スサノオノミコトと日本武尊 景行天皇

古事記では 倭建命(日本書紀では 日本武尊)は

父 大王から 疎まれていた的な書き方をされています

 

で 先日 ふと 思ったのですが

もしかしたら 父 景行天皇(日本書紀)は

息子である日本武尊の事を

 

スサノオノミコトに似ている!

 

と 恐れて 警戒したのかも。。。

 

と 思ってみました

もしかして 家臣によるささやき?もあったのかも。。。

 

スサノオノミコトは アマテラスオオミカミ様の弟ですが

記紀を読むと

どうやら クーデター?を起こしたっぽいような事が

ぼかして書いてある気がします

 

天照大御神様に反逆した とは はっきり書いてないのですが

同じ血が流れてる天皇家の弟として その態度はどうなの?的な行動が

記紀に書かれています

 

最終的には 地上へ(出雲)と 行かされてしまいました

 

これって。。。

日本武尊が 父王から受けた扱いと 似てない?

 

と 先日 思いました。。。

 

とりあえず 古事記によれば

倭健命は 双子の兄を殺したとして 父から畏れられ 西の方へ戦に出される

という感じになってます

 

ゲゲの解釈としては

実は 日本武尊様は お兄様を殺していなくて

逆に

父に逆らった兄を助けて こっそり違う国へ逃がして

父には 「兄を殺した」と嘘を言って 父の目を兄からそらさせ

兄をかばった とても優しい男子

 

と見ています

 

ですが 父王には その優しさ 云々よりも

逆に

日本武尊は 兄と一緒に 私を裏切るつもりか?

と 考えたような気がするのです

 

記紀には書かれていませんが

地域の伝承では (以前 ブログでも取り上げましたが)

日本武尊のお兄様は 隠れてるところを 父の軍隊に見つかり

戦となり 亡くなってしまったようです

 

父王にしてみれば

兄をこっそり逃がして 嘘を報告した日本武尊に対して

不信感を持った気がするのです

 

そこで

征西へと たいしたお供もつけずに 命令した気がします

 

息子がどういう行動に出るのか。。。

姉に逆らったスサノオノミコト様と同じか?

多分 スパイにでも探らせていたような気がします

 

自分に反逆の気持ちがあるのならば

出雲へ行って 軍隊を立ち上げて 自分に戦いをしかけてくる

と 見たのではないでしょうか

 

それで

 

西へ行きなさい

 

と 命じたように思います。

 

 

日本武尊は 父に逆らう事なく

九州の賊も倒し 出雲健も倒し  征西を終えて 都へ戻りました

そしてまたすぐに 今度は東征を命じられます

東征後は なぜか 都に入れずに 尾張のミヤズ媛の元にとどまり

そこから 伊吹山の賊を退治するよう命じられて

うまくいかずに 能褒野でお亡くなりになりました

 

日本書紀によれば

父 景行天皇は 息子の死をたいそうお嘆きになったそうで

東国に 息子を偲ぶ巡行に出ます

この 「息子の死を嘆いた部分」は きっと 本当の気持ちだ!!

最期に 日本武尊の事を信じてくれたんだ!

と ゲゲは思いたいです!!

 

あー そっか。。。

以前も書いたかな。。。

 

三野。。。美濃   日本武尊のお兄様が 父王をだまして治めた地

 

尾張。。。 日本武尊の妻 ミヤズ媛がいた地

 

美濃 尾張。。

みのおわり

身の終わり。。。

 

確か 源頼朝の父が 殺されて

その後 殺した人が 美濃 尾張を所望して

最終的に 身の終わりとなった話。。。

歴史であった気がします(うろ覚えですみません)

 

美濃 尾張は 古代から 重要な地であったために

そこを治めたい人達の思惑がからんで

悲しい出来事が 多かったのかもです。。。

 

日本武尊と 父景行天皇の確執。。。

(私的にはあまり好きではない表現

やはり 父王の 子への愛情を信じていたい)

は けっこう 有名ですが

 

記紀を丁寧に読んでみると

それ以前の天皇家も

父と子の確執っていうか (異母兄弟間の確執っていうか)

父が亡くなっ後

父が決めた皇太子に 突然その兄弟が反旗を翻して 戦になるパターン あるんですよね。。

昔は それが当たり前だったのかなあ。。。

 

景行天皇は

とても子だくさんで

その中で 特に優秀な3人が 皇太子として認定?されていたようですから

(日本武尊のお兄様が入ってないから 元々は4人だったのかな。。)

母方のお家。。。家臣の事情。。。

とかで 話がこじれていったのかなあ。。。

とも 思ったりします。。。

 

 

広告

上三川 白鷺神社 甲神社 平成31(2019)年2月24日

平成31年(2019) 2月24日 日曜日

初詣にしては とても遅かったですが

上三川の 白鷺神社 甲神社へ ご挨拶に行きました

 

今 思いかえすと この日撮った写真は

令和 改元の祝賀ムードにぴったりなので

容量ギリギリですが このブログに 画像をあげようと思い立ちました!

 

昨日と今日 ご朱印を頂きに近くの神社へ行こうかな~と 思ったのですが

多分おそらく皆さん 考える事が同じで ものすごい人が行くだろうな。。^^;

と思ったので もうちょっと落ち着いてからにします~ (^◇^)

 

昨日 ツイッターで見たら

明治神宮 ご朱印 10時間待ち。。。って。。。!! (@_@;)

想像を超える世界でした!!

長女が

アトラクションか?! と 言ってた。。

確かにテーマパークの行列並。。。

 

今日は

「関東地方 お昼頃 突然の天候急変 雷雨!!」 と警報が出ていたので

チャリ散歩に行かなかったのですが

見事に 今現在まで 雷雨は ありません~ (^◇^;)

午前中 大風が 吹きましたが~ 雨は まだです~

せっかくなので 部屋のお片付けと掃除をしました~ ^^

 

そういえば 日本武尊様の草薙の剣は

現在の皇室の3種の神器の内のひとつなんですよねえ。。。

日本武尊様ファンの私としては

日本武尊様の東征と 弟橘媛様と ミヤズ媛様 とを結ぶ剣

という気持ちでいっぱいなので なんだか とても不思議な気がいたします

 

日本武尊様と東征を共にした剣は

平家の方達と共に 壇ノ浦の海に沈んだそうですが

弟橘媛様の事を想うと そういう運命も さもありなん。。

と思ったりします。。。

 

この日 (2月24日)は 車で行きました

今年初の白鷺神社は ご朱印を頂く方達で とてもにぎわっておりました!

安定の抜け感! 青空 絶好調!

 

この日は なんだか しみじみ 草薙の剣のレプリカ?に 見入ってしまいました

いつもは それほど 深くは見つめたりはしないのですが。。。

今年は年号が変わる。。。 という想いが

知らず知らず あふれ出てきていたのでしょうか。。

 

 

 

続いて 甲神社へお参りしました

甲神社へ 元気にお参りに行ける度に

生きてて良かった~~~ って 思います w

この日は なんと!!

私にとって初めてでしたが 例祭日だったのでしょうか?!

日の丸がなびいていたんです!!

感動しました!!

 

 

 

本当に 今思い出すと まるで 改元をお祝いしてるようです!

摂社か末社の例祭日だったのかもしれません。。。

地域の方に愛されて こんな立派な日の丸を立てて頂いて。。

日本武尊様の東征の日々に 思わず 想いを馳せてみました

この日は とても天気が良かったので

遠くの筑波山の美しいお姿も 拝する事が出来ました

 

なんだか 令和になってから。。 昨日 今日 と

まるで 年が明けたような。。。

お正月感 というか。。。

本当に

新年おめでとう!初詣行かなきゃ! なんて 思っちゃったので

不思議な気持ちいっぱいです

 

今年2度目のお正月 目出度い!!

ヽ(^。^)ノ

 

 

「ヤマタのおろち」の「ヤマタ」、奈良県天理市「柳本」って もしかしたら 「ヤマト」なのかも。。。

今 買ったばかりの初めてのスマホ関連作業?で 四苦八苦中ですw

悩みに悩んで やっと 手帳タイプのカバーを 密林さんに発注しましたw

カバーって お店に行っても 一つか二つしか売ってないのに

密林さんでは 山のようにあって びっくりしました

条件を絞って 400ページ 見ました!ストレッチしながら・・・

眼と腕が疲れた~~~~~!! w

 

 

確か スマホを買う前のことですが

出雲大社のご神木?を使ったブレスレットが欲しいかも~~♪

 

と パワーストーンがついてる雑誌の事をネットで検索したり

 

ユーキャンから 突然

古事記の話の無料サンプルDVD(アニメ入り)が送られてきたりしていました

(一度何かを買うと その後たくさん 次から次へとご案内が来ますw)

 

その無料サンプルDVDを見せてもらっていたら

 

あれ?

スサノオノミコト様が退治した

ヤマタノオロチって・・・

 

確か

あの怪獣は 川の事だろうって 今言われている事が多いけど

 

もしかしたら

ヤマタ って 。。。

 

yamata…

yamato…

 

似てる!!

「大和」 「 倭」 「日本」に

似てる!!!

 

って 思いました。

もしかしたら 以前 ブログに書いたことがあるかもです

再度 思いました

 

推測ですが

「やまと一族のオロチ」という人 または部族が支配していた出雲のあの辺りの地域を

スサノオノミコトが 戦をして 幹部8人を倒し

出雲を手に入れた

ということではないかと 思ったりしました

 

・・・

酒に酔わせて敵を滅ぼす やり方は

確か 神武天皇もなさっていたような・・・

日本武尊様も・・・ ^^;

 

日本語の発音ですが

縄文 弥生時代の 言葉の発音については よく わかりませんが

滅ぼされた人達の事なので

もしかしたら 後世 区別する意味で

「やまと」 ではなく 「やまた」 と 発音表記するようになったのかも。。。

と 想像してみました

または

「やまとの山田に住むオロチ」というボスかもしれません。。。

 

神話では 8つの頭を持つ大蛇となっていますが

世界各国に 似たような話があるそうなので

もしかしたら

スサノオノミコトとオロチの戦いは

わざと

「あれって 神話だよね?」のノリでうやむやにされて

史実から 外されるように仕向けられたのかもしれません。。。

 

出雲に行くと 史跡がたくさん残されているんですよね。。。

ネットで見た時

 

あー。。。

この戦いって 人VS化け物 ではなく

実際 人VS人 の戦で行われたんだろうなあ。。。

と 史跡の画像を見て 感じました

 

私の推測では

イザナミさんは 出雲の姫で

高天原のイザナギさんと結婚した時は 出雲と高天原は良好な関係を築けていたのに

その後 何か 出雲で

カグツチさんが関わるごたごたに巻き込まれて 亡くなってしまい

 

それ以来

高天原グループは

うまく 出雲と つきあえなくなり

そこに スサノオノミコトが 地方長官として 派遣されていったのではないか

と思います

 

イザナギさんとイザナミさんあたりの 出雲と高天原の関係は

私もうまく考えがまとまらず 上手に表現できませんが

イザナギさんにしてみたら

出雲の姫と 結婚したんだから

出雲は自分の支配する国

と 思っていたのかもしれません

 

ですが 出雲は  とても豊かな地なので

様々な人たちが この豊かさを目当てに この地を欲しがり

色々 トラブルもあったのではないか・・・

と 思います。。

 

 

そして この間 景行天皇の古墳の辺りの地図を見ていて

はた!と 気づいたのですが

地名 「柳本」を 不明瞭に発音していくと(変な日本語w)

 

やなぎもと。。。

やないもと。。。

やなもと。。。

やぁもと

。。。

やまと!!!

 

になる!!!

と 気づきました

^^; 結構 強引 w

 

マクモニーグル氏が

ヤマト民族が 移動した地は 「やまと」と呼ばれた

みたいなことをおっしゃっていたので

 

もしかして 柳本 って 昔々は

やまと って 呼ばれていたんじゃないかなあ。。。

と 思いました

 

地名の由来をネットで検索してみましたが

大きな楊の木があった? みたいな感じで

はっきりしたことは わからないみたいです

 

近くには 「長岡」があるようで

!!!

ナーガ!!

インド系の古代の蛇の神 の名前がついてる!!!

と 感動しました

大和神社が長岡の地に祀られる と 垂仁紀に書いてあるそうです

 

近くの 「渋谷」(しぶたに)は

水に関係する地名のようです

鉄分を帯びた 赤しぶの水の出る谷 らしいです

 

(参考 天理市ホームページ)

 

私は 邪馬台国も 「やまと」国 って 読むんじゃないかなあ

と思っています

結局は やまと という国は 各地にたくさん大きくあったと思うのです

(やまと民族は南から北へ北へ移動していったというマクモニーグル氏の霊視?が好き♥)

 

ですが

国津神(イザナミさん) 天津神(イザナギさん) 辺りで仲良くやっていたのに

後々 子孫でこじれる。。。

みたいなことを繰り返していくうちに

(戦国武将とかでも 代が変わると 兄弟でもめたりするアレ的な)

 

誰が 「やまと」を名乗るのに 一番ふさわしいか

みたいな 戦争というか 抗争というか

戦いになってしまい

負けた出雲は 結局「出雲」と 呼ばれ

区別されるようになってしまったのではないか

と思います

 

やまと は 山のふもと という意味もあるそうなので(山本やまもと も そうらしい)

そうなると 各地に 自分達はヤマトだ! と名乗る氏族がいっぱいいたかもしれません

 

本家やまと族

元祖やまと族。。。

 

卑弥呼さんがいた氏族がヤマトで(邪馬台国という漢字も良いけど 山門も良いなぁ)

景行天皇は 卑弥呼さん亡き後 ヤマトを 吸収して

自分達が ヤマトである! と 名乗り

国土統一に向かって進んでいった 気もします

 

天照大御神に仕える妹は 「倭姫」  という名前

 

南へ北へ戦に行く息子には 「倭武」 という名前

 

。。。。

 

うーむ 玲子さんの霊視でHONKOWAに書いてあったけど

この命名は奥が深い!

 

ヤマト。。

大和。。。

倭。。。

日本。。。

 

漢字はいろいろありますが

 

やまと

 

って 本当に美しい響きだなぁと思います

 

 

 

かごめかごめの唄の謎 日本武尊編

ちょっと前のHONKOWAを読み直していたら

玲子さんの霊視で

「囲ってる」

というワードがありました。

 

そのワードを見た途端

ゲゲの頭の中には 以前訪れた大阪堺の

大鳥大社と4つの摂社 が浮かびました

 

続いて 頭の中に なぜだか

かごめかごめの唄が浮かびました

 

かごめかごめの唄は 童謡ですが

その歌詞から

何かの秘密の鍵を示唆する内容ではないか

という説があります。

テレビの怪奇特番でも取り上げられたことがあります

 

日光東照宮の徳川埋蔵金のありかを示しているとか

他にもいろいろな解釈がある 不思議な謎を秘めたわらべ歌です

 

かごめかごめの唄って

「鳥」という言葉が出てくるし

もしかしたら 大鳥大社に祀られてる日本武尊の唄かも。。。

と ふと思いました。

 

大鳥大社には 近くに 4つの摂社があります。

大きい神社の周辺に小さな摂社があるというのはよくある事なのでしょうが

なぜだか ゲゲには

 

大鳥大社がその4つの摂社に囲まれてる。。。

もしくは

4つの摂社が大鳥大社を囲ってる。。。

 

と感じられて感じられて仕方がないのです。

 

かごめかごめの唄を

子どもの頃覚えた通り 口ずさんでみました。

 

かごめ かごめ

かごの中の鳥は いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀がすべった

後ろの正面 だあれ~

 

私が住んでいた地域では

かごめかごめ遊びとは

何人かが手をつないで円を作り

その真ん中に 目隠ししてしゃがんでいる子がいて(かごの中に入っているように)

その子の周りを 時計まわりに歌を歌いながら ゆっくり動いて

歌が止んだ時にぴたっと止まり

真ん中の子が 自分のま後ろにいる子を当てる

というものです

 

当たると

その子は かごから出られて円のメンバーになれて

反対に 今度は

当てられた子がかごの中に入って目隠しをします

 

当時は何も考えずに遊んでいましたが

今 漢字をあてると 「囲め 囲め」ということだと思います

なんだか 人に目隠しをして 大きいかごの中に閉じ込めてる

というイメージがあります。

 

私の 勝手な解釈ですが

この歌は

かごの中の鳥が出て 鶴と亀のところに飛んでいこうとするから

決して外に出してはいけません

その間に 鶴と亀は滑って再起不能になりました

内緒ですが 鶴と亀を滑らせた犯人は 後ろの正面にいますよね

 

という意味なんだと思えて仕方ないです

 

これを大鳥大社の日本武尊に当てはめてみると。。。

 

囲め 囲め

かごの中の鳥(日本武尊の魂)は

いついつ出やる

夜明けの晩に 鶴と亀が滑った

後ろの正面 だあれ

 

。。。

しばらく考えていたら

頭の中に

「神功皇后」…

と浮かびました

 

鶴と亀って・・・

神功皇后が滅ぼした かご坂王と押熊王…

もしかしたら 2人の母親・・・ 母親が出た家の一族・・・

さらには もっと拡大解釈すると成務天皇や成務天皇の母方の一族・・・

そして さらには 仲哀天皇の母親の一族…

 

…神功皇后にとって

今までのすべての政敵たち?・・・

 

次々に 浮かんできました。。。

 

神功皇后の子 応神天皇が天皇の位につくことができたのは

実は 神功皇后と家臣の武内宿禰が起こしたクーデターで

王位継承権を持つ かご坂王 と 押熊王 を滅ぼしたから…

 

という説があります。

 

ゲゲの推測ですが

景行天皇から 神功皇后までの間

一番子孫が繁栄して 長期間 実権を握れた勝者は

神功皇后

ではないかと思うのです

 

景行天皇の息子である日本武尊は 武勇に優れていたにも関わらず

東征のため 都へ戻る前に亡くなってしまいます。

生きていたら おそらく 次期天皇だったと思います。

そして 景行天皇の正妃であった日本武尊の母(播磨出身)も亡くなりました

(ということは 母方の一族=外戚は 天皇家の家臣としては 多少なりとも力を失ったという感じになると思います)

 

景行天皇の次に天皇になったのは 成務天皇です

母親は 八坂の入媛(父は八坂の入日子=崇神天皇の子 八坂は京都?)です

 

そして 次の天皇は 成務天皇の子ではなく

日本武尊の子 仲哀天皇でした

(ということは 成務天皇の母の一族は 今までの権力を多少失ったのかも ということになります)

 

仲哀天皇の母は 垂仁天皇の娘で 名前は両道(ふたぢ)の入媛(京都?)です

 

そして 仲哀天皇は 早くに亡くなり(同時に 母方父方の権力も弱まり…)

おそらく それ以前に

仲哀天皇の最初の妻(大中津媛 兵庫?)も亡くなっていて…

妻の父方母方の権力も弱まって…

 

ここまでの間に 天皇が次々代わり

そして 同時に 天皇の母 天皇の妻 も代わって…(当たり前ですが)

さらには 天皇の母の外戚 妻の外戚

と 推測でしかないですが

天皇をとりまく家臣の力関係が

次々変わっていったのです。

 

記紀では この頃の天皇家の家臣団についてはあまり詳しく書かれてありませんが

後の世の 中臣家 蘇我家の争いとか見てると

古代でも

大和の天皇家周辺では 天皇の母親の出身家による権力争いが

あったのではないかと思っています。

 

 

そして 仲哀天皇の死後

戦が起こります。

 

仲哀天皇の後妻(神功皇后 父は開化天皇曾孫)と

仲哀天皇の最初の妻の子ども達が(かご坂王・押熊王 兵庫?)

争う事になり

かご坂王 押熊王は 負けて 亡くなりました

 

この戦いの結果

勝って残ったのは 景行天皇の直系の仲哀天皇ではなく

仲哀天皇の妻 神功皇后でした

景行天皇が築きあげた大きな権力が

開化天皇曾孫の娘という 直系からかなり遠い皇后(=息長一族)に

移行したのです。

 

仲哀天皇の最初の妻 大中津媛は 祖父が景行天皇なので

血統からいえば 神功皇后よりも上になりますが

神功皇后は

自分よりも血筋の良いかご坂王 押熊王を滅ぼして

強大な権力を持ちました

 

そして

自分の息子が天皇位を獲得した後(応神天皇)

その政権は安定した形で 仁徳天皇へ続いていったのでした。

 

ゲゲ訳

 

 

囲め 囲め

かごの中の鳥はいついつ出やる

世空けの晩に 鶴と亀が滑った

後ろの正面 だあれ~

 

なぜだかわからないのですが

神功皇后が一番恐れたのが

景行天皇の命によって大鳥大社で祀られている日本武尊の魂

だったのではないか…

と思えて仕方ありません。

 

おそらく 日本武尊は

あれだけの偉業をやってのけたのに 都に帰れず

望郷の念を持ちつつ 苦しみながら地方で亡くなった

という事から

人々にとって 恐れる対象になってしまった…

と思います。(私は尊を大好きなので 〃ω〃

怨霊という表現は使いたくないです テヘペロ^^;)

 

なので 尊の3つもある古墳はすべて

巻向ではない場所に造られたのかもです

まるで 巻向の地に尊の魂は入れさせない

としてるような意図を感じさせます。

そして 最終的に 4つ目として 堺に 神社を作って

魂を祀らせました

 

理由はわかりませんが

3つの古墳だけでは何かが収まらず 神社も必要だったのか…

誰かが 神社で何かに使うためだったのか…

 

それとも 一つの古墳と一つの神社が造られた後

長い時間をかけて

それぞれ違う人たちが 2つ目と3つ目の古墳を造っていったのか…

(ゲゲも 過去記事で 色々考察してます)

 

崇神天皇 垂仁天皇 景行天皇は 大和の磯城郡で 政治を行いました

(ゲゲは この天皇3代で巻向に大きい都を作っていったと思っています)

 

日本武尊の腹違いの弟 成務天皇は

景行天皇の晩年

大和からかなり離れた近江へ遷都しました

これは

日本武尊がかつて住んでいてなじみのある纏向の都から

あえて離れたのだと思います。

 

ゲゲの推測ですが

おそらく 成務天皇は 自分が天皇に即位する前

老衰で体が弱っていた(想像です)景行天皇を 無理矢理説得して

巻向から近江へ連れていったのではないかと

思うのです

 

後世 極端な遷都として

乙巳の変で 蘇我氏を滅ぼした後 孝徳天皇が難波へ遷都したのが有名です

これは 飛鳥の地にあふれる蘇我の怨霊から逃げるためだったのではないか?と言われています

 

それと同じように もっと以前 成務天皇は

日本武尊の魂から逃れるために 遷都したのだと思います。

もしかしたら 孝徳天皇は成務天皇の真似をしたのかもしれません

 

そのように強力な日本武尊の魂ですから

日本武尊の息子の妻である神功皇后は

何はともあれ 義父の怒りを 相当恐れていたのではないかと思います

日本武尊の孫(夫の先妻の子ども2人)を滅ぼすために戦をしたのですから。。

 

記紀に 神功皇后の神頼みが

かなりたくさん出てきますが

日本武尊の祟りを恐れていたからではないか

とも思えます。

 

ゲゲの推測ですが

大鳥大社の回りにある4つの摂社は

神功皇后が 尊の魂を大社から出さないために

社を建て 何かの術をほどこして 囲った跡なのかも。。。

と思ったりします。。。

 

そして

民衆は それを知っていたのかもしれません。。。

でも はっきり言えば

古代の事ですから おそらく だめでしょう。。

 

なので 代々 内緒で口伝している間に

いつしか わらべ歌となり

かごめかごめの唄として 後世 語り継がれていったのかも。。。しれません。。。

 

ゲゲ訳

 

囲ってる 囲ってる

日本武尊の魂は

子孫を助けるため いつか 社から出そうだね

出てこないように 囲ってるんだね

仲哀天皇が九州遠征で亡くなって 天皇位が空いて暗闇だった時

大和を守っていたかご坂王と押熊王が失脚したね

2人を失脚させた犯人は 後ろの正面にいるよね

 

 

 

 

 

地図の上でのことですが

大鳥大社の後ろを ずっと北にたどって行って

東の方を振り向くと

正面を海側に向けた ○○大社があるんです。。。

 

なんか怖いので

はっきり書くの やめておきます (;*^^)v

 

雀宮 と 宇都宮  地名の由来 考えてみました(何回目だろう w)

今日は

日本武尊と一緒に 尾張海軍を率いて東征へ行った建稲種命さん

(私の中では 三代目Jソウルみたいなイケメンのお頭になっている

あ 直虎の龍雲丸でも良いかな w)

 

を 検索して調べようとしたら

あらら。。。

違う方向へ行ってしまいました・・・

 

なんで? お彼岸だから? (笑)。。。

栃木県那須塩原市にある 嶽山 箒根神社 (たけさん  ほうきねじんじゃ)

が ひっかかりました。。。

 

この神社は創建時期は不明ですが

豊城入彦命の曾孫 御諸別王(みもろわけのおう)が

豊城入彦命を合祀して

さらに 御諸別命の曾孫 宇都野別命(うつのわけのみこと)が

神主となり ここに住んだので

地名を宇都野とつけた

のだそうです。

 

キター!!

宇都野別命 キター!!!

 

以前 ちらっと 検索にひっかかって

その他どこか もっとわかりやすいところ(どこ?)にいないかな~~。。。と

思い出した時に PCの中を探して(・・・どこ?)いたのですが

 

なんと 今日!

思いがけず ひょいっと 見つかりました!!

 

系図を作って調べてみたら

宇都野別命は ちょうど履中天皇もしくは 履中天皇以降の頃の方になります

履中天皇は 仁徳天皇の息子さんです。

 

おお~~!!

ということは

仁徳天皇は 名は大雀命(おほさざきのみこと 雀さん) なので

宇都宮の雀宮近くの上三川から出土した器の裏に書いてあった人の名字?「雀部○○」

と 雀宮の地名と 宇都宮の地名が

全部 つながった気がする。。。( 勝手に)

 

仁徳天皇の時代に 下野の国司になった奈良別王(ならわけのきみ 豊城入彦命の4世孫)が

雀部の人がたくさん住んでいた地に 神社を建て

下野の国を一生懸命開拓して 土地の人に慕われた父(御諸別王)を祀り

荒尾崎には(宇都宮市) 4代前のおじいちゃん豊城入彦命を合祀した

と 思われます。

 

荒尾崎付近(八幡山とか)は

ゲゲが思うに

豊城入彦命が先住民族と戦をして 彼らを滅ぼした土地だと思う

 

なので 鎮魂のために

力のある4代前のおじいちゃん豊城入彦命をご祭神に選んだのだと思う。

 

そして 奈良別王の孫 宇都野別命の代になった時

この嶽山または箒根山(現 那須塩原市)で 怪異が起きたのだと思う。

 

箒根という山の名前は 豊城入彦命が名づけたという伝承があるそうです

ならば きっと ここで 先住民族と戦をしたに違いない!

と ゲゲは思いました。

 

「根」っていうのは 「根の国」 に通じるものがあるから

もしかして 滅ぼされた民族が眠る土地につける名前なのかもしれない。。

 

そんなこんなで

奈良別王の孫 宇都野別命は

山の怪異を鎮めるため

嶽山山頂付近にある 箒根神社に住んで 日夜祭祀を行ったのではないか?

と 思いました。

 

ややこしいのですが

嶽山と 箒根山って 違う山らしい。。。

そうだよね。。名前が違うんだもんね。。。><

後でよく 調べてみます。。

 

で おそらくだけど この 宇都野別命は

荒尾崎の二荒山神社の神主もしていたのだと思います。

というか 昔は

国司は国を治めつつ 神社の祭祀権も持っていたそうなので

 

いつしか 宇都野別命が治める宮ということで

荒尾崎周辺の地(現・宇都宮市)を

宇都野別の宮 → うつののみや 宇都宮 と

呼ぶようになったのではないかしら。。

 

というのが ゲゲの推測です。。

 

雀宮神社周辺の土地は 雀部の人達の治める土地なんだと思う。。

 

宇都宮と雀宮の間には

江曽島(蝦夷の民が住む地 伝承では日本武尊が滅ぼした)があるし、、

。。。

なんか 空気感が違う気がする。。

 

もしかしたら 仁徳天皇が

雀宮から上三川の土地は 自分の氏族 雀部のものとして

江曽島から宇都宮の方は 国司 奈良別王のもの

って 分けたのかも知れません。。

 

で 奈良別王の支配する土地を そのまま 子の宇都野別命が引き継いだのかも~。。

 

ってことは

那須塩原の嶽山 箒根山周辺も

奈良別王が支配していたのかな。。。

 

あ~~!!

もしかして!!

 

豊城入彦命が東征に来て 敵と戦って勝った土地は

子孫である 御諸別王や 奈良別王 宇都野別王が引き継いで

 

日本武尊が東征に来て 敵と戦って勝った土地は

子孫の仁徳天皇が 権利があるっていうか 自分の荘園みたいにして

そこから上がった米とか野菜とか

自分に納めさせていたのかな。。。

 

よくわからないけど

もしかしたら そうなのかな。。。

 

国司って 自分は 米とか作らなくても

豪族とかが 納めてくれるんだよね。 多分。。

 

また 思いついたら ブログに書くので

地名問題 もしかしたら

またまた 違うひらめきが降りてくるかも知れません。。

 

一体 何回 考証したら ゴールへたどり着けるのだろう。。w

ゴール。。。

近いような。。。

遠いような。。。(*_*; 。。。

 

 

 

 

 

飯野の眞黑比賣(古事記)の謎 隠された?姫 卑弥呼系列?

ちょっと前に調べていた 迦具漏比賣(垂仁天皇妃)と

訶具漏比賣(景行天皇妃)ですが

あの後 なんだか 集中できなくて

調べ始めても どんどんずれていって 気付いたら 違う事を調べてたり

上の空になったり

なんか うまく調べる事ができなくて。。。

。。。 何も降りてこないし^^;

不思議な感じに苦しみました。。 (^_^;)

 

で 昨日 何気に

訶具漏比賣(景行天皇妃)の父方のおばあさまである

飯野の眞黑比賣という方を 調べはじめまして

ゲゲ流の系図を ノートに書いていたのですが

あれ?っと 思いました。。

 

飯野の眞黑比賣という方は 古事記に書いてある系図がおかしいので

以前にも 記事にとりあげたことがあります。

だんなさんは 若建王(日本武尊の息子 古事記)ですが

それは誤りで 本当は 吉備の若建日子ではないかと

「若建」違いを考察してみました。

 

ゲゲ流の系図は

「池田氏の古墳墓碑」本に書かれてる生没年を参考にさせて頂き

記紀に書かれている親子関係を元に

その時代に生きたと思われる同世代が横に並ぶように

ノートに書いて 作っていくものです。

 

昔は 子だくさんなので

長子と末子の年の差が

もしかしたら20歳とか30歳とか50歳とかもあったかも知れません。。

そういう場合は ひーひー言いながら

こんな感じかしらん?。。末っ子と長男の甥っ子 多分きっと同じ世代だよね。。

とか 勝手に 妄想?しながら

系図を埋めていきます

 

そうやって 作っていった系図を見ていたら

やっぱり 飯野の眞黑比賣さんが

なんだか気になって気になって仕方ありませんでした。。

むむむむ。。。と 降りてきたー!! というか。。。

 

古事記には

眞黑比賣のお父さんは 杙俣長日子王(日本武尊の孫)と書いてありますが

(日本書紀には 眞黑比賣の名は書いてない)

 

系図を見ていると どうもなんだか それは間違いっぽい気がします。

 

もっとさかのぼって

実は 景行天皇(日本武尊のお父さん)と同世代なのでは?

と思えて仕方ありません。。。

 

じゃあ 眞黑比賣のお父さんは誰なのか

となると

ゲゲの勝手な推測ですが

水穂之眞若王さん かな~? と思いました。

または 弟の 神大根王さんか。。。(^^;

 

理由としましては

水之穂眞若王と神大根王のお母さんが 息長水依比賣という方でして

あたまに息長が付きます。

 

眞黑比賣の場合も

お父さんのお父さん(おじいさん)が息長田別王(日本武尊の子)という方なので

 

長く言い伝えてる間に

眞黑比賣は息長の孫だから

ということで 伝聞ミスがあったのではないか?

と 考えてみました。

 

古事記に書いてある眞黑比賣の妹?は 息長真若中比賣といいますが

この方は 15代応神天皇の妃になっています。

眞黑比賣の孫が12代景行天皇妃で

妹が 3代下の天皇妃じゃ

やっぱり 系図的に無理がありそうです。。(多分。。)

 

伝聞ミスなら良いのですが。。。

もしかしたら 誰かが意図的に 眞黑比賣を変なところに入れたのかもしれません。。

訶具漏比賣が 卑弥呼グループの巫女である事を隠すために。。。

 

飯野の眞黑比賣の 飯野という おそらく場所を表す地名ですが

ネットで調べたら

なんだか 日本全国にあった地名みたいで。。。^^;

 

でも くじけないで

多分ここかな? と狙いを定めたのが

香川県丸亀市飯野町 飯野山 飯神社

というところです。

神社のご祭神が 飯依比古命で

古事記の国生みの段 のところにも名前が出ています。

 

想像でしかないのですが

香川(讃岐)なら 吉備と 昔からつながりがありそうだし

結婚もありうるんじゃないかな~?と思うので

飯野の眞黑比賣の夫は 吉備の若建日子ではないか

と 推測してみました。

 

で ノートに 眞黑比賣 眞黑比賣と書いていて

はた! と 思ったのですが

ま ぐ ろ

か ぐ ろ

 

似てる! って 思いました。

 

祖母と孫 「くろ」 がいっしょ!!

(この訶具漏比賣は かぐる と読む説もありますが ^^;)

 

「ま」 というのは おそらく 「真の」 とか 「ほんとの」 という意味だと思うのです。

今でも 「まんなか」 とか 「まっしょうめん」 とか 使うから。。

 

「か」 というのは 仮の という意味だと「池田氏 古墳墓碑」に書いてありました。

 

元々は 黒比賣 という名前に

真の とか 仮の

という語を あたまに載せたのではないか?って 思いました。

 

さらに そういえば

仁徳天皇妃で 吉備の黒比賣(皇后の嫉妬で国に逃げ帰った)という方も

履中天皇妃で 葦田の宿禰の娘 黒比賣 という方もいたなあ。。。

と 思い出しました。。

 

なんだか

黑ひめって

巫女的能力のある女性が そう呼ばれる名前なんじゃないかなあ。。。

と 思いました。

 

眞黑比賣って もしかしたら 卑弥呼かなあ。。。

とも 考えましたが

卑弥呼さんは 結婚しなかったっていうし

なら 卑弥呼さんグループの上の方の人だったのかなあ。。。

謎の方です。。。

 

「池田氏 古墳墓碑」にも載ってない方なので

池田氏も 調べたけど わからなかったのでしょうね。。。

ほんとに謎の女性 だなあ。。。。

卑弥呼の宗女イヨ?トヨ?は 景行天皇妃 訶具漏比賣だと思うううう~!!

今流れてるCMで

携帯?の画像が夜でもきれいっていうアレ。。

卑弥呼様が出てますが

あれって マクモニーグル説の卑弥呼様ですよね。。

 

アジア系の かわいい美女!

あのCM作った人 絶対 マクモニーグル氏の卑弥呼本 読んでる!

と 睨んでる (笑)

 

池田仁三氏の「画像解析による古墳墓碑」を読んでいて

ふっと思ったのですが。。。

(ずっと 愛読してます♥)

以前にも考察しましたが

かぐやひめというステキなお名前の方は

11代天皇 垂仁天皇 の妃に 迦具夜毘賣という方がいます。

 

そして かぐやひめとは名前の読み方が一つだけ違う

かぐろひめ

というお方が お二人 います。

12代天皇 景行天皇の妃 訶具漏比賣

 

15代天皇 応神天皇の妃 迦具漏比賣

 

です。

 

私は 色んな方の意見を参考にして あれこれ考えたのですが(特に池田氏の古墳墓碑本と マクモニーグル氏の卑弥呼透視本から)

卑弥呼さんがいた時代というのは

10代 崇神天皇

11代 垂仁天皇

12代 景行天皇

の3代に渡った時期だと思うのです。

 

池田氏が調べた「古墳墓碑」の年号も理由の一つですが

その他として 3人の天皇の行動?というか

記紀に書いてある事に 着目しました。

 

以前 HONKOWAで 玲子さんがおっしゃってた

「記紀って 卑弥呼を隠してるよね」みたいなお言葉も拝見して

 

そうだ!!

卑弥呼さんって あまりにもすごい能力の持ち主だから

天皇家にとっては 国土をまとめるのに必要不可欠の存在だけど

本音はいてほしくないんだ!!

と 気づかされました。

 

 

ありがたいけど邪魔な存在の人。。。!

いなきゃ困るけど 本音は 自分達が国をまとめたい。。

卑弥呼に代わって 国のトップに立ちたい。。。

目の上のたんこぶ。。。

 

と 内心思ってんじゃないかなあ~、、、と気づかされました。

 

そもそもは 崇神天皇の時

四道将軍達が地方へ行って国を統一したっぽいのは

卑弥呼の力を借りたからできたのでは?と 思います。

 

そして 崇神天皇は 卑弥呼の力を借りて国をまとめつつ

同時に 卑弥呼がいなくなった後

自分達のヤマト政権が 国々をまとめるトップに立てるように

独自路線を開発というか

あれこれ模索していったのだと 思うのです。

 

崇神天皇は 国を大きくまとめるのに 卑弥呼の力を利用しつつ

自分は 倭トトモモソ姫をそばに置いて 自分周辺の事を視てもらい

なおかつ 自分の娘 豊スキイリヒメには

天照大御神の鏡を持って 宮の外に出して 祀らせて

卑弥呼がいなくなった時 困らないように

呪術的な面を強化してる感じがします。

 

モモソ姫は 三輪山伝説で 箸でホトを突いて亡くなってしまいますが

あれって 推測ですが

モモソ姫は 卑弥呼にとって代わって 国の頂点に立とうと

三輪山の神の力を使って なんか好き勝手やっちゃったから

崇神天皇に見つかって殺された。。。

って事なんじゃなかろうか。。

って 気もします。。。

 

そして 崇神天皇が

天照大御神の鏡と大国主命の魂を宮の外に出したのは

政教分離というか。。。

卑弥呼が 政治面でも宗教面でもトップにいる事への対抗というか。。

 

もし 卑弥呼亡き後

自分が 国々をまとめる時が来たら

シャーマンには宗教だけまかせて 政治は自分達でやる!

という強い決意なんじゃないかなあ。。と思うのです。。

 

そして 次の垂仁天皇は

自分の娘 倭姫を 豊スキイリヒメの後を継がさせて

今度は 天照大御神を祀る良い場所を探す旅に出させます。

 

これはもう 卑弥呼に とって代わるために

自分達の先祖である ヒルメムチという女性(多分 ものすごいすぐれた伝説のシャーマンだったんだと思う。。持統天皇あたりが 「天照大御神」って 名前を付けたんじゃないのかしらん。。)

を 最高に素晴らしい場所で

最高にうやうやしく祀って 天皇家を守護していただく!

という宗教政策? だと思います。。

 

っていうか。。

卑弥呼さんが 結構 予想外に長生きだったんでしょうね。。。

それって 天皇家にとっては想定外だったんでしょうね。。。

 

次の景行天皇は 伊勢に落ち着いた倭姫に天照大御神を祀らせて

倭姫から 日本武尊様に草なぎの剣を与えて

日本武尊 様に 東征へ行かせます。

 

天皇の支配下にあるシャーマンが

天皇の支配下にある武士に 神の力を与えて 戦いに出させる

みたいな。。。

今までは おそらく

鬼道を操る(玲子さんも わからない。。っておっしゃってました)卑弥呼が

神から託宣を受けて 天皇に命令していたのでは?・・・

と思います。。。

 

そして ゲゲの推測ですが

日本武尊 様が西に戦に出る前あたりに

卑弥呼さんが亡くなったんじゃないのかなあ~。。。と思うのです。。

 

というか。。。

卑弥呼さんが亡くなった後

あちこちの国がやっぱり乱れてきちゃったので

景行天皇が 武力に長けた日本武尊様を 西に東に戦に出した。。と思います。。

 

で タイトルにもあるトヨ または イヨ さんですが

景行天皇妃の訶具漏比賣 だと思うのです。。

でも 確か 宗女トヨ または イヨは 13歳!

後見役が必要ということで

垂仁天皇妃の 迦具夜毘賣!が 後見した!と 思います。

 

理由は 月に帰るかぐやひめ という不思議な昔話と

かぐ という名前の部分が共通してるからです

 

卑弥呼の宗女グループがあって(マクモニーグルさんがおっしゃってた)

多分だけど そのグループの女子には かぐろ か かぐや って名前を付ける決まりになってたんじゃないのかなあ~。。。

と あくまでも推測ですが。。。

 

あと 理由ですが

景行天皇妃の かぐろひめは 残されてる系図が めちゃくちゃなんです

確か 日本武尊様の子孫が

日本武尊様の父である景行天皇と結婚とか

あり得ないんです。。(まあ ありえなくもないけど 実際的には無理じゃね?みたいな。。。)

 

ゲゲの調べた範囲では 残された系図がおかしいっていうのは

なにか隠してる!! って 事なんですよね。。

知られちゃまずい何かを。。。

 

続く。。。