喪主の父が葬儀を仕切ったのです
・・・・なんだか負けず嫌いみたいで面白かった。。。
 
伯父は割と行動的な人で
日中国交正常化の後、すぐ中国旅行へ行った人でした
もらったおみやげはまだ大事に持っています。
香炉型のネックレスだった気がします
 
いつも旅行へ行った後お土産を持って我が家へ寄って
たばこを吸いながら旅行の話をしてくれました
 
戦争でシベリアへ行き、衛生兵として戦場にいたそうです
その話は ねだってもしてくれませんでした
多分色々つらかったのでしょう。。
 
私が小学校の頃、夏 喉が渇いて帰宅
台所に コップに水がはいって置いてあったので
わーい!飲んじゃえー と飲んだら それは水ではなく
日本酒でした
 
おえーっ。。
 
母があわててとんできました
伯父さんがさっきまで来てて母が気をきかせて伯父さんに酒をだしたら
伯父さんは飲まずに帰ったそうなのです
もったいないからと 台所において置いたら私がうっかり飲んでしまった次第でした。
 
まずかった~
水だと思って飲んだから余計おいしくなかった~
酔っ払って寝込みました。。。
 
長兄のすぐ下の兄も平成3年に亡くなってます
父のすぐ上の兄は元気です
 
父は みんな死んじまったなー
とたまに言います
(いやまだ上の伯父さん生きてるじゃん。。。)
 
おおみそかが近づくと、父の実家で
親戚一同集まって 餅つきをしたのを思い出します。
まだ若かった父の兄弟が順番につき、祖母や 伯母たちがこねて
孫の私達が周りで はやしたてて
それはもうにぎやかで楽しいひと時でした
つきたてのおもちは熱くておいしくて
あんこや大根で従兄弟達とふーふー言いながら食べたものです。。。
 
 

Comments (6)

万葉集 ゲゲ訳 巻3-268

    長屋王故郷歌一首
 
吾背子我 古屋乃里之 明日香庭 乳鳥鳴成 嶋待不得而
 
右今案、従明日香一、藤原宮之後作此謌歟。
 
 長屋王の故郷の歌一首
 
わが背子が古家の里の明日香には千鳥鳴くなり島待ちかねて
 
右は今案(かむが)むるに、明日香より藤原の宮に遷りし後にこの歌を作れるか。
 
中西 進氏訳
 
あなた(妻の父の草壁皇子)のもと住んでおられた家のある里の明日香では
千鳥が鳴いているようです。荒廃した庭園に山斎(しま)が再びできるのを待ちかねて。
 
長屋王は 天武天皇の皇子 高市皇子の皇子。
藤原宮時代 長屋王は11歳から26歳 
 
ゲゲ訳
 
背・・山背大兄王 聖徳太子の皇子 入鹿によって責められ自害したといわれている
我・・蘇我蝦夷、入鹿、石川麻呂、はかりごとによって殺された蘇我一族
古・・古人皇子 叛意がないことをみせるため山に隠れたが 結局自害した
乳・・蘇我一族に仕えた 乳の民。石川麻呂の娘に孝徳天皇妃、乳妃もいる
 
私の父、高市の皇子は藤原家に殺された。自然死ではない。
飛鳥では 山背大兄王、蘇我一族、古人皇子が 藤原家の陰謀で殺されている
再び、蘇我馬子殿の頃のように蘇我一族が栄えることを
乳の民はじめ 私、皆が待ち望んでいる。
(藤原家はほろびるがよい)
 
このうたは 一見 のどかに飛鳥の故郷をなつかしむ歌のようです
藤原宮にて 長屋王が 妻の父の草壁皇子の家、
飛鳥にあった嶋の宮を偲んで作ったようですが、
なんだか、あまりにも素直すぎて逆に??と思ってしまいました。
 
長屋王は 後年、天皇の皇子を呪ったという疑いで
藤原不比等の4人の息子に責められ自害しますが
後日、無実が判明するという、悲劇の王です。
父の高市皇子は 持統天皇の政治をサポートしている
栄華の絶頂期に亡くなっています。
 
私は この素朴の歌に何か 隠したのではないかと
思いました。
背、我、古 の字を見て
あらー 陰できっと、藤原家が糸引いて亡くなっ方たち、
しかも蘇我家の血を引く人ばかりと 思いました
 
天皇家の血の争いは 多くは 仕える家の人間たちが
天皇のきさきとして 自分の家の娘を嫁がせ、
皇子を産ませて 実権を握る歴史でもありました。
 
蘇我家直系が滅びたのは、蘇我家の横暴よりも
藤原家(中臣鎌足)がうまく 天皇と 蘇我の傍系を操って
蘇我家直系を滅ぼしたのではとも言われています。
 
藤原京では 藤原不比等がどんどんのし上がっていきました
藤原家にとって じゃまな存在が
高市皇子だったのは有名な話です
 
長屋はそんな空気を読み取っていたのではないでしょうか
そして、その気持ちを 妻の父の昔の家の歌に
かこつけて 藤原家が滅びればいいという歌を
作ったような気がします
 
草壁皇子の家の嶋の宮は その前の持ち主は蘇我馬子でした
馬子は 普通に自然死ですが、蝦夷、入鹿は責められて滅んでいます
蘇我家が滅びたので、家は草壁皇子に払い下げられたのです
 
草壁皇子の母の持統天皇の父は天智天皇ですが
母は 蘇我石川麻呂の娘 です
草壁皇子も蘇我の血を引いているのです。
嶋の宮 は蘇我家の血をひく者の象徴なのです
 
乳の民は 山背に仕えていた乳部(みぶ)の民として 書紀にも名が載っています
ですから、子々孫々 蘇我家の復興を願っているのではないかと考えました
 
草壁皇子は皇太子でしたが 天皇になる前に若死にしました
体が弱かったのでは と言われています。
 
長屋は草壁の死も本当に病死かどうか疑っていたのかもしれません
 
この歌を沓冠読みをするとこうなりました
 
わがせこが ふるやのさとの あすかには ちどりなくなり しままちかねて
 
わ    が ふ       の あ    は ち      り し       て
 
吾が     父の        嗚呼     散り       死て
 
 

Comments (4)

Older Posts »