Archive for 本庄市 ご先祖様 新田義貞公

昨日の「直虎」を観て思いました。

昨日8月13日㈰は 長女と 実家へ お盆の里帰りをしました。

13日だったので

お墓詣りしたってことは イコール 亡き母をお迎えに行った

って事になったのかなあ。。。

 

父のご先祖様達とご近所の方達のご先祖様達が眠る集合墓所では

父の古い知り合いの方が お身内と思われるたくさんの方達と

盆提灯を持って いらしてたから

お迎えだったんでしょうね。。。

 

昨日は日曜日だったので

夜は 弟と BSの早虎を観て

父と 地上波の直虎を観ました

 

あまりの展開に 吐きそうになりました(笑)

 

うぎゃ~~!!

裏切り者が多過ぎる~~!!

この時代 誰を信じて生きていけば良いの~?

石川数正だって あんな忠義面して動いてるけど 後で 家康を裏切るよね?(去年の真田丸)

家臣を信じられない~~!!

こいつもあいつもいつか裏切るんじゃなかろうかって

疑心暗鬼になって胃が痛くなる~~!

 

と ぷち人間不信になってしまいました。

 

でもまあ 今川が しぶとく生き残って

あんなに強かった武田が滅びてしまった

という史実に なんとか癒される今日この頃です。

 

そこで はた! と 気づいたのですが。。。

 

新田義貞公の家来の家来の家来の。。。(よくわからん)父方のわが先祖 渡邉家は

義貞公亡き後 だいぶたって

群馬(上州)の地から 埼玉(武蔵)へ

その他のご一族とともに

時の政府によって 集団移住させられたそうですが

 

それは どうやら

新田家を慕うあまり お家再興!に燃えて

いずれ 集団で刃向うかうんじゃないか。。

と 時の政府に危惧されたからみたいです。。

 

ってことは。。。

 

かなりの忠義もん一族!!

って 時の政府から 評価されてたってことじゃん!!

 

と 昨日の帰り 運転してる車の中で ふと気付きまして

深い感動を覚えました!!

 

お盆に そう思えて良かった♥

いや お盆だから そう思ったのかな。。(笑)

 

確かに 幼い頃からの 親族縁者の事を思い返すと。。。

わりと ストレートな無骨もの。。(ほめてる)

が多いっていうか

二者の間を巧みに あっちを利用してこっちを利用して生きる。。

みたいな駆け引きって

あまり得意じゃないよなあ。。。

と 思い出しました。。

 

基本は 1人の人を信じて その他の人とはそこそこ上手につきあう。。

みたいな感じなので

周囲の人達からも

そういう感じで見られてたのかも。。。

二者にまみえず? 的な。。。

 

なので そういうところが

時の政府から 警戒されちゃって

移住となったのかな~。。

 

あ!

けっこう めんどくさがりな人達が多いので

知恵をめぐらせて あっちがいいか いや こっちにつこう という

駆け引きが 面倒くさかったのかも。。。(笑)

 

だけど やっぱり 大河を観て

小さい国が生き残るのって ほんと大変!

と 毎回思います。

井伊家が残ったのって 奇跡じゃね?って感じすらあります。。

それって やっぱり嫌われ者の小野の家老がいなければ

なんだかんだ 早くに終わっていたのでは。。

という気がします。。

 

来週 高橋一生さんが。。。。。。><

頼みます!

史実を無視して 生き延びて下さい~~~~~!!!

広告

Comments (2)

日記 写真

○去年2015年12月 長女が山形県へ旅行した時のお土産

熊野大社のおみくじと ラ・フランスのヨーグルトソース

P1030078

↓ 兎さんの中に 折りたたまれたおみくじが入ってました

P1030079

ここの熊野大社は 神様のお使いが兎さんなのだそうです

長女が 雪が降っていて とても良い雰囲気の神社だった と申しておりました~

P1030081

○今年2016年1月3日 本庄の父のところへ次女と行きました~

お昼ご飯は 上里の台湾料理店で食べて

その後 本庄のカインズでふらふらしながら 花を買い

命日なので母の墓参りへ行きました

帰宅した後 だんなが自分の車で 宇都宮から1人で来ました

明日から仕事なので 日帰りで宇都宮へ帰るため(ゲゲは休みをもらった☆)

だんなの希望で 母の墓参りへ行きました。(道がわからないというので道案内した~)

帰宅してから ゲゲは父の自転車を借りて 毎年恒例一人本庄初詣で巡り~♪

雪冠 浅間山

CIMG1587

毎年のコースで 三つのお寺さんと二つの神社さんにご挨拶してまいりました

ちょうど時間的に4時過ぎていて 終わりの時間だったので

おみくじもお札もお守りも買えませんでした~

↓ 神社を一巡りした後 上の写真と同じような場所から撮影

CIMG1616

○次の日 1月4日 弟は仕事始めで 朝早く仕事へ行きました。(今年は 仕事始めが月曜日だから 気分的にきつい~~)

次女は爆睡。。。

ゲゲは 朝 近くのウエルシアまで 一人でお散歩しました

↓ 川沿いの散歩道脇の建物の上に サギ?発見! でかい!!

雀がこういう場所にいるなら可愛いのですが

こんな大きなサギが屋根にいるのを見たのは初めてでして

あまりの大きさと 建物のミスマッチ感に

つい笑っちゃいました。

CIMG1636

CIMG1640

↓ ひなたぼっこ中の本庄の猫(いまだ名はない)

私と次女から逃げて 庭石の上で眠り猫になってます

CIMG1620

↓ 修行しているようにも見える

CIMG1629

↓ 縁側で寝てる猫を接写!

私から逃げようとしてるんだけど 眠いから動けない(笑)

CIMG1631

午後は 父と次女と私で 上里のイオンへお昼ご飯を食べに行き そのついでにあちこち買い物へ行きました

帰ってきたら 「ネギ買っといて!」のメールが弟からきてるのに気付き

急いで 直売所へ買いに行きました。

直売所は休み><;。。でしたが

うわ~ 山に日が沈んだ~ きれい~~~

と気付いて 写真を撮りました

CIMG1644

父は 1月は九州旅行 2月は台湾へ旅行なのだそうで

私が本庄へ行った時 とても嬉しそうに語っていました

ですが 80歳過ぎると 旅行の申し込みの時に

「何かお薬飲んでませんか~。杖はついてますか~」と

聞かれるそうで。。。

「年は取りたくねーなー」と 苦笑してました。

Comments (5)

やっと 母の実家のお墓参りに行けました 平成27年4月29日(水)

この間 母の叔父らしき 高橋家のご先祖様っぽい夢を見たものですから

気になっていましたが

とうとう 思い切って 平成27年4月29日水曜日

埼玉県本庄市児玉町金屋にある 母のご先祖の眠るお墓へ行って参りました!

だんなには言いませんでした。

言ったとしても

 

あ~ 墓参り?行ってくれば~

 

なんていう軽い返事は一切期待できないので ^^;

説明もめんどくさいし

だんなが出勤してから 私もバタバタと 準備して 家を出ました

 

だんなが帰宅する夜7時半までには また 宇都宮に戻ってこなければならないので 本庄の父の家にも寄れないスケジュールになりました^^;

 

カーナビ様のおかげで無事にたどり着けました~ (^◇^)

 

おお~~!! 懐かしい~~~!!

ここだ~! ここだ~!!

↓ 円通寺  本庄市児玉町金屋84

着いてから知ったのですが^^;

児玉三十三霊場の 九番札所になっていました

秩父事件金屋戦争 供養塔もあったのですね。。

 

DSCN1333

DSCN1331

 

本堂の左に行って。。。と

体はしっかり覚えていました!

見事 母のご先祖様の眠るお墓を見つけました!

そうそう ここここ!!

会った事ないけど ひいじーちゃん

病気でねていた ねんねばーちゃん (ひいおばあちゃん)

私の祖父母

そして 母の叔父の単独の墓石もありました。

昭和13年に亡くなっていました。。

その時って うちの母親2歳だぁ~~

 

曾祖父母 祖父母 母の叔父の享年月日をメモしてきました

持っていったお花を供えて お水をあげました

軽く草むしりをして おいとましました。

 

以前 ブログにも書きましたが

いまだに ねんねばーちゃんの土葬のお葬式を覚えています。

あの頃は 私も幼かった。。。(遠い目)

それがもう50代にも成長して~~~。。。早いなあ~~~。。。

 

お寺さんの写真を撮ってから

どっか古墳へ寄りたいなあ~と思ったのですが

とりあえず 母がよく話していた 塙保己一記念館へ行くことにしました

 

母が生きてて 子ども達が小さかった折り

一度花見に行った思い出の場所です

カーナビってほんとに便利ですね~ (^◇^)v

 

↓ 雉岡城跡に 記念館はあります

DSCN1336

DSCN1338

DSCN1343

DSCN1345

入館無料

懐かしかったでした♥

 

あの時代に 盲目で。。

ものすごい努力をされたんだろうな。。と思う事しきりです。。

この建物は 5月末?だったか 閉館になるそうで

展示物は 7月に 新しい違う建物内で 展示されることに決まっているそうです。

(アスピアこだま 平成27年7月オープン予定)

 

さて 帰ろうと思い

車を走らせて

母の実家の前を通り過ぎました。。

そして

母の姉が暮らしているだるまや菓子店の前も通り過ぎて。。。

あ のれんが出てる。。!

お店 営業してるんだ!!

やっぱり 伯母さんに会いたい!

と 途中で道を引きかえし ^^;

伯母さんに会ってきました~

元気に店番をやってました~

 

そこで 母の叔父の思い出話を聞かせてもらいました

私の見た夢の話も 聞いてもらいました

 

母が お墓の主の叔父から文房具をもらったという話は

私の勘違いでした

もう一人の 熱海の旅館へお婿に行った叔父から 文房具をもらったのだろう と言う事になりましたでした ^^;

やっぱり。。。

お墓の主の叔父と 私の伯母は 思い出話がありましたが

(耳に何かあててツーツーって音がするのを 『ほら 聞こえるだろう?』って言って聞かせてくれたそうです。 モールス信号?)

私の母は 叔父が亡くなった時2歳なので

多分あまり 記憶にないですよね。。(と 私の伯母も言ってました)

東京暮らしの逓信省にお勤めの若いお兄ちゃんみたいな叔父さん。。っていう位しか 覚えてなかったかもしれませんね。。

 

やっぱり 伯母さんに会いに行って良かったと思いました。。

母の叔父の名前と 享年と その頃の状況がわかりました。

夏に 実家に元気よく帰省して

じゃあ 東京に戻るね

と言って戻って

はやり病にかかって 東京で亡くなって お骨で帰ってきたそうでした。。

19歳だったそうでした。。。

 

若すぎる。。。orz…

時代が時代だけど 若すぎる。。。

兄である私の祖父は 平成の世まで生きて 私の子ども達も見てくれたんだから。。

それを思うと ほんとに 若すぎる。。。

 

母の叔父の話も聞けて 私の従兄弟にも会えて 元気な伯母さんにも会えて

児玉町から本庄へ向かいました。

本庄で とり弁当を買って

やっぱり 時間がなくて 本庄の父の家には寄らずに

まっすぐ 宇都宮を目指して 車を走らせました。

 

無事 栃木県に戻れて 時間も多少あったので

以前にも寄らせて頂いた大神(おおみわ)神社に寄る事が出来ました

DSCN1346

DSCN1347

 

それから 宇都宮へ無事戻れました

午後7時20分着!

急いで洗濯物を取り込んで とり弁の用意してたら

7時半 だんな 帰宅しました~

間に合った~~ (^◇^)vvv

日帰りで 児玉へ行ったと言ったら びっくりしてた~(笑)

 

伯母のお店の和菓子

母も大好きだった~ 昔と同じでおいしい~~

DSCN1351

DSCN1353

Comments (2)

今年2月に不思議な夢を見た

多分 ブログに書いてないと思うので書きます

だぶったら どっちかを削除します (#^.^;)ヾテヘペロ

 

私は 母の生まれた家 高橋家にいました

誰もいなくて1人でした

お重に入ったぼたもちを違うおうちに回さないと・・・

と 風呂敷包みを持って 昔造りの家の台所から移動して

玄関脇の 台所の隣りの畳の部屋に置いてある仏壇の前に立ちました

 

その仏壇は 私が幼い頃見慣れた仏壇ではありませんでした。

シンプルで スッとしたデザインの金色に光り輝くお仏壇でした

大きさは 高橋家にもともとあったお仏壇と同じ位で

高さが165センチm位。

158センチの私がちょっと見上げる感じで

下の部分が引き出しになっている形でした

 

榊があったので 神式のお仏壇という感じで

お線香はありませんでした。

仏像もなかった気がします。

ただただ 金色に周囲に光を放って輝く

神々しくも美しいお仏壇でした。

 

玄関から外へ出たら そこでは キャッチボールをしている青年達がいました

家の壁を背にして 一人のお兄さんが バットを持って立っていて

南側から投げてくるピッチャーの球をノックしていました

ピッチャーの人の姿は はっきり見えなくてぼんやりしていましたが

1人いて

その後ろには さらにかすんで 守ってる人達が 何人かいました

 

大きな木がところどころ 良い感じで立っていて

だだっ広い 野原の感じでした

空は青く 良く晴れて遠くがかすんでいるという

気持ちの良い美しい光景でした

 

私は ぼたもちを持って 通ろうとしたのですが

バッターとピッチャーの間は 危なくて通れないし

壁とバッターの間も通れないので

しばらく バッターのそばに立っていました。

 

ピッチャーから投げられた球がゴロゴロッと 地面を転がってきました

キャッチャーはいませんでした。

バッターのお兄さんが

拾って そこに置いといて

と 私に言いましたので

球を拾って バッターのお兄さんのそばに

コロコロと転がしておきました。

 

そこで夢は終わり 私は目覚めました

不思議な夢だなあ~と 思いました。

映画 フイールド オブ ドリームズみたいな。。。

 

あのバッターのお兄さんは誰だろう。。。と

思い出そうとしましたが 会ったことはない人でした。

でも どことなく懐かしい 血縁のような感じがしました

そういえば 服装が 戦時中みたいなランニングの下着1枚でズボンをはいて 帽子をかぶっていました

初夏だったみたいです。。

 

あ。。。! もしかしたら。。。!!

母の 若くして亡くなった叔父さん?・・・・

私のおじいちゃんの弟さん?・・・

母がよく話してくれた 戦争の時横浜で通信兵をやっていて

戦後 病で若くして亡くなってしまったという。。あの叔父さん?

母達姪っ子甥っ子に よく文房具をお土産に買ってきてくれたという

優しい叔父さん。。。!

 

そうかも~!

そうだよ! きっと そう!

あの 野球をしていた人達は きっと 高橋家のご先祖様なんだ~!

皆で 野球をしていたんだ~~~!!!

 

叔父さんらしいバッターの後ろの壁は

家の壁かと思っていたけど

あれは もしかしたら 母達の卒業した 金屋小学校の壁じゃん?!

あそこは そうだ!

金屋小学校のグラウンドって事なんだ~~~!

 

高橋家のお仏壇と 母の叔父さんらしき人 ご先祖様達らしき人、、、

あ~~~ もしかして

私が 生長の家で 高橋家の御供養のために 写経をお願いしたから

そのお礼なのかな~

本来なら仏式なのに 夢の中のお仏壇は神式だったから

生長の家っぽかったものなあ~。。。

 

と ほんわかした気持ちで 朝食を食べていたら。。。

一緒に食べていた長女が

「・・・気持ち悪い夢を見た・・・」

「どんな?」

「キツネのような狸のような犬のような なんともいえないモフモフした動物に追いかけられて 背中にぴとっと乗られた・・・」

「・・・それって、 HONKOWA漫画でよく見るケモノ・・・じゃん・・・・。ケモノ使いの人が使役するんだよ・・・。」

「まぢか~。気持ち悪かった~~。」

 

よくよく聞いてみたら 長女の方は 真夜中辺りにその夢を見たみたいです。

私の見た夢は 割と明け方だったので

もしかしたら。。。

 

高橋家のご先祖様が 長女に憑いたケモノを追い払ってくれたのでしょうか。。。

 

なんとなく 野球の球。。。ボールって

魂っぽい。。。ケモノの。。。。

叔父さんが 処理してくれる・・・って・・・?・・・

 

いや 違う。。。

あの球を使って ケモノを追い払ってくれたんだ

うん そうだ!

きっと そうだ~~~!

そういう事にしよう~!

 

と 勝手に色々決めたのですが。。。

 

しかし

なんで 長女 ケモノの夢を。。。^^;

HONKOWAにもよく出てたけど

ケモノって すごい特殊な感じがするんだけど。。。

 

いや!ご先祖様!

守って下さって ありがとうございます!

あとで いつか お墓参りに行かせて頂きます!

 

コメントする

日本神社 本庄市児玉町

今 サッカー関連で話題の人気神社みたいで びっくりです ^^v

もともとは 名前が違ったみたいですが 名前を 「日本神社」としたのですね。。

地図で確認してみたら 間瀬湖 (まぜこ)の 近くっちゃー 近くなんですね~

母の実家からも 近くっちゃー近くでした ^^

蝦夷征伐の 田村麻呂が祈願したという伝承があるから

やっぱり 日本武尊も 訪れているんだろうなあ~。。。

と 想像をふくらましたりして。。。

母の実家のある児玉町の 特に 山間部は とても謎めいた町だと 私は思うのです。。

どうも 山の鬼 の 匂いが 。。。^^;

鉄民族とか 何か こう 古代の大和朝廷に ひっかかる匂いが します。。 (^◇^;)

 

それにしても 母の先祖って 。。。 どちら様なんでしょう~。。。

謎~~~~~~~!!!!

今度 戸籍取り寄せて 調べちゃおうっかな~~~ (*^。^*)

コメントする

あの感覚って そうだったんだ・・・(・・;)

小さい頃。。。特に小学生の頃。。。

空気の中に 色々 感じていました。。

あの頃は それが当たり前だって 思っていましたが

今となっては「HONKOWA」の知識によって?

「当たり前じゃない!」と 自信を持って? 断言できます! (^_^.)

 

○当時の斎場から 父の実家のお墓までの細い道が 異様に怖かった。。。

。。。もしかしたら 霊道?が 通っていたんじゃ・・・ (・*・;)

 

○ 花の木線を 小学校から家まで歩いて帰っていた時 群馬の山から吹いて来る空っ風に 金属の感じがあった。。匂い、、感触。。。ただの風じゃなかった。。。

。。。 製鉄民族の?・・・ 豊城入彦命様関係の・・・?(^◇^;)

山の神?!。。。。

 

○ 母の実家のそばの山 なんだか 優しいというか 懐かしいというか なんというか 母っぽいというか 慕情というか。。。

。。。 もしかして 山の神が 帰っておいで~って 誘っていた~ ^^;;;;

 

○ 母の実家へ行くために バスを降りると そこは 明らかに空気が変わっていた なんか 金属的というか、 空気が引き締まってるというか 異次元というか・・・神社感というか。。。

古代の金属関係の神様が支配していたのかしら。。。

 

○群馬の温泉へ行くと ものすごい金属感と 神社感が。。。伊香保。。草津。。。

製鉄民族・・・? 神様・・・・?・ ^m^;

Comments (2)

本庄の実家の一本だけ支柱の駐車場屋根&支柱 つぶれたそうです・・・><

うわ~。。 弟から メールが来て びっくり!!

大変な雪だったんだー!!

だけど 父も猫も無事で良かった~~!!

本庄の方は 前橋と熊谷にはさまれて 50センチ位 降ったのかしら。。

駐車場の屋根は 雪と水の重みで つぶれてしまったそうです。。><

もう30年以上? 上州の空っ風にも耐えてきたのに。。。

 

片側しか支柱がない屋根なので 父は もう方っぽ 棒で支えないとダメかな~とか思いつつ

先週の雪にも耐えたので 大丈夫だろう~♪と 考えていたらしい。。。

幸い 下に車はなく 支柱と屋根だけの被害ですみました。。

弟が 浦和から帰った時 車を止める場所が・・・ (;O;)

こんな大変な雪 父も初めての経験だそうで。。。

宇都宮より 埼玉 群馬の方が降ったなんて・・・ 驚きです!!

 

本庄の実家の家の前の道路は まだ 40センチの雪が積もっているそうで

近所中 誰も雪かきしないそうです。。

車も通らないそうです。。

新聞も 朝も夕も 来ないそうです。。 ><

 

雪掘り しに行ってあげたいけど。。。

そんな状態じゃ・・・ (・・;)

父と猫 頑張れー!!

Comments (2)

Older Posts »