Archive for the ‘本’ Category

54年間を振り返って。。やたら最近振り返りたくなるw

2017年12月10日

ふとした瞬間

 

え? 自分 もう54歳?

 

とかって思います。w

年内中には すぐ55歳になるけど。。w

 

自分が若い頃 親を見て

もう50代かあ~ 年だなあ~。。。

とか

会社では 管理職のお偉方を見て

50代かあ~ 若い感覚がないよなあ~。。年寄りのおっさんだなあ~。。。

 

なんて軽く思ったり認識していた あの50代に

自分がなったなんて!

と 愕然とする時がありますw

精神的には まだまだ上から押さえつけられてる30代くらいのままなので。。w

 

でも 今年は 良い意味で 自分の年齢を

真正面から見て把握できた感じがします。

早い話、

もう 無理はしない!

という気持ちでいっぱいです。

 

無理はできない という後ろ向きの感じではなく

若い頃みたいに無理して 自分にムチを打って

自分を痛めつけるような真似はしない

 

と思うようになりました。

 

私は 常に 小学生の頃から

完璧を目指して 少しでも上へ上へ 前へ前へ

自分の理想に追いつくように頑張るんだ!

と 目標高く生きてきました。

 

知識欲だけは旺盛で

日本社会で生き抜けるように

マナーとか立ち居振る舞いとか(まだまだ勉強中ですが)

今の場所にとどまってるのが嫌で

物理的に無理なら 精神的にで良いから 毎日成長したい!

昨日の自分を超えたい!

 

という気持ちで 生活してきました。

 

ですが

ふと 今年気付いたのですが

自分は 完璧を目指してより良い方へと生きてきても

周りを見れば そうではない(失礼)犯罪をおかす方々も多々いるわけで。。。

 

殺人事件だの 詐欺だの 生活○護虚偽申請だの

人として ???というような事をやっちゃう人達が たくさんいます。。

 

私がいくら 素晴らしい50代を目指して

たくさんの知識を身に着け

人として もっともっとマナーを身に着けよう 向上しようと

1人で努力していても

 

ふと気付けば

周りには あまりものを知らない(失礼)10代20代30代は

たくさんいらっしゃるし。。(山のごとく失礼)

 

会社でも

 

それがお取引先への態度?!

 

と 呆れて思わず逆に爆笑してしまいたくなるような若い方達も多々いらっしゃるわけで。。。

 

 

でも

彼等彼女らは それを恥じる事なく

堂々と生きている!

のです。。

 

おまけによくよく考えてみれば

人間の赤ちゃんは 生まれた直後 おっぱいを飲む以外何もできません。。

親や周りの大人が手助けしないと生きていけない

というのも思い出されて。。

 

う~む。。。

こちらが完璧を目指して生きているのに

周囲には 完璧ではない存在がたくさんいる。。。

人類が始まってから今だに

誕生直後から完璧に動けて話せて生活できる赤ちゃんも生まれてこない。。

 

ここここれは。。。!(哲学か)

 

そうだ!

ならば

自分も完璧なんか目指さなくていいんだ!!

今のままでいこう!!

 

という考えに至りました! (なんか安易w)

 

結局

私のような性格の人間が 上を目指そうというのは

裏を返せば

 

 

自分に自信がないから 世間様に受け入れられるために

せめてもの罪滅ぼし?のため 上を目指そう

 

という 自分への悲しいダメ出しが背景にある

って 最近 気づけました。

 

なので もう 完璧を目指すのではなく

ありの~まま♪の 自分を大切にしながら

できる範囲で 楽しく楽に明るくのんびり成長していきたいと

思うようになりました♥

 

ここ数年

自分を大切に生きていこう

と 思想が大きく変わったのは

20年位前に好きだったスピリチュアルを思い出してから

流れ流れて

大嶋信頼カウンセラー先生の本に出会っていったからだと思います。

 

逆に言えば

自分 長年かかったけど

やっと念願の

 

精神的に楽に生きたい!

どうすれば 生きられますか?

 

っていう願いの解決策を引き寄せたのかも~。。

って 思ったりします。。。

 

54歳。。

今一番思うのは お顔のお肌の危機感。。。!!!

毎日 いっぱい 夜の洗顔後 塗りたくってますw

 

 

 

広告

2017(平成29)年5月26日㈮ 27日㈯ 千葉県安房郡鋸南町 一泊旅行

2017年7月2日

なんと!

ホテル宿泊券ペアチケットが当たったので 行ってきました!

人生初!!

日本出版販売㈱の

「今日は、本を読もう。プレゼントキャンペーン」

書店で本を買って応募しようというキャンペーンです。

 

確か 今年の2月 ツタヤで 本を ささやかに爆買いwしたら

応募券を頂いたので

ネットで応募したのが3月初めでした。

締切ギリギリだったし 申し込んだ後 すっかり忘れていたのでしたが

4月に 突然 書留郵便が届き

見たら

見事 二等 5組10名様が当たっちゃってました!!

ありがとうございました~!!

 

一等の10万円旅行券も なかなか魅力的だったので

申し込む時は 相当 悩みましたぜ~。。w

 

いや~ でも 驚きました。ほんと。

 

だんなに言ったら 大喜びでノリノリだったので

 

じゃあ 私と2人で行く?

 

と 聞いたら とたんにおし黙って

 

。。いや 俺はいいから 長女と行ってこいや

 

と言いました。良かった~♪(笑)

 

当選した本人が行かないとダメみたいで

私としては

伊勢へ行きたがっていた次女と長女にプレゼントしよう

と思ったのですが

当選者ご本様+他1名様って 事なんだそうです。

 

長女に 当たったと言ったら 大乗り気で喜んでくれたので

。。。50代の親と一緒に旅行に行ってくれるなんて なんてありがたい。。

と ひそかに感動しました。。w

 

有効期限があるので ホテルに空きが多い5月6月にしちゃおう!

と 早めに使う事にしました。

松本市が良いかな~とも 思ったのですが

よくよくパンフレットを読んだら

南房総の海が見えるホテルがありましたので

とりあえず そこにしたいと

このチケットの担当である

ステキな旅をプレゼントする会社? Reluxコンシェルジュ

さんへ メールしました。

 

聞いてみたら そこのホテル 大人気らしく

金曜日の空きは 5月26日しかない!とのことで。。。

(ってことは 6月からはもう㈮は空いてない!ってこと?。。。驚。。)

 

とりあえず 私は

5月30日㈫に 群馬の友達4人が宇都宮まで遊びに来てくれることになってたし

長女は長女で 5月28日㈰が仕事 29日㈪が友達と東京へ

みたいに予定がつまっていたので

どうしたもんかと 長女に聞いてみたら

あっさり

 

大丈夫だよ。全然平気。

 

と言うので 5月26日㈮に決まりました。

 

やっぱり 若い子って フットワーク軽いですなあ~。。。

ゲゲはもう 体力温存を真っ先に考えるから

無理のない範囲でって 引きこもっちゃうけど

見習わなくっちゃなあ~~~ (^◇^)

 

ホテルは 日本全国から 選べます。

どのホテルもとてもすてきでした。

それこそが このReluxコンシェルジュさんの売りみたいです。

 

ゲゲの目に留まった南房総のこのホテルは

君津市に近い!のでした。

住所を見て

あ!! ここは 日本武尊様の上陸伝承のある場所から目と鼻の先じゃないか!

と 驚きまして

もしかして これって 日本武尊様からのプレゼント?と

まぢで確信したwオタクなゲゲです。。

 

去年が 奈良 巻向の地への旅行だったので

もしかしたら

今年は 尊が東征した地へ行って

弟橘媛を偲んで 房総の海を見てらっしゃい。。ってことなのかなぁ。。

と 勝手に解釈しました。。

 

平成29年5月26日㈮ 雨

9:20頃 家出

出る時 隣家の工事車両がちょっと。。w^^;

9:30 バス 宇都宮駅行き

9:55    到着

10:06 宇都宮駅 発

普通 JR上野東京ライン

10:59 東京駅 着

途中 乗ってた車両に何か不具合があったらしく 乗客全員 途中の駅で 用意されてた違う電車にまるまる乗り換えたのでした(こんなこと 人生初!!)

12:55 東京駅 発

快速 JR総武本線(東京ー銚子)

14:31 君津 下車

14:35 君津 発

普通 JR内房線(館山行き)

15:08 保田駅 着

 

朝は大雨だったのに すっかり 止んでいました!

あらかじめ連絡しておいたので

ホテルの車がお迎えに来て待っていて下さいました(うわ~~!! 憧れの「ホテル車 駅お迎え」~!!)

 

昔々。。

ゲゲが小さい頃 父は電車で毎年旅行に連れていってくれました。

ですが そこは 公務員の生活でしたので 泊まるお宿は 公務員が組合で使える旅館ばかり。。

電車が駅に着くと 駅前にはいろんなホテルの名前の入ったお迎えの車が ずらりと並んでいます。

「ねえねえ お父さん。私たちの泊まるホテルの車はどれ?」

わくわくしながら無邪気に問いかける幼いゲゲに 父は

「ない!さあ しっかり荷物持て! がんばって旅館まで歩くぞ!」

と 答えるのでした。。

懐かしい~~~ (^◇^)ノ

 

私達が泊まったホテルは 紀伊国屋のホテルみたいで

オーシャンリゾート ゆうみ さんです~

〒299-1901 千葉県安房郡鋸南町元名442

 

↓ 全室オーシャンビュー ゲゲ 顔が隠れてちょうどいい(笑)

 

↓ すぐ近くにある鶴ヶ崎神社

ゲゲ 1人でお散歩&ごあいさつ

 

↓ すぐ近くにある 観光地 鋸山(のこぎりやま)へ登れる入口

↓ ここまで登って ここから先へ行くのをあきらめ 戻りました

おなかがすいたw

↓ すぐそばが海なので そこから 鋸山を見上げました

ダイダラボッチ伝承があるそうです

どこかな~ ダイダラボッチ♥~ もっと 東かな~

↓ たぶんだけど 君津方面。。

日本武尊様。。。弟橘媛様は一緒に上陸できなかったのですね。。><

↓ 南 沖 望遠レンズ最大

船の航路になってるらしく ひっきりなしに大型船が行きかってました

日本武尊様や熱田の健稲種命様達が あそこを通って

大船団で 東夷征伐へ行ったのかなあ。。。

  

20時から 夕食 個室! 部屋着可!

最初 お料理がすでにテーブルいっぱい載っていたので

。。。食べられないかも。。と思っていたら。。。

まだまだ それから どんどん 持ってきてくれて~!!

うお~~ 嬉しい悲鳴~~!!

長女と 頑張って次々 挑戦して頂きました!

アルコール ガブ呑みしてたら 絶対これ 食べられないから~!

夢中で食べちゃったので 写真撮り忘れ有り w

        

 

20:30~ 長女と挑戦 初エステ ヘッドスパと肩 顔30分

21:20~ 貸切風呂 窓を開けると夜のオーシャンがぁ~

多分だけど ディズニーランド?の花火見えた!

 

部屋に戻ったら 長女がもう 大ソファーに寝転がって

大画面テレビを見て まったりくつろいで ご満悦~

明日帰るのが 辛すぎる感じになってる~~~

 

↓ 二階ラウンジにある ドリンクバー

いつ 誰が補充してるんだろう。。いつ通ってもいっぱいあった・・!!

((;゚Д゚). ガクブル

あっという間に大阪城の本が届いた (((((゜Д゜ )))))ガクブル

2016年12月17日

すっかり 大阪城の魅力に憑りつかれ

かたっぱしから 歴史について調べてますヽ(^o^;)丿

 

そこで

ブラタモリにも出演なさっていた大阪城天守閣の北川さんの書かれた本をネットで見つけまして

申し込んでみました。

 

大阪城ふしぎ発見ウォーク

 

です。

 

話せば長くなるのですが

私は Tポイントが好きなので

本はなるべく ○タヤオンラインで買うようにしています。(あえて 伏せてみる ww)

 

ネットだと ぽちっと簡単に注文できるので 大変ありがたいのですが

たま~~~に

 

お取り寄せ 発送には3日~14日(記憶あいまい^^;)かかります

 

と注意書きが書かれてある本がありまして。。。

 

まあ 大丈夫だろう 届くだろう~と 楽観視して

注文すると

ほとんど(私が注文する本が偏っているからでしょうか^^;)

「お取り寄せできませんでした。。」

という残念メールが14日後に 届きます。。。^^;

(ひじょう~に悔しい。。w)

 

まあ 仕方ないなあ~と 気を取り直して

アマゾンで頼みます。

アマゾンでは なぜか 在庫あり なので

頼むと すぐ来ます ^^;

 

偶然 近所の本屋さんへ行ったら そこで普通に売っていた時もありまして ^^;

しまった! ○タヤオンラインで頼む前に

近所の本屋さんへ行って探せばよかった!

と 思うこともしばしばです(笑)

 

そんな○タヤオンラインですが(決してけなしてるわけではないです。。 ^^;)

 

今回のこの 大阪城の本も

 

お取り寄せ本でした。。

なので 最初っから

 

どうせ 結果的になくって

アマゾンで頼むことになるんだろうなあ~

と 思ってました(失礼千万)

 

そして 発注していたこともすっかり忘れていた3日後

なんと この本が届いたのでした!

 

いや~~~

まじで ほんとびっくりしました!

絶対こないだろう~~!と 完全にあきらめていたので!w

 

これは何か不思議な力が働いたに違いない!!

と にらんでおります!

巫女ポロンさんパワーではないか!

と 勝手に確信してます ♥

 

そういえば 大阪城って 蓮如さん関係の石山本願寺が

そもそもあって

そこを 織田信長さんが攻めて落として

城を築いて

その後 信長さんが本能寺で討たれて亡くなってしまって

城が途中だったのを 秀吉さんが受け継いで

っていう流れだったんですよね。。

 

う~む。。。

。。。

 

やはり 視えない力が 。。。

蓮如様でしょうか。。。

○タヤオンラインから本を引き寄せてくれたとしか思えない。。。

ありがとございます~~~~~  \(^o^)/

 

ポロンさんからは 画像もたくさんいただいて

ほんと感謝しております。

ありがとね~~!

ゲゲちゃんアルバム 一生ものの良い記念です! 嬉しい!!

 

↓ 大阪城で頂いたパンフレット

かっこいい!!

p1030545

p1030547

↓ ご馳走様でした!

ものすごくおいしかった~~~ (#^.^#)

p1030544

↓ おしゃれなお土産まで!

p1030542

↓ ネタとして 新大阪駅で買ってみました

だんなと長女に ウケました。

おいしく頂きました ^^v

p1030543

 

今日という日に至るまでのそもそもの流れ 其の五

2015年11月14日

そんなこんなで 若干

 

あれ?

自分に寄り添うって何?

 

と 気付いたものを抱えつつ

2014年は終わりました

そして 年が明け お正月休みが終わってから

私は 無性にイライラして腹が立って仕方なくなってきました

 

それは 自治会長に対してでした

 

自分で次の会長を探したり頼む努力を 全くせずに

「次の自治会長は 副会長にやってもらいますからね」

と のーてんきにへーぜんと言い放つ 無神経の塊老人!!

 

(これを レストランで言われたゲゲは

他の自治会メンバーの前で 土曜日のお昼時 店内満席の中

大声でヒステリックに 自治会長に文句を言ったw )

 

5月の総会で 私は 自治会長にされてしまうのか?!

そんなのは嫌だ!!

嫌だ嫌だ嫌だ!

 

と 今でもほんと 不思議なくらい 嫌だ嫌だ!と

心の中で毎日叫んでいましたねえ~。。

 

地域の無料行政相談だかにも 電話して愚痴を言っちゃいました。。

何も解決しなかったけど

電話に出てくれた若い男性が 親身になって話を聞いてくれて

ほんと 涙が出るほど嬉しかったでした。。

ありがとうございました。。あの人。。

名前忘れちゃったけど。。。声は覚えてますョ!!

 

そんな 嫌だ嫌だ嫌だの嵐が吹き荒れていた毎日

私は ふと

 

あ。。 ネットで検索をかけてみようか。。

 

と思ったのです。。

本当に 不思議なくらい 「ネットで検索してみたらどうだろう」とひらめいたのでした。。

。。。降りてきた。。。というか。。。

 

それまでは かなりの苦しみにもかかわらず

ネットで検索をした事が一度もなかったのでした。。

全然 考えもしませんでした。。

 

で 即 「自治会長 役員改選 50代の若さ 嫌だ なりたくない」

というワードで 検索をかけてみました

そうしたら!! 見事にいろいろ ひっかかりました!

お悩み相談コーナーとか ブログでの愚痴とか

たくさんの方が 悩んでいました!!。。

 

40代で押し付けられたとか

なりてがいない とか

無理矢理役員にさせられた とか

 

あ~~。。。 自治会って全国区で なりてがいないんだなあ~

みんな 困って悩んでいるんだなあ~~

40代 50代って 大変だよなあ~。。。

 

 

これだ!という解決方法は書いてなかったのですが

他にも苦しんでる人がいる。。

と知って なんだかほっとできました。。

 

で 次の日の晩も 検索をして いろんな人の考えを読んでいたのですが

またまた ふと

「これは スピリチュアルではどうとらえるんだろう。。」

 

と思ったのでした。。

降りてきた。。というか。。。

 

この時点で

こんな自治会やめてやる!!

と 大体99% ほぼ決めかけていたゲゲですが

 

。。。だけど・・・

やめるにしたって なんかすっきりしないよなあ~。。とも思ったり。。。

どーしたもんか。。

と答えは出ずに 悶々としておりました。。

 

たとえ やめられたとしても

私の心の中には 激しい憎しみしか残らないだろうし~~。。^^;

それは なんとなく 自分的に つらいわ。。

どうせなら 憎しみをなくした感じで やめたいよなあ。。。

 

などと もはや 何について悩んでいるのか  ^^;

悩みの根源は一体どこ?!

と ずれまくった感じで 激しく悩んでおりました。。

今日という日に至るまでのそもそもの流れ 其の四

2015年11月8日

楽しく スピリチュアル系列の本を読んでいたゲゲですが

ふと ある本に書いてあった一文が妙に気にかかりました

 

「願えば願いは叶うけど。。

でもね 深層意識にビリーフを抱えてる人は 願っても叶わないんだよ」

(こんな感じの文章です)

。。。

ビリーフ?

信念?

。。。

 

これがあると 願いはかなわない?・・・

 

どーゆーこと?・・・

 

続いて 本を読んでみたところ

ビリーフとは

幼い頃とかに 心の奥底に 自分で固く植えつけてしまった信念の事だそうで

 

「自分は価値がない」 とか

「自分は愛される資格はない」とか

「自分は幸せになっちゃいけない」とか等々。。

 

他にもたくさんありますが そういう否定的な強い想いだそうです

 

。。。

そうなんだ。。。

 

私って 結構 願いが叶ったり叶わなかったり 差が極端で

叶わない事の方が多いような気がするんだけど ^^;

もしかして このビリーフとやらが関係してるのかなあ。。。

 

と 思ったりしたりして。。

 

そういえば

ここ数年 ウィズさんという団体に年会費を振り込むとお礼に頂くカードに

「自分自身に寄り添ってあげよう」

って書いてあって

 

???

 

自分の事を一番知ってるのは自分なんだから

自分に寄り添うって言葉 変だよね?

 

と なんだか妙に心にひっかかってしまっていたのを思い出したのでした。。

 

いやぁ~~。。。

一年たった今 思い返してみても ほんとに不思議なんですが

 

↑ 上記みたいに

何気にふと気になる文章

っていうのは あるんですねえ~。。

読んでると ひょいっと目のはしに留まるっていうか。。。。

 

ちゃんと 魂さんが

「ほらほら! ここね! ここ読んで!! 気付きなさい~」って

教えてくれているんですねえ~。。。

 

山怪ー山人が語る不思議な話ー 田中康弘氏 山と渓谷社

2015年9月27日

新聞広告で見つけて おぉぉ~~~!!と 思いました。

帯には

「山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験。現代版遠野物語」

とあります。

 

最初 新聞広告で見た時は

「好評 二刷!」でした

すぐ本屋さんへ行ったのですが

残念ながら 近くの本屋さんでは 見つけられませんでした

 

で 次に 「大好評 七刷!」の時

また 近くの本屋さんへ行きました

今度なかったら ネットで買うぞ!

と勢いよく本屋さんに車を飛ばし

討ち入りのごとく 正面入り口からドカドカ入り

「おらおら!どこだ~~~~!!」と店内中 見渡したら

見事に目の前にありました。。。

一番目立つところに 大量に山積みされてました。。。

 

討ち入りの気分が萎えました。。(笑)

 

あっけない購入劇に拍子が抜けましたが

とにかく嬉しくて 早速購入して 読ませて頂きました

(ネットだと ポチッてしても 実際に本が届くのは次の日以降だから

すぐ読めないんですよねぇ~~。。

まあ あたりまえですが。。。)

 

読んでみて思ったのは

やっぱり 山って何かある。。。

というか

何かいる。。。

神がいらっしゃる!!

って表現した方のが良いのか。。。

 

とにかく 深いなあ~。。。。と感じました。。

不思議で偉大です。。。

 

この本に出てくるのは 最近の話ですし

しかも山に住むとか 山で猟をしてるとかのプロの方のお話なので。。。

しかも オチがないし。。。

本当の話としか言いようがない!

です。。。

 

私が そもそも この本に興味を持ったきっかけが

 

現代の方達が 山には何かいるって おっしゃるんだから

古事記に出てくる日本武尊の山での不思議話も

あれ 事実じゃね?

と 思ったからなのでした。。

 

日本武尊の話は全部おとぎ話で 作り話だよ

的に見られていると思うのですが

ゲゲは あれ全部 多少の伝承違いはあれど

「事実だ!」って 思っていますから!

 

伊吹山で 尊が 白い猪だか 白い蛇とかと遭遇したり

雨がびしびし降ってきた話は

あれ やっぱ ほんとの事だよ。。

と 確信しました。。

やっぱり 山には 視えないけど

神。。。的な何かが。。。とか

かつて人間だった人が 死後 何かになって 魂が。。。

みたいな不思議な事が 多々あって。。

 

この本を読んで

山には不思議が満ちている。。。

決して 軽い気持ちで入ってはいけない!

とも 思いました。。

うちの父。。。

信心深いの逆で 無信仰?な人だけど

山への敬虔な気持ちといか そういうのは持ってるみたいで

遊びに行っても 無事に帰ってくるから

何かやっぱり 守られてるというか。。

視えない山の神に対して 謙虚な心を持っているんだろうなあ~。。

 

それか 何か 神秘的なキツネや狸さんが 付いてるのかなあ~。。。

 

こういう本が売れているって 嬉しいです。。

著者さんが 苦労して お話を聞き出して下さったみたいですから。。

私はこういう不思議話は大好きですが

山でお仕事をなさる当事者の方達にとっては 山での不思議な話って

何かの勘違いだ 夢でも見たんだ とか思い込んで

ほとんどあまり 意識してないでしょうし

または 忘れるに限る!って 無理矢理忘れて

他人に言うもんじゃない。。って思って 言わないでしょうし。。

 

あ~~あ~~~

私の母方の 高橋のおじーちゃん おばーちゃん

かつては山で暮らしていたんだから

不思議な話 いっぱい知ってたんだろうになあ~。。。

一度も聞くことがなかった。。。

残念!

これってどういう事だろう~ もっと知りたいなあ~思うと 関連した本が出る

2015年2月15日

そうそう~~ この本も 2014年末に購入した本です

ゲゲの2014年は ここ数年と同じように 自分の好みの歴史を追いかけて終わりましたが

この年のテーマは 東山道 みたいな感じでした。。

日本武尊の東征に関して調べていったら 発想が飛躍していって こうなった。。。という感じなのですが

ある朝 新聞の新刊広告欄に

「日本の古代道路」 近江俊英 角川選書548

~古代の為政者は、どこに巨大な道を造り、どのように使ったのか。

 

と 載っていたのでした。。

そして 別件で ツタヤへ行って ふと見たら この本が一冊だけ置いてあったのでした。。

こういう本は 失礼ながら あまり大衆受けしないので?・・^^; 本屋さんにないだろうなあ~と思っていたので 意外でした(失礼千万)。。

平成26年11月25日 初版発行の新発売です

 

その後 ツタヤへ数度行きましたが どなたも購入しなかった感じで 棚にぽつんとあるので

もしかしたらこれは 私のために入荷したのではないか?

と思い ^^; 買いました!

 

というか ためしに手に取って ぱっとひろげたら

たまたま 平将門公の常陸国での反乱の事が書いてあって

 

うおぉぉぉ~~~!!!

 

と 愕然となったわけなのでした。。

そうだよ!!

将門公だって 道がなければ あれだけのスピードで 地方行政組織に反乱を起こせないし。。。

そしてもし その道が東山道だとしたら。。。

東山道と呼ばれる道が造られる前に そこを通って蝦夷の地へ行った誰か古代の人がいたわけだし。。。!(きっと 日本武尊かそれ以前の人だぁぁぁ~~~!!)

 

もう この本は 私が買うしかないでしょう!

というか

私が以前 平将門公を調べていたのって つながっていたんだぁぁ~~!!!

いや 平将門公を調べていたから 日本武尊へつながっていったのか。。

 

いやいやいや もう~ どっちでも良い~~~!!!

買いだ! 買い!買い!

という感じで 私の手元にこの本はやってきました

 

思い出せば

「古代の道に関してまとめた良い本があると良いなあ~」

と 私は うっすら 心の中で思っていたのでした。。

願いは叶った! (*^。^*)ノ

 

本当にありがたい事です!

苦労してまとめて下さった資料を本として出版してくださる方がいて。。

それを 簡単に読める私達がいて。。

なんと 幸せな事でしょう~~!!

 

すごいわかりやすい本です!

イラストと写真があって まさに待ってました!の本です~!

 

道に関しての 私の持論は

古代 イザナギ イザナミ の神がいた頃よりもずっと前から

東国へ出かける人達がいて

そして 九州や近畿に国があった頃は

天皇家の子孫でも ちょっと破天荒な若者が

「俺は 東北へ行って あの地に住んでみたい!」

と言って 実際に出かけていって その地に住み着いて 道を歩いて 近畿と交易したりした人が何人もいたと思うのです!

 

私達の勉強した範囲では

東北の蝦夷の地は 前人未到の地だ

みたいなイメージがありますが

実はそうではなく

結構 大昔から 出かけていって そこに小さな国を造っていった人達がいたと想像しています。。(勝手に。。)

 

そして 道は 最初は獣道みたいに狭く小さいものだったでしょうが

長い年月の間

年を追うごとに 発達というか 踏み固められて

徐々に大きく横に広がっていったと思うのです。。

 

後年 律令国家が 全国的に 古代の道路を本格的に広く大きくきちんと造ったらしいですが

その道路の原型は

絶対 人類が日本という島国に住み始めた時から 少しずつ じわじわとできていった

と 思いまっしゅ!

 

本当に こうやって 資料が少ない古代の道路の事を

調査して 一冊にまとめて下さって

それを私達が読めて。。。

とても ありがたい事です!

勉強に なります!!