2015年12月22日 冬至 うつのみや遺跡の広場

この日 義母に言って 仕事を早く終わりにさせてもらい

冬至の日に 縄文時代の遺跡から西に沈む夕日を見たい!と

うつのみや遺跡の広場 根古谷台遺跡へ

車を飛ばして行ってきました

 

怪奇マンガ雑誌HONKOWAで

みみか先生の漫画「スピ散歩」に刺激されて

夏至と冬至の夕日を浴びる縄文時代の遺跡を見てみたい!!

と ずっと燃えていたのでした

 

みみか先生の漫画では

環状遺跡で

夏至の日没時間 縄文時代 生者と死者が出会える

ということが 描いてありました

 

おお~~~!!

じゃあ きっと 冬至も~~!!

と 勝手に決めました^^;

 

おあつらえむきに 宇都宮 縄文時代前期の遺跡があるじゃん!!

しかも 縄文時代の墓も出土してるし~!

まさに これはもう 根古谷台遺跡へ行くしかない!!

夏至に行けなかったから 冬至に行くぞ~~!!

 

と HONKOWAが人生のバイブルという^^;ゲゲ(50代)は

おし!自分も~~!!

と 頑張ってみたのでした~。

 

朝 ネットで調べたら 宇都宮の日没は午後4時半だそうで

んじゃあ 3時半に仕事を終えて 車で30分

4時から 閉園時間の4時半まで 夕日を見れる!

しかも お天気は良いし 夕日も絶対きれいだろう~~!!

やったー!!

 

わくわくしながら うつのみや遺跡の広場へ着きました

そこは 道をはさんで聖山公園という現代人のお墓もくっついている所なので

ちょっと 雰囲気暗いかな~。。ぶるぶる。・・・

と 思っていたら

冬至効果?でしょうか。。

とても おだやかで温かい空気を感じたのでした

 

遺跡からは ばっちり夕日が見えました

とてもきれいでした!

西の方角の ちょっと先に 林があるので

4時半前から 夕日が林に沈む感じになっていましたが

とても荘厳で美しい景色でした

 

P1020915

 

P1020921

 

P1020932

P1020933

↓ 夕日の反対側の空には 月が~~~ ☆

 P1020940

遺跡の広場の閉門後も 門の外で 西空の夕焼けを撮り続けました

P1030027

↓ 門の外から 遺跡の広場内をアップで撮影

P1020978

↓ 古墳と月とゲゲの車と

P1020981

 

結局 私は何も視えないので

冬至のこの日

亡くなった方が御光臨されたかどうかは 全くわからないのですが^^;(当たり前)

不思議な現象も全くなかったし。。。(当たり前。。^^;)

 

ただ

なんだかほんとに 遺跡にはあったかい空気が溢れていて

とても優しい気持ちになれました。。

 

縄文時代の 自然を尊ぶ生き方というか。。

自然の中に人間がいるという実感というか

妙に心が落ち着いて 空気が心地よくて

無理なく 生と死を受け入れられるというか。。。

死あっての生。。 生あっての死。。

二つが対立してるのではなく 融合してるというか。。。

 

生きてるって ありがたいなあ~。。。 幸せだなあ~。。この一瞬。。

 

と思えた貴重な時間となりました。。

 

そばに トイレがあるので 結構 穴場らしく

車で回る営業さんとか 会社員さんとか

おトイレを利用なさっていました

(知ってる人は 知ってるんですね ^^)

 

だんだん 背後の古墳から 怖い?雰囲気が漂ってきましたので (^◇^;) (古墳は縄文より後の時代)

夜って 古墳の主様が主役の時間 ですものね。。

お礼を言って その場から去らせて頂きました

 

頑張って行って良かった~!

とても素敵な時間でした~♥

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。