2015年5月23日㈯ 岡山瀬戸内市 華光寺山古墳 一人旅 その七

華光寺山古墳も 上らせて頂きました

↓ 後円部から前方部を撮影

私が向いてるこの方向の先 大体の方角なのですが

これから行く予定の片山日子神社があります

DSCN1373

DSCN1374

出土品と石棺の蓋が 日本武尊の津堂城山古墳と そっくり。。。

時代が同じって感じがする。。。(TωT)

すぐ隣には 華光寺というお寺さんがあります

↓ お寺さんの上空の夕日っぽい西日

なんだか クジャクか鳳凰がいるような気がした~

勝手にですが 私を歓迎してくれて 労をねぎらって下さってるような気もしました~

ありがとうございます!

 

DSCN1378

遠くには山が見えて ほんとに良い場所でした。。

キリッとした武人の雰囲気のある古墳でして 身の引き締まる想いが

しました

なんだかやたら 宮本武蔵 という感じがして仕方なかったです。。

晩年の五輪書を書いた頃の 森羅万象すべてを悟って剣の道に通じていた達人のイメージ。。

 

吉備武媛様~

穴門山神社へは到達できなかったけど

こちらの古墳に無事来れて良かった。。ありがとうございました

とお礼を言って 古墳から下りました

元来た道をテクテク歩いて 道路の端にあったスーパーにたどり着きました

夕方だし

道も色々行き止まりとかあって 迷いそう~

と 事前の地図確認から感じていたので

タクシーを呼ぼう~

と さっきのタクシー会社さんにお電話しました

 

お店の外でお水を飲みながら 待っていたら

さっき 刀剣資料館へ乗せていって下さった方のタクシーが来て下さいました

 

片山日子神社をご存じだと言うので お願いしました

「どこかの記者さんですか?」

とか聞かれました (^◇^:)

土師にあるので 歴史的名所を取材してるのかと思ったそうです

観光客が行くメジャーな神社ではないようです

観光客さん向けには

日曜日だけオープンする黒田官兵衛の父祖の資料館があるそうです~

 

片山日子神社は 遠方の観光客にとってはメジャーな神社ではないかもですが

私にとっては ものすごく価値のある すごい神社なのであります

地元でも とても愛されている神社だと思います。。

 

タクシーで すいすい連れていって下さいました

やっぱり思った通り 細い道をくねくねと行くので

徒歩なら 方角の感覚が狂って 絶対迷う~と思われる場所でした。。

 

860円だったのですが お礼に おつりは良いです♪

と1000円を渡したら またまた感激されてしまいました!

すみません。。少しで。。><;

 

こっちの方の歴史的名所のあるとこのタクシーの運転手さんって

おだやかで優しい人ばかり~~

と 思います~~。。

去年の奈良のタクシーの運転手さんも ほんと優しかった~~~

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    記者さん!!!

    うんうん、さもありなん~~~~~~

    そう見えたはず~~~~

    知的な雰囲気醸し出しすぎなんじゃ^^ないかと~~
    きゃっは~

    • もう~~ やっだ~~~ ポロンさんったら~~~~!!! (///ω///)
      ポロンさんこそ 女性教師の感じよお~~~!!
      知的過ぎる~~~~~ (*^。^*)v~~~

      黒田官兵衛の父祖さんは色々謎みたいだけど
      ここは なんだかとっても良い感じの土地柄って気がしたので
      のんびり上手に あの地域を治めていたのかな~と 思ったり~♪
      大河の官兵衛が懐かしいっす~~~ ☆

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。