山幸彦と豊玉姫

古代の 妄想だか推理になるのかわかりませんが

ある日 ふと 頭の中に

 

あれの真相って あーゆーことじゃないだろうか。。

 

って 浮かぶんです。

 

なので 浮かんだことを せっせと記事にしています

数年後にたまたま読んで

 

え? 過去ゲゲ こんなことが降りてきたの?

 

と 自分でもびっくりすることが多々ありますw

 

古事記や日本書紀に書かれている 過去の天皇の事って

時代は違えど 結局は 1人の人間の人生なので

視点によって 色んなとらえ方があるだろうし

関わった人達に関しても 名前とか気持ちとか 伝え間違いがあるだろうし

絶対 本の通りだ!!

という決めつけは よくないと思うのです

 

後世の人が 良い風に推測したり 真相?を究明しようとする姿勢が

供養になるんじゃないか

と 思ったりします

 

山幸彦と 豊玉姫ですが

なぜ 豊玉姫は怒ってしまったのか。。

愛する旦那様の山幸彦と生まれたばかりの子どもを置いて

海に帰ってしまったのか。。

 

古事記では

お産を見られたから と簡単に書いてありますが

もっと 深い意味が隠されているのでは?

なんて 勘ぐってしまいます。

 

やはり これは

家の問題ではないかと思います

山幸彦の天孫族と 豊玉姫のワニ族(お産でワニになったというので和邇族だと思いました)では

ダメだったのでしょう。。

 

家同志の結びつきが決裂して

親の意向で 2人は離婚し

豊玉姫は 違う部族の人に嫁いだのだと思います

 

そして 子の養育のために

豊玉姫がよこした妹の玉依姫というのは

母違いの妹だと思います

母親が 天孫族に近い氏族なのかもです

 

姉と 姉の子どもが不憫で可哀想。。

と 玉依姫が 苦労を覚悟で決意して

家を出てきたのかも知れません

 

と こんな考えが 先日 ふと 頭の中に降りてきました

 

もしかしたら

 

いつかは 本土の大和へ上って戦って 支配地を広げるぞ!!

 

という秘めた野望?を持つ天孫族の山幸彦に

海のそばで生まれ育った豊玉姫は

心身ともに ついていけなかったのかも知れません

故郷を捨てられなかった。。とか。。。

 

 

古代も今も

結婚生活って

好きって気持ちだけじゃやっていけないものなんですねぇ。。。

広告

山幸彦と豊玉姫」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりぶりのポロンです

    ほんと~ごめんなさいいい
    パソコンを開けることない日が続き・・・

    実は~東京に行ったり来たり^^:
    娘の縁談がまとまり・・とまあ、言い訳を・・^^:

    その間に、いろんな更新がなされていたのね

    この時代のことは、私の交友関係では話題に上がらないので
    とても新鮮だわ
    こないだ、本の整理をしていて、「源氏物語」の関連をドバっと
    片付けてたら、ついつい読んでしまって、整理が進まないの・・

    つくづく本ていうのは、その読んでいた環境で受け取り方が違ってくるのでは?って気がするの・・
    あんなに嫌ってた六条の御息所に共感を覚えたり・・
    葵上の無念さを今更ながら同情したりと・・
    所々で考えることがあったわ・・
    それにしても、今回は思い切って処分したわ・・
    断捨離が普通になった今、そこに加速度ついて
    我ながら、もう何も後ろ髪引かれない感じで処分処分・・

    ただ、娘の単行本がありすぎて・・・
    いくら私がいっぱい処分しても・・
    って感じなの・・

    また、とりとめない文章・・ごめんね

    久々にゲゲちゃんの文章読みながらとても感慨にふけるポロンでした~

    今更だけど、これからもずっとよろしくお願いします~~♪

  2. おお~~ ポロンさん!!
    お忙しいのに ありがとう!! 近況報告 いっぱい書いてくれて 嬉しい~~
    こちらこそ 遅くなって ごめんちゃいませ~~~

    お姉ちゃん おめでとうございます!! \(^o^)/
    ポロンさん ますますお忙しくなるかとは思いますが お体にはお気をつけて下さいね!! ♥
    うふふ 嬉しいご報告 ありがとうね!!
    なんか ゲゲまで わくわくほこほこしてしまいます!!! (*^^)v
    従姉妹の子どもちゃんが結婚するような ウキウキ感
    ピンク色(結婚関係はピンク色って気がする♥)のステキなお話 好き☆☆☆☆☆
    桜の季節で ほんとにステキだわ~~~ 

    あぁ~~ わかります~~
    本って 数年後や 数十年後 読むと 受け取り方変わるよね~。。。
    こちらも人生経験重ねたりして
    若い頃の印象と 真逆になることって あるよね!
    だから 私 新撰組関連の本 読み返せないの!
    いつまでも 若い頃のまま 土方さんのファンでいたいから w
    この年で 読み返して 真逆の感想持ったりしたら。。。
    怖い~~~~!!w

    処分 お疲れ様!!!
    加速度ついたのねん!
    ポロンさんち ますます きれいになっちゃう! ^^
    単行本~~ わかります わかります
    近頃 うちの長女は
    部屋にあまりにも本が増えたので 
    欲しい本は ネットでダウンロード版?を買ってるって言ってた。。
    とうとう そういう時代が。。。^^;

    大昔のお話 ゲゲ よそ様のブログとかで 探してみるんだけど
    古事記の話とかを 自由に妄想解釈してる人が 意外といないので
    それならと 自分で 思いつくまま
    これって こういうことなんじゃ?と 推測して 書いてます
    読んでもらえて 嬉しいです ^m^
    古代って わりと 男性の横暴にキレやすい女性が多くて
    親近感覚えて楽しいっす (笑)

    こちらこそ 末永く よろしくです~~
    どんちゃんの件 ありがとうございました!( 今 このコメント欄に書く という。。。w)
    ゲゲも 決意して
    今年の誕生日までに ラインが出来る携帯 またはスマホ または アイフォン
    を 買おう!! と 決めました!

    どんちゃんが スタンプくれるって 言ってくれた (*^^)v

    世間様の春休みが終わったら ショップ 見に行ってみる!

ゲゲちゃん にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中