2015年5月23日㈯岡山県長船 華光寺山古墳  一人旅 其の六

皆さんにお礼を言ってご挨拶して 博物館を出ました。

5時閉館みたいです~。。

駐車場には

「あ~ 閉まっちゃった~~!!」と叫んでる刀女子?達若い女の子数名がいました

車で来たみたいだから 周辺地域居住の女子達かな~。。

 

次の目的地は 花光寺山古墳(または 華光寺山古墳?)です

「画像解析による古墳墓碑 池田仁三氏」には

吉備武媛様の古墳と書かれています

 

距離的には

資料館から徒歩で行ける(精神的にも肉体的にもw)範疇だろう~

と ネットで下調べをした時に 考えていました。

 

実際に現地に来てみて

うん、なんとか歩けそう~

と思ったので 歩くことにしました。

 

お天気は かんかん照りではなく 程よい曇りでした。

ちょっと暑いけど 夕方だし風もあって 気持ち良く歩ける感じでした。

歩きだしてすぐに

おじさんにひっぱられてる(おじさんをひっぱってる?)散歩中のハスキー犬に遭遇しました^^;

彼は 歩道に立ってる消火栓?の赤い棒?が気に入ったらしく

それに体をまきつけて ぐにゃぐにゃしていました

彼が 歩道をめいっぱいふさぐ形になったので おじさんが

「すいませんねえ~。ほら、行くぞ!ほら!」

と 私に謝りながら リードをぐいぐい引っ張るも

彼はうっとりしながら赤い棒に巻き付いたまんまみたいな状況だったので

「大丈夫ですよ~!」と思わず笑ってしまいました。

 

ハスキー犬って自由だよね。。。何も考えてないよね。。。

全国共通だね~(^o^)w

 

↓ 刀剣博物館にあった 史跡案内板

さすが 昔からの 刀の名所ですよね~。。

良質の鉄が採れたのだと思います。

思うに きっと 吉備氏が支配する以前の古代からだと思うのです。。

だから

なんらかの戦いが吉備氏と先住民族との間にあって

吉備氏が勝利して この辺り一帯を支配し

鉄器の生産をものにして 代々伝えていったのではないかと想像したりします。

P1020747

さっき駅から乗ったタクシーが走った道の記憶を頼りに

(案外 わかりやすかったです)

大通りに出て

古墳目指して テクテク歩きました。

 

地図上で目印になっていたスーパーの角を左折し

おお~~~!!あそこだ~~!!

と 古墳を発見しました。

 

17:25頃 華光寺山古墳 到着

 

↓ 二つの古墳の間を道路が通っている形です

(方角がいまいちよくわからないけど 多分 北西方面から東南へ向かって撮影)

隣り合っているけど 市が違うそうです ^^;

左が天神山古墳(備前市)右が華光寺山古墳(瀬戸内市)

DSCN1382

↓ 天神山古墳

上の写真から まっすぐ歩いて 移動しました

(方角がよくわからないけど 今度は逆で 恐らく 東南側から北西へ向かって撮影)

住所 備前市新庄

天神社が祀ってあります

階段で上れるようになっています

DSCN1369

勝手に推測ですが 隣り合っているので

被葬者は 吉備武媛のご先祖様かな~と思います。

ゲゲは 個人的にですが

円墳で竪穴式で舟形石棺の古墳って

日本武尊の時代より前の人達って気がするのです。

 

池田氏の「古墳墓碑」の本には この古墳は被葬者が書いてなかったと記憶してます。

勝手に推測ですが

もしかしたら 吉備武媛のお母さんのお墓かなあ~。。

なんか 男性っぽい感じのする古墳だったなぁ~。。。

あ でも 男性にしては ちょっとだけ弱々しい気もした感じもする。。優しさがあるっていうか。。。

武に優れた女性の古墳だったのかな。。わからないけど。。。

DSCN1367

↓ 左側の華光寺山古墳は ちょっと削られてる感じがします

(道路造成工事で?)

DSCN1372

↓ 華光寺山古墳

階段があって上れます

上の写真撮影の場所から 道路をまっすぐ北西に向かって移動しました

DSCN1380

DSCN1379

二つの古墳を上らせてもらって 感じたことは

入り口のガードが固い! ^^;

でした。。。

いや 古墳って そういうものだと思うのですが

すっごく 厳しくチェックされてるなあ~と 思いました (^◇^;)アセ

やっぱり 古墳の周りに埴輪とかを並べるのって

伊達じゃないんだ。。。きちんとお役目があるんだ。。。

って 思います。。

時間も 夕方だったし。。。

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    ゲゲちゃん~台風お見舞い申し上げます~
    そちらは?大丈夫ですか????

    台風のルート中国地方横断なんて記憶になかったからびっくり~

    うちの方はあまり被害ないんだけど・・・

    後世までこの古墳が存在しているのを

    太古の人々は信じて疑わなかったことでしょうね~
    土砂災害が頻繁な昨今・・
    絶対に存在続けるとは思えなくなるけど

    古墳が土地を守っているとも思えるのよね~~

    ゲゲちゃん~
    散策素敵ですーー
    四国巡礼とかではなく、ゲゲちゃんのオリジナリティが感じられて
    そこはかとない魅力が溢れてるわ~♪

    • ポロンさん~~ ありがとうございます~!
      こちらは大丈夫でした!
      川も ぎりぎり氾濫はまぬがれたみたいです~

      ポロンさんとこにも お見舞い申し上げます~!
      大丈夫そうで 良かったです~!

      台風の進路をニュースで見て びっくりしました!
      倉敷市 とか言ってたから 
      えぇぇぇぇ~?!って思っちゃいました!ゲゲの訪問した地あたり~~~?!
      中国地方横断だったのですね。。

      ポロンさん!なんて 深いの!!
      >古墳が土地を守っているとも思えるのよね~~

      ほんとよね! まさしくそうだわ!! 目からうろこよ!!
      古墳 おそるべし!
      仁徳天皇陵 とか ほんとに あの周辺 守ってそうな勢いあるよね!
      ちょー大きいし(笑)

      !! 目からうろこ 第二弾だわ!
      そうよね!!太古の人達は 絶対 未来永劫 この古墳があるって信じていたのよね!
      う~わ~ そうだわ。。。今まで考えたことなかったけど そうよね。。絶対そうよね。。太古の人達は そう思って 古墳を造ったのよね。。

      その思い。。。ひしひしと伝わってきます。。
      きっと 人間の思いって 後世まで 残るのね。。。
      古墳へ行くと 独特の空気感があるけど それって きっと 太古の人達の思い なのかも。。。

      ポロンさん いつも温かい声援を送ってくれて ほんとにありがとうです~~!!
      ゲゲの旅行は ポロンさんとどんちゃんの温かさで出来ています (^◇^;)どういう意味~~~ ^m^

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。