萌魂は不思議な千里を走る

ちょっと前のHONKOWAを読み直していたら

玲子さんの霊視で

「囲ってる」

というワードがありました。

 

そのワードを見た途端

ゲゲの頭の中には 以前訪れた大阪堺の

大鳥大社と4つの摂社 が浮かびました

 

続いて 頭の中に なぜだか

かごめかごめの唄が浮かびました

 

かごめかごめの唄は 童謡ですが

その歌詞から

何かの秘密の鍵を示唆する内容ではないか

という説があります。

テレビの怪奇特番でも取り上げられたことがあります

 

日光東照宮の徳川埋蔵金のありかを示しているとか

他にもいろいろな解釈がある 不思議な謎を秘めたわらべ歌です

 

かごめかごめの唄って

「鳥」という言葉が出てくるし

もしかしたら 大鳥大社に祀られてる日本武尊の唄かも。。。

と ふと思いました。

 

大鳥大社には 近くに 4つの摂社があります。

大きい神社の周辺に小さな摂社があるというのはよくある事なのでしょうが

なぜだか ゲゲには

 

大鳥大社がその4つの摂社に囲まれてる。。。

もしくは

4つの摂社が大鳥大社を囲ってる。。。

 

と感じられて感じられて仕方がないのです。

 

かごめかごめの唄を

子どもの頃覚えた通り 口ずさんでみました。

 

かごめ かごめ

かごの中の鳥は いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀がすべった

後ろの正面 だあれ~

 

私が住んでいた地域では

かごめかごめ遊びとは

何人かが手をつないで円を作り

その真ん中に 目隠ししてしゃがんでいる子がいて(かごの中に入っているように)

その子の周りを 時計まわりに歌を歌いながら ゆっくり動いて

歌が止んだ時にぴたっと止まり

真ん中の子が 自分のま後ろにいる子を当てる

というものです

 

当たると

その子は かごから出られて円のメンバーになれて

反対に 今度は

当てられた子がかごの中に入って目隠しをします

 

当時は何も考えずに遊んでいましたが

今 漢字をあてると 「囲め 囲め」ということだと思います

なんだか 人に目隠しをして 大きいかごの中に閉じ込めてる

というイメージがあります。

 

私の 勝手な解釈ですが

この歌は

かごの中の鳥が出て 鶴と亀のところに飛んでいこうとするから

決して外に出してはいけません

その間に 鶴と亀は滑って再起不能になりました

内緒ですが 鶴と亀を滑らせた犯人は 後ろの正面にいますよね

 

という意味なんだと思えて仕方ないです

 

これを大鳥大社の日本武尊に当てはめてみると。。。

 

囲め 囲め

かごの中の鳥(日本武尊の魂)は

いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀が滑った

後ろの正面 だあれ

 

。。。

しばらく考えていたら

頭の中に

「神功皇后」…

と浮かびました

 

鶴と亀って・・・

神功皇后が滅ぼした かご坂王と押熊王…

もしかしたら 2人の母親・・・ 母親が出た家の一族・・・

さらには もっと拡大解釈すると成務天皇や成務天皇の母方の一族・・・

そして さらには 仲哀天皇の母親の一族…

 

…神功皇后にとって

今までのすべての政敵たち?・・・

 

次々に 浮かんできました。。。

 

神功皇后の子 応神天皇が天皇の位につくことができたのは

実は 神功皇后と家臣の武内宿禰が起こしたクーデターで

王位継承権を持つ かご坂王 と 押熊王 を滅ぼしたから…

 

という説があります。

 

ゲゲの推測ですが

景行天皇から 神功皇后までの間

一番子孫が繁栄して 長期間 実権を握れた勝者は

神功皇后

ではないかと思うのです

 

景行天皇の息子である日本武尊は 武勇に優れていたにも関わらず

東征のため 都へ戻る前に亡くなってしまいます。

生きていたら おそらく 次期天皇だったと思います。

そして 景行天皇の正妃であった日本武尊の母(播磨出身)も亡くなりました

(ということは 母方の一族=外戚は 天皇家の家臣としては 多少なりとも力を失ったという感じになると思います)

 

景行天皇の次に天皇になったのは 成務天皇です

母親は 八坂の入媛(父は八坂の入日子=崇神天皇の子 八坂は京都?)です

 

そして 次の天皇は 成務天皇の子ではなく

日本武尊の子 仲哀天皇でした

(ということは 成務天皇の母の一族は 今までの権力を多少失ったのかも ということになります)

 

仲哀天皇の母は 垂仁天皇の娘で 名前は両道(ふたぢ)の入媛(京都?)です

 

そして 仲哀天皇は 早くに亡くなり(同時に 母方父方の権力も弱まり…)

おそらく それ以前に

仲哀天皇の最初の妻(大中津媛 兵庫?)も亡くなっていて…

妻の父方母方の権力も弱まって…

 

ここまでの間に 天皇が次々代わり

そして 同時に 天皇の母 天皇の妻 も代わって…(当たり前ですが)

さらには 天皇の母の外戚 妻の外戚

と 推測でしかないですが

天皇をとりまく家臣の力関係が

次々変わっていったのです。

 

記紀では この頃の天皇家の家臣団についてはあまり詳しく書かれてありませんが

後の世の 中臣家 蘇我家の争いとか見てると

古代でも

大和の天皇家周辺では 天皇の母親の出身家による権力争いが

あったのではないかと思っています。

 

 

そして 仲哀天皇の死後

戦が起こります。

 

仲哀天皇の後妻(神功皇后 父は開化天皇曾孫)と

仲哀天皇の最初の妻の子ども達が(かご坂王・押熊王 兵庫?)

争う事になり

かご坂王 押熊王は 負けて 亡くなりました

 

この戦いの結果

勝って残ったのは 景行天皇の直系の仲哀天皇ではなく

仲哀天皇の妻 神功皇后でした

景行天皇が築きあげた大きな権力が

開化天皇曾孫の娘という 直系からかなり遠い皇后(=息長一族)に

移行したのです。

 

仲哀天皇の最初の妻 大中津媛は 祖父が景行天皇なので

血統からいえば 神功皇后よりも上になりますが

神功皇后は

自分よりも血筋の良いかご坂王 押熊王を滅ぼして

強大な権力を持ちました

 

そして

自分の息子が天皇位を獲得した後(応神天皇)

その政権は安定した形で 仁徳天皇へ続いていったのでした。

 

ゲゲ訳

 

 

囲め 囲め

かごの中の鳥はいついつ出やる

世空けの晩に 鶴と亀が滑った

後ろの正面 だあれ~

 

なぜだかわからないのですが

神功皇后が一番恐れたのが

景行天皇の命によって大鳥大社で祀られている日本武尊の魂

だったのではないか…

と思えて仕方ありません。

 

おそらく 日本武尊は

あれだけの偉業をやってのけたのに 都に帰れず

望郷の念を持ちつつ 苦しみながら地方で亡くなった

という事から

人々にとって 恐れる対象になってしまった…

と思います。(私は尊を大好きなので 〃ω〃

怨霊という表現は使いたくないです テヘペロ^^;)

 

なので 尊の3つもある古墳はすべて

巻向ではない場所に造られたのかもです

まるで 巻向の地に尊の魂は入れさせない

としてるような意図を感じさせます。

そして 最終的に 4つ目として 堺に 神社を作って

魂を祀らせました

 

理由はわかりませんが

3つの古墳だけでは何かが収まらず 神社も必要だったのか…

誰かが 神社で何かに使うためだったのか…

 

それとも 一つの古墳と一つの神社が造られた後

長い時間をかけて

それぞれ違う人たちが 2つ目と3つ目の古墳を造っていったのか…

(ゲゲも 過去記事で 色々考察してます)

 

崇神天皇 垂仁天皇 景行天皇は 大和の磯城郡で 政治を行いました

(ゲゲは この天皇3代で巻向に大きい都を作っていったと思っています)

 

日本武尊の腹違いの弟 成務天皇は

景行天皇の晩年

大和からかなり離れた近江へ遷都しました

これは

日本武尊がかつて住んでいてなじみのある纏向の都から

あえて離れたのだと思います。

 

ゲゲの推測ですが

おそらく 成務天皇は 自分が天皇に即位する前

老衰で体が弱っていた(想像です)景行天皇を 無理矢理説得して

巻向から近江へ連れていったのではないかと

思うのです

 

後世 極端な遷都として

乙巳の変で 蘇我氏を滅ぼした後 孝徳天皇が難波へ遷都したのが有名です

これは 飛鳥の地にあふれる蘇我の怨霊から逃げるためだったのではないか?と言われています

 

それと同じように もっと以前 成務天皇は

日本武尊の魂から逃れるために 遷都したのだと思います。

もしかしたら 孝徳天皇は成務天皇の真似をしたのかもしれません

 

そのように強力な日本武尊の魂ですから

日本武尊の息子の妻である神功皇后は

何はともあれ 義父の怒りを 相当恐れていたのではないかと思います

日本武尊の孫(夫の先妻の子ども2人)を滅ぼすために戦をしたのですから。。

 

記紀に 神功皇后の神頼みが

かなりたくさん出てきますが

日本武尊の祟りを恐れていたからではないか

とも思えます。

 

ゲゲの推測ですが

大鳥大社の回りにある4つの摂社は

神功皇后が 尊の魂を大社から出さないために

社を建て 何かの術をほどこして 囲った跡なのかも。。。

と思ったりします。。。

 

そして

民衆は それを知っていたのかもしれません。。。

でも はっきり言えば

古代の事ですから おそらく だめでしょう。。

 

なので 代々 内緒で口伝している間に

いつしか わらべ歌となり

かごめかごめの唄として 後世 語り継がれていったのかも。。。しれません。。。

 

ゲゲ訳

 

囲ってる 囲ってる

日本武尊の魂は

子孫を助けるため いつか 社から出そうだね

出てこないように 囲ってるんだね

仲哀天皇が九州遠征で亡くなって 天皇位が空いて暗闇だった時

大和を守っていたかご坂王と押熊王が失脚したね

2人を失脚させた犯人は 後ろの正面にいるよね

 

 

 

 

 

地図の上でのことですが

大鳥大社の後ろを ずっと北にたどって行って

東の方を振り向くと

正面を海側に向けた ○○大社があるんです。。。

 

なんか怖いので

はっきり書くの やめておきます (;*^^)v

 

広告

雑誌HONKOWA 闇の検証で

霊能者玲子さんが気付いて まゆり先生が龍道と名付けた道?気の流れ?が

普通の人には視えないけど

空を通っている? 空に浮かんでる?

(表現に苦しむ)

上空を流れてる?ところがあるそうです。

 

元々 自然のものらしく そこにうまく乗っかると

子孫繁栄につながるらしいです。

古代の古墳は どうやら その龍道の下にあるらしいです。

 

古墳をあえて 龍道の下に作ったのか

それとも 古墳という山を築くと そこに龍道が発生するのか

それは わからないらしいです。

 

霊能者さんなら見えるらしいですが

一般人は見えません、

でも感じる事はできるらしく

 

あ ここ 気持ち良い♥

 

と 思える場所は 龍道が通ってるみたいです。

 

奈良 飛鳥の石舞台古墳は 実に気持ちが良い場所だ!

と 零感のゲゲも 感じました!

 

とりあえず

古墳を造って 自分の子孫繁栄につなげていこうというのは

古代の天皇家の呪術として伝承されていったと 思います。

 

そこで ゲゲが見つけた古墳を祀るルールなのですが。。。

 

記紀に おそらく古墳の内部の事を書いたであろう部分は

二ヵ所あると思います。

 

一つは イザナギが亡くなったイザナミに会いに行くシーンで

もう一つは

のちの大国主命が妻の父 スサノオノミコトに会いに行くシーンです。

 

イザナギの場合は イザナミに頼みごとをして 結果 怒らせてしまい 追いかけられます。

大国主命も スサノオノミコトの無茶ぶりを解決しつつ 最終的に追いかけられます

ここにヒントが隠されてると思ったのですが

 

生者は 古墳の中の亡くなった方に会いに行って お願い事の交渉をしてはいけない

です。

 

イザナギは 「一緒に戻ろう」 と直接お願いして

イザナミは 「ちょっと(黄泉の国の王に)聞いてくる」 と返事をしてます。

 

大国主命は 「おじょうさんと結婚させて下さい」とお願いして

スサノオノミコトは 「じゃあ これらをやってみろ」と答えます。

 

この二つは 古墳の中の事ではないか

と ゲゲは思うのです。

 

で ここに

古墳の中に眠る方たちを祀るヒントが出てる!

と 思ったのでした。

 

生者は 亡くなった方に直接

帰ろう 戻ろう 娘さんと結婚させて下さい

などと 具体的に誘ったりお願いしてはいけない です。

もし言うと 亡くなった方は 鬼として 外に出てこようとしてしまう!

のです!

 

古墳というのは

生者が 龍道?に対して

この古墳と亡者を捧げますから どうぞ 私達を繁栄させて下さい

お願いするツールというか 使う道具というか

そういう感じなのかも

と 思うのです。

 

で 古墳に眠る方は この世の方ではなく

魂を 根の国 黄泉の国に管理されてる

微妙?な 存在です。

 

肉体は 古墳の中にあるけれども そこに魂はなく

魂は肉体の中でなく 根の国 黄泉の国にあるという

取扱注意みたいな(意味不明)位置にいる 危うさ。。。

 

生者は この危ういバランスの中で

魂がなく鬼となっている亡者を

「古墳の中で 自由に暮らして下さい」

と もてなしつつ怒らせないように気を遣わなければいけない

そして

龍道を使いこなすために利用する。。。

というか 。。。

 

上手に表現できませんが

とにかく

 

直接会いに行っちゃダメ!

(棺の中を覗いではいけない)

 

直接交渉はダメ!

(お願いごとをしてはいけない)

 

の2点が 古墳を祀る上で重要だと思います。

 

では お願い事はどうすればいいのか。。。

 

古墳頂上? または 古墳の外から

亡者の肉体ではなく 亡者の魂のほうへ

または その亡者の上の龍道を統べる偉大なもの 神という大きな存在

に対して

お願いするのではないか?って 思います。

 

でも これは 子孫のみOK という事だと思うので

私が 古墳へ行って お願いごとをしても

全然聞く耳すら持ってもらえない と 思います。

 

 

 

落合書店(栃木ローカル)へ

カレンダーを買いに行こう~

ついでに おしゃれな文房具も見てこよう~

ポケットから出し入れできるカバー付きのメモホルダー(正式名称忘れた)

良いのがあったら良いなあ~。。

と ルンルンでお買いものへ行きました

 

カレンダーは リラックマ!

前から目をつけていたのですが

きっと 今買わないとなくなってしまう!

と とうとう決意して 飾ってあるカレンダーを手に持ちました

 

可愛い絵柄のクリスマスカードもあったし

高級なペンや 文房具 手帳  ビジネスバッグ リュック

印伝のバッグや財布  栃木の工芸品

可愛い戌の置物とか 新年の飾りとか

和紙類や お香とか

きゃ~ ♥ もう~~~

何から何まで 目の保養~~~♥

テンション上がる~~~!!

やっぱ 私って 文房具が大好き~~~~ \(^o^)/

 

カバー付のメモホルダーは いくつかあったのですが

ペンを差すところがない。。色がもうちょっと。。

あと少し薄かったら。。。値段が。。。

みたいな感じで

もうちょっと待たないと

デザイン性豊かな美しいものは出てこないかなあ~。。。

と思い 今回は買いませんでした!(買わない勇気 えらい!!)

 

今回は 海外の友人に送るクリスマスカード1つ

新刊本1冊

リラックマのカレンダー1冊

を 購入しました。

 

カレンダーは ラス1だったそうで 2割引きになりました!

§^。^§

やっぱり なんだかんだ 割引は嬉しい!!

たまったポイントも引いてもらったし

文庫本は ミヤリーちゃんのカバーつけてもらったし♥

なんか 良い買い物したなあ~ って いとうれし★

 

ドアを開けて 一歩 お店を出たら

雪? 雹?

白い粒粒が 空からガシガシ落ちてきていて

うわお~!と びっくりしました!

風花かなあ~。。晴れてるのに~~。。

 

そして お隣の食品スーパーへ行ったら

普段の日曜日より えらい混んでました。

12月だから?・・・

って まだ クリスマスにもお正月準備にも ちょっと早いよねえ。。。

 

レジ めちゃくちゃ人が並んで

1万円以上買ってる人がいっぱいいる!

と 思ったら

なんと 金券をくれる日だったのでした~!!

1000円ごとに100円券!!

 

知らなかった~。。

今日の新聞広告に チラシが入っていたのね~。。

 

ゲゲは 1000円以上買って 100円券 頂きました ☆

そうか!

1万円買えば 1000円分もらえるってことか!

(@_@;)大きい!!

 

今度は ついでなので コンビニへ!

何かで宣伝していた ゴディバのココア ドリンクを買いにローソンへ!!

長女の分と合わせて2本買って レジへ行きました。

 

ポンタちゃんポイントがたまっていたのを思い出したのですが

 

でも レジの人に言うのがめんどくさいなあ。。

いっか 現金で支払おう!

 

と思っていたら

レジの人が

 

ポイントありますね!

ポイントを使えば 今日のお会計 無料になりますよ!

 

と 甘くささやいてくれて~~~ (#^.^#)

 

はい! ぜひお願いします!!

 

と くいつきました (^◇^)

 

いや~。。

1P=1円 で現金支払いに使えるって

ほんと ありがたい!

なんか 嬉しい~~~~~♪

ゲゲの場合 ささやかな贅沢感にひたれる~~

 

(お金の引き寄せスピ本とかでは

ポイントをためるのは あまりよろしくない

みたいに言ってる人もいらっしゃるけど

ゲゲはポイント大好き♥)

 

コンビニの場合 小銭やお札よりポイントの方が レジの人も良いのかな。。

レジが自動でお金を計算してくれないものね。。

 

なんか 午前中のお買いもの

ものすっごく楽しかった~ !

 

やっぱり なんだかんだ言っても

割引とか 金券とか タダ とか

好きだわ!

めちゃくちゃ嬉しい!!

愛してる!w

ワクワクして テンション 上がるぅぅぅぅ~~~ ↑

 

ふとした瞬間

 

え? 自分 もう54歳?

 

とかって思います。w

年内中には すぐ55歳になるけど。。w

 

自分が若い頃 親を見て

もう50代かあ~ 年だなあ~。。。

とか

会社では 管理職のお偉方を見て

50代かあ~ 若い感覚がないよなあ~。。年寄りのおっさんだなあ~。。。

 

なんて軽く思ったり認識していた あの50代に

自分がなったなんて!

と 愕然とする時がありますw

精神的には まだまだ上から押さえつけられてる30代くらいのままなので。。w

 

でも 今年は 良い意味で 自分の年齢を

真正面から見て把握できた感じがします。

早い話、

もう 無理はしない!

という気持ちでいっぱいです。

 

無理はできない という後ろ向きの感じではなく

若い頃みたいに無理して 自分にムチを打って

自分を痛めつけるような真似はしない

 

と思うようになりました。

 

私は 常に 小学生の頃から

完璧を目指して 少しでも上へ上へ 前へ前へ

自分の理想に追いつくように頑張るんだ!

と 目標高く生きてきました。

 

知識欲だけは旺盛で

日本社会で生き抜けるように

マナーとか立ち居振る舞いとか(まだまだ勉強中ですが)

今の場所にとどまってるのが嫌で

物理的に無理なら 精神的にで良いから 毎日成長したい!

昨日の自分を超えたい!

 

という気持ちで 生活してきました。

 

ですが

ふと 今年気付いたのですが

自分は 完璧を目指してより良い方へと生きてきても

周りを見れば そうではない(失礼)犯罪をおかす方々も多々いるわけで。。。

 

殺人事件だの 詐欺だの 生活○護虚偽申請だの

人として ???というような事をやっちゃう人達が たくさんいます。。

 

私がいくら 素晴らしい50代を目指して

たくさんの知識を身に着け

人として もっともっとマナーを身に着けよう 向上しようと

1人で努力していても

 

ふと気付けば

周りには あまりものを知らない(失礼)10代20代30代は

たくさんいらっしゃるし。。(山のごとく失礼)

 

会社でも

 

それがお取引先への態度?!

 

と 呆れて思わず逆に爆笑してしまいたくなるような若い方達も多々いらっしゃるわけで。。。

 

 

でも

彼等彼女らは それを恥じる事なく

堂々と生きている!

のです。。

 

おまけによくよく考えてみれば

人間の赤ちゃんは 生まれた直後 おっぱいを飲む以外何もできません。。

親や周りの大人が手助けしないと生きていけない

というのも思い出されて。。

 

う~む。。。

こちらが完璧を目指して生きているのに

周囲には 完璧ではない存在がたくさんいる。。。

人類が始まってから今だに

誕生直後から完璧に動けて話せて生活できる赤ちゃんも生まれてこない。。

 

ここここれは。。。!(哲学か)

 

そうだ!

ならば

自分も完璧なんか目指さなくていいんだ!!

今のままでいこう!!

 

という考えに至りました! (なんか安易w)

 

結局

私のような性格の人間が 上を目指そうというのは

裏を返せば

 

 

自分に自信がないから 世間様に受け入れられるために

せめてもの罪滅ぼし?のため 上を目指そう

 

という 自分への悲しいダメ出しが背景にある

って 最近 気づけました。

 

なので もう 完璧を目指すのではなく

ありの~まま♪の 自分を大切にしながら

できる範囲で 楽しく楽に明るくのんびり成長していきたいと

思うようになりました♥

 

ここ数年

自分を大切に生きていこう

と 思想が大きく変わったのは

20年位前に好きだったスピリチュアルを思い出してから

流れ流れて

大嶋信頼カウンセラー先生の本に出会っていったからだと思います。

 

逆に言えば

自分 長年かかったけど

やっと念願の

 

精神的に楽に生きたい!

どうすれば 生きられますか?

 

っていう願いの解決策を引き寄せたのかも~。。

って 思ったりします。。。

 

54歳。。

今一番思うのは お顔のお肌の危機感。。。!!!

毎日 いっぱい 夜の洗顔後 塗りたくってますw

 

 

 

1年かけて観てきた大河ドラマも

もうあと2回で終わってしまうというこの時期

ここのブログでは

去年と同じように 雪を舞わせてくれています♥ステキ

 

平成も終わってしまうって決まったし

ゲゲも それこそ年内あと少しで

55歳という なんだかキリが良い年齢になるし(ゴーゴー!)

ほんとに あっという間に毎日が過ぎていく!!!

 

最近ふと 自分で数えてびっくりしたのですが

ブログを始めて11年も!経っていました。

 

近頃は 年齢のせいか (毎年言ってる)

月日の経つのがとても早くて

あっという間に一ヶ月二ヶ月が過ぎてしまうので

最初始めた頃のように 毎日は書けなくなっています。

 

ふと思って 自分の前半50年を自分なりにまとめようと

振り返ってますが

このブログで書いていた日記がすごく役にたっています。

 

おお~ 自分 こういう事があったんだ~。。

なるほど~ こういう流れできてるのかも~。。

 

みたいに 自分で自分の前半生を落ち着いて振り返って

なんとなく把握できたかなあ~感があります。

 

ここ数年は 長年の自分のあり方を自分に問い続け

犠牲者でいるのをやめよう

と 自分に誓い

自分を大切にしよう!

と毎日生活するようにしています。

 

ブログと共に 成長できて

コメントを下さった皆さんのお言葉で色々気付いた事もあって

 

このブログがなければ

ここまで多く気付けて

この年で精神的にこれほどまでに成長できなかった って思います。

 

先月 手相占いの先生にも言われたのですが

55歳から変わる!

って

実は ゲゲも なんとなくそういう感じがしていたので

55歳になるのが楽しみです^^v

絶対 良くなるっていう気がしてます。

 

たとえ 何が起きても大丈夫で

精神的にパニックにならずに

楽しく過ごせるって気がしてます。

 

ブログに関しては 画像の容量がいっぱいなので

旅行記とか 画像は アメブロの方にアップしていきますが

こちらはこちらで ゲゲの原点・同志・片割れみたいなものなので

これからも ここのブログを大事に大切にしていきたい

と思っています。(^◇^)

 

ふと思いついて 軽い気持ちで 11月17日㈮18日㈯

一泊二日のダッシュで 大阪の藤井寺市へ

手相を見てもらいに行ってきました。

 

幼い頃から ずっと見てもらいたかった手相を

とことん 細かく 西條ゆきえ先生に見て頂きました!

大満足です!

 

空いた時間は 辛國神社お参りと 津堂城山古墳!

前入りした夜は 大阪城の夜景となんば宮跡散策

 

やっぱ 大阪良いわぁ~

元気もらえるわ~。。^^

 

帰ってきてからは

津堂城山古墳 応神天皇陵 上空の龍道(HONKOWAで言ってる)

について 考えてます。

仁徳天皇って やっぱ すごい人だって思った。

いや 武内宿禰さんあたりが 応神天皇に色々アドバイスしたのかな

 

やっぱり 古代から 権力争いって あったんだろうなあ。。と

ちょっと悲しいけど思った。

人間だから やっぱり 上へ上へ上っていって

権力を手に入れて

立派な家に住んで 良い服着て おいしいもの食べて 軍隊動かしたい

って思うのは

当たり前の事なんでしょうね。。。

 

古墳って やっぱ 呪術の一環なんだろうな。。

と 今回特に思いました。

続く。。。。

ゲゲの調べもの対象であらせられます(怖いので尊敬語がおかしい。。)

鬼さん ですが・・・

大好きです!!!(怖いのでフォローしてるわけではないです♪)

 

 

作家の加門七海先生も 鬼大好き! と ラブ全開なので

すすすすごい!!

と いつも尊敬してます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

なんか💻変わったみたい? ↑ 妙な絵文字が・・・かわいいけどw。。

 

日本書紀か古事記のどちらかに

神武天皇の段でしょうか 鬼の方々の描写が細かく出ていて

(葛城の地名の由来が恐ろしい。。。><)

加門先生も HONKOWAの連載で それに触れていらしたのですが

それを読んで

ゲゲ

 

あっ!!!!!!!!!!!

 

と 突然 雷が落ちたみたいに ドカーン!と思い出したことがありました!

すっかり忘れていたのですが。。。

 

小学校の同級生に

とても手足の長い女の子がいて

苗字が 〇沢さん だったんです。。。

 

〇の部分は とても書けません。。。

そのものずばり 。。。 なので。。。

 

もしかして。。。 御先祖 そうなのかな。。。

加門先生も 現代の特徴的な体格をしている若者で 苗字がとても紙面では書けない青年に会った

って HONKOWAに書いてらしたし。。。

 

ゲゲの旧姓は 渡邉なので

一番の古い先祖は 鬼を退治したあの渡辺綱 だといわれています

酒呑童子を成敗した源頼光の家来です。。金太郎さん。。

 

だから 渡邉の姓をかつて持ったものが

歴史上の古代の鬼に興味を持って調べているというのが

なんとも不思議というか。。何かの因縁なのか。。。

 

でも 鬼って そもそも

歴史上 大和政権から敵とされたということだけなのであって

彼ら彼女らは 実際 普通に 生活していた一般ピープルなのです。。

 

結果的に大和政権に逆らったから

鬼 って まとめて

ひとくくりの悪者にされてしまっただけで

本当は気の毒な方達なのです。。

 

もしかしたら のちの時代になって

鬼とか 幽鬼とか

生きてる反逆者と 処罰された反逆者が

最終的に一緒くたになって

鬼という 怖い概念が出来上がったのかもですね。。

と 今 ひらめいた( ´艸`)

 

あの子。。。

もし そうだとしたら。。。

あの子だけ 先祖返りの体で生まれたのかなあ。。

ご両親 ご兄弟とも 普通の体形だったって記憶してるから。。。

 

 

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

栃木県宇都宮市 55歳既婚腐女子 武州本庄宿出身

アーカイブ

Twitter アップデート

  • RT @TABECHAUYO: やはり孤独死だと字面が怖いので、ソロポックリとかに言い換えるようにすれば、1人で逝く事への抵抗感も減るのではないでしょうか。 1 day ago
  • RT @marychocolate_c: 【1月23日まで!】 あなたの好きな戦国武将を応援しよう!#つわもの2018 キャンペーン開始! メリーチョコレートの戦国武将をテーマにした「つわもの」の商品を抽選で10名様にプレゼント★アカウントをフォロー&RTで応募完了! あなたの… 1 day ago
  • RT @halzo0: 家を出る時に猫が見送りしてくれたからカ〜ワイイ💕と写真を撮ったんだけど、よく見たら2匹ともクソ可愛くない顔していて笑う https://t.co/EcdOZSJTCK 1 day ago