2013年12月1日 日曜日 下野チャリ散歩 宇都宮 東谷町 笹塚古墳周辺

お天気の良かった 昨年(平成25年)12月1日 日曜日

色々と 11月中に感じた鬱々気分を( ̄▽ ̄;)払しょくしたくて

父からもらった キャノンSX301Sカメラちゃんのデビューを理由に

長女のギア付ノーパンクタイヤの自転車を借りて 古墳&神社巡りの開運?プチ旅に出てみました

自宅から 栃木街道をまっすぐ南下しました

途中

さすが ギア付車は 坂道 ガンガン登ってくれる~~♪と とても感動しました

↓ 昔っからいる石屋のアンパンマン達 あったかそう~♪ かわゆい~☆

P1020051

まずは いつものように 壬生町の磐裂根裂神社へ♥

お参りしようと 自転車を降りたゲゲは

「・・・はっ!・・・財布・・・もってこなかった・・・忘れた・・・」

と とても重大な事に気付きました。。。

仲良しの?(勝手に)右の狛犬ちゃんと目が合ったので

「財布忘れちゃったんだけど・・・」と訴えてみたら

「ぷぷっ! だせっ!」

と 笑われました・・・ (^◇^;) ↓

IMG_0004

左の狛犬ちゃんに

どうしよう~ お金忘れちゃった~ お賽銭 払えない~

と 泣きついてみたら

「・・・何も聞こえない・・・」と 目をそらされました。。^△^;

IMG_0005

仕方なく

「ごめんなさい・・・いつかまたお賽銭を持って お参りに来ますので・・・」と ご挨拶して お賽銭なしで 参拝させていただきました。。

気を取り直して 神社を後にして 出発しました

とりあえず パンと飲み物 あめ お菓子は持っていたので なんとかなるから!と 自分を励まして?みました (#^.^#;)v

次のお目当ては 宇都宮の南の方 東谷町にある 笹塚古墳です

今回の旅の メインの場所であります

全長100メートル 二重の周堀を持つ前方後円墳

推定 5世紀後半

東谷古墳群の代表格の一基です

この古墳には ちょっと独特な伝承があります

「豊城入彦命は東山道を進み、山梨、長野、それから毛野国に入りました

そして 上毛野(群馬県)を平定した後、命は病気で他界してしまいました

天皇はすぐ 命の子、彦狭島(ひこさしま)を代わりの将軍職に継がせました

しかし せっかく 命ぜられた彦狭島王も着任まもまく病気のため

他界してしまいました。

そのようなことから 権力を象徴するものがいなくなったため、

上毛野の古墳から 豊城入彦命の遺骨を取り出し

現在の東谷(とうや)に笹塚古墳を築いて埋葬しました

そして これをヤマト軍団の象徴を仰ぎ 日夜礼拝して心のよりどころとし、

勢力を伸ばしていきました(ネットで拝読した 「雀の宮むかし話」より)

偶然 ネットで見つけた伝承でした。

初めて聞いた(見た)貴重なお話でしたので とても嬉しかったでした。。

ここはおそらく 豊城入彦命様関係の古墳だろうから

いつかは 訪問させて頂こう~と 固く?心に誓っていたのでした

実は 豊城入彦命様のお墓なのだろうか。。。それとも 伝承通り 命様のご遺骨を祀ったお墓なのだろうか。。。それとも、命様のご子孫 または 一族の方のお墓なのだろうか。。。

想像するだけで わくわくしちゃいます~ ♥

のんびり走って 無事 到着~

↓ 笹塚古墳 紅葉 真っ最中~

IMG_0011

IMG_0023

↓ 道路側の 前方部から 古墳上に 登れます

IMG_0022

↓ 後円部には 小さいお社が建っています

昭和30年代か40年代製な感じ~。。

IMG_0018

ここは とても素敵な景色でした!!

そよ風が吹いて 木から 黄色い小さい葉っぱが たくさんひらひらと舞い落ちてきて

それがまた 陽の光を受けて きらきらと光りながら ゆっくり斜めに降り注いで・・・

輝きながら落ちてくる葉っぱの黄色が このお社の朱色に映えて その対比がとても麗しく。。。

この世のものとも思えぬほどの 目にも鮮やかな美しい景色でした。。

ここが 古墳の上って事を 忘れてしまうほどの 映画で観るワンシーンのようで まるで 京都・奈良の紅葉の季節の雅なお寺さんみたいでした。。

雅~~な空間~~~!

私 古墳の主さんから 絶対 歓迎されてる!!

と 思いました(勝手に) ( ̄▽+ ̄)

豊城入彦命様関係の方なら きっと 奈良のお方だし

当時の都の雅さを見せて下さっているんだ~ と とても感動させていただきました~。

美しさをしばし堪能させていただいた後

調査研究へ・・・

「画像解析 古墳墓碑」を参考に とりあえず 古墳周囲の石に注目しないと・・・!

と 目を皿のようにして 石を探したのですが。。。

↓ あ・・・発見・・・神社の柱を 長い石が支えてる・・・

IMG_0016

↑ この石 なんだか 下の方が赤みがかかってるぞぉ~・・・

IMG_0014

あれ?^^; 小さいお社の柱をささえてるこの石達。。

大きく不自然に分厚く長い石がいっぱいあるけど。。。

えっと。。。大谷石でもないし。。

こんなに大きい石 この辺りで 採れるのかな・・・石の産地 あったっけ?・・・ (^_^.)

言っちゃ悪いけど ちょろっと簡単に建てたような質素な神社のために(失礼千万) わざわざ古墳を降りて どこか遠くの地から 土台になる頑丈な石を 何個も探して持って上げるような大変な事しないよね。。。(^◇^;)

・・・

だとしたら この石って。。。もしかしたら もしかして。。。。

・・・・

古墳に埋まってた・・・石棺の・・・石・・・? ∑(ーДー|)

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    ゲゲちゃん~~~遅くなってごめんなさいなのおおお

    これは!!!

    素敵な散策やないのおおおお^^

    観て!! この空の青さ!!!!

    目にしみいるようよ!!!!

    ただ・・うう・・
    この束石・・・・
    そかもしれないね・・・
    庭石でもなんでも・・移動にお金がかなりかかるからね・・・

    ぎゃあああ

  2. ゲゲ said

    ポロンさん 来てくれて ありがとう~!!
    ご家族のために飛び回ってるポロンさん お体 気をつけてね~~!! 
    風邪に注意よ~~!!

    ありがとう~!!
    ほんと 古墳とは思えないステキな青空よね~!!
    私 ドラマを観たことないけど 
    冬のソナタの いちょう並木のところ?
    想像しちゃったわ~~ ♥

    古墳上だけど もし この赤いお堂の前に 長身イケメンが立って微笑んで 私に落ち葉を差し出してくれていたら。。。
    ゲゲ 絶対 恋に落ちてるわ! (*^。^*)
    (妄想のし過ぎ (^.^;)

    ふふふ~ ポロンさんが絶賛してくれた ということは
    ここは 正真正銘のパワースポットに 間違いない!! ^m^
    ポロンさんが 褒めてくれると 画像も 輝きを増していくような気がする。。不思議なり~~ ♪

    。。。ね~。。。^^;;;;;
    。。。この石。。。推測だけど。。。
    う~ん。。。
    色々調べたんだけど この石の正体が どこにも書いてないのよねえ~。。。^^;
    。。。推測でしかないんだけど。。。 (^◇^;) 
    ぎゃぁぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。