高志の八俣大蛇(こしのやまたのおろち) 草薙の剣 考え中

どうせ 神話のお話だからと 今まであまり深く考えませんでした。。

スサノオノミコトが戦って切ったやまたのおろちです。。

ヤマタノオロチは 上流にいた製鉄民族と 彼らが赤くにごらせてしまった斐伊川の比喩的表現だ

という説が根強いみたいなので 私も今の今まで 軽くそうだと思っていました

ですが

いろんな本を読んでいるうちに

。。。もしかして やまたのおろちって 本当に実在したドラゴンまたは大蛇 かも。。。

と おとといあたり ふっと思うようになりました。。

というか 本にそう書いてあるんだから もしかして それは真実なのかも。。。

と まことにご都合主義的な・・・^^; 自分勝手にそう思ったわけです。。。

もちろん 私には視えない霊的存在で 霊能者にしか視えないドラゴン あるいは大蛇ということになりますが

視えないから いない!

とも言えないわけなので

もしかしたら 私たちには視えないけど 自然界の中には きちんと実在していたのかも知れません。。

そして もしかしたら 現代の私たちには普通に視えないけど 古代の人々には 普通に見えていた存在なのかもしれません。。 

なぜ そう思ったかと言うと

HONKOWAで 玲子さんや 視っちゃんが 

この神社には 大きい蛇がいる 

とか

この川には ミズチがいる

とか 

普通に語っているからなのです。。。

あ そうか~!!

私たちには視えないけど 霊能者には視えるんだ~~

と いまさらながら ふと おととい 気付きました。。。^^;

じゃあ やまたのおろちだって 実在してたって 良いわけだよなあ~~。。。と 思いました。。

一説には こしのやまたのおろち という名前なので 越の国の事ではないか とも言われているそうです。。

ヤマタノオロチに食べられてしまっていたという娘さん達は 実は斐伊川へのいけにえだった・・・

とは 個人的趣味にて考えたくないので ^^;

ヤマタノオロチ神に奉仕する巫女として無理矢理召し上げられ 人間の男性と結婚できない運命だったので 

その両親は嘆いていたのではないか と 思ったりしました。。

または 製鉄の現場 たたらで強制的に労働させられていたのかも?と 思ったりしました。。

 

ヤマタノオロチを神に抱えていた製鉄軍団?に スサノオノミコト軍団が戦いを仕掛けて勝って

ヤマタノオロチをどこかに封じ込めて 製鉄軍団から 草薙の剣を手に入れた・・・?

このあたりが まだ 降りてこないので 毎晩 寝る前に あーでもない こーでもないと 考えてます。。>< 

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    伝説になっている、想像上の麒麟とか龍とか

    後世にまで残っているものは

    何かしら、意味があって残っているものと思います~

    伝承だけでなく、
    絵であったり、映像にすることによって
    リアルに存在感が増しますが
    両生類であったり、爬虫類であったり
    グロテスクな生物は
    深層心理に怖いっていう感覚の上に
    触ったりする経験値が希薄なので、
    触れ合いたくないと感じるものだと思います

    不思議なんだけど
    魚をおろしたりするのは、違和感なくできるのに
    もし・・か〇るをさばくなんてこと・・きゃあああああああ キショ~~

    生贄っていうのも
    昔は普通に多かったと思います~

    塙があれほどに出土するのだから
    命をほんとに粗末にしていたのだと
    考えるからですうう

    いずれにしても、命の生業は残酷なことを繰り返した上に
    繋がっていたのだと考えたりします・・・

  2. ポロンさん こんばんは~ 
    遅くなってごめんなさいです~!!
    今日って 寒い?
    なんか ひんやりします~ ! ぶるぶる!
    とうとう 花粉症の薬 やめてみました!
    鼻をかみかみ マスクして がんばってましゅ~~ !

    きゃ~ やっぱり そうですか~!!
    きっと何かを伝えたくて 残ってるんですよね!

    深いわ~。。。 神話。。。

    ポロンさんのお母様とゆりさんのお母様のご実家 もしかして 近くでしたっけ?
    神話の宝庫って 気がする~~ (*^。^*)

    今ね ケーブルテレビで ゲゲゲの女房 続けて見てるんですよ~ 時間があるとき~

    今は もうのすごく貧乏で生活が大変っていう箇所なんですが
    でもあの話 リアル生活以外で ところどころ 不思議な話が出てくるんですね。。。

    向井くん=茂さん^^bが 雨の中 一晩中 霊園内を自転車で走らされたエピソード?とか。。
    ほんと 不思議だわ~。。。

    昔って ほんと 命が軽かった感じしますよね。。。
    上から見た 下々の命とか
    皇族同士でも 扱いがほんと 軽いって 感じる~。。。

    神話って 直接表現だと ものすごく残酷なことを 何かこう オブラートに包んで というか
    うまい表現で ぼかして 伝えてる気がします~。。
    そこを なんとかして 解き明かしたい~~~
    って 萌えてるのに うまいこと ひらめかない。。。 クスン。。。 (TωT)。。

    あ。。。
    確かに。。。
    か○る は さばきたくない。。。
    好きだけど。。。 (^◇^;)Ψ 無理無理無理~~~!!! 

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。