常根津日子伊呂泥命 とこねつひこいろどのみこと

画像解析による古墳墓碑 池田仁三氏 を読んでいたら

ふと 常根津日子伊呂泥命の古墳に目が留まりました

三代 安寧天皇の御長男で

古墳は 福岡県の 一貴山銚子塚古墳だそうです

で 妃が 菊理媛 と書いてありましたので

おお~~ あの 白山の女神 菊理媛~? あ でも年代が違う~~~

と思い

 

自分でも 調べてみよう~と

旅行記の途中ですが

今日 半日費やして ネットで調べてみました

 

常根津日子伊呂泥命は 別名  息石耳命 おきそみみのみこと

古事記にも 日本書紀にも 名前はあるものの その後がわかりません。。

娘が 天豊津媛命で 第4代懿徳天皇の正妃になっています。

 

命は

常根 という名前から

遠い根の国(韓国?)へ行ってしまったのかも…

または 早くに亡くなったのかも

とか 書かれているブログをいくつか発見しました

そして

あの有名な 志賀島で発見された金印が(漢の委の奴の国王)

公開展示された時

照明があたって 金印のサイドに「常」の字と「子」の字が浮かんだらしく

この金印は 常根津日子が頂いたものだ!

と 書いてるブログさんも ありました

 

その他には…

。。。

。。。

半日 調べまくったのですが。。。

神社のご祭神として 祀られているのではないだろうか・・・

伝承が残っているのではないだろうか・・・

あらゆることを 次々 検索ワードにして 調べていったのですが。。。

 

手がかりはどこにも。。。

全然 ヒットしませんでした。。。

 

もはや ゲゲの妖怪アンテナで推測するしかないのか?

という感じですが

きっと 日本中のどこかの図書館には 古い記録が残っている!

と信じております!

 

で 推測です

 

福岡県糸島市には 一貴山古墳がありまして

同じ糸島市内に

いくつか 彦神社 または 日子神社という神社があるのを見つけました

 

ご祭神は 天忍穂耳尊(あまのオシホミミノミコト) 伊弉諾(イザナギ)、伊弉册(イザナミ)尊でした。

天忍穂耳尊は アマテラス大御神の息子さんで

天孫降臨されたニニギノミコトのお父さんです。

イザナギ イザナミは アマテラス大御神のご両親です

 

なので ヒコ神社は 天孫族の始祖をお祀りする神社のようです。

近くにはお山があって 英彦山 彦山 というそうなので

きっと 古代から あがめられている山なのでしょう

 

そこで もしかしたらですが

ヒコ山というのは 常根津日子から来た名前なのではないだろうか。。

と 思ったりしたりして。。。

常根津日子命が 治めていた または 山の神を祀っていた山だったので

後世の人達が 常根津日子命 亡き後

なんとなくそう呼ぶようになっていったとか。。。

 

神社の方は 常根津日子が造った神社なので

ご祭神が 自分ではなく

ご先祖様になっているのかも。。。と 思ったり。。。

 

そこで また気付いたのが

天忍穂耳尊の 忍穂耳尊(命)の部分ですが

常根津日子命の別名 息石耳命と 似てるなあ~。。です。。

オシホミミ

オキソミミ。。

 

後世の方が混合したか

あるいは 名前が似てるから2人は同一人物である!

と判断した事もあったりしたりして。。。。。

 

などと 自分の都合のいいように (^◇^:)

勝手に 推測しましたが

事実は 全くわかりませんでした!

 

ただ一つ この地域には 古代 タタラがあったそうです!

それは 事実のようなので

もしかしたら 常根津日子命は

上毛 下野に派遣された 豊城入彦命と同じように

長男でありながら 地方の方へ武将軍として

タタラを支配するために派遣されたのかも知りません。。

 

あとは

先祖の支配した地を護るため 中央から派遣された皇族役人

と言う事も考えられると思いました。。

 

ネットで調べていたら

九州ってすごい歴史の宝庫で

あちこちに古代を感じられて わくわくする^^v!

て 思いました~ ♥

 

 

 

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    九州は大陸に近いからねぇ

    やっぱり史学的にも繋がりというか
    史記そのものの数も多いから歴史の宝庫となるのだろうね~
     
    蝦夷の地が今の定義上の範囲よりも

    東北までも入る広範囲からして考えると

    日本という国は九州を起点として考える説も納得できる感じだよね

    大和の国という概念さえ日本書紀や古事記上での見解が主流と考えると
    つじつまが合わなくなる点が邪馬台国のような論争になるのかと

    ああ~~~ん

    どらえも~~~~ん ホントにいたらな~~笑

    ところでね
    私の母の田舎が出雲の国でね

    出雲大社から、そう遠くもないの・・

    田舎の床の間には「天照大御神」っていう掛け軸が普通に掛けられてたけど
    今に思えば
    その土地の人々は皆、そうしてたような気がする

    お昼前に煎茶やおやつ食べて、また3時におやつ
    そんな土地で、もう足も向かなくなったけど

    今も尚、悠久の里として認知されているようですー

    • ポロンさん~~~ 梅雨が明けたみたい?~~~
      暑い毎日が始まるね~~~

      今 宇都宮は すごい雨~~ 夕立みたい~~~
      今晩、涼しくなると良いなあ~~ ^^v

      そういえば!
      出雲で 天照大御神の掛け軸って
      すごい深いものを感じるよね!!・・・

      出雲って今、女性にすごいブームみたいですよね。
      ゲゲ もし 行くことがあったら ヒスイの勾玉を買ってこようかな~と思っています~~ 

      母親の実家のある土地って なんか特別ですよね・・・。
      幼い頃の記憶って 独特な思い出になってるの~~。。。

      ポロンさんのお母様の実家 出雲だから、
      特に 空気感がすごいんだろうなあ・・・って思います。
      神様が そこかしこにいらっしゃる感じがします・・・。

      九州~~!!
      そうなの!! かなり重要な地ですよね!
      なのに 資料というか 文献も少ない~~~!!!
      記紀だけじゃ つかみきれない~~~~(悲鳴)~~~

      あれだけ 古墳があって神社もたくさんあるんだから
      絶対 歴史は相当なもんだ!って 思うの~~~!

      神功皇后以前の歴史が知りたい~~~!!

      ドラえもん~~~~~!!! \(^o^)/ 笑笑

      ふふふ BSで 毛利家奥の女のドラマが始まりますね~~ ^m^ ぐふ!

      清盛の時も思ったけど
      奥って
      広く見えるけど意外と狭そうだから
       大勢の女性がいて さぞかし窮屈だったろうなあ~・・・^^;・・・・・
      なんて
      先週観ていて やっぱり思った・・・。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。