3月 2012 のアーカイブ

雨 上がりました~ ♪

2012年3月31日

姉ひょん ごめんねさいね!!
ネット暴風雨嵐槍の中 いつも来て下さって 本当にありがとうございます!!
↓ 3個のコメ とっておきたいのでしゅが 良いですか? (#^.^#)
わがまま言って ごめんね~。。
きっと いっぱい書いてくださったほうのコメが消えてしまったのでしゅね。。ごめんちゃいでしゅ。。一言コメが投稿出来たパターンとお見受けしました。。
姉ひょんがしゃべってるみたいで なんだか嬉しいの (*^。^*) えへへ。。
いっぱいコメしてくださって ありがとうごじゃいます。。お手数おかけしちゃって ごめんなさいですよお~~。。。

って このブログ 不具合多過ぎ~~~ ><Ψ 投稿したコメが消えるなんて 酷すぎる~~~~ (~_~メ)
みなさんに迷惑かけてる~~~~~!!! プンスカぷんぷん!

絶好調な時が なんだか 嬉しいけど 悔しい。。。。。。

広告

お彼岸ですね。。

2012年3月18日

3・11の日 津波の映像ばかり観ていただんなは 

次の月曜日3月12日 頭痛で 午後から夜 仕事ができなくなりました。。><

偶然だか どうなんだか。。。

同じ月曜日の夜 仕事の後 ヤマダ電機へ行った長女がレジを打ってもらっていたそばで 万引き防止用のタグ感知器?が 誤作動?で ピーピー鳴りっぱなしになったそうでした。。

機械の事ですから 何か原因があるんだろうけど。。。 怖いっす。。。

さらに 同じ月曜日の夜 元気よく走って遊んでいたルルが 

午後9時頃 突然 足がうまく運ばなくなり 派手に転んだりし始めました。。

。。。

だんなの頭痛は 次の日 完治。。

ルルも 心配しましたが 次の日の朝 普通に元気よくケージの中に座っていました。。

ゲゲの仕事の都合で 中々 病院へ連れていけなかったのですが 木曜日に病院へ行けました

診断もついて 高齢のため(10歳になりました♪ 2月の末か3月の初めが誕生日) 関節に菌が入って腫れてるか 腎臓にいる虫さんが神経に悪さをするという ウサギの70%に発症する病気のどっちかだろうという結果でした。。

お薬をもらったので 毎日飲ませています。。派手に転ぶ事が少なくなり 以前みたいに走れるようになりました

。。。

ゲゲは考えました。。

近頃のゲゲは 自治会とか地区の役職とか かなりめんどくさくなってきていて いっそ何もかも全部投げ出して お気楽に自分の好きなように生きようか。。。などと思っていたのでした。。

老後は 過疎の地に隠遁したい。。とかまでも思った日もありましたくらい あの電柱おばさんに苛められたのとか そのおばさんのいる班のゴタゴタが相当トラウマになっていて わけのわからない人達に対して 非常に疲れていました。。

仕事でも 腕の筋肉だかがとても痛くて ミシンをかけるのが 辛かったでした。。

そんなゲゲの口癖や 心の中で思う事は 「あ~ もうヤダ!神経がおかしくなる!」でした。。

そういうゲゲの負の想いが もしかして ルルの神経とか関節で 菌が動き始めた原因なのかも・・・。

今まで元気いっぱいだったルルの突然の発症ですから 飼い主のゲゲの暗い想いが原因というのは 充分ありえます。。30%のウサギは ならないのですものね。。。

だんなの頭痛は お彼岸だから・・・とか 色々思う事もありますが まあ 本人の問題なので 是非 自分で乗り越えて欲しいと思います。。^^;。。。 

薬を飲んで頑張っているルルを見ていたら ゲゲも反省しました。。

頑張ろう!!

腕の痛みも 筋トレだ!と 思った途端 痛くなくなりました。。^^; 現金っす。。><

老人ばっかりの地域ですが 夢と希望を持って 頑張ろう!と 思いました。。逃げるのはやめて 明るく前向きに乗り越えよう! と 決めてみました。。

ルル ありがとう~~!!

10歳おめでとう~~!! 元気に長生きしてね~。。。

。。。

でも 不思議なのですが ルル 朝と 夕方4時から8時位が絶好調で 夜8時過ぎになると 途端に足が疲れてくるみたいです。。食欲はすごくあって とても良いうん○ちゃんをするので おなかの中はとても快調なのですが。。

ルルは ゲゲが生長の家のお経を読んだり ご先祖供養の霊牌を書いたりした後は 元気になります。。

。。。

もしかしたら ゲゲ家 恨みを買っていて 夜 誰かに呪詛されているのかも。。。それをルルが感知して ルルにいっちゃってる??。。。(ーー゛;)。。。

。。。祓いたまえ~~ 清めたまえ~~~~。。

悪霊 退散!!!

神奈川萌え一人旅 その四 二宮 吾妻神社~辻堂~

2012年3月18日

吾妻神社  神奈川県中郡二宮町山西1117

        祭神 弟橘媛命 

        配祀 日本武尊 

        創建 第十二代 景行天皇の朝と伝わる

 

 ↓ ネットの記事で拝読させていただいた地名に関する文章 (ちょっと 漢字が違ってると思う部分あり。。)

  この辺りは淘綾郡といったのですが、「其衣袖 濤に翻り 綾帯 磯に漂ふを以て 浜を餘綾浜と云、海を袖ヶ浦と称すと翻る」という地名伝承もあります。

ゲゲがお参りした時 丁度 近くの小学校で何か行事があったらしく 小学生の高学年らしき女の子達がいました。。

仲良し4人組らしいのですが ケンカ?したようで 2人vs2人に分かれて 離れた場所で 互いの悪口を言っていました。。^^;

 きっと 神社はそういう心を癒してくれる空間なのでしょう~。。それから10分後 ゲゲがこの神社から下に降りたら 道路脇の別の小さい神社で4人は仲直りしたようで おしゃべりしながら そこの神社のお掃除をしていました ^^; 

この吾妻神社は ゲゲがその前に登った吾妻山のハイキングコースから来れる位置にあるので 山側から歩いて立ち寄る人達もいました

地元の方達に大切にされている神社だなあ~ と 思いました。。

無事お参りもしたし さて ファミレスへ行こう!と 神社のある中腹から山を降りました 

カップルさんはまだお湯を沸かしているようでした。。中々沸かないものなんですね。。^^; 大変ですね。。

登ってきた階段を降りる途中 後ろから 人の気配がしたので 振り向いたけど 誰もいませんでした。。

写真を撮ろうと デジカメのピントを合わせていたら 液晶画面の真ん中が やたらめったらグルグル渦巻いていました。。

↓ 写真には 何も写ってなかったです。。 当たり前。。。 

 

 どなたかわかりませんが 生まれ変わって幸せになって下さい。。と心の中でつぶやき 合掌しました。。

媛の侍女が見送りにきてくださっていたなら 嬉しいなあ~ ^^ (。。。ちょー不思議系。。) 

 ここで 午後4時24分でした。。

辺りはすっかり暗くなっていて ゲゲのおなかは空腹を通り越して満腹?になってました

16:50 デニーズ 昼食(笑) ♪ 和風ハンバーグセット 

      遅い昼食を食べた後 うさこさんのケーキ屋さんのある辻堂へ行こう~♪と 駅へ行きました

18:07 二宮駅 

18:25頃 辻堂 

辻堂で降りたゲゲですが 愕然!としました。。ついうっかり 宇都宮までいける金額の切符を買ってしまっていたのでした。。うが~。。。 ぼーっとしていたあ~。。。

駅員さんに相談したら 二宮駅へ戻れば払い戻してくれるというので (ありがとうございます!!) 二宮~辻堂分の運賃を払って 無事 改札を抜けました。

うさこさんちのケーキ屋さん目指して 辻堂駅そばに新しくできた巨大ショッピングモールへ入りました~

長女や次女の好きなショップがいっぱいで お客様も実にたくさんいて とてもきれいで素敵でした~!!

1Fにあるうさこさんのケーキ屋さんへ行く前に そうだ!!と 閃きまして ストーンショップへ寄りました。。

前から欲しかったインカローズのブレスを作ろう~!と 思ったのです。。

去年あたり 日本武尊を調べていて弟橘媛に会いたいと思っていたら なぜか インカローズのブレスが欲しくなり ネットショッピングやパワーストーンショップへ行って探したのですが これだ!というのに めぐり合えなかったのです。。

この日は弟橘媛様の神社へも行けたことだし 弟橘媛様とご縁がある日なので ご褒美プレゼント的な意味で 記念に作っても良いなあ~と 思いました♪

お店へ行きましたら まさにこれ!という素敵なブレスに出会えましたので 作ってもらいました。しかも20%引きの日でしたので お値段的にもラッキーでした。

それから 1Fのうさこさんちのケーキ屋さんへ行きました。

残念ながら うさこさんはいらっしゃらなかったですが ご家族の方がいらしたので ご挨拶して スイーツを買いました~ ^^ また行かせて下さいね (^・^)  今度こそ事前に連絡します~ (笑)

そして 再び 二宮駅へ戻りました。。

よく思い出してみたら さっき 神社~ファミレス~駅間の移動がとてもバタバタして きちんとご挨拶が出来てなかったかも。。。と 気付きました。

二宮駅の駅員さんから 間違って買った切符を払い戻してもらい 上りの電車を待ちながら 駅の写真を沢山撮って 神社方面に向かって お礼を言いました。。

                              ↓ 駅の北口            ↓ 吾妻神社の方角

      

 20:40頃 二宮駅

         ↓

 22:20  東京発 新幹線 車内で うさこさんちのお菓子をおいしく頂きました ☆

 23:10頃 宇都宮 到着

 日曜日の夜11時過ぎはバスがありません。。が 気分も高揚していましたので 徒歩45分 家まで歩きました \(^o^)/

 次の月曜日 ちょびっつ 不思議な事がありました。。

朝 いつもの時間に 次女を学校まで送りに車で出発しました。。

暫く走ったところで 途中 突然カーステがガチャガチャウィンウィン言い始めまして ガックンのアルバムCDの曲が再生できなくなりました。。

よくある音とびではなく 機械そのものがおかしくなって 再生を拒否したようでした。。

え~。。 今までこんな事なかったのに~。。 しかも 曲の途中で・・・ とうとう カーステ 壊れた?

助手席の次女は 状況を打開すべき CDを一旦外へ出すボタンを押しました

CDが無事出てきたので 次女は CDを再び入れ直しました 

そうしたら 普通にアルバムの1曲目が流れ始めましたので 良かった~~ 壊れてない~~ と ほっとしました。

そして 1曲目を聞き始めたのですが 歌詞を聴いていたら なんだか感動というか胸にびしびし入ってきて 泣きそうになりました。。

「君に会いたくて」というバラードです。。

実はゲゲ ガックンファンのくせに ガックンの歌うバラード系はあまり好きではなく どっちかというと ハードでガンガンな曲が大好きであります。。この「君に会いたくて」という曲も はっきり言って なまぬるい?ため あまり好きではありませんでした^^;

。。。好きじゃないのに 急にこみあげてくるこの泣きそうにきゅんとくる感情は一体???

歌詞をよくよく聴いていたら この曲は 僕から突然去っていった彼女へ愛を歌う歌でした。。

。。。まさか。。。

自分の目の前から突然海の中に去っていった弟橘媛を想う日本武尊様の気持ち??!!

都合よすぎな解釈かも知れませんが そうに思えて仕方ありませんでした。。

次女は「CD大丈夫だったね。さっきのは なんか変だったね」と言いました。。

そして 先日の朝 

またまた 次女を学校まで送っていく途中 同じアルバムの「君に会いたくて」を なんの気なしに聴いていたところ

♪ 君に会いたくて~ の部分が 再生がかすれて 途切れ途切れにぶるぶる震えるような声になりました。。

ガックンが苦しそうに き~み・・・に あ・・・い~・・・た・・・く・・・て・・・・・

と歌ってる感じになりました ^^;

また壊れた? と次女と耳を凝らして?聴いていたら その後は 普通にきれいな音で再生しました。。

次女は「どんだけ会いたいんだ?」と 西野カナの歌に突っ込むみたいに突っ込みを入れていました。。^^; 

ゲゲは う~む と考え込んでしまいました

これは もしかして。。

どこか栃木の神社の日本武尊様に 「弟橘媛様の神社に行って参りました」ってご報告してないから?

って ふと思いました。。。

去年色々な神社に行かせて頂きましたが 思い起こすと 「甲神社」が頭に浮ぶのです。。 

本庄の金鑚神社でも良いかも。。と思ったり。。。

今度 ご挨拶に行こう~~と 思いました。。

そして これはいつもなのですが ゲゲが神社参りに行くと 次の日から なんだか 次女に色々と起こり?ます。。^^; 

「ママが悪いの連れて帰ってきたせいだ~!!」と 次女はゲゲを責めます

が 次女の友達に1人霊感少女がいるので 絶対 ゲゲのせいではありません!!

「ママは 絶対 悪い霊は連れてこない!!良い霊しか憑いてない!!」と 勝手に決め付けて いつも反論してます (^◇^l)ヾ

愚痴。。

2012年3月11日

よくわからない。。だんなの感覚。。
私は観るのが辛いので テレビを観ないで パソコンをいじくってる。
だんなは 津波の映像を真剣に見ている。。人が波に呑まれる映像を特に注視してる。。
津波の映像が終わると テレビ画面から目を離す。。
濁流に呑まれる人の映像を観て 「俺だったら 助けに行くけどな!」 と 豪語している。
その一方で 自分がラーメンを作っていて邪魔だからと 「こんなとこに箸なんか置くんじゃねーよ!」と 大声で怒鳴ってる。。
俺だったら(流されそうな人を)助ける!と英雄ぶった後 一番身近にいる家族を些細な事で怒鳴りつけて・・・。
次女の部屋に 7人の友達が遊びに来てるから 洗った食器がたくさんあるって わかってるはずなのに。。。
普段家族に暴言を吐くような 家族を大切にしない人間が いざ!という時 他人を助けられるのだろうか。。。素朴な疑問。。。
去年の地震の後も 家族が無事だったって喜ぶどころか 自分がどこにいていかに揺れたか ってその事ばかりしゃべっていたし。。。
よくわからん。。だんなの感覚。。。

あの日から1年。。黙祷。。。

2012年3月11日

昨日 弟から 「お彼岸は本庄へ来ますか」のメールが来たので なんとなく 去年はどうだったかなあ。。。と昨年の手帳を見返しました
そうしたら 昨年の3月のお彼岸は 本庄へ行ってませんでした。。地震後の宇都宮のガソリン不足で 行けなかったのでした。。
そういえばそうだった。。。と 記憶が蘇えってきました。。
最近は テレビの特集で 津波とかの映像が多くて 辛いです。。
昨年 地震後は毎日なんだか必死?に生きてきたようで ほんと あまり記憶がありません。。
ガソリン騒ぎが収まるまで 会社へチャリで通っていたのも すっかり忘れていました。。
忘れようと 脳が働いたのかもです。。
ちょうど 長女と次女の卒業が重なったので そっちの方に気をとられていたのかも知れません。。
生きていた事に感謝して 復興頑張ろうと思います ☆
 

神奈川萌え一人旅 その参~ 二宮 吾妻神社

2012年3月11日

京急バスに乗り 馬堀海岸駅まで戻りました。

次に 弟橘媛の櫛を埋葬したという言い伝えのある 二宮町 吾妻神社を目指して電車に乗りました

12:30頃 馬堀海岸駅 

     ↓          京急浦賀線

       堀の内 乗り換え 

     ↓         京急本線快特

13:19  横浜 乗り換え

     ↓         普通 東海道本線

14:09  二宮

二宮町はとても静かで落ち着いた雰囲気の海岸沿いの町でした。

自宅でここの地図を調べた時には

駅からすぐそばの吾妻山中腹の吾妻神社をお参りしたら どこかファミレスへ行ってランチしよう~♪ 

と 予定をたてていました。

二宮駅に着いて 最初は南口から外に出ました

あれ?吾妻山が無い。。。と思って 駅の北口のほうへ回りました。 

吾妻山がありましたので 山沿いの道路を 西へずんずん歩いていきました

が ざっと見渡してみたところ

目的の吾妻神社はありませんでした。。

最初の勘を大切にして そのままずっと西へ歩いていけばよかったのですが 

「違うのかも」・・・と不安に思って東へ戻り さらに 違うかも・・・と北へ南へ・・・にぎやかな大通りをひたすら歩き 

結局 「やっぱり ここしかないかも・・・」と よくわからないまま駅の北口に戻って 駅構内に地図を見つけて吾妻神社を確認して

吾妻山の東側から ハイキングコースを登りました。。

ここだったっけ?と ネットで見た地図を思い浮かべ 自問自答しながら 

長い長い山の階段を ハイキング?を楽しんでいる健脚な人々の後から ぜえぜえ(^◇^;)付いていきました 

急で長い山道の坂は とても歩きやすく整備されていましたが 普段運動不足の身には 相当きつかったでした。。^^;

しばらく登ったら 浅間神社が建っていました

女神様~~ コノハナサクヤ姫~~

とても見晴らしの良い高台でした

 

  

お参りした後 周囲を見おろしましたが

やっぱり吾妻神社が無い!

と気付き もうひとふんばりして頑張って山を降りたところに 地図が描かれた看板がありました。。

吾妻神社の絵が もっと西の方角に 道路からちょっと入った山の中に描いてありました!

ゲゲがネットの地図で見た通り、山からではなく 道路から登れる場所でした。

あった~!今度こそ頑張るぞ~~!! 

と 吾妻山を降りて すぐ下の道路に出て 西へ歩いていきました。。

突然の山登りに驚いたのか 膝がだいぶ笑っていました。。カクカクしてました 

↓ てくてく歩いていたら 電柱の立て看板?に梅沢の地名が!!

「梅沢」という地名は ネットの記事で見たのですが 

海岸に流れてきた姫の櫛を埋めたので 埋め沢 → 梅沢 というのだそうです。。

櫛だけではなく屍も漂着した という伝承もあるそうです。。

立て看板のあった場所から歩いて10分 とうとう吾妻神社の登り口に 到着しました

 

吾妻神社目指して 頑張ろう!! 

と 登り始めました

ゲゲの想像より 神社ははるかに上でした。。。はっきり言って 地図をなめていました。。

うわ~。。。いろは坂並に くねくねした坂を登るんだぁ~!!

急な坂道をやっとこ登っては左へ曲がり さらにうんとこ登っては右へ曲がり。。。

まだ神社が無い・・・と立ち止まっては 坂の上を見つめ・・・

何度も 「引き返そうか・・・帰ろうか・・・」と思いました。。。

さっきも 吾妻山 相当な距離を登ったし もう足が限界かもしれない。。。おなかもぺこぺこだし。。。

。。。

だけど 

ダメ! 絶対 後悔する! 

今日は 吾妻神社へお参りするために 神奈川まで旅してきたんだから!

と 人生久しぶりに自分を鼓舞し(高校の時のマラソン以来?) くじけそうな心を叱咤激励しました。。 

この日は 女神様に会うため 多少おしゃれな格好をして 女の子っぽいハンドバッグを持っていました ^^;

もう なりふりかまわず 持っていたバッグを肩にかけ 髪を汗で振り乱し ガニマタ状態で 山道の坂の階段を ゆっくりゆっくり 一段一段踏みしめながら 頑張れ自分・・頑張れ自分・・・と唱えながら 登りました。。

出来るなら 這って登りたかったです。。でも 道が雨で濡れた後で 泥だらけだったので^^; ぐっと我慢しました。。。

いくつもカーブを登り 何個目かの坂道で 

上から 20代後半位の若いカップルさんが降りてきて すれ違いました

おぉ~~~ 人だぁ~~ ♪ やった~~ ♪ ゴールは近い?かも~~ ☆

足取り軽く降りてくる(さすが若い・・)2人の会話が 自然と耳に入ってきました

「ね~ なんで あんなところで お湯沸かしていたのかな~?」女の子

「コーヒー 飲みたいんじゃね?」男の子

・・・

・・・なんの会話?

ちょー いみふ~~~。。。 意味不明~~~。。。

多少疑問に思いつつも 人に会えた喜びで 最後の力を振り絞り 坂を登りました。

登った後 足元を見たら まだ上に行く階段がありました・・

まだ着かない・・・とちょっとがっかりして ふと顔を上げたら カーブ右に 鳥居が見えました!!

しかも 鳥居の右奥は 階段ではなく平面ぽかったでした

やった!!この坂 20段位階段を登れば きっと神社の社殿だ~~!!神様ありがとう~~!!

最後の階段~頑張ろう~~ ♪ と ゆっくりゆっくり登っていきました。。

階段を登っていくにつれ 鳥居の左側の平坦な地面部分に さっきとは違うさらに若そうなカップルがいるのが 徐々に徐々に目に入ってきました。。

。。。

男子は座って何かしていて 女子はちょこちょこ動いていました。。

・・・

まさか これが さっきのカップルの会話の?・・・

2人は キャンプ?用の湯沸しとでも言うのでしょうか。。銀色の細長いので 火を燃やして お湯を沸かしているようでした。。

。。。

な~るほど~。。。これが 「あんなところで」の正体か~。。。

。。。確かに あんなところでした。。

神社の敷地内ではないのですが 鳥居からすぐ前の場所で。。鳥居をくぐる前に身支度を整える感じの ちょっとした空きスペース。。

。。。

ゲゲも思いました。。「なんでこんなところで お湯沸かしてるの?・・・」 (^◇^;)

やっぱり さっきの男の子が言っていた通り コーヒーを飲みたかったのでしょうか~。。。

頑張って山の坂道を登った後に どうしてこれに遭遇?・・・どんだけ~??

面食らいましたが ぐっとこらえました。。

この2人 一生懸命真剣に^^;火を燃やしていたので 挨拶する雰囲気もなく 

ゲゲは 気を取り直して 鳥居をくぐりました。。99% カップルに気をとられながら。。。^_^;

山登りで上がった息を静めつつ 手水を使いました ↓ 手水舎 

本来なら 「神社にお参りさせて頂きます」・・・という敬虔な気持ちにならなければいけないのに 

頭の中は どうしても 「頑張って 山を登ったぞ~!」 と山登り達成感だけを 叫んでいました。。

いけない いけない!と気持ちを落ち着かせて 社殿にご挨拶させて頂きました。。

頑張って登ってきました・・・と 心の中で静かにご報告しましたら

その途端 とても気持ちの良いそよ風が すう~~~っと吹いて ゲゲのほてった顔と髪の毛を撫でてくれたのです。。

びっくりしました!

まさにグッドタイミングのそよ風で えぇ?! マジで?って 思わず顔をあげちゃいました 

 

 

↓ 神社の社殿側から 鳥居の向こうに見える海を撮りました。。媛の櫛が流れ付いた梅沢海岸でしょうか。。 

  カップルは この鳥居のすぐ下のスペース 鳥居の右足?の所で お湯を沸かしています。。

  彼らの頭が映らないように 動いてる隙を狙って写真を撮りました^0^;

 

神奈川萌え一人旅 その弐 ~走水神社~

2012年3月4日

ビデオで 御所ヶ崎を撮影した後

デジカメ デビューだ!と 

去年の暮れに父からもらったデジカメを取り出し 撮影しようとスイッチを入れたら 画面に何も映りません。。。

ええ~っ???

。。。よく見たら バッテリーが入ってませんでした。。><;

家で充電した後 見事にそのまま忘れてきてしまったのでした。。

なのでもう1台のカメラ。。以前弟からもらったいつものカメラで撮影しました。。

てくてく歩いて すぐ近くの走水神社(はしりみずじんじゃ)へ到着しました

  ↓ 11:00 走水神社 

          神奈川県横須賀市走水2-12-5 

          主祭神 日本武尊 弟橘媛

       起源 日本武尊が東征の折 村人に冠を授けた。村人は冠を石棺に治めその上に社殿を建てた。

           明治18年 弟橘媛を祀る社があった御所ヶ崎が軍用地となったため 社は走水神社境内へ移され 明治42年 弟橘媛は走水神社に合祀された。  

   

  

  ↓  社殿とご神木

 

 ↓ 社殿からちょっと左に上った所にある 弟橘媛の歌祈念碑。 東郷平八郎 野木希典等が建立した

 

 

 ↓ さらにその上にある三ノ宮 左から 諏訪神社 神明社 須賀神社

 

 ↓ 三ノ宮のちょっと下に位置する古代の稲荷社 

 

 

 ↓ 社殿の右奥の岩壁に建つ水神社  

 

 ↓ 別宮 社殿のすぐ右 ヤマトタケルノミコトの東征の折 亡くなった兵士と侍女を祀る

  

 ↓ 弟橘媛のレリーフ

 

 この神社は 神主さんがいないので 村人の方々がず~~っと 守ってきたそうです。。

今も当番制で 皆さん 交代で管理なさってくださってるそうです。。細部まできれいにお掃除してあって 三ノ宮へ上る坂道は業者さんがきれいに修復工事をなさっていました 

参拝の人達のためにでしょう。。手入れが行き届いた神社です。。ありがとうございますm(__)m

 社務所でお守りを選びながら 社務所の方に 栃木にもヤマトタケルノ命から冠をもらってそれを埋めた神社があるんですよ~と お話しました。

 当番の男性が親切な方で いろんな話をして下さいました。。

この走水という地は 浦賀にペリーが来た後 他所から人が沢山入ってきて栄えたそうで それまでは 本当に 住む人の少ない漁師町だったそうです。。

なので きっと 古代 ヤマトタケルノミコトがここに来て 奥様と侍女達が亡くなったという事件?は 村人の皆さんにとって かなりの衝撃的事実だったに違いありません。。

昔から 代々大切に言い伝えてきて 今に至っているのだと感じました。。

この走水神社は すぴりちゅあるの○原さんが(多分 ^^; ) 女子力アップのパワースポットと紹介したようで

この日も 女子が多かったでした!! (●^o^●)

明治時代に御所ヶ崎の橘神社から弟橘媛を祀る社を走水神社に合祀する時 御所ヶ崎にあった砂を 走水神社に持ってきたそうです。。

今でも ほんの少しですが その砂を参拝の方達に分けているそうで 女子達 たくさんいて もらっていました (*^。^*)

神社参拝には 私位の年齢の登山の格好をした山夫婦?もたくさんいらしてたなあ~ ^^  

あとは 子どもさんがいるファミリーも多かったです。。(奥さんが 「連れていって!」と だんなにねだったのかしらん~ ♪ )

いかにも1人で来ました!!っていうのは ゲゲ1人だけ~~ (^・^;) 

。。。オホホホ。。。ちょっと裏を探りになんですよお~。。。。。。^^l;;;

↓ 三ノ宮辺りから見える海