息長水依比賣(おきながのみづよりひめ)の謎

なんか 「○○の謎」 ってタイトルをつけると かっこいい!(#^.^#)

 

いや でも ほんとに謎です。。

訶具漏比賣を調べていて 系図を書くと いつも目に留まる女性なのですが

(思いついた時に書くので 何年もかかってる w)

第9代開化天皇と妃の意祁都比賣(オケツヒメ)の子

日子坐王(ヒコイマスオウ)が

近つ淡海の御上の祝がもち拜く、天之御影神の女、息長水依比賣

を娶して」

と 古事記にありますので

息長水依比賣は

お父さんが天之御影神で 夫は日子坐王

ということになります。

 

古事記の注として 赤部分は

「近江の国(滋賀県)野洲郡三上の神職がお祭りしている」

と 書いてあります。

 

天之御影神の娘さん。。。

 

。。。。

 

えぇっ?! 神?

お父さん 神なの?

 

神の娘?!

 

と 古事記を読んで びっくりしました!

と 同時に 武田信玄の霊視(玲子さん)を思い出しました。

武田信玄は 諏訪の大祝(おおほうり 諏訪頼重)を攻め滅ぼして その娘と結婚し

勝頼をもうけますが

それって 実は 諏訪に代々続く土地の力を

娘と結婚することで自分に宿した

ということらしいです。

 

それを考えると

古代からの戦と 古代の天皇がその土地土地の実力者の娘と結婚する理由が

よ~く 理解できます!

 

古代の土地の実力者って

その土地の神を祀る神職でもあるので

その土地の神の力を受け継いでるっていう事なんでしょうね。

 

だから その土地を支配できるというメリットの他に

神の力を宿せて 子孫が栄える!

という呪術的な事も ものすごいメリットになっていると思うのです。

 

開化天皇と その前後の天皇の記事を読んでも

名前に「神」がつく人(人って言ってもいいのか)

は 登場しません。

 

近江富士 三上山

御上神社 社記(ネット参照)

孝霊天皇の治世期、天之御影神が三上山に降臨したので

開化天皇の治世期、その子孫である彦伊賀都命が三上祝に命じられ、

それ以後 三上山を神の宿る神奈備山として

山頂の奥津磐座にて祭祀を執り行ったのだという。

 

これって どういう事か推測すると

第7代孝霊天皇の治世期、

おそらく吉備津彦命(天皇の息子)さんとかが、

近江で

御影という人(多分男性で 多分その土地を代々治めてるサイキッカー)か、その一族を滅ぼしたので、

三上山に その霊を天之御影神として祀った(=降臨)ってことですよね。

 

だけどきっと おそらく攻め滅ぼされた御影神の怒りは収まらなくて

祟りがすごかったのでしょうね。。

 

なので 第9代開化天皇の治世期、

息子の日子坐王(10代崇神天皇の異母兄弟)が

天之御影神のために

天之御影神の子孫(息子?孫?)彦伊賀都命(名前からして 伊賀を治めていた人かも)

を探しだして

 

三上祝として 三上山の山頂の磐座で

祭祀を代々執り行うように命じたってことなのかも。。。

 

(崇神天皇が 三輪山の神の子孫のオオタタネコさんを探し出して 三輪山の神を祀らせたのに似ている)

 

そして 彦伊賀都命の娘か妹か孫と結婚した

って事になるんじゃ。。。(または 御影神の末娘)

((((;´・ω・`)))ガクブル。。。

 

以前 ゲゲが考察した 栃木の太平山神社の奥宮に祀られてる神の事も

頭をよぎります。

(ゲゲの推測で 崇神天皇の次の垂仁天皇時代 太平山を治めていた方が攻め滅ぼされて 奥宮に祀られている)

 

まあ 戦があったかどうかは

実は平和的に結婚したかも知れませんし

定かではありませんが。。。

 

古事記を読むと 日子坐王って 子孫がものすごく繁栄していて

日子坐王の妻の名 子どもの名 がたくさんと

孫の名 子孫の名が たくさんと

開化天皇のページの半分を占めて書いてあるので

ほんとにすごい人だったんだな~と 思います。

 

やっぱり 力がある実力者で あっちこっち 将軍として行って

戦って勝ち抜いた方だったんでしょうか。。

神を祀るのも上手だったのかもしれません。。

 

息長水依比賣も お父さんかおじいさん?の力を継いで

きっと サイキッカーだったのでは と思います。

古代の名前では 「依」がつくと どうやら

巫女というか 能力者 みたいです。

「玉依比賣」さんは そうらしいです

 

息長水依比賣は 水に関しての何か能力があったのでしょうか

もしかして 諏訪の姫(諏訪御寮人)みたいに

琵琶湖?の神を 自分に下ろせて

託宣を伝えられるお姫様だったのかなあ。。

と 想像させてもらってます。

 

 

日子坐王も もしかしたら 自分が祝になって

天之御影神の力を受け継ごうと思ったのかもしれません。

ですが 祟りのすごさに それは諦めて

天之御影神の子孫を祝と命じて 祀らせる事にしたのかも です。。

 

ゲゲが 諏訪を調べていた時に

大祝(おおほうり)の役目を書いたメモが ひょこっと出てきましたが

(いろんなノートのあちこちにぶばばばばっと書くから

探してる時になかなか見つからない

後から出てくる w)

 

神の憑依者、シャーマンだそうです。

 

自然神のチカラと感応し

おのれの体を依代とし、

パワーを統合させ人間界に伝える者

 

だそうです。

 

息長水依比賣も 祝の素質があったのでは と思います。

 

古代の 謎めいたとても気になる女性です。

願わくは

古代のああゆう戦乱がたくさんあったであろう時代ですが

日子坐王と子ども達と 幸せで落ち着いた生活を送られたのなら良いなあ。。。

と 思うのです。。

 

 

 

 

 

広告

息長水依比賣(おきながのみづよりひめ)の謎」への4件のフィードバック

  1. 出雲大社にて古事記や日本書紀の文献を見る機会があり、
    現代に続く護摩業を始められた神?ってとこに天之御影神って
    あったような気がする??の

    あっは~
    旅行が続いて、以前はその土地の伝承など全然興味もなかったこと
    今、この歳になって違う視点から
    訪ねることができることは、少なからずゲゲちゃんの影響を受けてる気がするよ~

    だってね、いわゆる観光地に史跡を訪ねることなんてなかったように思うもん

    確かに、大河ドラマとかも、その背景を調べるようにもなったと思うし、その意味ではゲゲちゃんという歴女!?に触発されているようにも思えるわ^^

    今日は、日曜日だというのに、根性で家事にwいそしみw
    角田光代さんの「対岸の彼女」を再読し涙し
    島原そうめんのお昼終えてゆっくりしてますー
    外は35?度くらいありそうに陽射しがきついので買い物にも行きそびれてまっす汗

    これからまたおやつ~♪暑くても食欲だけは落ちましぇん

    • ポロンさん いつもありがとーますう!! ^^v

      うわ~! この日 35度あったのね! 暑いね!!
      こちらでは やっと今日から暑くなりはじめたの~ ><
      毎日 全然 夏っぽくなくて 秋めいてました~  こたつが欲しかったよ~

      ポロンさん 日曜日 充実してる~!! (#^.^#)
      お疲れ様~~~ ♥
      島原そうめん !
      今度 探して食べてみる!

      なんだか こっちは 揖保の糸が 勢力?をほこってるの~。。
      ゲゲは 昨年から 三輪そうめんに心惹かれてます~
      夏は 良いよね ~ 暑い日は最高です!!
      いっぱい食べてね~~
      おやつも楽しみだよね~~ ヽ(^。^)ノ

      きゃ~~ん!!
      ありがとう ポロンさん♥

      ゲゲも 自分で こういう趣味しておいて なんなんだけど
      興味ある歴史は 夢中で調べて 
      そうでないところは
      観光地へ行っても あまり 興味なかったんだけど ^^;
      最近は きちんと 歴史ある場所へ行ったら 
      調べるようになりました!!

      ゲゲも やっぱり
      神戸とか滋賀とか 以前よりぐっと 身近に感じられるようになったのって
      ポロンさんの影響だと思うの!
      頭の中の地図でも ちゃんと 場所がわかるようになれたし!!

      ポロンさんが 色んなこと教えて下さったから
      まるで住んでたみたいな気になっちゃって いと楽し~~ なのよ~~
      地図見ながら 楽しんでます~~~

      四国は ちょっとまだ 位置関係がわからないけど。。。 (^◇^;)照れ
      次女も 四国・・・? 三重県!愛知県! とか言ってた (親子して。。。)

      次女がこの間 九州にある県はね~~って 言い出して
      長崎でしょう! って言ったから
      ゲゲが
      「 長崎って 市じゃん? 県じゃないよね!」
      と 言ってしまって 父と弟から失笑を買いました。。。

      あはは。。。 恥ずかすい~~~ 長崎は県だぁ~~~ ^^;
      長崎のみなさん ごめんなすわい~~~ 

  2. ゲゲちゃんさんありがとうございます。
    息長水依比賣の事を書いてくれて、このブログを読んだら
    ありがとうと言う気持ちと共にちょっと、涙が出ました。
    私は、福島県会津の出身で、先祖は四道将軍の進軍した阿賀野川沿いの村の出身で「長水」と言います。
    山の中の村でも数少ない苗字です。
    息長水依比賣は、苗字だけで無く何か強く惹かれてしまい
    ゲゲちゃんさんが、彼女の人生が幸せだった事を願ってくれて凄く嬉しかったです。私も数年前からちょっとだけ不思議な力が現れてきたのでもしかしたら、ありがとうは
    息長水依比賣からの言葉かもしれませんね。

    • ナガミズミワさん こんにちは!^^
      ご訪問&コメント ありがとうございます!
      あたたかくて優しさあふれるお言葉 とても嬉しいです ありがとうございます ♥
      まるで 息長水依比賣様からのプレゼントのようです!

      しかも すごいです! 会津ご出身なのですね!
      四道将軍の進軍した 歴史ある  阿賀野川沿いの村!
      名字もなんて素敵な!! 長水 さま!!
      すごいです~!! ときめきます!古代史ファンの心をくすぐります!

      息長水依比賣は 古代の天皇家の方々の系図を作ってたどっていくと 必ず出てくるお方なので
      気になっておりました
      古代のことを調べていると どうしても 戦の史実が多くて 時々つらくやるせなくなったりするのですが
      そんな時 息長水依比賣の事を考えると(名前から 彼女の人生を想像したりすると)
      ふっと心が軽くなるような気がして 救われる気持ちになり すごく不思議でした 
      戦乱の世の中 
      息長の 不思議な力を持つ女性として 
      おそらくきっと 気高く美しく凛と生きた素晴らしいお方なのだろうと
      いつも想いを馳せています

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中