山幸彦と豊玉姫

古代の 妄想だか推理になるのかわかりませんが

ある日 ふと 頭の中に

 

あれの真相って あーゆーことじゃないだろうか。。

 

って 浮かぶんです。

 

なので 浮かんだことを せっせと記事にしています

数年後にたまたま読んで

 

え? 過去ゲゲ こんなことが降りてきたの?

 

と 自分でもびっくりすることが多々ありますw

 

古事記や日本書紀に書かれている 過去の天皇の事って

時代は違えど 結局は 1人の人間の人生なので

視点によって 色んなとらえ方があるだろうし

関わった人達に関しても 名前とか気持ちとか 伝え間違いがあるだろうし

絶対 本の通りだ!!

という決めつけは よくないと思うのです

 

後世の人が 良い風に推測したり 真相?を究明しようとする姿勢が

供養になるんじゃないか

と 思ったりします

 

山幸彦と 豊玉姫ですが

なぜ 豊玉姫は怒ってしまったのか。。

愛する旦那様の山幸彦と生まれたばかりの子どもを置いて

海に帰ってしまったのか。。

 

古事記では

お産を見られたから と簡単に書いてありますが

もっと 深い意味が隠されているのでは?

なんて 勘ぐってしまいます。

 

やはり これは

家の問題ではないかと思います

山幸彦の天孫族と 豊玉姫のワニ族(お産でワニになったというので和邇族だと思いました)では

ダメだったのでしょう。。

 

家同志の結びつきが決裂して

親の意向で 2人は離婚し

豊玉姫は 違う部族の人に嫁いだのだと思います

 

そして 子の養育のために

豊玉姫がよこした妹の玉依姫というのは

母違いの妹だと思います

母親が 天孫族に近い氏族なのかもです

 

姉と 姉の子どもが不憫で可哀想。。

と 玉依姫が 苦労を覚悟で決意して

家を出てきたのかも知れません

 

と こんな考えが 先日 ふと 頭の中に降りてきました

 

もしかしたら

 

いつかは 本土の大和へ上って戦って 支配地を広げるぞ!!

 

という秘めた野望?を持つ天孫族の山幸彦に

海のそばで生まれ育った豊玉姫は

心身ともに ついていけなかったのかも知れません

故郷を捨てられなかった。。とか。。。

 

 

古代も今も

結婚生活って

好きって気持ちだけじゃやっていけないものなんですねぇ。。。

広告

ミラーニューロン? 会費不思議事件

昨年10月のことですが

私は 某会wの会費の件で

もういいかな。。。

と思い

毎月納める会費の額を減らそう!

と 決意しました

 

そこで 本当の気持ちとしては

12月から 会費の額を減らしたかったのですが

まあ 年が明けて1月からでいいや

と思いまして

 

10月に

いつもの通りの金額を書いて

11月分 12月分の会費納入書を提出しました

 

その会費は 口座引き落としなので

会費納入書を見て 事務の方がパソコンに入力して処理してくれる方式となっています

 

そうして 12月

郵便局の通帳を見たのですが

びっくりしました

 

なぜか 12月だけ 会費が減額されていたのです

 

???

 

おかしいな

いつも通りの金額を指定したのに。。。

 

事務の人は 私が 会費を減らしたいって考えてるなんて知らないはずなのに。。。言ってないし。。

 

まあいっか!

きっとサービスだな!!(笑)

そういうことにしておこう!!!

やったー!!!

 

と 軽く流して そうに思いました

 

そして 年が明けて1月

何かの集まりの時

事務の方とばったり出会ったのですが

その方が 突然

 

ゲゲさん ごめんなさい

私 12月分の金額 入力間違えちゃって。。。

少なかったでしょう?

ほんとにごめんなさいね

自分でも どうして間違えたのか わからなくて。。。

 

と ものすごく謝ってくれたのです

 

 

ななななななんと!!

それを聞いて とてもびっくりしました!

 

 

うわ~~~~~。。。

私の気持ちが この方の脳につながっちゃったんだ~~。。。

と まじで思いました((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

 

これが (正確には違うんだろうけど)ミラーニューロン遠距離版

って やつだぁ~~~!!!

 

 

私が

「会費の金額を減らしたい」

と思っていたのが

離れている事務の方の脳に伝わって

なぜかありえない入力ミスが発生し

 

12月分の支払い金額が減った。。。

と結果に。。。

 

 

いや これ ほんとに 不思議で

ゲゲも びっくりしました!

 

そういえば

かつて 義母も 同じところにお金を払っていたのですが

 

もう やめたいんだよね

 

と私に言っていたら

数日後 事務の方から

 

ごめんなさい!

○月分 二重に引き落とししてしまったので

#月で 修正しておきます

 

と電話がかかってきたのです

。。。。。

 

義母と私で

 

話をしていたからかねえ。。。

初めてだねえ こんなこと。。。

 

と 驚いたのを 思い出しました!

 

いや~。。。

脳って やっぱすごいわ!

大嶋先生の本を読んでいると 色んなことに気付くから

人生 楽しくなりました!w

先生は 仮説 仮説って おっしゃるけど

 

実際 そうなんじゃないかなあ。。真実!!

ゲゲは 思いまっすよ (^◇^)v

トラウマによって催眠状態に入ってしまう

姑が たまに 思い出したように

我が家のトイレの改修を 勧めてきます

 

で 毎回 ゲゲは

壊れていないので

とか

不自由を感じていないので

と やんわり断ります

 

すると なんだか 急に不機嫌になって

こちらの状況も考えず

しつこく改修をあおってきて

1人で べらべら 人を不快にする言葉のオンパレードで

しゃべってきます

 

まあ あの性格じゃ いつものことか

その話が出るたびに

長年 相手にしてきませんでしたが

先日 トイレの改修を勧める理由がわかりました!

 

トラウマによって 催眠状態に入ってるみたいです(笑)

大嶋先生の本を読んでいたので

はたっと 気づくことができました

 

仕事の最中 義父母は もう何十年も前の人の事を思い出しては

その人の悪口で盛り上がるのですが

その時は 義母の実家の兄嫁の悪口を言っていました

 

義母の実家に住む実母が 生前

もう10年以上前のことですが

老齢のため腰が悪くなり

和式トイレでは不自由だということを

義母が耳にしたのです

 

なので 仕事柄

義父が 洋式トイレと工事代をプレゼントしよう

と 義母の兄に提案してみたところ

兄嫁が 露骨に 反対したんだそうです

 

義母にしてみれば

自分の母親が困っているのに 反対するなんて

なんて ひどい嫁だ

と 思ったのでしょう

 

話しぶりから推測するに

いまだに 根に持っているようでした(笑)

 

これだ!!

これが トラウマになって 心の傷になっているのだ!

 

と ゲゲは 気づきました

 

義母の頭の中では

 

自分が今住んでる家ではなく 自分が関係する家はトイレの改修をしなければいけない

 

という自分でもわからないけど

そうしなければいけない という追いたてられる何かが

でき上がってしまっているのだと思います

 

そこで 頭の中で追いたてられてるので

突然 私に言ってみる

 

私が 断ります

(タダじゃできないしねぇ。。。別に壊れてないしw 強制されてやりたくないよ w)

 

その途端

 

断られた   嫁に 

 

という ワードで

義母の頭の中は

 

なんて ひどい嫁だ!!!

 

と ショック状態に陥り

「こちらが親切に言ってあげたのに 兄嫁がトイレの改修を断った」あの時

に 戻ってしまう

と 思われます

 

これは

キーワードでトラウマを思い出して

瞬時に過去に戻ってしまう

ということで

催眠状態なんだそうです

 

 

なるほど~~~

そういうことだったんだ~~~~

 

だから 不機嫌になって キレた状態になるんだ~。。。

 

へぇ~~~。。。

 

その他にも

どうも だんなと義父母の親子は

いろんな遺伝子を持っているようで

あまり 人と円滑にコミュニケーションがとれないみたい

に感じます

 

まあ それが わかれば

こちらも対処のしようがあるので

最近は おかしなことを言ったりやったりした時には

これは トラウマ? 催眠? 遺伝子?

 

なんて 客観的に離れて 観察するようにしています w

 

大嶋先生の本には ほんと救われています♥