2015年5月22日㈮23日㈯24日㈰ 二泊三日 兵庫・岡山一人旅 思い出 日本武尊の奥様の吉備武媛様に会いに行きました

今は8月。お盆

田んぼの稲も大きく成長しました。

宮崎ではもうお米がとれたそうで 季節の移り変わりの早さをしみじみ感じております。

私が旅行で西日本を訪れた時は ちょうど どこもかしこも田植えの時期で

稲もまだ小さくて 水田にはお水がいっぱいでした。

水田に滔々と流れいる用水路のお水に頼もしさを感じながら

初めての道を1人できょろきょろてくてく歩いたのが

昨日の事のように思い出されます。

 

今 ニュースや新聞で 岡山県のどこそことか 姫路とか 神戸とか 市や町の地名を聞くと

あ あそこら辺だ~!大体の位置関係がわかる~~

と 懐かしく思い出しています。

 

今回の旅行を振り返って まず一番に想うのが

自分の足で無事に旅行が出来て 元気に自宅に戻れて良かった~

です。

あたりまえの事だけど 一番大切な事かも。。

と思える年代になりました。

神様が守って下さったんですよね。。きっと。。。ありがとございます!

 

倉敷の穴門山神社へはたどり着けなかったので

いつかリベンジをと思い

旅行から帰ってきて さらにまたいっぱい調べさせて頂きました

(負け惜しみじゃないけど^^; もし 神社に予定通りにたどり着いていたら もう調べ直す事はしなかったと思う。。。だから たどり着けなくて 正解だったのかも。。。ww)

ネットの資料をあたらせて頂きましたが

吉備 播磨 丹後 難波 等々。。。

あの周辺の地域の深い歴史には ほんと改めて

すごいな~。。。と再感動させられました。

 

日本武尊を追って 今回は 奥様だった吉備武媛の地元を訪れたわけですが

吉備一族と日本武尊の関係については

両者は 深い愛情で繋がっていたのかも。。と思えました。

勿論 景行天皇のいる大和との利害関係も多々あって

武媛と日本武尊は政略結婚なのでしょうが

尊は 自分より年下の武媛を可愛く思って愛していたと思います。。

(根拠はないんだけど なんとなくそう感じるというか。。。w)

 

武媛は 東征の途中 走水で亡くなった尊の妻 弟橘媛の事件について

何かこう心にくるものがあったような気がしてなりません。

(根拠はないんだけど なんとなくそう感じる。。w)

もしかして 武媛も 東征に 自分の父親と一緒に付いていったのかなあ。。。

年齢は幼いだろうけど 身分は高いから 姫軍の大将クラスだったのかも。。。

 

私は今回の旅で 岡山県では海を感じる事ができなかったのですが

考古学的には 吉備地域と海はとても重要な関係だそうです。

吉備は 船を使って外国と行き来し 莫大な富を築いたと言われていますし

きっと 武媛も 幼い頃から 海・陸・山を自由自在に駆け回っていたような気がします。

 

私が旅行から帰ってきて 次の日 車を運転して「銀魂」の歌を聞いていたら

一曲 鳥肌が立った歌がありました。

私は 旅行から戻ると なんか憑いてる?ようで

自分の気持ちとは全く関係なく 突然鳥肌が立つのです。。^^;

 

曲は「シギ」の「輝いた」でした

特にこの部分にぶるぶるっときました

 

♪この道が正解とは限らないから

僕はいつもひとり立ち止ってしまう

だけど踏み出さなきゃ何も見えない

君は言った「正解なんてあとからついてくればいい」

その大事なものは捨てちゃダメだよ

辛い時は進んでいる証拠 そう思えばいい ♪

 

私が想像するのに 吉備武媛は 結婚後も吉備の親の元にいたと思います。

なので 日本武尊が 通い婚の形態で 時たま会いに行ったのではないかと思っています。

武媛は 吉備の国の 多分 穴門地域辺りのお姫様で しかも名前に「武」を持つ 軍事にも優れた武士的立場ですから

国の経営とか 大和とかの地域との付き合い方とか

若いなりに この先の事を色々考えて

時には国の未来をおもんぱかって悩んだ時期もあったと思うのです

父や他の親戚や兄達と意見が違って イライラした事もあったかもしれません。

そういう時に 人生の先輩である夫の日本武尊に 色々相談した事もあったのではないかと 勝手に想像してます。

日本武尊は おじいさんが吉備の人ですから

武媛は幼い頃からかなりの親近感を持って ちょっと年の離れたお兄ちゃん的に尊の事を慕っていたような気がします。

 

日本武尊という人は

古事記からは 父の元でかなり苦労していた感じが受け取れますし

父の後を継ぐ予定の義弟(成務天皇)の母親は美濃の人(八坂入媛)で

吉備氏ではないですし

しかも義弟に付いてる臣は

後に神功皇后政権下で大活躍する 武内宿禰(紀伊国出身)ですし。。。

流れ的に なんだか 尊(母は播磨出身)からは違う方へ行ってるような。。。感じがあります

。。。

吉備のおじいちゃんの力をバックに持つ尊としては

なんかこう 父政権のもとでは かなりの苦労を強いられていたのではないか。。。と思えます。

なので 尊は その大変な中で

自分的に 強く生きる智慧というか信条みたいなものを 心に持っていたのではないか。。

と 勝手に想像してしまうのであります

 

なので 色々悩む武媛に対して 尊は

「正解なんて後からついてくればいい

辛い時は進んでいる証拠 そう思えば良い」

と アドバイスしたように感じられて仕方ありません。

 

尊も 軍隊を引き連れて 大和から遠く離れて東征してますから

時には「どうすりゃいいんだ」とか 「やってらんねー 投げ出したい」とか「早く帰りたい」とか「逃げたい」とか 苦しい とか つらい とか

ほんとにたくさんの事を考えながら

でも

「父の命令の元 進むしかない!正解は後からついてくる!辛い時は進んでるんだ!」

と 自分に言い聞かせながら戦ってきたと思うのです。。

 

こういう事を勝手に想像していくと

日本武尊が能褒野で亡くなったと聞いた時の武媛のショックを想うと

とても気の毒になります。。。

 

尊が亡くなる前は 武媛にも子どもが生まれていますから

もしかしたら 親子ともども 大和で暮らしていたのかも知れません。。

尊の葬儀が終わった後は 吉備へ帰ったのでしょうか。。

 

一応 景行天皇の後の成務天皇は 妻として吉備郎女という人をもらっていますから 吉備の国は大和政権下に置いては安泰だったのでしょうが

武媛としては 子ども達の父親と 自分の精神的よりどころを喪って

さぞかしつらかったのでは。。。と 推測してしまいます。。

 

でも その後は

私はくじけない!頑張る!吉備のため!子のため!

と 吉備の国のために一生をささげたように思います。

そして今も

山の頂にある穴門山神社から 海や里の様子を見守ってらっしゃる。。

と思います

 

勝手に1人で盛り上がってますが

私が 大阪の神社で 吉備武媛になんとなく魅かれたのは

そういった事を感じたからです

色んなご苦労があったろうに それにも拘わらず

武媛様ご祭神の神社からは

落ち着いた月夜のような 研ぎ覚まされて凛とした

晩年の宮本武蔵みたいなすべてを悟った剣豪のようなイメージが伝わってきたのでありました。。

 

最近 前の事を忘れちゃう事が多いのですが(笑)…いや… 笑えない…)

確か 尾張で 草薙の剣を守り通したミヤズ媛は

夢で見たら 前田敦子さんに似てました w

 

吉備武媛のびじゅあるは 今 ぱっと浮かんだのが

おかっぱで 目がくりっとしたバレー部の主将

です! (なんとなく。。)

 

↓ 今回の旅のお土産♥

P1020815

P1020810

P1020809

P1020806 P1020807 P1020808

 

おいしゅうございました~!!

 

広告

4件のコメント »

  1. ポロン said

    こんばんは~

    大阪に帰って来ましたー

    昨日の朝です~

    旦那が今日、急遽会社に行かねばならぬこととなり
    1週間早いのです~

    娘とランカウイ島に行って、スパとマリンボートに乗って
    マングローブ探検や魚のつかみ取りなんぞ^^@

    結構、楽しむことができたお盆でしたー

    ちゃんと帰ってこれたのも、そう
    護られているのだわ^^って思えることが多くて^^

    ゲゲちゃんみたく、ツアーでなくて
    自分で飛行機やホテルを予約して
    無事予定をこなせたのも^^うれしかったー

    ただ。。。モバイルバッテリーをホテルに置き忘れて
    チェックアウトの後に探してもらったけど・・・

    なくて・・・

    ゲゲちゃんが失くしてもそれは~って書いてくれてたから
    私もそう思うことにするね^^
    お陰様で、落ち込まなくて済んだの^^ありがとうね^^

    吉備はじめ、今回の旅も充実していたようで
    ほんとに良かったね^^

    説明が明確なので、いつも頭に思い浮かべながら
    読ませてもらってます^^

    • ポロンさん お帰りなさい~~ \(^o^)/
      きゃー 楽しかったんだね~~~!!
      良かった~~~~~!! (@^^)/

      ね~~!! ポロンさんも護られてる~~~ ♥
      すごいよお~~~!!!
      お疲れのところ 遊びに来てくれて ありがとう~~!!
      楽しいお盆になって 良かったね~~~!!
      すごい~~ 島で探検や魚とふれあうって わくわくするね~~!!
      海って 良いよね~~~ (^O^)v

      おお! 無かったの!!?
      不思議ですね。。。
      ねー 色々考えられるけど… だけど そう思えば 心が納得してくれるっていうか・・・
      ポロンさんが落ち込まずにすんで 良かったです!
      ゲゲも そういえば あの後 日産さんでも探してくれたそうですが
      見つからなかったそうで 不思議~~!

      ゆっくり楽しく体休めて下さいね~~~ ☆☆☆☆☆

  2. ポロン said

    ↑へんな文章になってます^^;

    ゲゲちゃんみたいに自分で旅を企画したということを書きたかったの^^;
    ごめんね~

    • 丁寧にありがとうー!
      ポロンさんの文章 全然 へんじゃないってば~~!!
      私のほうが 文章 めたくただよお~~ (^◇^;)

      いやでもほんと 企画してチケット取って 飛行機に乗って外国へ行けるなんて
      ほんと ポロンさん すごいっすよぉ~~~!!
      私 一度 新幹線と高級旅館(笑) 別々に予約して関西へ行ってみようと
      思った事があったんだけど。。。
      ネットであちこち見てるうちに 考えるのに疲れてしまって 
      やめた 。。という過去があります。。 (笑) \(^o^;)/

      また 楽しみだね~~!!
      ご主人 急遽日本で出社 お疲れ様です! 

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。