古墳でこーふん!! 

 
すいません
天皇陵って。。。実は 恐ろしいんだ。。と 気付きました
漫画雑誌 「ほんとにあった怖い話 9月号 朝日新聞社」を読んで かなり興奮してしましました。。
やっぱり うかつな気持ちで行ってはいけない場所なんだな。。と 
よ~~く わかりました。。><
霊能者の玲子さんと視っちゃんが
井上内親王(怨霊として有名なお方)を調べるのに
最初 天智天王のお墓 山科の天智天皇陵へ行ったのですが。。
 
玲子さんは わざと 天武・持統天皇の御陵の気を まとっていったのですが
そしたら
天智天皇陵前の 守りの兵士達に 矢を射掛けられそうになったそうです
 
漫画で見るとすごいのですが
天智天皇陵へ行くには 長い参道があるのだそうですが
そこには 兵士もいる3つのゲートがあるそうです
玲子さんが通るたびに そのゲートが ガシャーン!と開くのだそうです
 
知らなかったでした。。
お墓へ向かう長い参道には 意味があったのですね。。
 
で 天智天皇陵の前に 玲子さんが到着したら。。
玲子さんは 天智天皇の息子を殺した天武・持統天皇の気をまとってますから
守りの兵士達が いっせに 玲子さんのほうを振り向いて
矢を射掛ける体勢になったそうです
 
私達には視えないゲートがあって。。
私達には視えない兵士達が いるなんて。。
天皇陵にはそういう 裏技?が あったんですね。。。
怖いです。。。><
 
一緒にいた 霊能者の視っちゃんが 
鏡女王からもらった 白蛇の入った数珠を持っていたので
玲子さんは 矢を射掛けられなかったそうでした。。
鏡女王は 天智天皇の元奥さんだったからです
 
ほんとに 興奮しました。。
視えない兵士というのは お墓に埋められた埴輪 でしょうか。。
普段 地上?にいて お墓を守っているんですね。。
っていうか 死後1000年以上たっているのに。。。
 
気楽な観光旅行なら 別に 大丈夫なのでしょうが
多少 昔の天皇家の人間関係を知ってる人がいくと
警戒されるのかも知れませんね。。
ゲートというのも 敏感な人はすごく感じて
魂的に合わない生きた人間や 不純な霊魂を入れないように
聖域を守ってるのでしょうね。。
 
なんとなく思い当たります
私が奈良旅行へ行った時 最初 バスの中から接近して天武・持統天皇陵を見たのですが
陵を見上げた途端 ものすごい頭痛に教われました
来るな!
っていう感じでした。。
実は 蘇我系が大好きで 持統天皇にちょっと反感を持っていたので
あらら。。。と 思いました。。
行くのよそうかな。。と まじで凹みました。。
私なんか 全然霊能力のない 単なる歴史オタクなのに。。。
 
あそこにも 視えない兵士がいたのかしら。。と 怖いです。。
どうりで 高松塚古墳と同じく 居心地が悪かったのだと思います。。
2日目に行った舒明天皇陵は 大丈夫な感じでした
気持ち良い空間だったので 拒絶はされてなかったと思います
 
神社も 神様とお参りする人間がどうも合わない神社は参拝しないほうが良いって
言われてますが 古墳や陵も その人によって 合う合わない。。が あるのでしょうね。。
 
視っちゃんが 鏡女王から 白蛇を頂いたというのがすごいなあ~
と憧れてしまいました。。
視っちゃんは 鏡女王墓所がお気に入りで
何度も訪問しているうちに 鏡女王から 白蛇を頂いたそうなのです
 
私は今度奈良へ行く時は 京都の宇治へ回って
天智天皇が殺されて埋められた伝承のある場所を 見にいこうと思っていたので
まさに タイムリーな漫画を読む事ができました。。
玲子さんの霊視では 天智天皇は殺されたとは 一言も出てこないので
殺されたというのは 伝承かもしれませんが
ちょっと興味があります。。
 
古墳は怖いけど やっぱり こーふんします!
 
 
次女に 洗面台のSの皆さんの推理を話したら
とても喜んでおりました~
全部 あたってる~~
って 笑ってました~~
 
SOSのSっていう推理も アリだよね~
 
と 言っていました。。
 
は。。
SOS。。。
実は そうだったのか。。。 
いや。。あの子の場合は ないな。。
あるとしたら 
腹へって死ぬ。。SOS 。。
だにゃ。。。
広告

8 Comments »

  1. 1
    ポロン Says:

    やっほ。古墳というか、お墓も遺影でさえも霊の気というものがあるのでしょうね。私はぜんぜん感じないけど、学生時代に長崎のホテルに入ったとき一緒にいったTさんが「頭痛い~~」って。。私、単なる頭痛だと思って、「ノーシン飲む?」て言ったもん。でも、ホテルを出ると大丈夫で。。古墳とか気にしていなかったけど何かあったんでしょうね。と。。思い出しました。。S…そうめんのSでもある(ー`´ー)

  2. 2
    ゲゲちゃん Says:

    ポロンさん にゃっほん ♪ 最初に きゃはははははそうめんのS~~~~~ !!!ありがとう~~  (^◇^) 次々ひらめいてくるよ~~スーパーマンもね すっごい 受けてたんだよ~~ (^o^)丿Tさん すごいですね。。私 ホテルの部屋とか ほとんど全然感じないので うわ~~っと 思います。。霊能者の皆さんって ほんとすごいですと 思いますよ~。ゲゲ 視えないのがすごく残念ですけど 視えなくて良かった。。と いつも思うのでしゅ。。長崎。。。異国情緒~~ ♪古墳って。。。ほんとに謎ですね。。お墓も遺影も。。。絶対 霊の気 ありますよね。。大阪 京都 奈良。。。実に羨ましい場所です。。。

  3. 3
    くるみ Says:

    こんばんは~古墳時代ってやっぱり弱肉強食っていうか?戦いの時代だから怨念がこもっていそうですね~張り切りすぎて、疲れましたか?このごろ天候も不安定ですから、気をつけたほうがいいですね。曇って湿気が多いと気圧のせいで、自覚してなくても三半規管が反応して、自律神経が乱れるって新聞の健康欄に書いてありましたから・・・お大事になさってね!

  4. 4
    どんちゃん Says:

    おいっす~ただいま~☆ん?今度は京都回り?じゃあ、湯葉でも食べますか。で、お土産は出町ふたばの豆大福。うわ~、自分で言うといて、旨そうや。なんか、お腹すいたし~。Sは、寿司のS。Sは、スイカバーのS。Sは、すき焼きのS.。(今、食べたい物ばっか並べた。)Sは、好きのS。たぶん、次女さん恋してるんやな。にゃははは、ロマンチックどん登場。まったね~☆

  5. 5
    Ray❤ Says:

    こんばんは。  「セヤセヤ・・・!!!」 の S (sunmaso)  疲れたRayちゃん・・・「SOS」 ほどではないけど Sorry  ・・・っじゃ またねぇ (〃∇〃) 

  6. 6
    ゲゲちゃん Says:

    くるみさん おはようございます~~^^ありますよね~~。。負けるか勝つか の時代で 血で血を洗ってますものね。。敵方の子孫が 古墳にお参りに行くなんて。。 きっとえらい騒ぎになるんでしょうね。。ゲゲ 調べてみたら 旧姓が 藤原の分家 なんですよ~びっくりしました。。蘇我系なら 良かったのに。。。くすん ^^;おお~~そうなのですね!!曇りの日って なんか だるい~~~と 思っていたらそういう感じに体がなっているんですね。。油断してました。。情報ありがとうございます (^O^)/今日は 暑くなりそうですね~ ふう~~~ (*^。^*)~~

  7. 7
    ゲゲちゃん Says:

    どんちゃん おっは~~~ ♪お帰りなさい~まんもす~~~ ☆きゃは~~~京都もおいしそう~~~(^◇^) 湯葉に豆大福~~ ぎゃ~~~~ (^O^)/ 失神しそう~~~~!!あははは!!どんちゃん 最高です~~~ゲゲもね 思いつきました!!刺身!!酒!!。。。。なんか 次女の年齢からどんどん離れていってしまいました。。><そういえば 昨日は 夕食にだんながスーパーの寿司を買ってきてくれた~~ ☆ふふふ吹奏に恋してるのかな~~なんつって~~~~!! (^o^)丿素敵なお婿さん現れるといいなあ~~~~ \(^o^)/ 母心~~~ ^^cSがつく単語って い~~~っぱい あるんですね~~~~ (*^_^*) 素晴らしい!!

  8. 8
    ゲゲちゃん Says:

    Rayさん おっはわっしょい~~~お祭りだね~~江戸っ子だい~~~ てやんでい~~~ あたぼうよ~~~ (^O^)/せやせや!!宇都宮の宮まつりも 無事終わりましたよ~~~ とちぎテレビで 中継を見てました~ざ たっち が ゲストで来てました~ ☆姉さん 大丈夫ですか!!??どうぞ お大事になさって くださいね!!仕事はほどほどにですよ~~趣味は全開で!! (^。^)y-.。o○って ゆっくり過ごしてくださいね~~~!!ほんとにお大事にになさってね~~!!


RSS Feed for this entry

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。