古事記の口伝は 健内宿禰タケノウチノスクネから蘇我氏へ流れていった?

古事記を読んでいると

色んな出来事が書いてあるけど これ 誰かが実際に見た事件とかニュースなんだろうなあ。。。

と いつも思います。。

それを口で伝えていって そして 蘇我氏が聖徳太子?の指導の下 書いた 帝紀?とかいうのにつながっていって

そういう色々を稗田阿礼の一族が覚えていて 太安万侶が記述した。。。みたいな。。。

そんな感じだったのかな~ と 思います。。。

神武天皇の東征は すごい出来事なので きっと 天皇家では代々言い伝えられていたのでしょうが

その後の 天皇家はしばらく 奥さんの名前や 政治をした宮 お墓の場所とかの簡単な記録が続きます。。

これは 多分 1年中戦争に明け暮れていたから 誰も余裕がなく記憶してなかった。。という事なのでは と思います。。 とにかく 領土拡張を頑張って 前からいた先住民を倒し 日本を完璧に支配しようと必死だったのだと思います。。

祟神天皇から 話がいっぱい 書いてあります。。誰か 見て伝えたのですね。。

日本武尊の東征の話も 細かく記されています。。 一緒に行った人でないとわからない出来事です。。。

命の東征は 付いて行った人が見たか その見た人が他の誰かに伝えてそれが残った という事になると思います。。

そして 話というのは 聞く人や体験した人によって 見方も感じ方も違うので

それをきちんときれいにまとめる人というのがいるはずなので

日本武尊の東征の場合は 都にいたタケノウチノスクネあたりが きれいにまとめて覚えて口伝していったかなあ~と

思えました。。

タケノウチノスクネは 日本武尊の腹違いの兄弟の成務天皇と同じ日に生まれたそうなので

色々 詳しそうです。。。なんとなく。。。

名前からして堅そうで? 几帳面な感じがする・・・^^;秘書や総務にピッタリな・・・的な・・・(^・^;)

しかも 成務天皇の後を継いだ仲哀天皇と奥さんの神功皇后とその子の応神天皇に仕えたから

やはり 仲哀天皇の父親である日本武尊の事は きちんとたっぷり正当性を言い伝えておかないと! という事だと思います。。

で 日本武尊の奥様の弟橘媛が 走水で入水した時 一緒に 蘇我氏の媛も水に飛び込んだという伝承があります。。

蘇我の媛は助かって 都へ戻っていったそうです

タケノウチノスクネは 蘇我氏の祖になっていますので  この事件、その媛から 色々詳しく聞いたのでしょう。。。

タケノウチノスクネは 古事記では 蘇賀氏とか葛城氏とか平群氏とか 27つの氏の祖になっています。。

研究者さんの中には 系図を無理矢理つなげたんだろう みたいに言ってる人もいるようですが

ゲゲは これって 実の子っていう事ではなく

色々面倒を見てあげて 養子縁組とかで 親族になっていったのではないか と思います。。

特に 蘇我氏は 大陸から来た氏族という見方もあるので きっと タケノウチスクネが身元を引き受けたのかも知れません。。。自分の娘の夫になったか 自分の息子の妻になった というケースだと思います。。

古代は多分 1人の若い女性や男性?が結婚すると

その一族は きっと その嫁ぎ先と 主従とか義親子とかの 深い関係を持つのではないかと思います。。

そして タケノウチスクネから 27人の子ども達?へ色んな話が伝えられ さらにまた子孫代々にも伝えられ

時が流れて 文字がお隣の国から入ってきた時、それを利用して 天皇家の歴史を書いてまとめて・・・ みたいな感じになっていったのかなあと 思います。

じわじわめきめき実力をつけていったのが 蘇我氏ですから きっと 聖徳太子あたりの力を借りて 馬子や蝦夷の頃 国の歴史をまとめていったのかもと思います。。

他の人のブログで ちろっと読ませてもらったのですが

はっきりと細かい記録がある天皇のほうが怪しい。。。うそ臭い。。。って 書いてありました。。 ^^;

むしろ 最初の頃の天皇家みたいに 簡単な記録しか残ってないほうが正しい!と 言ってる人もいました ^^;

そっか~。。。ある意味そうかも。。。目からうろこ。。。

あと 口伝について 気になる事件?がありまして

仁徳天皇が 60年10月 「日本武尊の白鳥塚は空っぽだから 墓守を遥役にあてよう!」と決めて行ってみたら 天皇の目の前で墓守が白い鹿になって逃げてしまったので 不思議さに 恐れおおく感じた。。。

という 日本書紀に書いてある話なのですが。。

おいおい。。。あらまあ。。。素直なんだかよく考えないというか。。。と 思いました。。。^^;

墓は空っぽと言い伝えられているんだから 墓守はいらないだろう~ 別の仕事を与えよう~(使っちゃえ!)

という優しさ?なのでしょうが。。。^^:::

祟りがあったらどうしよう、、、とかあまり深く考えなかったのですね。。

やっぱり 先祖からの言い伝えはよく聞いて

表側の表現だけでなく 「この話はなぜ先祖代々伝わっているんだろう。。。」

とか 深~~~~く深~~~~く 隠された裏の意味も考えた方が良いと思いました。。

広告

2件のコメント »

  1. 匿名 said

    おおおおお

    さすがだわ^^;ゲゲちゃん~^^

    昨日ね、パソコン教室の後に、本屋さんにいったんだけど

    古事記や日本書紀に関しての漫画が出てるの知ってる??

    結構、いっぱいあってね@@;

    立ち読みしちゃた^^

    ところで霊魂とかね・・

    お墓のまわりには、渦巻いていると思うの・・・

    その意味で、簡単には伝承を考えないほうがいいよね^^

  2. ポロンさん こんばんは~
    遅くなって ごめんちゃい~~ <;
    いや~ にゃははは ^^; 
    そういえば 日本武尊の話 やけにワイドショー並みに 詳しく載ってるから
    いったい誰が?! と 主婦魂丸出し!! みたいな。。 でへへへ (#^.^#)
    オタク根性発揮~~ ☆ミ

    そうなのよね!! 今 すごいよね!! ブームなのかしら?!
    3ヶ月に一度くらい 本屋さんへ行って ゆっくり 日本史コーナーとか見て歩くんだけど 行くたんびに 古事記・日本書紀関連の新しい本が出てる~~~!!
    すっごい いっぱい出てるよね!!  

    ↑ ポロンさん まさにタイムリーな ナイスな話題っす!!
    いや~ 実は ふふふ この間 11日あたり 本屋さんで
    古事記・日本書紀の登場人物が美しく書かれてる 
    びじゅある本 買っちゃったの~~ でへへへ~~♪(*^。^*)
    ポロンさん もしかして テレパシーで ゲゲの行動 察知した?!! ヽ(^o^)丿

    >お墓のまわりには、渦巻いていると思うの・・・
    やっぱりですか?!
    視えないけど いらっしゃるのですね。。。霊魂さん。。。

    ポロンさん 何かを感じてらっしゃるのね。。
    そうよねえ。。ほんと やっぱり 何か意味があるのよね。。
    お墓が3つ。。。深い。。。わよねえ~。。。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。