日記 嬉しいご報告 薬が効いた!!

ご近所の方 薬が効いたそうで

治っちゃいました!!(ぼかして書いてます)

 

縁者の方から 嬉しいご報告を頂いて

とても感激いたしました! 良かった!! ヽ(^。^)ノ

 

目出度い!!!\(^o^)/

 

でも すごい!! 医学って!!

 

っていうか 奇跡!

 

お医者様も

 

薬が効かないこともあります…

って おっしゃっていたそうだけど。。。

 

それが まさかまさかで 薬が効いて 全快!!

 

すごいなあ~。。。

こういうのって やっぱ ご先祖様の守りっていうか。。。

そういう視えない世界の働きかけって あると思う。。。!

 

だけど やっぱ その方

その体調が悪かった時の記憶が全くないそうなので

「ご迷惑おかけしたそうで ごめんなさいね。。」

としきりと謝って下さって。。。

 

いえいえ とんでもない!!!

全快して 何よりです!!

あの時はあの時で 不謹慎ですが

私は女優の卵として

演技の勉強だ!

と 思って 全身全霊 熱演してましたから!!

 

こう考えると 人間の 記憶とか 行動って

なんなんだろう。。。

奥が深い。。。すごい。。。の一言。。。

人間の脳って 不思議~~~。。。。

 

だけど ゲゲ あの頃思ったんだけど

 

あの方が見えていた

「勝手に家の中に入ってきて居座っている不審な人達」

って 。。。

 

もしかして

私らには視えないけど

もしかして。。。

 

いわゆるオバケ ユーレイ の類なんじゃないか。。。

って。。。

 

感じてました。。。

 

私には 全く見えなかったけど

その方が説明してくれた容姿の描写があまりにもリアルで。。。

 

思えば この近辺 葬儀場はあるし

ご仏壇があるのは その方のお宅だけだし。。

 

浮遊しているオバケさん達が

あ 仏壇がある! ワーイ!って

どこからともなくふらふら 居間に入ってきて

戸の隙間から ふらーっと外へ出ていくこともありえると思うのです。。。

 

我が家の前の道路には

短い黒髪で赤ちゃんを抱いた若い女の人が

我が家を見ながら 正門の前に立ってそうで。。。

 

そのオバケ?生霊?が 我が家の門の前に立っていて どいてくれないので

その方 我が家の玄関に来るのに

もう一つの別の門から入ってきたんですよ~。。。

って。。。

 

 

私 この話を聞いて

 

あ 生霊か死霊かも。。。!! ありえる!その女!!

 

って 即 信じました!

 

その方が言うには

そのオバケ?

我が家の門の前に立って

門の中に入りたそうにしてるけど入れない

んだそうです。。。

 

あ~~~~。。。

でしょうね~~~~~。。。

 

我が家 黒ゲゲが 変な悪いモノ 入れないように

ちょっと小細工してるから w

神棚あるし。。。ビンビンだし。。。

 

 

でもまあ そういう症状って

結局 ○○症による幻視として片付けられちゃうみたいですが

ゲゲは

「実際視えてるよ。。。この方。。。」

って 信じてました

 

すっかり治った今

その方 家の鬼門にあたるシャッターのドアを

長い事閉めっきりだったのに開けるようになったから

良かった!

と 思ってます

 

以前にも書きましたが

20年以上前 うさんくさい植木屋さんが

 

鬼門っていうのは 塀でもなんでも 少し開けとかないと ほんとはダメなんだよね

ふさいであっても 悪いモノは入ってきちゃうんだから

それなら 少し開けといて  敷地内を通って

裏鬼門も少し開けといて 裏鬼門から 出ていくようにすれば良いんさ

 

的な事を言っておりました

 

その方のおうち この間造園業者さんが来て

わさわさしていた木の枝もきれいに刈り込んだから

敷地内の気の流れもよくなった気がします

勝手にえらそうに 上から目線ですみません。。。。 (^_^;)

 

とにかく ほんとにおめでたいです!

良かった良かった!!♥

 

広告

栃木=遠つ紀(木)の国 で ふと思った ゲゲ推測

古代 崇神天皇の時代

西の纏向の地から 栃木県へ東征に来た豊城入彦命様が

ホームシックになり

栃木の太平山を見て

ご自分の出身地 木の国(昔の紀州)を恋しく思って

「遠つ木の国」

とおっしゃったとか。。。

それで

 

とおつきのくに → とちぎ

という名前になったという

 

県名の由来(市の名の由来?栃木市)ですが

そういう伝承があります

 

先日 ふと 思ったのですが

古事記とか読んでると

 

近つ淡海

遠つ淡海

 

という地名が出てきます

近つ淡海 は 近江の国(滋賀県) 琵琶湖

遠つ淡海 は 遠江の国(静岡県西部) 浜名湖

 

のことだそうです

 

これを見て あれ? と 思いました

 

もしかしたら 栃木県(下毛の国)って

遠い紀の国って ことで

もしかしたら 紀の国の遠いバージョン 分国?属国?

って扱いだったのではないだろうか。。。

みたいな気がしました

 

想像してみたのですが

豊城入彦命様は 父の崇神天皇から

「東征に行ったら あそこ(群馬と栃木)おまえにあげるから 好きにして良いよ」

と言われたので

「遠つ木の国」 って 言上げをして

ここは木の国だ

二つ目の木の国だ !

って 公に宣言されたのかも~。。。

ホームシックがどうのこうのではなく

地名を名付けた祝詞だったのかも!

なんて 考えてみました 。。

 

 

いつからかはわかりませんが

栃木と群馬は 「毛の国」と呼ばれ

後に 群馬を 「上毛の国」  栃木を「下毛の国」 と分けたそうです

 

毛の国 の意味は

都から遠く離れた東の未開地で野蛮人(蝦夷 毛人)がいるという意味で 「毛」を使ったのではないか

とか 現在 いろいろ推測されてますが

はっきりとは わからないみたいです

 

佐野にある 三毳山(みかもやま) が 謎の 毛が三つつく漢字の名前なので

それと関連するのか

はたまた 天之香々背男が高天原グループに滅ぼされたから

田舎の野蛮人が支配していた という意味で 毛 を使ったのか。。。

 

謎だらけ(毛) です

 

 

とりあえず

毛の国と呼ばれだしたのは いつの事なのか。。。

 

ゲゲ的には

豊城入彦命様が言った「木の国」がなまって「毛の国」になった説が

好きです!

 

木の国の属国?分国?で 良いって 思います!

みかん がおいしそう!!分けて欲しい!

(古代 紀州がみかんの産地だったかは知らないけど♥)

 

 

それとも 昔々

天照大御神の孫 ニニギ命の頃ですよね。。

神武天皇が即位するだいぶ前です。。天孫降臨の時。。。

天の香々背男が 建葉槌命・フツヌシ命・タケミカヅチ命に 討伐された時

すでに 群馬と栃木は 「毛の国」

と呼ばれていたのでしょうか。。。

 

↑ この考えも捨てがたしだけど

 

ゲゲ的には やはり

栃木と群馬を愛して治めて下さった豊城入彦命様に敬意を表して

 

木の国が訛って毛の国になった

 

ステキだなあ。。。と 思います

 

みかん。。。。食べたくなった。。。

 

 

ほんとに不思議だよなあ。。って 毎回思う。。。ガクブル

先月 6月中旬

ゲゲは 栃木に伝承として残っている古代の○○天皇の皇子の存在を 偶然知り

調べていました

栃木県内のその小さな(失礼)土地界隈では有名なお方らしいのですが

宇都宮にいるゲゲは 全然知らなかったので

わぉ! 新発見!!♪

 

と わくわくしながら 楽しく夢中で 数日間 調べさせて頂きました

 

まあ 古代なので あまり情報もなく。。。

一応 ネットや本で調べた後は

いつも通り ゲゲの妖怪アンテナ? 妄想アンテナ を駆使して

 

これは 古代タタラ 関係だな!

纏向から 豊城入彦命様か 日本武尊様と一緒に東征に来て 戦って

先住民族から この土地とタタラを手に入れたんだ!

 

と その土地に隠された? タタラに関する地名や

神社とかを

ゲゲの推測に基づいて 自分なりに 自己流で調べていました♥

 

で 次の月曜日

普通に 仕事に行ったわけなのですが。。。

 

午後

義父が ゲゲの仕事机に

アパートに新しく入った方の書類を 不動産屋さんに渡すためにでしょうが

何気に 置いたのでした

 

いつもなら 義父の自分の机の引き出しにしまうのに

ちょっとおかしいな。。。年か?

と 怪訝に思いつつも

 

一応 ゲゲは 書類を手にとって

書き漏れや不備がないかどうか 確認し始めました

 

そして

最後に書いてあった 保証人の方の住所を見たのですが。。。

 

えぇっ!!!!!!!!!

 

と びっくりしました!!

 

嘘でしょ?!!

 

と まぢで凍りつきました!

 

えぇぇぇ~~~????!!!

こんなことってあるの~~~~??????!!!

 

心で絶叫です!

いつもの ガクブル状態です!!

 

 

なんと なんと その住所は

 

ゲゲが 前の日調べていた○○天皇の皇子の伝承が残っている栃木県内の小さな地名そのものだったのです!!!!!

 

ひぇ~~~~~~!!!!

 

!!!!!

 

うっそ~~~~?!!??!!

 

 

 

なんで?

なんで ここ???

 

 

栃木は広いんだから

栃木市 とか 鹿沼市とか 大田原市とか

その他 大きい市が 北から南から いくらでもあるのに!!!

 

どうして この町? この字?!

 

どうして どんぴしゃ?????!!!!!

 

偶然にしても 出来過ぎてるでしょ!!

ありえないって!!

まぢ おかしいって!!!

 

。。。。

。。。。

 

 

誰か 嘘だと言って!!

おかしい!!!~~~~~!!!

おかしいよぉぉぉぉ~~~~!!!!!

 

ゲゲは 勝手にですが 宇都宮市内の方だとばかり

思いこんでいたのです

 

それなのに

宇都宮ではなく

もっと 栃木県のはずれのほうの

ほんとに小さな町というか 字 というか。。。。!!!!(失礼)

 

。。。

ためしに人口を調べさせてもらったんですが

100世帯くらいしか住んでない ほんとに 小さな字で。。。

 

なんなの この偶然?!!

 

 

この広い栃木で

ゲゲが調べていた古代の人の伝承が残る住所の方が

うちのアパートに入る確率って。。。

 

どんだけ?????!!!

 

まぢありえなくね???

 

あまりの 恐ろしさに 書類を手にしたまま

眼の前の上にある神棚を ついつい見上げちゃいました。。。

 

これって。。。。

 

うちの氏子がそちらに入るからよろしくね

という皇子様からの視えないごあいさつ?で

ゲゲが 皇子様の事を調べることになったのか。。。

 

ほんとに ただの全くの偶然なのか。。。

 

それとも それとも。。。

 

ゲゲが 勝手に考えていた

古代のタタラがどうとかこうとか

いう推理は

 

当たってるよ~~~♪正解!

 

という 皇子様からの答えなのか。。。。

。。。

 

いや~~~

ほんと びっくりしました

 

 

以前

押熊皇子と かご坂皇子が猪に襲われた伝承を調べた翌日

朝のテレビのニュースで

その同じ場所で 人が 猪に襲われた!

っていうリアルな映像が流れたのを 偶然見て。。。

 

呼ばれてる?。。。

偶然にしては ありえなくない?。。。

 

と ガクブルしたあの時以来の ショック 鳥肌

って感じです。。。 (表現がおかしい)

「裳原の戦い」 を調べていたら。。。((゚Д゚ ||;;)))))) ガクブル

4日 月曜日に 用事があって 宇都宮市役所地下の売店へ行きました

そこで 「宇都宮の旧跡」という 平成はじめ頃 教育委員会が発行した本を見つけ

購入しました

 

親切にしてくださった市役所の方お二人様 ありがとうございました!! (^・^)

お世話になりました <m(__)m>

 

家へ帰って読んでみたら

なんと 冒頭に 古戦場の事が書いてあって

私が 常々

これって どこなんだろう。。。

と 頭をひねっていた「裳原の戦い」のあった場所が書いてあったのです!!

 

ヽ(^。^)ノヤッター

 

ネットとか 色々探したけど よくわからなかったのですよ

 

喜んで 文章を読み始めた私ですが

。。。

。。。場所を読んだ途端

愕然としました!!

恐怖でひきつりました。。。。((゚Д゚ ||;;)))))) ガクブル

 

えぇ~~!!???

あそこ~~???!!!

 

・・・

やっぱり!!!

っていうか

怖っ!!

ゲゲの妖怪アンテナ 怖っ!!!

 

その場所は国道4号線沿いでした。。。

 

こうに書くとアレなんですけど。。。

なんかこうね 宇都宮から4号線を南下すると

ゲゲ なんか 毎回いつも不思議な気分になるんですよ。。

。。。

なんとも言えない 歴史の重みというか 。。。

何かこう 古い。。。。

というか

現代じゃない空気

というか。。。

 

一言で表すと

 

「??? なんだここ?・・・・」

 

っていう感じ。。。。違和感?・・・・

 

お店は並んでいるし (ラーメン屋さんとかおいしそう♥)

田んぼは豊かだし

農家さんはいっぱいあるし。。。

 

普通の人が住んでる場所だって思うのですが

何か こう 古い庄を感じるというか。。。

 

多分 おそらくですが

古代 豊城入彦命様や 日本武尊様の東征に 関係した地に近いから

古代の古墳時代の空気を感じるのかな

とは思っていたのですが

 

そこに 戦国の空気も 混じっていたとは。。。。!!!

((((;´・ω・`)))ガクガクブルブル

 

裳原古戦場

 

康暦2年(1380)

宇都宮氏 11代当主 宇都宮基綱軍 と 小山氏 小山義政軍 の激戦地

 

宇都宮氏当主 宇都宮基綱 討ち死に

 

負けた宇都宮軍の戦死者80名

勝った小山軍の 戦死者200名

 

 

当主が討ち死にした宇都宮軍と

勝ったけど 200名も戦死した小山軍

という

さんざんな結果になった 恐ろしい大戦 だったのです。。。

 

場所として

茂原2丁目付近

または

自衛隊宇都宮南駐屯地 南側の窪地

または

石橋町の鞘堂付近

 

と 書いてありました

ですが

ゲゲ

これらすべてをひっくるめたかなりの範囲が戦場になったんじゃないだろうか。。。

 

と 思うのですが。。。( ノД`)。。。

 

なんか あまり良い評判が残っていない(どういう表現^^;)ゲリラ戦だった

って 何かで読んだことがあります ><

 

石橋町の鞘堂という地名は

戦死した者たちの刀の鞘を塚にしたというところから起こったそうです

 

別の本には

戦死した280名を埋めた上にお堂を建て 鞘堂と呼んだ

 

なんて 書いてあるのもありました。。。ヾ(。>д<)))))))))

 

どっちなのーーー!!!

っていうか

どっちも 内容がすご過ぎてついていけないーーーーーー((((;;OдO;lll))))ガタガタブルブル

 

鞘堂は 地図で見ると

私が大好きな 日本武尊様の甲神社 の横。。。

というか

国道4号線をはさんだ反対側

でして。。。

甲神社の とても近くに位置する場所になります。。。

 

うがぁ~~~!!

そういえば

この間 国道4号線をチャリで南下した時 お堂の前 通った~~!!

 

あ ステキなお堂(名前がわからない)

こんにちは 前 失礼します~~

 

って 帽子ちょっと 頭から浮かせて 軽く挨拶して チャリで通り過ぎた~~!!

。。。

 

あの 違和感満載の場所近辺で

280名もなくなったんだ。。。><

宇都宮氏の当主様も。。。 ><

 

現在ののどかな風景の中

かつて 大激戦があったって

宇都宮市民のみなさんは 知っているのでしょうか。。。><

 

先日のチャリ散歩から

なんだか 戦国時代へ迷い込んでしまった感満載ですが

5日 火曜日

裳原の戦いの事で 現 宇都宮市茂原を調べていたら

翌 6日 水曜日

テレビの朝の天気予報で 依田さんがいた場所が千葉の茂原 だった。。。

 

 

昨日7日 小山(おやま)氏(現 栃木県小山市周辺を支配していた)の事を調べていたら

夜 だんなが何気に変えたテレビで オードリーの2人が廃品回収していたのが

まさに栃木県の小山市だった。。。

 

 

うわ~~~

なんだこのシンクロはぁ~~~!!!

これ 絶対 呼ばれてる~~~ ような気がする~~~

ブログに書いて投稿しなきゃ~~ って 気がする~~~ ><;

 

供養?のために

ヨドバシネットで買った NHK ヒストリアのサントラCD聴きながら

ブログ書いたり 調べものしてます

気持ちが和みます。。。( ^^) _旦~~

 

戦国時代って

調べれば調べるほど

えげつなさと 残酷さに

顔面蒼白になっていきます ((´д`)) キモチガシズム。。。

 

ここまでやるんかい?!

と 人間不信になります。。。

 

以前 小山で ひどい事件あったけど

なんかちょっと 戦国時代にあった事件に似てる。。。気がする。。。==;

 

 

ジャニーズの ○○くん。。。>< 読み方違うけど。。。

2018年5月6日㈰下野チャリ散歩 不思議な感じのサイクリング日和

この日は いつもより ちょっと遠くへ足を伸ばそうと

宇都宮の自宅を出発して

壬生町の磐裂根裂神社でご朱印を頂いてから

いつもなら車で行く 壬生町の車塚古墳へ

愛チャリでのんびり行きました

 

そして その次は すぐ近くの愛宕塚古墳へ行きました

震災直後 一度 訪れた古墳ですが

この日は その時と 雰囲気がガラリと変わっていて

あたたかく 優しく美しく とてもすてきな場所になっていたので

私は 嬉しくて キャーキャー言いながら しばし 滞在させて頂きました

 

それから

さあ 上三川町の白鷺神社へ行きましょうか~

と 初めての道を選んで 出発しました

 

私は 方角を たとえば 南東だにゃ と定めたなら

そこへ向かって 知らない田舎道(失礼)を チャリでゆるゆる適当に行くのが好きで

今回も そうしてみました(車の場合は ナビでちゃんと行くのが好き)

とりあえず 南南東に向かって 進んでみたのです

 

よく晴れた気持ちの良いお天気

日差しを浴びながら 田んぼや畑の間の道を

1人で のんびり 進んでいく 気持ち良さ♪

 

そんなこんなで楽しく自転車をこいでいた私は

30分後

 

あれ? ここって 全く知らない道だ。。。^^;

遠くに見える景色も全然違う。。。

っていうか 100mほど離れたところに立ってる木々が邪魔して

遠くの山が見えない。。。(^◇^;)

 

と 気づきました。。

 

えぇ~ ???

いつもの道はどこへ行ったの~~???

 

と 不安を感じながら ひたすら 南南東へ。。。

 

ここって。。。 もしかして あの世じゃないよね?。。。

誰もいないし。。。

田んぼも 乾いた泥だらけで 水入ってないし。。。

私 別次元に迷い込んだんじゃないよね。。。

私 生きてるよね? 死んでないよね?

何 この 雰囲気。。空気。。。閉塞感。。。

広々とした農村地帯なのに。。。

 

と 思ってしまったほどの 不思議な不思議な空気感のある場所でした

 

やっと ちょっと広い道路に出て

看板に小さな観光地図が貼ってあり 見てみたら

 

え~~??? ここって 石橋なの??? 壬生じゃないの?

 

と びっくりしました

 

時間的&体力的に 上三川へ行くのを 即座に諦めて

じゃあ 地図に書いてある孝謙称徳神社へ行こう~ と 決めました

 

この神社は 下野に左遷された道鏡関係の孝謙天皇を祀る神社で

以前 一度 訪れたことがあります

 

なので

簡単にたどりつける! と 思って

地図をきちんと確認せず ふらふら出発してチャリを走らせたのですが。。。

 

気付いたら 全然 たどり着けず。。。

 

え ここ どこ?

あれ? 国道4号線だ。。。

 

という 若干 ほぼ完全な迷子状態に。。。w

4号線を北上すれば 宇都宮へ戻れるとわかってるので

じゃあ 意地でも戻らない! みたいな。。。^^;

 

そんなこんなで 意地を張り続け 孝謙天皇神社を探して走り続け

途中の ステキな神社で休憩して おにぎり食べたり

自分 全然 焦ってないもん~~!!!

と 気取っていたのですが ^^;

 

気付いたら 小金井駅前 に出て。。。

 

さすがに 私の進んでる方向は とんでもない方向だ。。

このままでは 小山へ出て東京へ行くことになってしまう。。。

 

と 気付いて 宇都宮方面へ 引き返すことにしました ^^;;;;

もう 孝謙天皇神社へ行くのは あきらめましたw

BS18時の西郷どん までには 吉野家の牛丼買って 自宅に着きたいし!w

 

よし じゃあ 4号線を通らないで 今度は 北北西へ向かって

斜めに 知らない道!農道!を行くぞ~~~。。。

近道じゃあ~~~~~!!!!

 

と 1人で 気勢をあげて 自転車をこぎだしました

気付いたら また

全く知らない未知の道を走ってる ことに気づきました。。。 ^^;

 

え~~~ ここどこ~~~???

こんな道 あったの~~~???(失礼)

不安過ぎる~~~ ><

 

川。。。

箕輪城跡。。。

いくつもの神社。。。

 

自転車をこいでいると 要所 要所に 古そうな威厳のある神社が建っていました

江戸 明治で言えば 村の神社でしょうか

今も大切にされているようで 掃除が行き届いて とてもきれいでした

 

落ち着いて よくよく 周囲を見渡してみれば

田んぼは 水を入れてる途中だったり

田植えが済んでるところ 済んでないところがある と 判明しました♪

農家の方達が 今まさに田植え作業にいそしんでる田んぼもありました

 

で のどかな風景を眺めながら

不安を紛らわせ 平気な顔をして自転車をこいでいた私ですが

内心 ものすごい 不思議な感じを味わっていました

知らない場所 というせいもあるでしょうが

父母の生家が農村地帯だったので

農村の風景には慣れてるつもりでしたのに。。。

 

戦国時代 。。。

 

という 感じが 妙に伝わってきて。。。

不思議な気持ちいっぱいになりました

 

いつもは 古墳やら遺跡やらで 古代の感覚を感じるのに

今回は 戦国時代?・・・

 

箕輪城跡を 遠くから 見たからかなあ。。。

 

この道のせいかなあ。。。

普通の 農道だけど。。。

不思議だなあ。。。

 

不思議 不思議 と 思いつつ チャリをこいで

壬生町に入り 線路の踏切を渡ったら。。。

 

 

あれ?

 

狐につままれた感いっぱいになりました。。

 

知らない道と思い やみくもになって 走ってきたのに

気付いたら 朝 お別れした 愛宕塚古墳の前に出たのです。。。

 

 

?????

えぇ~~~ そうなの?

この道 そうなの???

 

もう~~ 一人つっこみの嵐でした

適当に走ってきたのに なぜか また 振り出しに戻されたみたいな。。。

 

愛宕塚古墳にお礼を言って 宇都宮へ向けて 北上しました

途中 吉野家で牛丼買って w

無事 18時前に 自宅へ着きました

 

家で 見てみたら 3つ牛丼を買ったつもりが 二つは 豚丼でした ^^;

狐につままれとる~~ >< 単に 私の発注ミス?

 

 

夜 私の通ったルートを 地図と栃木神社誌 で 確認しました

孝謙称徳神社を目指して走っていたはずでしたが

私は 北へ行くべきところを 南へ向かって走っていたのでした。。

どうりで たどりつけないはず。。。><

 

不思議な空気に満ちていた道は

下野市(旧 国分寺町)箕輪 橋本

壬生町藤井 という場所を通る道でした。。

戦国時代 その道沿いに城があったのだそうです(おぉ~~~!!!)

 

そして 道中いくつも見た神社を 地図で住所を割り出して調べてみたら

一つ  豊城入彦命様の名前が由緒来歴に出てくる神社があったのです!!

今までノーマークの 初めて知った神社だったので びっくりしました!!!

 

そこは 私は気付かずに 通り過ぎていた と 判明しました

 

うが~~~!!!

なんて ミステリアスな土地&道なんだぁ~~~!!!

きっと 戦国時代以前の 古代へもつながっている気がする~~~!!!

 

地図で見たら 近くには 国分寺跡 や 古代の国府跡もあるという

うわー ここって 軍事上ものすごい重要な処なんだろなあ。。。

という場所でした

 

不思議感と不安感いっぱいで通った道でしたが

下野の歴史探索に 新たな重要ルートを発見できた(昔からあったけど^^;)喜びで

いっぱいです ♥

未知の世界へ足を踏み入れて

ニューワールドが目の前に開けたような気分~~~~

大げさ~~~ヽ(^。^)ノ

2月 怨霊月間

今日 仕事で疲れていたのですが

落花生をむいて 中の豆を食べたら

元気になりました (^◇^)vワーイ

 

昨日2月14日(水) 朝6時半 隣りの老人ホームから

 

火事です 火事です

 

の音声アラームが 突然 大音量で 近所中に鳴り響きました

 

またいつもみたいに

誰か認知症のお年寄りが何かのボタン押しちゃったりしたのかなあ。。

なんて のんきに考えていたら

アラームは なかなか止まらず。。。

 

時間が時間だけに ヘルパーさんの人手が足らなくて

本当の火事か 誤報か 確認が取れないのかな。。

なんて思っていたら

遠くからサイレンが聞こえて

消防車が到着する事態になってしまいました

 

隊員の方とヘルパー?のお姉さんが

館内を走り回って火元を探しているらしき足音が

我が家の庭にまで聞こえてきました

 

っていうか

この 危険周知喚起アナウンス?って 人の手で止められないの?

 

と 率直な感想を持ちました

 

結局

機械の誤作動だったのかどうか わかりませんが

火事ではなかったらしく

その後しばらくして やっと 音声は止まりました

30分位 ずーっと

 

火事です 火事です

○階で火事です

避難してください

 

的な男性の音声ガイダンス?が 流れていました

 

やれやれ

とにかく 本物の火事でなくて 良かった~

 

と 思っていたら

7時半にまた 同じアナウンスが鳴り響きました

今度はすぐに止まりましたが

誤作動にもほどがある と思いました

 

そして 今朝5時前 突然

私の部屋の枕元の電波時計の画面表示が乱れ

数字の体を保てなくなり くるくる回りだしました

 

電池 なくなったのかあ~

 

後で電池変えようと思って そのまま放置して寝ていたのですが

5時過ぎ

気付いたら 前夜セットした通り 普通にアラームが鳴りました

え? と 見たら 画面も正常に戻っていました

 

ん????

何これ。。。

 

電波の異常?

 

そういえば そういえばで 思い出したのですが

老人ホームで火災アナウンスの誤作動?があった時間の前

夜中寝ている時 なぜだか その日に限って

夜中1時とか 2時とか3時とか

突然バッと目が覚めてしまう。。

という不思議な事がありました。。。

 

近頃は 仕事が忙しく

夜10時過ぎに布団に入ったら爆睡しちゃって 気づいたら朝の5時!

という状態がずっと続いていたので

なんで この日は 夜中 何度も目がさめちゃったんだろう。。

と とても不思議でした

 

まあ あまり深く考えていなかったのですが

さっき 夕方 春みたいに暖かい中

洗濯物を取り込んでいたら

あ! 今って 2月だった!!

と 思い出しました!

 

2月は 節分で鬼を外に追い出したり

非業の死を遂げた方達の例祭日とか多い月です

3月3日の雛祭りで 川に穢れを流す行事が行われる前

巷では 色んな鬼さんとか 霊さんとか

いっぱい その辺にいらっしゃる時期。。。

のイメージがあります

 

そうか そうか

なるほど~。。。

そうだったんだ~ 2月だもんな~。。。

 

納得しました

 

どなたかわからないけど きっと ちょっと悪戯なさったのね~

そういうことにしておきましょう~

 

いつもと違う出来事は

全部 不思議な話で 片付けることにしています(*^^)v

その方が わくわくして楽しいです♥

科学的に分析しようとするのは 興ざめです(^◇^)✿ツマンナイ

 

バレンタインデーに チョコをもらえそうにない!という男性の怒りの念が

電波に影響を与えた線もありかなあ。。。

 

旧暦ですが 2月14日は 平将門公のご命日でもあります

テレビでバレンタインデーのニュースを聞くたびに

必ず 自分のブログで書きたくなる。。。。

UFO? を見た!

2018年2月8日 早朝 朝5時10過ぎ

いつものように 外のポストへ新聞を取りに出たゲゲは

いつものように空を見上げ

星を見て 位置を確認していました

すっかり 冬の朝の日課になっています

部屋に戻った後 星座版と照らし合わせて楽しむのです

 

毎朝の事で

北斗七星 それ以外の星たちを確認します

今日は天頂に星が見える~ きれい~~

あの星の場所は60度かなあ 80度かなあ

 

なんて のんきに確認しながら 楽しんでいます

 

南方面へ体を向けて 光る星を見ていたら

前のお宅と 西隣の老人ホームの間を

西から東へ

音もなく すーっと

突然

変な物体!!

 

が 現れて やや斜め上に向かって 飛んで?いきました!!!!

突如 音もなく現れました!

 

肉眼で見える星の大きさを5ミリとすると

UFO?は3センチ位で

遠近法だか なんだか 距離感が 全くわからない大きさでした!

ものすごい早いスピードでした!

 

星が キラキラくっきりはっきり輝いているのが 肉眼でわかるのに比べて

その謎の物体は輪郭がなぜかうすらぼんやりしていて

写真を大きく拡大し過ぎたかのようなぼやけ具合でした

 

ありえません!

縁取りが くっきりしてないんです

 

丸い3つの窓だか なんだか 光ってる?のが見えました

形は さやえんどう!!!

みたいでした!

アメーバ?みたいな ミドリ藻? みたいな。。。

 

水色系です

こんなようでした!

なんか 透明感がありました!

 

 

 

UFOかも!! と 興奮しました!

 

今は

もしかして スカイフィッシュもあり得る?

と 思ったりしています

 

いや~~

なんか こんな 間近? で

こんな変な物体見たの 55年間生きてきて 初めてです!

しかも 早朝っていうのが わけわからない

 

飛行機なら もっと 遠いし小さいし 点滅してるし。。。遠くから音がするし。。。

火の玉も 見たことないけど 色が違うと思う。。ような気がする。。

赤いって 言うよねえ。。。

 

なんか あまりにも不思議過ぎて

脳が 忘れよう忘れようと努力しているらしいのが

なんかわかって 面白いです。。。