日本武尊 周辺の不思議な出来事 7つ

ネットで検索していると 地域のさまざまな伝承にヒットして 

え~??!! と びっくりしながら 読むことができます。 目からうろこの驚き桃の木です!

日本武尊の周囲も なんだか 割と 奇妙で首をひねりたくなるような話がありました。。

とりあえず 記紀の話を入れて 7つ ゲゲ的に 不思議~~と感じた話を書いてみます。。

まだまだ 調べたりなくて 日本全国 もっともっと 不思議な話が残されているかも知れません。。。

 

① 日本武尊は 双子の兄 オオウスを殺害してしまった。。

  皇位継承を巡る王子同士の内紛といっちゃえば それまでなのですが。。。

  本当に古事記の伝える通り 父天皇の言葉を誤って解釈した結果 兄を殺害するに至ったのでしょうか。。。  

  誰か そそのかした家臣でもいたのでは・・・?

  それとも 兄オオウスは もともと 父天皇への反逆を企てていたとか?・・・それで?・・・

② 東征の途中 妻 弟橘姫は 暴風雨を鎮めるため 海の真ん中で 船から入水。7日後 海岸に姫の櫛が流れ着く

  記紀にも載っている勇名な話ですが。。。

  走水の地元の伝承では 姫は侍女達と共に 岬から飛び込んだそうです。。

  海の真ん中の船からでは無いのです。。。

  。。。 一体 何が・・・?・・・

  そして 姫の父の地元では 東征に勝って凱旋帰国した父の船の後を 姫の櫛が追いかけてきたという話が伝わっているそうです。。

  古事記では 姫は日本武尊のため 覚悟を決めて荒れ狂う海に飛び込みました。。そんな覚悟を持っていた姫なのに 櫛が父の船の後を追いかけて地元へ帰るって。。。

  古代なら 契りを交わした愛するだんなの船の後を追いかけそうな・・・? 

  。。。何か お父さんにぜひとも伝えたい事があったんじゃ・・・。

 まあ 古代は婿取り婚なので 今以上に実家と関係が深かったみたいですが。。。子どもが心配だったのかもだけど・・・。

③ 日本武尊がまだ元気だった頃 東征の帰路で 尾張のミヤズ姫の兄 タケイナダネが 船から落ちて亡くなったそうです。。

  珍しいきれいな鳥が飛んでいたので 尊に献上しようと捕まえようとして 誤って 船から落ちてしまったそうです。。。

  。。。

  尾張の国で 沢山の船を従えていた 恐らく水軍の船長だろうに・・・そういう人が そんな 鳥を捕まえようとして 船から落ちるかな?と 思いました。。

  小さい頃から 船に乗って 船の乗り方とか熟知していたんだろうに。。。戦の途中で亡くなるならともかく

  東征に勝って その帰りに亡くなるって・・・?・・・

  その話を早馬の従者から聞いた日本武尊は 「あの元気だったタケイナダネが?!」と号泣したそうです。。  

  不可解な死です。。。

④ 日本武尊のお母さん 播磨太郎女はりまのおおいらつめが亡くなりました。。播磨でお葬式でしたが

   葬列が 棺桶を運んでいたら 川のところで 暴風が起き 棺桶が川に落ちてしまったそうです。。

   すぐに捜索したそうですが お母さんのご遺体は発見できず 代わりに見つかった衣装だか櫛だかを埋葬したそうです・。。。

   それを聞いた景行天皇はとても悲しんで 「その川で取れた魚は もう二度と口にしない」と言ったそうです。。

   日本武尊の周囲には 水に関する不思議な話が多いです。。。

   。。。

   。。。って 川にさしかかったら 突然 大風が吹いたとか 遺体が見つからない とか 

   ほんっと 不思議です。。 なんで?・・・

⑤ 日本武尊は 死後 鳥になって飛んでいってしまったので 3つの陵は空っぽ。。。

   代わりに衣冠が収められているそうですが。。。 いったい ご遺体はどこへ?

   魂が鳥になるのなら 話はわかるのですが・・・

⑥ 父 景行天皇は 崩御の前 近江の宮へ移った。 次の成務天皇は このまま近江の宮で政治をとった。

  日本武尊が主にいた大和の巻向の宮へは戻らなかった。

  。。。

  蘇我氏を滅ぼした後 孝徳天皇達が難波へ遷都したのに 似てるような気がする・・・。蘇我の死霊に満ちた飛鳥から 脱出?・・・

⑦ 3つの陵は 変わった場所にあります。。

  三重県の能褒野の墓は 尊が亡くなった場所なので それはわかるのですが

  次の御所市玉出の墓は 孝安天皇の陵のそばです。。尊の父の6代前の天皇のそばなのです。。周囲に 尊の近い親族の墓はありません。。

 3つ目の羽曳野の墓は 尊の墓ができた後 大きい古墳が次々と出来た地域です。。尊の子孫が眠る地域で 尊の先祖は 眠っていない地域です。。

 尊の父 景行天皇は 自分のおじいさん 祟神天皇のそばの陵 巻向に眠っています

 尊の兄弟 成務天皇は 自分のおばあさん ヒバス姫のそばの墓に眠っています

 なのに 尊の墓だけは 近い先祖の墓から ぽつんと離れています。。巻向の地に お墓はありません。。   

広告

2件のコメント »

  1. ポロン said

    地理的には、羽曳野なんてそうとおくないところなのよおお

    ゲゲちゃんみたいに興味をもって散策したら・・

    きっと見どころたくさんなのよおおお^^

    てへ・・
    明日から温泉~カニ食べにいくのおお^^;

    久々の料理旅館^^;

    いってきまっす~~~~

    • きゃ~ ポロンさん 温泉料理旅館~~~!!
      良いな~~ 行ってらっしゃい~~~ \(^o^)/
      もち 御主人と~?? (#^.^#)
      楽しんできてね~~~!!
      ゆっくりあったまって ご馳走いっぱい食べてきてえ~~~^^!!!

      羽曳野 と 堺市 って 謎がいっぱい・・・!!! \(◎o◎)/!
      調べれば調べるほど 未知数が増していくぅ~~~~!!!

      ミヤリーたんから 年賀状のお返事が来て ご機嫌なゲゲひょんどす~~ (^o^)丿

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。