2013年12月1日 日曜日 下野チャリ散歩 宇都宮 笹塚古墳周辺 その弐

なんだろう・・・どういうことなんだろう・・・と疑問を胸いっぱいにしながら

古墳にお礼を言って 上から降りました。

次は 東にある東谷神社へ行こうと

古墳のそばの とても小さい用水路のそばを通りました

そうしたら その用水路にいたのでしょう。。

突然 サギっぽい黒い大きい鳥が がさがさと出てきて

私と目が合うと バッと羽を広げて 西の方へバタバタと飛んで行ったのです。。

。。。うお~~っ!! また 至近距離で 鳥が出現したぁ~~!! 。。。

びっくりしたぁ~~!!!

。。。

これはもう ほんと 不思議な話なのですが

日本武尊様関係の史跡を探して歩いていると

必ず こうやって 鳥がバタバタ飛ぶのです。。。

今回もまた。。。と あまりの不思議さにほんと びっくりしました。。

こんな冬の 古墳そばの草ボーボーで水がほんの少ししかない用水路に

鳥さんがいたなんて。。。

↓ 東谷(とうや)神社   宇都宮市東谷817  無格社

主祭神 高龗神 (たかおかみのかみ) 水を司る神様

創始年代 不詳

IMG_0025

村の人達に愛されてる感じの落ち着いた良い神社だ~と 写真を撮って

止めておいた自分の自転車に近づいたら

すぐ近くの道路を走っていたパトカーの中の人達と目が合いました

彼等は その途端 パトカーの速度を落として ゆっくり走行になりました

・・・ ・・・^^; 私 絶対 不審者って思われてる・・・

と 確信しました(笑)

怪しい者じゃないですよお~と 言わんばかりに (^◇^;)

わざとらしく目立つように カメラチェックをしてるふりをしてみました。。。

次の目的地は 今回の旅 もう一つのメイン?神社です・・・

名前はわからないのですが 地図上で見つけました

笹塚古墳から割とすぐそばにあって

しかもちょうど 笹塚古墳の前方部が向いてる先にあるので

もしかして 「画像解析 古墳墓碑」に書いてあった通り

古墳の主さんの宮跡かも・・・と 思ったのでした。。。

ゲゲは 本当に このワクワクドキドキ感が大好きです。。

事前に自分でいろんな妄想^^;推測をしておいて

わくわくときめきながら 自転車や車で

次のターゲットはどこだ~ 必ず見つけるぞぉ~~

と なまはげ状態で 場所を探しながら走るひととき~ ♥

事前に地図を確認して 当日も地図を見ながら 探すのですが

自分の思いこみや方角の勘違い または 地図がおおざっぱだとか 間違っているとかのいろんな理由から 田舎で古墳や神社を探すのは 結構大変です。。

次の目的地

↓ 高尾神社 (名前と由来は 後日 図書館で調べました) 無格社

宇都宮市下横田町336

主祭神 高龗神 (たかおかみのかみ)

創始年代 不詳

IMG_0031

ここが ものすごく気持ちの良い神社でした!

きゃ~ なんて 気持ちが良いの~ !!

と 思わず叫んでいました

暖かくて 優しい感じで おおらかで 包み込んでくれるような

どちらかと言えば女性的な 雅~な雰囲気の神社でした

もしかして ここはやっぱり 古代は 古墳の主さんの宮だったのかな~という感じもしました

↓ 鳥居の横にこんもり見えるのが笹塚古墳

古墳の軸の延長上という感じの場所です

IMG_0033

そして 田川を超え。。。

川も とても気持ちが良かったので 自転車を止め 写真を撮りました

IMG_0034

そして 冗談半分で 「まさか さっきの鳥さん いたりして~」 なんて川を見ていたら ほんとにいました!! びっくりです!

かわゆいシラサギ?さんよりは大きいので 間近で突然出会って目が合うと ほんと 迫力の鳥さんです。。ペリカン?・・・んなばかな・・・^^;

 IMG_0038

次の神社も 笹塚古墳の軸の延長上なので

もしかしたら 古墳の主さんの宮かも。。。と推測しながら 行ってみました

↓ 高尾神社    宇都宮市御田長島町439   村社

ご祭神 高龗神

創始年代 不詳

IMG_0042

こちらは 男性的で 修験者的なというか 山を彷彿させるような 厳しくも優しいという キリッと身が引き締まるような感じの雰囲気でした

先ほどの 高尾神社とは 雰囲気がまるで違っていたのでした。。

やっぱり 神社や古墳とかって

行ってその場の空気を体感すると 色々感じるものがあるなぁ~!

と いつもですが 思います。。

次の神社

↓ 高龗神社(たかおじんじゃ)  宇都宮市茂原町1072 鎮守様

主祭神 天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)

由緒 建暦元年(1211)年2月の創立と伝えられ

五穀豊穣と雨乞いの信仰を集めてきた

IMG_0046

夕日に映える とても美しい神社でした。。

地域の方から深く崇敬されてると お見受けしました。。

こちらは なんとなくですが

古墳の主さんや 古墳群に眠る支配者層とは関係ないみたい。。。

な気がします。。。です。。

どちらかといえば。。

もしこの土地が 古代に歴史があるとするならば

水に関する山の神様がいた尊い場所。。。 って気がします。。

ほんとに もしかしたらですが

もしかしたら(二度言った・・) 古墳に眠る人々とは敵対の関係。。なのかな。。。

もし 古代に歴史があるとするならば。。。(二度言った^^;)

と 思ったりしたりして。。。

。。。

すみませんが ちょっと 守りに入らせていただきます。。 (^_^.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。