宇都宮 鶴舞塚古墳が先にあったんじゃないですかねぇ

ゲゲが勝手に思ってるだけなのですが

日本武尊様が鶴舞塚古墳の上に飛んでる白鳥を矢で当てた

という伝承があるのだから、

その時、笹塚古墳はなかったんじゃないか

と ふと思いました。

 

ゲゲ、思うのですが

鶴舞塚古墳って 結構 古いんじゃないか

って 思うんですよ(二度言った!)

 

豊城入彦命様の頃の円墳なんじゃないかなあって。。。

 

場所も 北原東古墳から 結構 まっすぐ東って感じだし

 

もともと 北原東古墳にいた方達は 先住民族で

あの古墳の主様は 立派な方墳に眠ってらっしゃるから

おそらく 豊城入彦命様達の東征を歓迎した地元の方なんじゃなかろうか。。。

 

って 思ったりしました

 

最初は 日本武尊様の東征を歓迎したのが

北原東古墳の主様一族かとも思ったのですが

やっぱり それ以前に 豊城入彦命様達を歓迎してくださった

と思う方が 自然かもです

 

方墳は ゲゲの考えでは

出雲につながる 縄文時代からの部族の方達のお墓って

気がするんです

 

で、方墳ですが

次の段階では

若干 ヤマトの古墳を取り入れて

前方後方墳に変化して

その次には 前方後円墳になって。。。

 

って 発展していく感じがします

 

円墳っていうのは

ヤマトの人たちが 初期 作ったものだと思うんです

 

前方後円墳は とても力のある皇族のもので

(箸墓とか)

作るにも 図面がないととても大変なので

初期の頃は 円墳が多かった気がするのです

 

鶴舞塚古墳。。。

 

東山道を通って 北へ 戦にいく日本武尊様達の軍勢が見たら

田んぼの中に ぽつんとある

とても立派な円墳だったでしょうね。。

 

眠ってたお方は 豊城入彦命様の現地の奥様か

大和から一緒に来た 豊城入彦命様の縁者か・・・

 

初期の古墳に眠る方なので

相当 力のある方だったと思います

東谷地区を開いた部族の初代の王か 奥様か。。。

豊城入彦命様の現地の子どもさん?

 

先日 イメージが下りてきたので

絵を描くのが 楽しみです!

 

古代の国津神のお方の古墳が

方墳から 次第に 前方後円墳へ発展していったのかも

と思うのは

 

前方後円墳の方が そっちの方面で^^;

いろいろ優れているから

と 思うからです

 

霊能者の玲子さんと 視っちゃんの言葉を借りれば

呪詛と同じように

 

こうしたら どうだろう もっと効くよ。。

とか

そっちの方面で 試行錯誤して

より 一番効くのが 前方後円墳だったのではないか

と 思ったりなんだり。。。w

 

そういえば

最強の古墳って どこなんでしょうね。。。

 

天智天皇の古墳ですかね。。。

子孫が栄えてる!

100年後に復活してる!

強そう!

 

持統天皇と天武天皇のお墓も強そう。。。^^;

夕方行ったら なんか 怖かった。。

高松塚古墳も。。。

 

 

大河 麒麟が来る OP すごい!かっこいい!

今年の大河ドラマ

麒麟がくる

 

オープニング曲 すごいです!

ものすごくかっこいい!!

映像も良い!です!

 

録画した放送で ほぼ毎日w 見て?聞いてます

 

そしたら なぜか

大河 風と雲と虹と

のOP が しきりと思い出されてきまして。。。

 

先日 CD引っ張り出して 聞いちゃいました

時には 歌ってます!

お風呂場で歌うとちょー快感!

 

確か 中2? 中1? の時の大河ドラマ?

 

黄金の日々が 中3だった気がする 受験の時w

 

ぶっといコーラスが入ってる曲って 良いです

女性のソプラノとか ほんと 好き

聞くと すっきりします

ストレスが溜まってる? (笑)

脳の中が ほんと すっきり突き抜けるというか

わーって 発散されます w

 

ところでなぜ

風と雲と虹と が やたらと思い出されて

歌・・・ 熱唱?までしてしまうのか。。。

 

もちろん 大好きな平将門公様 が主役のドラマだからでしょうが。。。

 

もしかして 明智光秀公と 人生が似てるかもだから?

と 思いました。

 

民のために素晴らしい理想を持って

武力で天下を掌握?したけれども

それが続かなかった。。。

そして

後世からは 反逆者扱いされるという 悲劇の方達。。

 

そういう人生が OPを作った方達の頭の中にあったのかもしれません

 

風と雲と虹と  山本直純氏

 

麒麟がくる ジョングラム氏

 

 

前半生がわからない方達のドラマのほうが

歴史的人物に関しては 楽しいです!

自由に想像できるから!

脚本家の方 本領発揮! って 感じがします!

 

真田丸も 直虎も よかった~~~~!

 

帰蝶様も 父親に従順ではなく

父に似て反抗的!

っていうのが なんか ありそうで 好感が持てます

 

信長と帰蝶さん 今風の良いご夫婦だった気がする(当時としては)

 

去年 ヒストリアで

信長良い人説 やってましたものね。

栃木県最古の古墳って どこですか?2019 令和元年の素朴な疑問

ふと思いついて ネットで調べているのですが

栃木県 最古 古墳

で 出てくるのは

 

最古級の古墳

 

という文字がほとんどです。。。

 

???

 

私は 勝手に

宇都宮の笹塚古墳が最古だと思っていたのですが

見事に 違いました

下野市の三王塚古墳が 最古級だそうです!

 

っていうか

古墳の築造時期って

専門家でも意見が分かれるし

発掘してない古墳は

すでに発掘済みの古墳と似てるからどうのとか

割と 基準があってないような感じで (^◇^;)

 

ネットで調べていると

え?

この古墳の築造年代。。。

資料によって 全然違う。。

一体全体 どれが 本当なの~~~~~~~~!?

 

と PC画面を前にして 声を大にして叫んでいるゲゲがいます

 

で 近頃 手持ちの資料を見てみよう~と

読み漁っているのですが

そこで

 

???

 

と ノーマークの古墳に出会いました。。

 

北原東古墳 です。。。

見事な方墳です! 四角!!

 

住所は宇都宮市茂原町 (すぐ隣りは上三川町)です

地図で調べたら 茂原クリーンセンターの近くで

新幹線のすぐ横でした(ざっくり)

 

自転車で さんざ すぐ近くの上三川の官衙遺跡跡とかふらふらしてたのに

全く 気づきませんでした。。

 

 

この北原東古墳

私の持ってる資料では 3世紀の築造となっているんです!

え?!

200年代?!

卑弥呼様が亡くなった年代と 同じ?

古墳時代前期?!

 

資料 企画展 宇都宮の成立を探るⅠ

豪族の出現と居館

発行日 平成30年2月10日(去年!新しい!)

発行   宇都宮教育委員会

 

そして もう2つ ノーマークの古墳を発見しました!

宇都宮市雀宮町の 牛塚東遺跡で確認された

古墳時代前期の方墳2基!!

 

え~~~???

すぐ近くの牛塚古墳より 古いの???!!!

古墳時代前期?!!

資料 第12回企画展

古墳時代の幕開け

━古鬼怒川流域を中心に━

発行日 平成23年2月11日(8年前)

発行   宇都宮市教育委員会

栃木県壬生町の車塚古墳って もしかしたら 下毛野古麻呂の古墳じゃないですか?

前回の記事と ほぼ 同時期に 降りてきましたw 先日w

 

私は ずっと なぜ 壬生の車塚古墳には 「車」という漢字がつくのか?

と 思っていました

 

円墳なので

上から見ると丸いから

大八車の車輪に似てるということで?。。。

 

とか 勝手に思っていたのですが。。。。

 

ですが

今と違って 昔って

あの古墳を 上から見おろす場所なんて 近くにあるだろうか? いや ない。。。

って 気もしたんです。。。

 

先日

 

あれ?

って 思いました

 

古墳の名前って

その古墳が作られた当初は

絶対

 

あれは ○○○様の古墳だよ

 

って 呼ばれていたと思うんです

 

ですが 長い年月の間に それは 忘れられ。。

○○○の発音も だんだん 変わってきて

より 言いやすくなっていった。。。

って 思うんです

 

 

くるま。。。。

 

昔は くるま って 呼んでいたんだろうか。。。

と 素朴に疑問に思いました。。

もしかして 名前 変わっていったんじゃないだろうか。。。

 

古代の日本語の発音には 詳しくないのですが

今とはきっと違うと思うので 多分 鼻濁音がたくさんあると想像で。。。

 

くるま。。。

くぅま。。。

くま。。。

くぉま。。。

 

ん???

 

こま。。。?

 

もしかして。。。

 

こまろ?。。。。。

 

 

。。。。

 

こまろ

が 段々言いやすく変化して

(間に マ行があるのは 発音しづらい)

 

ころま

 

くるま

に 変わっていった????!!!!!

 

 

いや もしかして

ほんとに あの古墳

下毛野古麻呂様の 古墳じゃ。。。。

カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ

 

持統天皇から ずっと 奈良の都の政治に携わっていた

超 大物政治家!!

下毛野古麻呂様!

 

だって 古墳時代終末期の国内最大級の大型円墳だっていうし。。。

国の指定になってるし

調査すればするほど なんか すごいし。。。

石室 ものすごい立派だし。。。

 

すぐ隣りには 前回降りてきた あの 牛塚古墳 があるし!

近くには 立派な愛宕塚古墳 あるし!

 

築造年代は

牛塚古墳

愛宕塚古墳

車塚古墳

 

って ゲゲは思います!

牛塚古墳は 愛宕塚古墳より古いと思う!

 

場所も

牛塚古墳のお隣が 車塚古墳なので

高貴なご先祖様のお隣に 子孫が眠るのも

あり! だと思います

 

残された遺族にとって 箔がつく というか

世間に 天皇家の血をひくという血筋の良さを誇示できる!

 

車塚古墳は 盗掘されていて 石室が開口しています

江戸時代には すでに開口していたようです

 

でも 古墳は削平されずに 残っているんです

そして 開口してる石室も 妙になんか迫力があって 逆に怖い?んです

道路をにらみつけてるというか。。

力がみなぎっているというか。。

まだまだ現役というか。。。。(@Д@;)。。。。

 

これは こんな立派な石室を持った古墳なんだから

削平するんじゃないぞ!

隣りの牛塚古墳も削平するな!

 

って 主張してる感じがします。。。

怖くて 古墳を崩そうなんて とてもじゃないけど

微塵も思っちゃいけないような迫力です。。。

 

私的には

筑波山の方を向いてパワーを受けてるというか。。。

そんな感じがします

 

南から侵略者が来たら すぐに ばれてしまいそう。。

そして 何かが発動する。。。

(ToT)/~~~

 

って いつも思います

 

目を閉じると

開口した石室の横左右に 武装して槍を持った兵士を感じるんです

 

近くの愛宕塚古墳も 盾持ち人埴輪 が出たっていうし

あの辺り 何か こう 術が効いてる気がします~。。。

 

下野市の 巨大な前方後円墳

琵琶塚古墳 摩利支天塚古墳は 下毛野古麻呂様のご先祖様だと思います

お父さん お母さんの古墳って 思ったけど

ちょっと 時代が合わないかも。。。

 

あの場所は そのご先祖様に譲って

自分は 壬生で。。。

っていう謙虚さというか 優しさも すごく感じられたりして。。

 

古墳の回りに 円筒埴輪ではなく 須恵器置かれていたそうで

もしかしたら 簡素化?

とか思ったりしました

栃木県壬生町の牛塚古墳って もしかしたら すごいお方の古墳なんじゃないですか?!

ほんと 気が付きませんでした。。。

。。。

 

ゲゲは 普通に30年以上

壬生の 牛塚古墳を

普通に 牛 って感じで 漢字を見てました(日本語 変w)

 

ですが 先日 気がつきました

あれは

動物の牛ではない!

人間の うし だ!!!

 

人間の

大人(うし)の方の うし !!

 

大人(うし)

偉大なお方! 首長!

 

宇都宮市雀宮町の 牛塚古墳は

豊城入彦命様のご子孫の 御諸別王か 奈良別王か どちらかの古墳!

と 地元では言われているそうなので

(実際 すごい鏡が発掘されて 東京国立博物館に展示されている)

 

壬生の牛塚古墳も 絶対 もう御一方 どちらかのお方!

 

と 先日 突然 降りてきました w

 

そうなのです。。

壬生の牛塚古墳のお隣には

ものすごい立派な後期の円墳 車塚古墳

そして 近くには あの 大きい前方後円墳 愛宕塚古墳

という

ものすごい古墳が二つもあるんだから

壬生の牛塚は

絶対 大人(うし)塚で

ものすごく高貴な 天皇家の血を引いたお方が眠ってるに違いない!

と 思うんです!

 

私的には 御諸別王 かな?と 思います

壬生の淀橋の近くの磐裂根裂神社近辺には

崇神天皇の息子さん(豊城入彦命)が館を構えた

という伝承があるそうで

(お菓子屋さんの包み紙に書いてあった)

 

だとしたら 東国に赴任した 御諸別王は まず 壬生に住んで

壬生のお墓に眠ったのではないか

って 気がするんです

 

次に 派遣された 奈良別王は

壬生からまっすぐ東の 雀宮に 居を構えて

そちらの 古墳で 眠っている という気がします

 

 

スサノオノミコトと日本武尊 景行天皇

古事記では 倭建命(日本書紀では 日本武尊)は

父 大王から 疎まれていた的な書き方をされています

 

で 先日 ふと 思ったのですが

もしかしたら 父 景行天皇(日本書紀)は

息子である日本武尊の事を

 

スサノオノミコトに似ている!

 

と 恐れて 警戒したのかも。。。

 

と 思ってみました

もしかして 家臣によるささやき?もあったのかも。。。

 

スサノオノミコトは アマテラスオオミカミ様の弟ですが

記紀を読むと

どうやら クーデター?を起こしたっぽいような事が

ぼかして書いてある気がします

 

天照大御神様に反逆した とは はっきり書いてないのですが

同じ血が流れてる天皇家の弟として その態度はどうなの?的な行動が

記紀に書かれています

 

最終的には 地上へ(出雲)と 行かされてしまいました

 

これって。。。

日本武尊が 父王から受けた扱いと 似てない?

 

と 先日 思いました。。。

 

とりあえず 古事記によれば

倭健命は 双子の兄を殺したとして 父から畏れられ 西の方へ戦に出される

という感じになってます

 

ゲゲの解釈としては

実は 日本武尊様は お兄様を殺していなくて

逆に

父に逆らった兄を助けて こっそり違う国へ逃がして

父には 「兄を殺した」と嘘を言って 父の目を兄からそらさせ

兄をかばった とても優しい男子

 

と見ています

 

ですが 父王には その優しさ 云々よりも

逆に

日本武尊は 兄と一緒に 私を裏切るつもりか?

と 考えたような気がするのです

 

記紀には書かれていませんが

地域の伝承では (以前 ブログでも取り上げましたが)

日本武尊のお兄様は 隠れてるところを 父の軍隊に見つかり

戦となり 亡くなってしまったようです

 

父王にしてみれば

兄をこっそり逃がして 嘘を報告した日本武尊に対して

不信感を持った気がするのです

 

そこで

征西へと たいしたお供もつけずに 命令した気がします

 

息子がどういう行動に出るのか。。。

姉に逆らったスサノオノミコト様と同じか?

多分 スパイにでも探らせていたような気がします

 

自分に反逆の気持ちがあるのならば

出雲へ行って 軍隊を立ち上げて 自分に戦いをしかけてくる

と 見たのではないでしょうか

 

それで

 

西へ行きなさい

 

と 命じたように思います。

 

 

日本武尊は 父に逆らう事なく

九州の賊も倒し 出雲健も倒し  征西を終えて 都へ戻りました

そしてまたすぐに 今度は東征を命じられます

東征後は なぜか 都に入れずに 尾張のミヤズ媛の元にとどまり

そこから 伊吹山の賊を退治するよう命じられて

うまくいかずに 能褒野でお亡くなりになりました

 

日本書紀によれば

父 景行天皇は 息子の死をたいそうお嘆きになったそうで

東国に 息子を偲ぶ巡行に出ます

この 「息子の死を嘆いた部分」は きっと 本当の気持ちだ!!

最期に 日本武尊の事を信じてくれたんだ!

と ゲゲは思いたいです!!

 

あー そっか。。。

以前も書いたかな。。。

 

三野。。。美濃   日本武尊のお兄様が 父王をだまして治めた地

 

尾張。。。 日本武尊の妻 ミヤズ媛がいた地

 

美濃 尾張。。

みのおわり

身の終わり。。。

 

確か 源頼朝の父が 殺されて

その後 殺した人が 美濃 尾張を所望して

最終的に 身の終わりとなった話。。。

歴史であった気がします(うろ覚えですみません)

 

美濃 尾張は 古代から 重要な地であったために

そこを治めたい人達の思惑がからんで

悲しい出来事が 多かったのかもです。。。

 

日本武尊と 父景行天皇の確執。。。

(私的にはあまり好きではない表現

やはり 父王の 子への愛情を信じていたい)

は けっこう 有名ですが

 

記紀を丁寧に読んでみると

それ以前の天皇家も

父と子の確執っていうか (異母兄弟間の確執っていうか)

父が亡くなっ後

父が決めた皇太子に 突然その兄弟が反旗を翻して 戦になるパターン あるんですよね。。

昔は それが当たり前だったのかなあ。。。

 

景行天皇は

とても子だくさんで

その中で 特に優秀な3人が 皇太子として認定?されていたようですから

(日本武尊のお兄様が入ってないから 元々は4人だったのかな。。)

母方のお家。。。家臣の事情。。。

とかで 話がこじれていったのかなあ。。。

とも 思ったりします。。。

 

 

ある日忽然と消えた腕時計が ある日突然出てきました(笑)

今年 まだ平成だった頃 4月3日 水曜日

次女が帰ってきてました

朝 私は 出勤するために

コートを着て 右腕にバッグを通し

右手に玄関のカギを持ち

さらに腕時計をはめようとして はめるのをやめて プラプラと右手に持ち

 

左手で b’zのアルバムを持って 次女に

 

ママ これ アマゾンで買ったんだよ!

 

と 見せました

 

次女の彼氏が b’zが好きなので 次女は大笑いしてました

次女に車を貸して 私は自転車で出勤しようとしてたら

次女が ママ 車乗っていっていいよ

と言うので ゲゲは おー ありがとう! と

自分の車の運転席に乗りました

 

乗ったのですが

 

あれ? 腕時計 どうしたっけ?無いわ。。。

 

と 思いました

 

まあ いいや 後で探そう

 

と思い直し

そのまま仕事へ行って 仕事先に徒歩で遊びに来た次女と合流して

車で次女と帰ってきて 次女と買い物して

次女を駅まで送っていきました b’zを聴きながらw

 

次女が埼玉へ帰った後

ありとあらゆる意外性のある場所で 腕時計を探してみました

コートの中 自転車の鍵を入れておく場所 車の座席の下 バッグの底の底

リビングのはじっこ ぬいぐるみの隅っこ 等々。。。

 

全く見つかりませんでした。。。

 

家の神棚の神様にも 泣きついたりしました (笑)

 

なぜか 無くなった気がしないのです

なんだか 家の中とか身近にあるような気がして仕方なかったのでした。。

 

そうして 皆が浮かれて狂喜乱舞した令和元年 5月4日 土曜日 チャリ散歩

栃木市の大神神社で 神様に腕時計のある場所をお聞きする感じで

おみくじをひきました

結果は。。。。

 

失物         必ず出る 早く探せ

 

。。。。。

早く探せって。。。。。

だから 探してるんですけどーーーーーーー!!!!!

神様ーーーーーーーーー!!!

 

思わず苦笑いしちゃいました。。

でも 勇気もらいました w

やっぱり 腕時計はあるんだ!! 身近なところに!!

 

 

そうして 令和 改元も落ち着いた? 7月20日 土曜日 朝

愛車キューブちゃんを車検に出すため

めんどくさがりながら 車内の私物の撤去?をしました

 

そして 出発直前

やっぱり 座席の後ろポケットにささってるうちわも 取り外そう

と 思い直し

お片付けを始めました

 

そこで いつも玄関のカギを入れてる網ポケットの下の部分に

シルバーの金属のものがくちゃっとあるのに気付きました。

 

???? 入れた覚えがない。。。

何これ??????

 

ポケットの中に手を入れて 恐る恐るつかんでみました

 

!!!!!!!

 

なんと なんと!!

その金属のくちゃっとしたものは

無くした腕時計でした!!

 

うおーーーーー!!!

あったーーーーーーー!!!!

 

こんなところにーーーーーーーー!!!!!

私の運転席の後ろのポケットにーーーーーーーー!!!!!!

 

良かったーーーー!!!

あったーーーーー!!

神様 ありがとうーーーーーーーー!!!ございましたーーーーーー!!!!

 

 

ほんとに ありましたね!

神様の言う通り!

必ず出る 早く探せ! って ほんと そのとーりでしたーーー!!

疑って? すいませんでしたーーーーーー!!!

 

私は

腕時計がないない って言いながら

実は 背中に腕時計を背負って 毎日運転していました~~~!!!!!

いつも 一緒にいました~~~(笑)~~~!!!

 

それから 毎日 大事に 右腕に はめてます♥

もう 離さない ぎゅっ!!

 

先日 8月13日 次女が帰ってきた時

実は4月に次女が帰ってきた時にさ~ b’zのアルバム見せた瞬間に腕時計無くしてさ~ この間 見つかったんだよ~♪

と言ったら

 

え? 何それ うちのせい?

うちのせいって言いたいの?

 

って 笑ってました

めでたしめでたし♪

 

栃木 作新学院

宮城 仙台育英

皆さん 暑い中 立派に戦って下さって 本当にお疲れ様でした!!

胸を張って 帰ってきてくださいね!

誇りに思います!

お疲れ様でした!!

 

それにしても 作新の試合の途中から

投手陣が 急に不思議な流れに。。。

 

急にガクって なったよね。。。

仙台育英もだし。。。

栃木(関東だけど 一番北だから) 仙台って

東北勢にとって 2試合続けて とても不思議な感じ~~~。。。。。。

 

ゲゲの 黒巫女アンテナ。。。。><