Archive for 大河ドラマ

2016年6月12日㈰ 奈良一人旅4日目 巻向遺跡周辺散策

今日2017年3月19日 ここ数日ほど 私の自宅周辺では

鶯がさえずってます

春だなあ~。。。

去年の6月の旅行では

ホケノ山古墳で 鶯がさえずっていたっけ~。。

思い出すなあ~。。。懐かしい。。。

 

↓ 穴師坐兵主神社(あなしにいますひょうずじんじゃ)

一の鳥居  巻向駅すぐそば

この道をまっすぐ行くと 穴師坐兵主神社 に行けるようです

この神社のお名前を 今 改めて丁寧に見てみたのですが

穴師にいます兵達の主 って意味になるのでしょうか。。

もしかして この神社のご祭神って。。。

ヤマト政権に打ち滅ぼされた 穴師にいた先住民族の王。。?・・

 

↓ 12:30頃

ふらふら走っていて見つけました

柿本人麻呂公 屋敷跡 だそうです

巻向駅の近く

時間も12時を過ぎたし おなかもすいてきたので

名残惜しいけど チャリを返却しに桜井駅へ戻ろうと思いました。

自宅でたてた予定では

駅へ戻る途中にある 三輪そうめん屋さんで

つるつるっと 本場のそうめんを食べたいなあ~~

と 考えていました。

 

朝よりは だんだん曇ってきまして 日差しがない中

朝来た道を チャリをこいで戻りました。

 

大神神社の近くで そうめん屋さんを何軒も見つけたのですが

さすが 日曜日のお昼とあって

どのお店も行列ができるほど混んでいましたので

あきらめました。。

今日は 奈良から京都へ戻って さらに東京 さらには宇都宮まで戻らないとなので

ゆっくり並ぶのは 時間的に無理。。と判断しました。

次回きっとまた食べられるから~~ ♪

 

旅先で 本場の麺をつるつるっと食べたい ☆

という ささやかですが ひそかな願いがあるゲゲなのでした w

 

あ! 叶ったじゃん!!

昨年12月 大阪で ポロンさんが つるつるっと食べられるおうどんランチへ案内してくれたんだ!!

そういえば!\(^o^)/

ありがとう ポロンさん~~~♥

 

↓ 13時頃

この大鳥居は絵になるので ついつい何枚も写真を撮りたくなってしまいます。

予定より早く駅周辺に着けたので

桜井駅そばの八幡神社へ寄らせて頂きました

13:20頃 桜井駅着 自転車返却

駅のトイレに入ったら

「膝が悪いし 個室内が狭くて持ち込めないから 洗面に荷物を置いときたいんだけど 見ててもらっても良いかしら?」

と 70代前半に見える きれいで上品なおばちゃんに頼まれました。

「あ 良いですよ~」

と答えたら おばちゃんが なんだか突然 唐突に

「独身?」「30代?」

と聞いてきたので

「いえいえ 結婚してる53歳ですよ~。 旅行で自転車借りて飛ばしてきたから 汗でぼろぼろになってます~」

と答えたら

「えー? 53? 若く見えるね~ 50代には見えないね~」

と ほめてくれました (〃ω〃)w

荷物を見るお礼にほめてくれたんだと思いますが

嬉しかった~~\(^o^)/

 

奈良の神様たちが おばちゃんの口を借りて

栃木から奈良に来た労をねぎらってくれたんだと解釈しました♥

「奥さんはおいくつですか?70代前半ですよね?」

と 聞き返したら

「え? 何言ってるの~ 私はおばあちゃん! 84よ~」

とおっしゃってたので びっくりしちゃいました

だって おばちゃん。。

どう見ても70代前半にしか見えない。。 化け物だ。。(*_*;

 

何気ないところで 知らない人と気楽に触れ合えるのが

旅の良いところです~。。

 

13:58の奈良行の電車を待っていたら 雨が降ってきました!

え~~ まさかの雨~~ でも良かった~~!

サイクリング中 濡れずにすんだ~~~ ♪

予定を早めて 駅に戻って良かった~~ ^^v

 

そしてさらに 到着した電車を見て ますますびっくり

真田丸号 でした~~~~~~~~ (=^・・^=)

和歌山の九度山を宣伝するための車両のようです

乗りたいけど 今回 縁がないんだろうなあ~

きっと無理だよなあ~

と あきらめていただけに 最後の最後でまさか 乗れたなんて~~

ヽ(^。^)ノ

狂喜乱舞~~ テンションマックス~~~ ヽ(^。^)ノ

 

巻向の古墳の主様たち 神社の神様たち

ありがとうございました~~ (#^.^#)

 

 

Comments (2)

あっという間に大阪城の本が届いた (((((゜Д゜ )))))ガクブル

すっかり 大阪城の魅力に憑りつかれ

かたっぱしから 歴史について調べてますヽ(^o^;)丿

 

そこで

ブラタモリにも出演なさっていた大阪城天守閣の北川さんの書かれた本をネットで見つけまして

申し込んでみました。

 

大阪城ふしぎ発見ウォーク

 

です。

 

話せば長くなるのですが

私は Tポイントが好きなので

本はなるべく ○タヤオンラインで買うようにしています。(あえて 伏せてみる ww)

 

ネットだと ぽちっと簡単に注文できるので 大変ありがたいのですが

たま~~~に

 

お取り寄せ 発送には3日~14日(記憶あいまい^^;)かかります

 

と注意書きが書かれてある本がありまして。。。

 

まあ 大丈夫だろう 届くだろう~と 楽観視して

注文すると

ほとんど(私が注文する本が偏っているからでしょうか^^;)

「お取り寄せできませんでした。。」

という残念メールが14日後に 届きます。。。^^;

(ひじょう~に悔しい。。w)

 

まあ 仕方ないなあ~と 気を取り直して

アマゾンで頼みます。

アマゾンでは なぜか 在庫あり なので

頼むと すぐ来ます ^^;

 

偶然 近所の本屋さんへ行ったら そこで普通に売っていた時もありまして ^^;

しまった! ○タヤオンラインで頼む前に

近所の本屋さんへ行って探せばよかった!

と 思うこともしばしばです(笑)

 

そんな○タヤオンラインですが(決してけなしてるわけではないです。。 ^^;)

 

今回のこの 大阪城の本も

 

お取り寄せ本でした。。

なので 最初っから

 

どうせ 結果的になくって

アマゾンで頼むことになるんだろうなあ~

と 思ってました(失礼千万)

 

そして 発注していたこともすっかり忘れていた3日後

なんと この本が届いたのでした!

 

いや~~~

まじで ほんとびっくりしました!

絶対こないだろう~~!と 完全にあきらめていたので!w

 

これは何か不思議な力が働いたに違いない!!

と にらんでおります!

巫女ポロンさんパワーではないか!

と 勝手に確信してます ♥

 

そういえば 大阪城って 蓮如さん関係の石山本願寺が

そもそもあって

そこを 織田信長さんが攻めて落として

城を築いて

その後 信長さんが本能寺で討たれて亡くなってしまって

城が途中だったのを 秀吉さんが受け継いで

っていう流れだったんですよね。。

 

う~む。。。

。。。

 

やはり 視えない力が 。。。

蓮如様でしょうか。。。

○タヤオンラインから本を引き寄せてくれたとしか思えない。。。

ありがとございます~~~~~  \(^o^)/

 

ポロンさんからは 画像もたくさんいただいて

ほんと感謝しております。

ありがとね~~!

ゲゲちゃんアルバム 一生ものの良い記念です! 嬉しい!!

 

↓ 大阪城で頂いたパンフレット

かっこいい!!

p1030545

p1030547

↓ ご馳走様でした!

ものすごくおいしかった~~~ (#^.^#)

p1030544

↓ おしゃれなお土産まで!

p1030542

↓ ネタとして 新大阪駅で買ってみました

だんなと長女に ウケました。

おいしく頂きました ^^v

p1030543

 

Comments (4)

お世話になりました(^・^)ありがとうございました!(#^.^#)

12月3日㈯ 4日(日) 新幹線で大阪へ行ってきました。

ポロンさんに歓迎して頂きまして

たっくさんお世話になりました。

本当にありがとうございました~ ♥<m(__)m>♥

言葉では言い表せないほど 朝昼晩夜! 良くして頂いて

感謝感激です!

 

大阪城にも連れていって頂きました。

ありがとうです~♥

大阪城は とても美しく晴れた青空の元

バックに白い雲を配置して

とても立派に キラキラ輝いて建っていました。

 

今の大阪城は

徳川時代の城の場所に 昭和の初め 建てたそうですが

なぜだかどうしても

秀吉さんが建てたとしか思えない空気に満ちていました!

 

巫女ポロンさん効果で

豊臣時代の大阪城の空気にアクセスできた!

って 勝手に思ってます \(^o^)/

本日ご結婚の花嫁さん花婿さんも

拝見できて

まさに 祝福され放題! \(^o^)/

大阪城から 歓迎されました~~~ ♪

 

ポロンさんが 周辺の地理やビルを詳しく教えてくれたので

大阪城周辺の地形と建物が よく理解できました~

ありがとうです~ ^3^

 

関東から ちょっと行って観光しただけじゃ

城の東西南北とか 川とか

地形や 街の様子が 全然わからない気がする~。。

この日は 雲がものすごい迫力で

生きて意思を持ってるようでした!

p1030526

p1030527

坂を上って 北東側へ出ました

お城を斜め下から見上げましたが

想像より はるかに大きくて 圧倒されました

石垣の石の大きさには もうただほんとにびっくりというか。。。

きちんと積んであるし!

 

10メートル下に埋まってる石垣も

さぞや大きくて立派なんだろうなあ と想像しちゃいました

p1030529

p1030530

真田丸効果?なのか

観光客さんがたっくさんいました

すごかった~~

外国の方もたっくさん!!

 

大阪城って ほんと人気がある観光スポットなんだなあと

改めて感じさせて頂きました。

 

天守閣から 金色に輝くしゃちほこ~(多分)

後でよく 名称を調べてみます。。^^;;;

p1030535

ランチは 今井のきつねうどん~~

最高においしかった!!ゲゲ好み!!

おつゆ 全部頂いちゃいました!

 

ポロンさん 地元で愛されてる名店を教えてくれて

ありがとうです~!

p1030536

 

食後の飲み物は 阪急うめだ本店のマイセンカフェ~~

すごい!!

生まれて初めて~~!! ヽ(^o^)丿 舞い上がったゲゲ

 

ステキなところ教えてくれて

本当にありがとうです~~~ (#^.^#)

 

p1030539

 

いっぱいおしゃべりして いっぱい愚痴聞いてもらって

楽しかった~~~ ☆☆☆☆☆

 

本当にありがとございました~!

帰宅後 長女から

ママの年齢で そういう事って なかなかないよねえ~。

良かったね♪ ポロンさん 良い人だね~~♪

と言ってもらえましたん~~ ^^

 

 

 

そして 今回は 行く前に

真田丸 真田丸 と 萌えて舞い上がっていたので

全然 下調べもせずに 大阪城へ行かせてもらったのですが

 

帰宅後

 

。。。

あ。。。 江戸時代の終わり 戊辰戦争の時

徳川慶喜さんが 兵達に黙って 大阪城から船に乗って脱出して

江戸城まで帰っちゃったんだっけ。。。

 

と 思い出しました。。。(*_*;

 

 

逆にどうして 思い出さなかったのかが不思議。。。

(新撰組ファンなのに。。)

 

そして

 

あ。。。

さらに。。。

大阪城といえば 霊能者玲子さんが 以前霊視してたじゃん。。

 

と 思い出して 本を読み返してみたら

 

。。。。。

^^; あ~~~~

そっち方面。。。

 

うわ~~~。。。

絶対 これ 天海和尚 からんでるよ~ ^^;;;

 

と 気づきました。。。

 

大阪城で ポロンさんがふと 周囲の木に注目して言ってた

 

木が記憶してる~

の言葉と

種が飛んできたのね

って 言葉。。。

 

 

確か 栃木の日光の話題も出たと記憶してる。。

日光東照宮。。。

家康公 家光公 天海和尚。。。

 

う~む。。。

そういう視点で 調べ直してみたら

大阪城って やっぱり 奥が深かったでした。。。

 

 

でも 今回は

きらびやかで華やかな大阪城の きらきらした明るい空気に触れることが出来て

ものすごいラッキーだった!

って 感動です!!

 

大阪城の 記事 続きます。。

まだ 奈良旅行の記事も途中だった。。!!

Comments (2)

松陰先生と 新選組鬼の副長土方歳三様

大河では とうとう 松陰先生が。。。TωT。。

お悔み申し上げます <m(__)m>

で 思ったのですが

こういう生き方も あるんだなあ~。。。って。。。

 

私は 土方歳三様に魅かれているのですが

勿論顔!もですが

あの 侍としてという理念のもと 組織をまとめあげる鬼の冷徹さ

にも 惹かれていました。

 

でもまあ 松陰先生は いわば それとはまったく真逆というか。。

一応 塾という組織ではありますが

塾生を友と呼び とことん議論しあい

頭にきたら 絶交状を送りつけ(笑)

大の大人のすることか。。。というような

なんか ほんと  相手ととことん向き合っていくというか

一生懸命人と付き合っていく人なんだなあ~と

思いました。。

 

叔父に厳しく教育された 気の毒な幼年時代だったようですが

そのトラウマを乗り越えて?

塾生達には 優しかったようですね。。

 

幼年時代 末っ子でのびのびとバラガキ生活を楽しんだ土方さんが

大人になると 組織を冷酷にまとめあげていったのとは

不思議な好対照というか。。。

 

ほんと 面白いといったら失礼ですが 不思議ですねえ~。。。

 

まあ 土方さんは 全国から集まったやくざみたいな烏合の衆をまとめるために あえて  厳しくしたというのもあるでしょうが

それにしても

同じ幕末に生きた人として 違いがあって面白い。。と思いました。。

 

松陰先生は 結局 その時代よりはるかに先を見ていたために

警戒されて

あーゆー形で 人生を終わらせられる事になってしまいましたが

松陰先生の人生を終わらせた井伊大老も

結局 あーゆー形で終わってしまったのが

なんとも不思議というかお気の毒というか。。。

 

土方さんは 自ら死地へ飛び込んでいったような感もあり

あの激動の時代を生きた人々の一生を思うと

感慨深いものがあります

現代人の何万倍も濃密で凝縮された人生だったなあ~。。。

と しみじみとしてしまいます。。

 

皆さんの尊いお働きのおかげで 今の平和な日本があります!

ありがとうございます!

Comments (2)

そうか~、、新撰組ファンだったから 松陰神社ではなんとなく溶け込めなかったのかな。。

さっき BSで花燃ゆ 観ました!

そして 最後の 史跡案内のコーナーで

かつて訪れたことのある松陰神社が登場しました

なんだか 空気が とても 明るく 取材の人達を和やかに受け入れてるような。。。

そういう空気感でした。。

 

はっ!! (゜д゜||)ノ

ゲゲが訪れた時と 空気が違う~~~!!

あの時は もっと きりっとした厳しい感じがしたぁぁ~~!!

歓迎というよりは 見張られてる?的な。。。

 

まあ あの時は 関東の団体のツアーで にぎやかに押しかけたから。。。

ってのもあるだろうけど。。

それ以外にも 重要な事が。。。

 

私が 新撰組のファンだったから!!!

 

うお~~!!

ごめんなさい!!

 

もしかしたら もっと 丁重にご挨拶しなきゃいけなかったんですね。。

><

 

すみませんでしたぁぁぁ~~~!!!

 

次回は 高杉晋助。。。ではなく 高杉晋作さんが・・・!!

じっくり 勉強させて頂きます!!

 

長い間 ずっと 新撰組目線からの幕末の歴史しか 調べてこなかったから。。。^^;

今回は 松下村塾生から見た歴史を 楽しみたいと思います!

Comments (2)

体調が悪くとなると いつも ニュースが見れない。。。

具合が悪くなると 真っ先にできなくなるのが テレビやネットのニュースを見る事です。。

新聞を読んだとしても ニュースというか まあ 日々の出来事の記事をあまり熱心に読めなくなります

特に 凶悪犯罪事件のニュースは 全くダメで

見れない 読めない 頭に入らない 理解できない という状態になります

これって いつも思うのですが

自分の体を護ってる という事なのかもしれません。。。。

とかく ニュースというのは アクが強いというか

知らず知らずのうちに

身体と脳に 視えないけど ものすごい衝撃を与える気がするのです。。

言霊が出る。。。文字の魂 というか 恐ろしい負のパワーを 人体に与えるのかも知れません。。

今さっき 大河ドラマで 謀殺のシーンを見たら

まあ~ ショックで ショックで。。。^^; 身体に衝撃が走りました。。。(-_-;)

しかも 相手は 宇都宮を治めた 本家 宇都宮氏の流れを組む 傍流 宇都宮氏。。。

怖いよぉ~~~!!!

さらに ネットで調べたら

昔々 本家 宇都宮氏の とある当主は

私が自転車でのんきに旅した宇都宮市内の 某場所で だまし討ちにあって殺された。。。

って書いてあって。。。 (-_-;;;;;)。。。。

まじ~~~???

あそこ そうなの~~~~~????

あそこで 戦いがあったのぉぉぉ~~~~~~~~~~>>>?????

。。。

どうりでね~~~~~~!!

暗かったものね。。。

この辺 昼間なのに なんで こんな 雰囲気 暗いんだろう。。。^^;

って思いましたよ~~~~~!!! 。。。

将門公が討たれた場所近くと 同じ雰囲気があったんです・・・・!!!

もしかしたら いまだ 武士たちが 木の陰に隠れているのかしら。。。><

うが~~~。。。。。

そうなんだ~。。。。。

今晩 発熱に気をつけよう。。。。。

いつか その場所 また 自転車で旅して しっかりと この目で 見てこよう。。。!!!

健康な体で 強い心を持って 行ってこよう。。。っと。。。。。

コメントする

官兵衛の再放送見ました 本能寺の変。。思うところ 多々あり。。

軍師官兵衛・・・
先週 録画を忘れ 関西へ旅立ったので
今日 土曜日 再放送を見ました

内容が・・・
お濃ちゃんが亡くなったのも可哀想でしたが。。。
ともかく 本能寺の変関係で 周囲の人間が いかに大変だったか。。。
その心をおもんぱかって
いや ほんと 正直 ガビーン!と ショックを受けてしまいました。。。
今まで 軽~く 表面だけしか 歴史のお勉強をしていなかったなあ~と
深く反省させられました。。。orz
その時の人間が受けた衝撃の深さを 全く思いやっていなかった!!
・・・・・すみませんでしたぁぁぁぁ~~~!!!

〇官兵衛さんと秀吉さんの受けた衝撃・・・
  「秀吉軍は 毛利から急いで 明智を討伐するために京へ帰ってきた」
  という事しか ゲゲの頭には残ってなかったので
  「織田さまが討たれた!」という報に接した時の 2人の衝撃の深さを
  ゲゲは 全くわかっていませんでした。。。

 そりゃ そうですよねえ~。。。
 織田信長がいてこその 毛利攻めですから。。。
 その大将が討たれたと知った時の ショックと言ったら。。。
 並大抵の事じゃないですよね。。。

 一報を聞いてすぐ
 「はい!気持ち切り替えていこう~~~!!!」
なんて 早業 まず できないですよね。。。

 官兵衛さんも 頭かかえて うろうろしちゃたし
 秀吉さんも ショックのあまり 錯乱気味になっちゃったし。。。
 わかります。。。わかります。。。

 黒官兵衛さんの出現で 事態は 秀吉さん側に有利な方へと展開しますが
 それに至るまでの 2人の気持ちというか。。。
 はぁ~。。。。。っ
 歴史を作っていくって ほんと 大変なんですね。。。

 戦国時代 この程度でショック受けてたら 生きてられないよ
 という説も? あるでしょうが。。 
 でも 当事者にとっては。。。 >< 恐ろしいっすよねえ~。。。

〇信長さんの気持ち。。。
 突然 ここで 自分のこれからを決めないといけない・・・!という瀬戸際というか。。。
 普通の人間でも やっぱり 死に際をどうするか とか 生き抜くか
 とか 考えちゃいますよねえ~。。。

 歴史の勉強では 「本能寺で 信長は討たれた」で終わっちゃいましたが
 そんな短い文では 表現できないほどの葛藤が
 信長さんご本人の心の中では あったんでしょうね。。。
 火が燃え盛る中 建物の奥へ入っていったという史実があるみたいですから
 その間 信長さんの心の中は 実に多くの事がよぎったに相違ないですよね。。。

〇おねさんの「逃げる!」決断
 あっぱれでした!英断ですね!
 そうです そうです 生きてこそです!

〇家康さんと家来の気持ち
 どっちの言い分もわかります~。。。
 でも 最終的に逃げる決断をしたのは 良かった。。。!
 信長さんの長男さんも 逃げて欲しかったな。。。><優秀な人だったみたいだから。。。

戦国時代も 今もそうですが
やっぱり 組織の長
というのは 大切ですね。。。
長がいなければ 烏合の衆 になっちゃうし。。。

今の日本も なんだかんだあるけれども
やっぱり 長がいて 政治が行われて。。。というのは良い事なんですよね。。。
まあ 組織って めんどくさいけど。。
長によっては 部下が大変だけど・・・^^;

以前 信長さんを霊視した玲子さんの言葉が 面白かった ^^v (面白かったと言っては 罰当たりですが。。^^;;;)

こういう上司じゃ 下はきついよね~ !

というような表現だったので 何を視たのかわかりませんが
言い得ていてすごい!って 思った (笑)
  

コメントする

Older Posts »