平成26年7月13日 大阪 奈良 一人旅 桜井市 其の六

安倍寺跡からは 安倍文殊院も近いし 飛鳥へも 歩こうと思えば歩けるんですね。。

。。。

曇ってて涼しければ。。。2キロ位ならね。。。なんとか。。。。頑張れるはず。。。^^;;;。。。。。

IMG_0290

谷首古墳 目指して 歩きました。。。

そして ついに 住宅地の中に 古墳を発見しました!!

ここかな・・?と 思った細い坂の道を上っていったら 見事にありました!!

やったー!!!

IMG_0301

IMG_0299

「画像解析 古墳墓碑」によると ここに眠るお方は 額田王なのです!

さばさばした感じのはっきりしたお方のように 感じました

巨石を使った 豪快な感じのする古墳です 。。

やっぱり 玲子さんの霊視通り 男っぽいさっぱりしたお方なのかも~。。。

なんだか たくましく大きな力を頂いたような気がします~。。

 

↓ 古墳のある場所の横の丘の上にある八幡神社

IMG_0305

IMG_0302

IMG_0303

「画像解析 古墳墓碑」によると

ここは 神功皇后と応神天皇の宮跡だそうです

神功皇后は 記紀によるとサイキッカーの素質を持ったお方らしいので

後世の方はご存じで あえてここに 額田王の古墳を造ったのでしょうか。。

 

神功皇后も男勝りって感じがします~。。。

あー そういえば 神功皇后のご主人の仲哀天皇って

日本武尊の息子さんだ。。。

今さらですが 応神天皇って 日本武尊のお孫さんだったんですね。。しみじみ。。。

 

神社でしばしの涼を頂きました

谷首古墳を拝むことが出来たし さて 桜井駅に戻ろう~

と また 歩き出しました

 

↓ 途中の看板

おお~~! 噂に聞く メスリ山古墳が~!

IMG_0307

↓ あの木が茂ったところが そうかしら~。。

看板のところから撮影

IMG_0309

「画像解析 古墳墓碑」によると メスリ山古墳に眠るのは

建沼河別命 大毘古命の息子さん だそうです

 

暑いし日差しはきついし 肩に背負ってるバッグは重いしで

もう 横道へ入るのは無理そうだったので^^;

おなかもすいてふらふらだし

うが~~ 頑張れ 自分~~と ひたすら前を向いて 鬼のように歩きました

 

↓ 途中の神社 若櫻神社

IMG_0320

↓ 仲哀天皇の文字を見て この時は

きゃ~っ♪  日本武尊の息子さん~ 呼ばれたのかしら~

と喜んだのですが

帰宅してから あれっ? と思い調べてみたら

履中天皇が正しいんですね ≧∇≦

ひみこちゃん 間違ってるよぉ~~

IMG_0318

IMG_0312

もういいや 右下がりで。。^^;

バッグが重くて カメラを構える右手がおかしくなってる。。^^;;;

とても落ち着いた清廉という感じの神社でした

写真には撮ってこなかったのですが とても良い場所があって

ここで休んで一服していきなさい

的なお誘いを受けたのですが(誰に? ^^;)

座るともう 立てなくなりそうだったので ご丁寧にお断りさせて頂きました

なんとなくですが そこは神を下ろす神聖な場所のように感じました

 

帰宅して 調べてみたら

「画像解析 古墳墓碑」によると

履中天皇の磐余稚桜宮(いわれわかざくらのみや)は

桜井市池の内にある 稚桜神社 のほうみたいです。。

 

ここの若櫻神社も きっと どなたか 貴人の宮だったのでしょう~

履中天皇 関係者の宮 かもですね~。。

貴人が住むのに ぴったりの良い場所でした

お水はきれいだし 小高い高さがちょうど良い~

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。