神奈川萌え一人旅 その参~ 二宮 吾妻神社

京急バスに乗り 馬堀海岸駅まで戻りました。

次に 弟橘媛の櫛を埋葬したという言い伝えのある 二宮町 吾妻神社を目指して電車に乗りました

12:30頃 馬堀海岸駅 

     ↓          京急浦賀線

       堀の内 乗り換え 

     ↓         京急本線快特

13:19  横浜 乗り換え

     ↓         普通 東海道本線

14:09  二宮

二宮町はとても静かで落ち着いた雰囲気の海岸沿いの町でした。

自宅でここの地図を調べた時には

駅からすぐそばの吾妻山中腹の吾妻神社をお参りしたら どこかファミレスへ行ってランチしよう~♪ 

と 予定をたてていました。

二宮駅に着いて 最初は南口から外に出ました

あれ?吾妻山が無い。。。と思って 駅の北口のほうへ回りました。 

吾妻山がありましたので 山沿いの道路を 西へずんずん歩いていきました

が ざっと見渡してみたところ

目的の吾妻神社はありませんでした。。

最初の勘を大切にして そのままずっと西へ歩いていけばよかったのですが 

「違うのかも」・・・と不安に思って東へ戻り さらに 違うかも・・・と北へ南へ・・・にぎやかな大通りをひたすら歩き 

結局 「やっぱり ここしかないかも・・・」と よくわからないまま駅の北口に戻って 駅構内に地図を見つけて吾妻神社を確認して

吾妻山の東側から ハイキングコースを登りました。。

ここだったっけ?と ネットで見た地図を思い浮かべ 自問自答しながら 

長い長い山の階段を ハイキング?を楽しんでいる健脚な人々の後から ぜえぜえ(^◇^;)付いていきました 

急で長い山道の坂は とても歩きやすく整備されていましたが 普段運動不足の身には 相当きつかったでした。。^^;

しばらく登ったら 浅間神社が建っていました

女神様~~ コノハナサクヤ姫~~

とても見晴らしの良い高台でした

 

  

お参りした後 周囲を見おろしましたが

やっぱり吾妻神社が無い!

と気付き もうひとふんばりして頑張って山を降りたところに 地図が描かれた看板がありました。。

吾妻神社の絵が もっと西の方角に 道路からちょっと入った山の中に描いてありました!

ゲゲがネットの地図で見た通り、山からではなく 道路から登れる場所でした。

あった~!今度こそ頑張るぞ~~!! 

と 吾妻山を降りて すぐ下の道路に出て 西へ歩いていきました。。

突然の山登りに驚いたのか 膝がだいぶ笑っていました。。カクカクしてました 

↓ てくてく歩いていたら 電柱の立て看板?に梅沢の地名が!!

「梅沢」という地名は ネットの記事で見たのですが 

海岸に流れてきた姫の櫛を埋めたので 埋め沢 → 梅沢 というのだそうです。。

櫛だけではなく屍も漂着した という伝承もあるそうです。。

立て看板のあった場所から歩いて10分 とうとう吾妻神社の登り口に 到着しました

 

吾妻神社目指して 頑張ろう!! 

と 登り始めました

ゲゲの想像より 神社ははるかに上でした。。。はっきり言って 地図をなめていました。。

うわ~。。。いろは坂並に くねくねした坂を登るんだぁ~!!

急な坂道をやっとこ登っては左へ曲がり さらにうんとこ登っては右へ曲がり。。。

まだ神社が無い・・・と立ち止まっては 坂の上を見つめ・・・

何度も 「引き返そうか・・・帰ろうか・・・」と思いました。。。

さっきも 吾妻山 相当な距離を登ったし もう足が限界かもしれない。。。おなかもぺこぺこだし。。。

。。。

だけど 

ダメ! 絶対 後悔する! 

今日は 吾妻神社へお参りするために 神奈川まで旅してきたんだから!

と 人生久しぶりに自分を鼓舞し(高校の時のマラソン以来?) くじけそうな心を叱咤激励しました。。 

この日は 女神様に会うため 多少おしゃれな格好をして 女の子っぽいハンドバッグを持っていました ^^;

もう なりふりかまわず 持っていたバッグを肩にかけ 髪を汗で振り乱し ガニマタ状態で 山道の坂の階段を ゆっくりゆっくり 一段一段踏みしめながら 頑張れ自分・・頑張れ自分・・・と唱えながら 登りました。。

出来るなら 這って登りたかったです。。でも 道が雨で濡れた後で 泥だらけだったので^^; ぐっと我慢しました。。。

いくつもカーブを登り 何個目かの坂道で 

上から 20代後半位の若いカップルさんが降りてきて すれ違いました

おぉ~~~ 人だぁ~~ ♪ やった~~ ♪ ゴールは近い?かも~~ ☆

足取り軽く降りてくる(さすが若い・・)2人の会話が 自然と耳に入ってきました

「ね~ なんで あんなところで お湯沸かしていたのかな~?」女の子

「コーヒー 飲みたいんじゃね?」男の子

・・・

・・・なんの会話?

ちょー いみふ~~~。。。 意味不明~~~。。。

多少疑問に思いつつも 人に会えた喜びで 最後の力を振り絞り 坂を登りました。

登った後 足元を見たら まだ上に行く階段がありました・・

まだ着かない・・・とちょっとがっかりして ふと顔を上げたら カーブ右に 鳥居が見えました!!

しかも 鳥居の右奥は 階段ではなく平面ぽかったでした

やった!!この坂 20段位階段を登れば きっと神社の社殿だ~~!!神様ありがとう~~!!

最後の階段~頑張ろう~~ ♪ と ゆっくりゆっくり登っていきました。。

階段を登っていくにつれ 鳥居の左側の平坦な地面部分に さっきとは違うさらに若そうなカップルがいるのが 徐々に徐々に目に入ってきました。。

。。。

男子は座って何かしていて 女子はちょこちょこ動いていました。。

・・・

まさか これが さっきのカップルの会話の?・・・

2人は キャンプ?用の湯沸しとでも言うのでしょうか。。銀色の細長いので 火を燃やして お湯を沸かしているようでした。。

。。。

な~るほど~。。。これが 「あんなところで」の正体か~。。。

。。。確かに あんなところでした。。

神社の敷地内ではないのですが 鳥居からすぐ前の場所で。。鳥居をくぐる前に身支度を整える感じの ちょっとした空きスペース。。

。。。

ゲゲも思いました。。「なんでこんなところで お湯沸かしてるの?・・・」 (^◇^;)

やっぱり さっきの男の子が言っていた通り コーヒーを飲みたかったのでしょうか~。。。

頑張って山の坂道を登った後に どうしてこれに遭遇?・・・どんだけ~??

面食らいましたが ぐっとこらえました。。

この2人 一生懸命真剣に^^;火を燃やしていたので 挨拶する雰囲気もなく 

ゲゲは 気を取り直して 鳥居をくぐりました。。99% カップルに気をとられながら。。。^_^;

山登りで上がった息を静めつつ 手水を使いました ↓ 手水舎 

本来なら 「神社にお参りさせて頂きます」・・・という敬虔な気持ちにならなければいけないのに 

頭の中は どうしても 「頑張って 山を登ったぞ~!」 と山登り達成感だけを 叫んでいました。。

いけない いけない!と気持ちを落ち着かせて 社殿にご挨拶させて頂きました。。

頑張って登ってきました・・・と 心の中で静かにご報告しましたら

その途端 とても気持ちの良いそよ風が すう~~~っと吹いて ゲゲのほてった顔と髪の毛を撫でてくれたのです。。

びっくりしました!

まさにグッドタイミングのそよ風で えぇ?! マジで?って 思わず顔をあげちゃいました 

 

 

↓ 神社の社殿側から 鳥居の向こうに見える海を撮りました。。媛の櫛が流れ付いた梅沢海岸でしょうか。。 

  カップルは この鳥居のすぐ下のスペース 鳥居の右足?の所で お湯を沸かしています。。

  彼らの頭が映らないように 動いてる隙を狙って写真を撮りました^0^;

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中