松陰先生と 新選組鬼の副長土方歳三様

大河では とうとう 松陰先生が。。。TωT。。

お悔み申し上げます <m(__)m>

で 思ったのですが

こういう生き方も あるんだなあ~。。。って。。。

 

私は 土方歳三様に魅かれているのですが

勿論顔!もですが

あの 侍としてという理念のもと 組織をまとめあげる鬼の冷徹さ

にも 惹かれていました。

 

でもまあ 松陰先生は いわば それとはまったく真逆というか。。

一応 塾という組織ではありますが

塾生を友と呼び とことん議論しあい

頭にきたら 絶交状を送りつけ(笑)

大の大人のすることか。。。というような

なんか ほんと  相手ととことん向き合っていくというか

一生懸命人と付き合っていく人なんだなあ~と

思いました。。

 

叔父に厳しく教育された 気の毒な幼年時代だったようですが

そのトラウマを乗り越えて?

塾生達には 優しかったようですね。。

 

幼年時代 末っ子でのびのびとバラガキ生活を楽しんだ土方さんが

大人になると 組織を冷酷にまとめあげていったのとは

不思議な好対照というか。。。

 

ほんと 面白いといったら失礼ですが 不思議ですねえ~。。。

 

まあ 土方さんは 全国から集まったやくざみたいな烏合の衆をまとめるために あえて  厳しくしたというのもあるでしょうが

それにしても

同じ幕末に生きた人として 違いがあって面白い。。と思いました。。

 

松陰先生は 結局 その時代よりはるかに先を見ていたために

警戒されて

あーゆー形で 人生を終わらせられる事になってしまいましたが

松陰先生の人生を終わらせた井伊大老も

結局 あーゆー形で終わってしまったのが

なんとも不思議というかお気の毒というか。。。

 

土方さんは 自ら死地へ飛び込んでいったような感もあり

あの激動の時代を生きた人々の一生を思うと

感慨深いものがあります

現代人の何万倍も濃密で凝縮された人生だったなあ~。。。

と しみじみとしてしまいます。。

 

皆さんの尊いお働きのおかげで 今の平和な日本があります!

ありがとうございます!

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    この時代・・・

    人が簡単に斬られたり、命を落とすことになったりと

    あっけない感じを持ってしまうのだけど・・・

    それも必然的なものなのかと思う自分がいたりして・・

    この頃、やたらと忙しかったり、人生の岐路(おおげさか・・・)を
    感じたりするのも、そこになにかしらの定め、運命を感じたりしていたり・・

    いずれにせよ・・
    大きな力で世の中がこの頃と同じように激動と変わっていくように
    思えてならないのだけど・・・

    天災もだけど、人為的に世の中がどんどん変わっていく
    渦中かもしれないわね

    どうか平和が続くようにと願ってやみません・・

    だは・・マジポロンでした~

    • マジポロンさん ようこそ~~ \(^o^)/
      おおげさじゃないっすよお~~!!
      いろいろあります! 岐路! 感じる!!

      ゲゲ 昔は 斬られて簡単に亡くなっていった人達の事
      無駄死にじゃん・・・
      なんて 空しい感じで 思っていたのだけれど
      今は そう必然だよ~ とか
      決して無駄じゃない!
      とかって 良い風に思えるようになりました

      何か大きな力 ありますよね。。今って。。。
      何かこう ほんと 激動の時代です。。。
      ひしひしと 何かが迫って?る。。。ような。。。

      ほんとですよね。。
      いつまでも平和 続いていってほしい。。。

      ポロンさん 大丈夫? 忙しいの?
      休める時は ゆっくり 休んでねぇ~~!!

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。