Archive for 11月, 2007

健康観察

さて 昨日 クラスで一番に風邪をひいたと
大喜びで学校へ行った次女ですが。。
続きを聞いて 笑ってしまいました。。
 
次女の中学校は 朝一番で担任の先生による
健康観察の時間があります。
先生によってやりかたは違いますが
生徒たちの朝の健康状態を確認するのです。
 
風邪の人は手を挙げて~
と先生が言って 
まとめて手をあげさせる やりかたもあるそうですが
次女のクラスの先生は
1人1人 名前を呼んで 返事をさせるやりかただそうです。
 
そして 次女が一番!というくらいだったので
前の日までは クラス全員 欠席もなく
先生に名前を呼ばれると 一人ひとりが
元気で~す!
と答えていたそうなのです。
 
で 次女は、
風邪で~す!
と答えて みんなが
お~ 風邪第一号だよ~
と どよめくのを
わくわくして待っていたところ。。。
 
いくつか空いてる机に気づいたそうです。。。
あれ?遅刻?
と 思っていたら
担任の先生が 
○○くんと□□くんは 風邪で欠席です
と おっしゃったので びっくり。
 
。。へ。。
昨日まで元気だったじゃん。。
いきなり 欠席??!!
 
そして 始まった健康観察
 
△くん~
 
・・風邪で~す。
 
●さん~
 
。。風邪です。。
 
☆さん~
 
風邪です~
 
と この調子で 次から次へと
言うわ言うわ。。。
風邪でーす の返事の
オンパレードだったそうです。。。
 
前日までは 元気だったクラスのみんなが
次の日から いっせいに風邪ひいて
おまけに 欠席者も!!
 
なんなんだよー!このクラスはー!
うちだけかと思っていたら みんなひいてたよー!
と 次女は笑って教えてくれました。。
 
変なところで 一致団結するんだよね~。。
 
風邪の潜伏期間って 2週間と聞いたことがありますが。。
2週間前に クラスで何かあったのでしょうか。。
 
今朝
薬飲んだら?
の私の提案に
 うちね、世界で一番きらいなものは 薬~
と言い残し 次女は元気に 鼻を詰まらせながら
大好きな学校へ行きました。。
 
ほんとに小さい頃から 一切薬を飲まないで
ひたすら寝ることで 病気を治してきた次女です。。
薬が無くては生きていけない私にとっては とても羨ましい体です。。

Comments (11)

会話

○今朝の次女との会話です。
 
次 やっべ。風邪ひいた。鼻詰まった~。
 
ゲ うわ。。。この受験の大事な時期に。。
   クラスはどうなの?流行ってるの?
 
次 ううん。1人もいない。
   お やったじゃん~!一番だよー!
   うち いっちば~ん!!(喜)
 
ゲ 。。。 
  喜べる事かー!!
  他の子にうつさないでよー!
 
次 わーい! いっちば~んだー!♪
   行ってきまーす~☆  
 
○ さっき 矯正の歯医者さんから帰宅した次女。。
私は 一目みるなり どこのやんきーかと。。
 
絵入りのマスクと マフラーで顔の半分隠れて。。
中学のジャージ上下 やや下げパン。。
 
思わず 
あんた ドコの子!?
うちの子じゃないでしょ!!
と叫んでました。。
 
正体不明の彼女は 
え。。うちだけど。。そんなにひどい?
と鏡を見てから
 
○○○○!!(自分の名前)
1992年 10月14日生まれ!
てんびん座 0型
ただいま 歯医者から 帰りましたー!!
 
と叫んでました。。
。。。。
それじゃ ますます レディースのお姉さんなんですけど。。
何 名乗りを上げて。。
私の娘だって証明してるのね。。
この分じゃ 合言葉がいるなあ~って 思いました。。
 
ゲ 歯医者どうでした?
 
次 あのね 薬塗ってきたから 30分は食べられない。
 
ゲ 何?虫歯ができてたの?
 
次 ううん、。。たたきつぶし?。。
 
ゲ は・・・。
 
次 いや、あのね、かみあわせが悪くて 上の歯が下の歯を
  たたきつぶす 。。。から。。
  削れた歯の表面の傷に 薬を塗ったわけなんすよ。。
  何て言えばいいんだ?
  。。。 やっぱ たたきつぶす だよなあ~。
 
ゲ 君のあだ名 決まったね。
   たたきつぶす 君。
 
次 意味わかんねーし。。
 
日本語って 面白い。。

Comments (4)

川柳

次女の川柳が 宇都宮の地域の芸術祭で
中学生部門で銅賞を頂きました。
賞を頂いたといっても 特賞が1人で
その他は、金・銀も沢山いて
銅も沢山いるんですよ~
 
それが。。夏休みに 
応募したい人は書いて先生に出しなさい~
という 気楽な募集だったようでした。
本人も 書いたことすら 忘れていたそうです
 
頭の中から ぽろっと出た川柳だそうです。
・・親からいうのもなんですが 可愛いです。。
選んでくださった先生方 ありがとうございます。。
 
不思議だね流行りの物はもう遅い
 
。。なんか。。
ついつい笑ってしまうのは 私だけでしょうか。。
次女も 笑ってましたが。。
 
あの子は何気にそういう思いつきの才能があるっていうか。。
ひらめきが すごいね~。と
うっかり口がすべって ほめてしまったら。。(失敗)
 
受験もこの調子で ぽろっとひらめいてさ
勉強しないほうが受かんじゃね?!
 
と すっかり天狗になり。。
お調子こいてました。。
 
これだから。。君は。。
うっかりほめると。。
 
何バカな事言ってるのー!!
にんげんっはね、ひらめきの他に努力をしてこそ
レベルが上がるのよー!!
 
努力の大切さを こんこんと
2分も お説教しちゃいました。。
は~ 疲れた・・。
 
長女も 以前中学生の時 伊藤園のペットボトルで
ペットボトルには載りませんでしたが 応募して
下のほうの賞を もらったことがあります。
学校でまとめて先生が応募したそうです 
全国から かなりの応募があるんだそうですね。
 
○○○ ほわりほわりと春の風
 
とかいう作品でした~。
忘れちゃった。。
 
 
ひらめきと言えば 次女は気が向くと
親も知らぬ間に ばばばっとやっちゃう子でして。。
 
以前 学研の ○年生の学習 だったか
団地犬のダン という 
盲目の犬を団地ぐるみで可愛がるお話 ありましたね。
次女が4年生の時だったかな。。
 
あれ 私が知らない間に
ダンに お手紙を書いて 学研編集部の募集に応じて
郵送してたのですよ。
 
そしたら 
犬のまさおくんの動物の番組 ありますよね。
あそこから 夜 お電話いただきました
 
今度 ダンの特集をするのですが
学研さんで募集された作文を見させてもらいました
お宅のお嬢さんの作品を 番組の中で
朗読させてもらってもよろしいですか
 
んま~!
あの子ったら、いつのまに作文を送って~。
勿論 OKしましたが
残念、時間の関係上 朗読されませんでした。。
 
でも本人 ぱぱぱっと書いて郵送したみたいで
よく覚えていないって。。言うんですよね。。
ほんと あの一瞬のひらめきと行動力って
すごいよなあ~。。
 
長女が5歳の頃 言った言葉で
詩みたいのがあって 今でもとても気にいってます
読売新聞に応募したけど 没でした~
 
冬 部屋で 長女が寒がっていたので
コタツにあたれば?って私が言って
コタツにもぐった長女でしたが
暑いよ~と 訴えた言葉です。
 
さむいよ さむいよ 
○○ちゃん 氷になっちゃうよ
 
(おこたにあたったら?)
 
あついよ あついよ
○○ちゃん やきいもになっちゃうよ
 
うお~~!!
あの頃は なんて無邪気で可愛かったんだーー!!(絶叫)
 
ママ、子どもの頃の無邪気で笑顔の可愛いきらきらした君に
もう一度 会ってみたいわ~。
 
と言うと 長女はきまって
 
フン!
あのね?わかる?
人間はね・・ 大きくなれば変わるんだョ。。
もう あの頃のうちは どこを探してもいないんだよー!
 
と 答えが返ってきます。。 

Comments (6)

山小屋の思い出

父は旅行が好きで 私と弟が幼い頃から
日本国内をあちこち 旅行に連れて行ってくれました。
勿体ないことに 私はどこへ行ったか ほとんど記憶にないですが
電車の旅や 自家用車での旅~ 行きましたね~。
そして 1度 山登りをして 夜 山小屋に泊まるという
事も経験させてくれました。
 
父は若い頃から 旅行が好きで
結婚前も 母や友人等と よく 山とか行ってたのです。
写真が沢山 残ってます。
あの頃は 映画の影響で 山に若者が登ってたみたいですね。
ちなみに 父は 裕次郎のファンで 海も大好きでした~。
 
私が連れていってもらった山は
すっかり 忘れてしまったのですが。。
小5の頃で 尾瀬だったかな~。。。
長蔵小屋だったかな~。。。
スイマセン。。 後で 父に聞いてみます。。
 
実は すっかり 忘れてしまったのには 深いわけがあります。。
オタクと関係があるのですが。。"^_^"
 
その時は昼間がんばって 多分 山道を歩き 湿原を歩き
無事 小屋に着きました 木の小屋っていう感じでした。
 
行った季節はきっと 夏休みです。
でも 小屋というか 山は とても寒かったでした。。
リビング?は 囲炉裏があったのかもしれません。
ギターを弾く管理人さんのまわりで
何人か お客さんが聞いていたようです。
フォークソングが 全盛の頃でしたかね。昭和40年代の終わりですね。
 
全く記憶にないのですが 夕飯はどうしたのでしょう。。
自分らで 持ち込んだ お握りとか食べたのかな~
それとも 山小屋で出たのかな~。
管理人さんは いてくれましたね~。
電気は 豆電球だったような。。
 
親子4人 二段ベッドのある部屋で 寝泊りしました
予約制で お客様はほんとに数えるほどだった気がします。
ベッドの数しか 泊まれないのですよね。
 
で 私ですが 山小屋到着そうそうに そこに何冊か漫画本があるのに
気づいてしまいました。。むふふ。
当時から(多分小2あたりから) 漫画がもう狂ったように大好きで
漫画があれば ごはんはいらないという。。
勉強もしないで ひたすら座って読みふけってしまうという
恐ろしい習性を持っていました。。
 
さっそく 母の目を気にしながら 読書タ~イム!
丁度ベンチもありました。
 
母も 
お母さん テレビもないし退屈だよ~
なんて 子どもに騒がれるよりは良いと思ったのでしょう。
怒りませんでした。
 
そう。。山小屋なので。。
基本的には 山登りの人が夜泊まるというためだけに存在するので
テレビもなかったし お風呂も無かったような気がします。
大人は リビングに座って おしゃべりしてたかな~。。
 
そこで 何冊か漫画の月刊誌がありましたので 読みました。
中に 別冊フレンドがありました
私は当時 別冊りぼん 別冊マーガレッ(別マ) 専門でしたので
フレンドは ちょっと新鮮でした。
大人っぽく感じてましたね~。
 
りぼんと 別マ は やや子ども向けって感じで
他の 週刊フレンド 週刊マーガレット 週刊少女コミックなどは 
すごくおとな~って気がしていましたよ~。
 
で すごい勢いで だーだー読んでいって
別冊フレンドの番になったのですが。。
別冊は 読みきりが殆どだったので 読みやすいのです。
軽い気持ちで読んでいた私ですが
その中の一つの作品に 妙に惹かれてしまいました。。
 
おぉ~~!!
こここれは。。。!!
なんという ストーリーなんだ~~。。。!!
はっきり言って 当時の私には えらい衝撃でした。。
 
ストーリーはこうです。。
多分 フランスだったと思います。
男の子がいて 可愛い女の子を好きになってつきあいます
でも 女の子は 1人の人に縛られるのが嫌っていうか
その男の子の事も 友達としてしか見てなかったような。。
そんな つきあいでした。
女の子は 多情でもてもてで あちこちに男友達がいるのです
 
なので 男の子は その女の子を独占できなくて
苦しむわけです。
その女の子も悪気がない可愛い子で デートすると必ず
大好きよ
とか 言ってくれるので 男の子の独占欲は 増すばかりなのです。
みんなに 大好きって 言ってる小悪魔なのですな。その女の子は。
 
で 女の子が 他の男と結婚するのか どこか遠くへ行ってしまうのか
忘れてしまいましたが 
その男の子の前から いなくなってしまうことが決定したのです。
で、ショックを受けた男の子は 
その女の子を自分だけのものにしようと
決意してしまいます。
 
女の子と最後のデートをしようと 誘い ちらちら雪の舞う中
約束のいつものベンチで男の子は待ちます
そこに ちょー笑顔の可愛い女の子が登場。
コートを着てたような。。冬かもです
いつものように 男の子に抱きついてキスをした時。
男の子は持っていたナイフで コートの下の女の子のおなかを刺します
 
女の子は絶命。
男の子は 目を開けて微笑んで座ってる女の子に 
やっと僕だけを見てくれてる とか言って
雪の降る中 いつまでも2人でベンチに座っているのでした。。
 
こうやって 書くと これってストーカーの話ですね。
ストーカーは 絶対いけないことです!!(怒)
殺人もいけません!!
今朝のニュースで 北海道で あったそうですね!ひどいです!!
 
。。。。
それにしても その話を読んだ当時の私は 
呆然としてしまいました。。
何これ??です。。
 
好きなのに なんで相手を刺すの?って
小学生には 意味不明でしたね。。
何度も読み返しました。。
 
当時は こういう不幸な結末の漫画も多かったのですよね。
一条ゆかり先生 大好きでしたよ。
ほんと どろどろで。。
 
で そのお話ですが 絵がとても素敵で。。
イケメン君と 可愛い女の子でした。。
当時 男の子が主役っていう漫画は少なかったので
それも驚きの一つでした。
ストーリーも 作者さんの腕ですね
ぐいぐい引き込まれてしまいました。。
 
でもでも よりによって 刺すことを選択しなくてもいいよね?
って 思いましたよ~。
大好きな相手が死んでしまうのに。。。
 
 
うわー。。
大人の世界だ。。。って 
やっぱり軽いショックだったのでしょうね。。
一条ゆかり先生のどろどろストーリーを読む前だったのかな~。。
 
夜眠れなかったです。。
支給された毛布だけじゃ 寒かったのもありましたが。。
 
朝起きて また 何度もその漫画読み返しました。。
その漫画のおかげで その山登りの記憶 一切 無いのですね。。
きっと そうです。。
いまだに 覚えている位ですから。。。
 
その時の衝撃がいかにすごいものだったか
自分でも想像がつきます。。
あれ以来 私 ちょっと思考回路が歪んじゃったかも知れません~。。(ーー;)
 
今でこそ ありふれたストーリーですが 
当時は 出始めだったのです 
ほんとに息が止まるほどの結末でした。。
 
お父さんが 私と弟に体験させようと
せっかく連れていってくれた山小屋。。
テレビとか文明のものがない 自然体験をさせたかったのでしょうが。。
 
思いっきり 当時の教育評論家にたたかれていた
諸悪の根源 漫画本
の思い出に なってしまいました。
ごめんなさい。。
 
まあでも ある意味 私の人生観を変えたような
すごい 思い出には なりましたね。。
ありがとう。。お父さん。。(~_~;)

Comments (10)

それはやっちゃいけないと思う

私は 腐女子系です。
立派な腐女子の皆様には ちょっと及びませんので
系 をつけさせていただきます。
 
まじめに生きていれば 
白馬に乗った王子様がいつか迎えに来てくれる (黒い牛?)
 
と胸をときめかせながら 
シンデレラ、白雪姫の絵本を読んでいた
夢見る幼い 読書好きな少女が  
成長と共に どうしてこのうような道に進んだかは
はなはだ疑問ですが。。
 
なぜ 系を つけるかというと~
コミケも 子どもを会場に送ったことがあるだけで
中に入ったことはありません。。
コスプレもしたいですが したことはありません。。
同人誌は 以前買ってました。
今は買ってないです。などの理由からです。
 
本物の腐女子様はもっとすごいはずです。
きっと 所持金全部を そういう萌え的な事につぎ込んで
いるはずです!
(一時 長女も やばかったです。。
同人誌って 高いんですよねえ~。。。)
 
ちょっと 世間からは 引かれる 腐女子ですが
やはり 私なりに 実生活を生きていく上で
ある程度のルールを持っています。
 
○初対面の人に 漫画好き ガクトさん好き とはいきなり言わないこと
ある程度親しくなってから 言う。
 
やはり この年ですから。。
ヨン様が好き~って 告白するのとは ちょっとレベルが違います。。
ヨン様でしたら 初対面でも言えますし、会話は続きますが 
漫画または ガクトさんだと 会話は恐らくそこで終了するはずです。。
あ。。漫画が好きなんだ~。。へえ~。。。テン、テン、テン、
ガクトさん。。あ~。。あの人ね。。。
みたいな 感じ。。
 
○アニソンは 1人でも知らない人がいるグループでは
決して カラオケで歌わないこと
 
はっきり言って しらけるからです。。。
これは つらかったです。
PTAの集まりで ほんとに テニスの王子様の跡部のアルバムの歌
歌いたかった~。。。
こんなに良い歌があるのよ~って
皆様に教えたかったけど。。
 
○萌える対象は 芸能人と漫画の中の人物だけ
実生活では 身近な人には萌えない!
 
じっと我慢です。。
佐川のたくましいお兄さんを見ても
クロネコの可愛いお兄さんの笑顔に瞬殺されても
(あれは ほんとに殺されました。。萌え~。。)
ぐっと こらえます。。。
たとえ 想像でも 身近な人の事を あれこれ妄想してはいけないのです。。
つつつらい。。。
 
と こうして私が日夜 腐女子であることに多少の誇りを持ちつつ、
ちょっとした我慢をしながら 実生活を生きているというのに。。。
 
あほな事件が 今年 宇都宮で起きたんですよ~。
28歳中学校 男性非常勤教師 中学生を痴漢。
 
裁判のニュースをラジオで聞いていたら
なんと この人 今年 教え子の13歳の中学生と
ホテルで 数回関係を持ったっていうのも言っていて。。
 
どうりで 中学校名が出なかったんだな~って
思いました。。
うちの子の中学校ではないです。
 
バカかー!
と 思わず絶叫してしましました。。
相手が18才未満は 犯罪なんだぞー!
 
いや、状況はよくわかりませんが。。
中学生たちって 夢みるお年頃で 
先生とつきあいたいっていう感情 すご~くわかりますし
実際 そういう内容の過激な漫画や小説が 出てるのも知ってますが
やはり それは空想の中の事にしないと!
 
教師は たとえ 非常勤教師でも 
教え子と 生徒が未成年のうちは
つきあっちゃいけないですよぉ~。何があっても!!
たとえ コクられたとして うまく断らないと!!
 
なんかすごく 気味が悪い人です。
私が教育実習へ行った時 生徒の事を 性の対象に見てる先生なんて
1人もいなかったのに~。。
あたり前ですが。。
 
中学生って 内面が子ども過ぎるし。。
外見はいっちょ前ですが
自分の子どもも含めて 
小学生のほうが きちんとしてて立派だ~
と いつも思いますよ。。
 
そんな子どもの中学生に なんてことする教師だ~!
痴漢もしたなんて 一体どういう神経。。
 
ほんとにそういうコトは
漫画の中だけにして 実際にはやらないで下さい
と まじで思いました。。

Comments (14)

考察 巻第3ー挽歌420~425 石田王 丹生王 磯城皇子 紀皇女

万葉集には 一体誰なのかわからない方が よく登場します。
日本書紀にもきちんと載っていない方です。
 
有名な 額田王(ぬかたのおおきみ)は書紀にのっています。
万葉集で彼女は明らかに歌を沢山詠んでいるので
歌人ということで通っています。
玲子さんは 彼女の事を サイキッカーと 見ています。
王 というのは 祖父母か前の先祖が皇族とか
昔からの名だたる土地の支配者の子孫とか そういう身分の方の名前です
 
巻第3 挽歌 に登場する 石田王と丹生王は
伝不詳 という方々です。
王 という名前と時代から
恐らく 以前の天皇の外孫に当たる方でしょうか。。
謎です。。
 
なぜ この2人に辿り着いたかというと
天武天皇皇女である 紀皇女を調べていたからです。
 
紀皇女は 亡くなった時のことが日本書紀に記載されてない皇女です。
 
里中満智子氏の 漫画 天上の虹 で
あまりにも有名な役どころの方です。
色っぽくて美人で 軽皇子(少年の頃の文武天皇)の年上妻になります。 
そして 弓削皇子の愛人
そして 壮絶な死。。
と かなり ハードに描かれています。。
 
なぜ 文武天皇の妻かというと
梅原氏が 著書の中で お書きになったことだそうです。。
読んでなくてごめんなさい。
 
確かに不思議なのですが 文武天皇には皇室出身の妻がいないのです
天皇になれずに若くして亡くなった草壁皇子にはきちんと
皇室出身の妻がいたのに。。
持統天皇に死においやられた 従兄弟の大津皇子も
ちゃんと 皇室出身の妻がいたのにです。。
 
そう この当時 天智と天武の子ども達は
沢山いて 結構その中で 結婚をしているのです。。
なのに 文武天皇には いないのです。。
日本書紀に記載されていないのです。。
 
臣下 藤原不比等の娘 宮子 が妻として有名ですが
(彼女は 聖武を出産後 欝?になり 引きこもりになります)
普通 いて当然の 天智か天武の血をひく皇女を妻にしていないようなのです。。
 
それで 亡くなった事が記載されていない紀皇女が
実は 文武の妻であったのではないか?
そして 不倫か何かがあって
または 藤原氏の陰謀があって
正妻の座を引きずり下ろされたのではないか
と  考えられたわけです。
 
確かに 藤原氏にしてみたら 皇族の妃は いないにこしたことがないです。
宮子に子どもが生まれて うまくその子が天皇になれば
自分が外祖父になれるわけですから。
実際 宮子は 聖武天皇を産みます。
 
聖武天皇も 皇族出身の妻がいません。
まあ それは 聖武の妻 光明子の立后に反対した長屋王を
藤原4兄弟が 死においやったという事も
関係してるとは思います。 
 
とにかくその謎の人 紀皇女ですが。。
この石田王に関しての歌は 外せない歌なのです。。
 
420で 石田王は すでに亡くなっています。男性らしいです。
で その死を 丹生王が嘆いて ちょっと長い歌を詠んでいます
少し後に万葉集に登場する 丹生女王と 同一人物?と 言われています。。
つまり 女性ですね。。石田王の妻?とも言われています。。
 
421と422は 反歌です。
423は 石田王の死を 山前王が嘆いて歌を詠んでいます
この方は 忍壁皇子の息子さんです。
この歌は もしかして柿本人麻呂 が 代わりに詠んだかもと言われてます。
 
424と425は反歌です。
そしてこの反歌の詞書に この歌は 紀皇女が亡くなった後、
山前王が 石田王に代わって作った と書かれています。
 
ですので 謎の紀皇女は 石田王の妻であったのではないかといわれています。
さらに 紀皇女の謎を深める歌の一つに
巻12-3098 の歌があります。
 
高安王と会ったのがばれて 責められているときの歌で
おまえ(多分 家来?)のせいで怒られているのに 馬に乗って偉そうに登場するな
というような すごい激しい歌なのです。
(高安王とは かなり年下になるそうなので これは紀皇女ではなく
託基たきの皇女の間違いか、とも言われています)
 
そして 弓削皇子の 紀皇女を思って作った歌4首があり
紀皇女の 誰かを思って作った歌が一首 あります 
かなり想像をかきたてられる生涯なのです。
 
そして 磯城皇子(しきのみこ)ですが
この方も 亡くなった年が日本書紀に記載されていません
 
玲子さんは 高松塚古墳を霊視したとき
1人の壮年の男性と もう1人妻か家族か若い身分の高そうな女性と
しき の言葉が浮かぶとおっしゃっていたので
むむむ。。と 私は一気に 魂を刺激されてしまいました!
 
しかも 高松塚は 呪詛のために持統天皇が作った古墳ということで
きっと被葬者は 磯城皇子だ~と 私は勝手に決めてみました
もう1人 天智天皇の息子で 志貴皇子(しきのみこ)がいますが 
この方は 持統天皇の死後に亡くなっているので 違いますね。
 
万葉集に登場する 謎の王 石田王と 丹生王
日本書紀に 亡くなった年が書かれていない 磯城皇子と 紀皇女。。
私は 4者の関係を 勝手に妄想してしまいました。。
持統天皇が怖いですが。。
次回 また 考察してみたいと思います

Comments (4)

日記

23日、24日、25日と 仕事です~。
おかげさまで沢山 カーテンの受注を頂きまして
28日 水曜納期めざして がんばってます~。
ちなみに 700メートル 縫製しまーす
義父がアイロン、夫が フック差し、
義母と私で ミシン掛けです。
 
夕方5時に 次女が待ってるし 食事作りがあるからと 
母が 私を帰らせてくれるのですが
外に出ると
東の暗い夜空に 月がぽっかり浮かんでいて とてもきれいです。
明日が満月でしょうかね~。
 
こうして 1日、1日 
一年が少しづつ終わっていくんだな~と 感慨深いです。。
 
朝、日光へ行楽に行くらしい車の列を見ながら出勤しますが。。
 
絶対 そのうちいつか 隠れ温泉へ行って 
読みかけの スラダンとデスノートとNARUTO 読破して
PCと 温泉、お昼寝三昧したいと 
固く心に決めてます。。
カニも おなかいっぱい 食べたいぞ~ (^_^)v

Comments (10)

Older Posts »