崇神天皇は母の養女の御眞津比賣と結婚した?そうでないと同母婚になってしまう。。

記紀を読んでいて あれっと思いました。。

私の読み間違いなら 良いのですが。。。

メガネをかけたりはずしたりして 穴が開くほど重箱の隅をつつくように何度も何度も何十回も記紀を 見てみました。。。

まずは 古事記です。。

祟神天皇 (御眞木入日子印恵の命)は、開花天皇と伊迦賀色許賣(いかがしこめ)の間に生まれます。

 父  開花天皇               

                       |===== 崇神天皇

                       |===== 御眞津比賣の命

 母  伊迦賀色許賣(いかがしこめ)          

古事記によると、その姉妹として、御眞津比賣の命(みまつひめのみこと)が生まれています。↑

そして 成長して皇位を継いだ崇神天皇は 

大毘古の命(おおびこのみこと 父 開化天皇のお兄さん)の娘の御眞津比賣の命と結婚するのです

。。。

あれ?って 思いました。。

 。。。

同名?

。。。

この 御眞津比賣という人は 父親違いで 2人いるの?

・・・

だけど、 それだったら、一字は変えても良いんじゃ・・・。

お母さんが同じでお父さんが2人?・・・

・・・

それもなあ~。。。

。。。

まずい・・・。

このままじゃ 崇神天皇は 同母妹と結婚したことになってしまう。。。

う~む。。。

で 

日本書紀を見てみました。。

御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらみこと)は 御間城姫を立てて 皇后とされた

とあります。。

御間城姫の父は 大彦命(おおびこのみこと)だそうです。。。。

そこで 推理しました。。

ところで この 崇神天皇の母 伊迦賀色許賣(いかがしこめ)様は すごい方です。。(様をつけてみる・・・)

最初は そもそも 崇神天皇のおじいさんである孝元天皇の妃でした。。

息子をお1人 ひこふつおしのまことのみこと を お生みになります。。

  崇神天皇のおじいさん  孝元天皇             

                          |===比古布都押の信の命

  崇神天皇のお母さん   伊迦賀色許賣(いかがしこめ)

孝元天皇が亡くなった後 息子である 開化天皇の妃になったのです

そして お2人をお生みになりました。。

       開化天皇           

                         |===崇神天皇

                         |===御真津比賣の命

      伊迦賀色許賣(いかがしこめ)

皇位を継いだ息子の妻に 前天皇の妻(恐らく 若い女性)がなる 

というのは 良くある事みたいで

新しい天皇が 前の天皇のものは全部俺のもの!という 継承権というか

または 前天皇の力のある妻を娶る という 新しい天皇のステータスというか

そういう感じだったみたいです。。

ゲゲが思うに この 伊迦賀色許賣(いかがしこめ)様は 美人でとても優れたサイキッカーだったのだろうと思います。。(額田王のような。。妄想)

権力のある男性なら 誰しもが 自分の奥さんに欲しがったのでしょう。。

それで 推理ですが

もしかしたら 

開化天皇と伊迦賀色許賣(いかがしこめ)様が結婚した後、

大毘古さんに すごい美人で しかもサイキッカーの娘さんが生まれたのかもしれません。。

ところが その子の母親は早世してしまったか または身分が低かったか それとも 地方で不自由があったかで 育てることができず

それで 天皇と皇后である この伊迦賀色許賣(いかがしこめ)様に 

お2人なら育てられるであろう。。または 次期天皇の奥様として 

その子を養女として 差し上げたのかもしれません。。。

大毘古さんは 崇神天皇の時の四道将軍なので 武人として優れていた人みたいです。。

あっちこっちへ行って 戦いに明け暮れて 現地にいろんな奥様がいらしたのかもしれません。。

で 結論として

崇神天皇は 同母姉妹と結婚したのではなく

母が 養女としてもらった 大伯父 大毘古さんの子どもと結婚した

という オチになる感じです。。。

は~。。。

心配した。。。 

調べすぎて 頭が痛くなった。。。

いや~ まさかな~ 崇神天皇ともあろうお方が

さすがに同母婚はないよなあ~と 考えすぎて疲れました。。。

同母婚だとすると 伊迦賀色許賣様は 大毘古様とも結婚した事がある事になってしまう。。。

「画像解析によって判明した古墳墓碑  池田仁三」では

伊迦賀色許賣様のお墓は HONKOWAのあの玲子さんを苦しめた?西殿塚古墳だそうです。。

玲子さんが視た中で 一番力のある人だそうで

なるほどなあ~。。。 と 思いました。。

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    さすが、ゲゲちゃんだわ~~~~~~~

    それにしても@@;
    @@;

    天皇家に関しては、史実として
    どこまで信じたらよいかと思ってたとこ^^;;;

    ところで。。。
    エジプトでは~
    あのクレオパトラとプトレマイオス(兄?時の王様)
    兄弟で結婚していたというのよ~

    というか、歴代兄弟で結婚していったみたいでね
    だから、プトレマイオス王様は足が悪く(血が濃いいから)
    玉座にいつも座っていたという壁画が残っているというの

    それを打ち破ったのが、かのシーザーだったのね~~^^;

    それにしても、名前がながい~~~~~~~
    みまきいりびこいにえのすめらみこと

  2. ポロンさん こんにちは~ ^^b
    んま~~ シーザー 意外なところで 大活躍!! \(^o^)/
    エジプト そうだったのですね!!
    それで 椅子に。。。。
    ・・・あら~。。。
    日本は同母婚 だめなのにねえ~。。。
    もし OKだったら 
    軽の皇子は 皇位につけたのにねえ~。。。
    あの チョーイケメンだったという 軽の皇子。。 ぐふふ~ (*^。^*)
    色ぼけオタク 。。。

    もしかしたら エジプトの教訓が 遠い遠い日本にまで 伝えてこられたのかもねえ~。。。

    ほんと 名前 長いですよね~ ^^;
    頑張って 入力しました!!
    めがねかけたりはずしたり。。。 わははは (^◇^)

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。