もっと自由に

最近 ちょっと以前の 漫画 ほん怖の単行本を読み返しています
そこで 気付きました
私は 幼い頃
家庭において 家族みんなから頼られる?人間になりたい!と願っていたことを思い出したのです
父母のケンカとかを うまく仲裁できるような
そんな 強い?人間になりたかったみたいです
 
だけど 実際は 無力で。。
子どもだったし 普通の人間なので 力が足りないのは当たり前だったのですが。。
なので そんな無力な自分をふがいなく思って
社会に出た時 自分をいじめてくるような人がいる職場にバイトに入ったりと
自分をあえて 困難な面が多々ある仕事や環境においてたみたいです
 
家庭において 全く力が無い自分なので 
いじめる人や 問題が多い職場で
そこで 人々を仲裁?して
「ゲゲさんがいないと だめだわ~ まとまりがなくて~」
なんて人々から 賞賛?される声を期待して
それで 自分の内面的に プラスマイナス0みたいな。。
 
なんか 思い当たる!と 思いました!
なので 
こんな役割はやめる!!と 昨日誓いました!!
弱くて良い! 仲裁役なんかしない!普通に生きる!! 家庭は私がいなくてもどうにでもなる!!
 
これを思ったら
今朝から すっごく 身体が軽いです。。不思議な事に。。
精神的に もっともっと自由になります!!
なりたいです!!
広告